2017年4月22日 (土)

あと一息

 

Img_20170422_115023

彩女会直前ではありますが

平行してクリアしなければならないミッションはいろいろあるのです。

 

恒例の幼稚園の母の日のペンダント制作指導もありました。

園児にまみれてもみくちゃになっていると

原点に帰る気持ち。子育ての。

 

 



Dsc_2616

子育てからは いったいいつになったら解放されるのだろう。。。

「なんか、きりんさん、だんだん子供に手がかかって振り回されている感じだね。」

と、

知人に言われるくらいちょっとドタバタな日々。

 

さて釉掛けだっ!

と、腕まくりしたとたん電話がなり 中学校に呼び出される陶芸人母。。。。

まじか。。。タメ息。。。

 

   


Dsc_2622

ま、

そんな愚痴は捨て置いて、

気を取り直して 大っ嫌いな釉掛けね。

泥彩のバリ取りのやすり作業に えっらい時間がかかりましたが

今回は釉の掛け分けはなく、全て1号釉なので比較的楽です。

 

 

あと一息。

 

取りあえず解決しなければならない問題は 彩女会後に後回しにして頑張らねば・・・

 

 

 
人気ブログランキング

 

 

2017年4月12日 (水)

案内状

 

Dsc_26203

この度の彩女会はゴールデンウィーク真っ只中。

良いんだか 良くないんだか、、、

始まってみないと分かりませんが

 

過去、

ゴールデンウィーク明けてすぐだった時も、

お正月しょっぱなだった時も、

4月、年度初めだった時も、

消費税が上がった直後だった時も、

彩女会は特に影響されることはなく

賑やかな華やかな1週間でしたので

開催日程に関しては気にならないのですが、、、

 

それもこれも

足を運んでくださる多くの皆様のおかげだと

毎回毎回・・・

年を追うごとに感謝の気持ちが増してくるのであります。

 

そして、

毎年 びくびくしているのです。

恐い物知らずで突き進んでいたあの頃とは違う年齢になってしまったし

時代も変化しているし、

いろんな意味で昔より考えて努力しないと継続が難しくなっていますからね。

 

 

 



Dsc_26142

というコトでゴールデンウィーク、日本橋三越全館を上げて

グリーンなんちゃらという企画をされるとのことで

彩女会のテーマもアウトドアブランチ、イメージは若草色です。

 

今回の案内状は広げるとポスターの形状になっております。

はたして、これを手にした方が お部屋に貼ってくださるかどうかは疑問ですが

彩女会としては新しいタイプのDMで新鮮です。素敵です♡

 

器にのっかてる美味しい物たちは

三越地下、食品売り場で購入できます。

 

杉沼の器はいらないけどマカロンは欲しい。。。という方は

地下のラデュレへどうぞ。。。 杉沼をスルーしてラデュレへどうぞ、ええ、どうぞ。

 

 

  


Dsc_26143

案内状裏↑ 写真がボケでスミマセン。

上から

杉沼里美

髙木寛子

若林和恵

斉藤裕子

古川茂世

 

 

 

えーと、

実は このところやる気スイッチが入らず

ウダウダしていたのですが

やっとエンジンがかかってきたトコロ。。。って、今頃遅いじゃん。

 

そんなワケでこれから会期が始まるまでは一睡もせずに頑張るのです。無理だけど。

 

彩女会作陶展

平成29年5月3日(水)~9日(火)

日本橋三越本店 本館6階 アートスクエア

 

 


人気ブログランキング

 

 

2017年4月 9日 (日)

22年目の彩女会

 

2017

彩女会作陶展の案内状です。

5月3日(水・祝)~5月9日(火)

日本橋三越本店6階アートスクエア

 

 

作陶展てのも何だな・・・

と、

陶芸展にしたいと思った時もあったのですが

三越の気分で作陶展になったり陶芸展になったり、、、

ま、

どちらでもいーや。

と、

そこにこだわるのはやめました。

 

案内状には いつもちょっとこだわっています。

今年も素敵に仕上がりました!(案内状が。これで作品がダメだったら本末転倒。)

 

 


人気ブログランキング

 

 

2017年4月 6日 (木)

銀座

春休み最後は 珍しく家族で都内展覧会巡り。

 

子供達が最も食いついたのは 最後に訪れた銀座「伊東屋」。

私は学生の時以来だったかも。

 

狭くてゴチャゴチャしてて見にくい・・・という印象でしたが

新しくなっていてビックリ。

 

ウチの子供達は おもちゃより文具好き。

文房具の豊富さとデザイン性の高さに大喜び!

 

ハンズやロフトやジョイフル本田(あ、地元のホームセンターね)とは

比べ物にならない!楽しすぎる!スゴイスゴイ!

東京にはスゴイとこあるね~!と、田舎者丸出しで大興奮!

 

Dsc_2610

 

私は紙を扱っているフロアに釘づけでした。

そのディスプレイの美しいこと。

 

しかし結局、ボールペン1本しか買わなかったけど・・・

 

 

 

あれやこれやと 美しいものに触れた1日でしたが

私がこの日、大きくタメ息をついて不覚にも羨望の眼差しを向けてしまったのはこの一角。

 

Dsc_2608

CHANEL   、 Cartier


Dsc_2609

BVLGARI   、 LOUIS VUITTON

 

ああ、いけないわ。ネームバリューに騙されては・・・

 

でもやっぱり憧れるわ。 超一流と認められるまでには

それなりの歴史があり、品質の良さが保たれ信用となっているのでしょうから。

 

「ステキ♡ こんなブティックにお母さんの作品は似合うと思うんだけどっ!」←私

「おー!たしかにっ!」←娘

 

身の程知らずな妄想に浸る陶芸人母なのでした。。。

 

Dsc_26122

そんな私のステキな新作。。。↑

ほらね、CHANELでもBVLGARI でも 恐くないないわっ!

 

なんつってな・・・

 


Dsc_26132

まだ焼成前。 ↑墨の線は消えます。

 

というワケで、今年の彩女会は CHANELブティックにて!

というのは大ウソで

 

日本橋三越6階美術、アートスクエアです。

十分、贅沢な場所でごじゃります。。。

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

2017年4月 3日 (月)

引退

 

年度末、最終日。

楽しみにしていた長男の高校の吹奏楽部の定期演奏会でした。

 

Dsc_25822

先日、卒業したばかりの先輩も加わって 60数名の大編成による迫力ある合奏あり・・・


Dsc_2587

なんか コンセプトがよくわからないけど

それも愛嬌かな・・・と思わせる劇に組み込ませての合奏あり。
  

 

  

Dsc_2590

顔ナシに扮装してのトランペットアンサンブルはクオリティが高かった!

 

  


Dsc_2588

星野源の恋ダンスあり。

好感度、超!めちゃ!高いS君はマダムキラー!母たちに大好評!

 

 

Dsc_25922

長男はサックスアンサンブル。

  





Dsc_2597

ディズニーメドレーあり。

 

「絶対にやりたくない!」

と言っていたマーチングも いつの間にか練習していたらしい、

たまにステップを間違えながらも しっかり演奏する長男の姿に苦笑&感動。←親バカ

 

 

2時間30分、あきることなく ガッツリ楽しませていただきました。

 

 

Dsc_2603

さて、

これにてめでたく部活は引退となります。

 

ちゃきっと切り替えて大学受験モードになってくれるかは怪しい・・・ですが。。。

 

 

 

 

 

1490967171000

17歳男子。皆、最高の笑顔。

 

 

先日起きた 同じ17歳、男子高の山岳部の痛ましい事故のニュースを耳にするのが

辛くて辛くて辛くて辛くて辛くて・・・・・・・・

告別式でのお父さんの別れの挨拶が胸に突き刺さり、、、

 

大きな可能性を秘めている未来ある優秀な子供達の命が

何故奪われなければならなかったのか、、、神は何故こんな酷い仕打ちを下されるのか、、、

 

長男達の眩しい笑顔を遠くから眺めながら

感慨深い思いに浸る陶芸人母でした。。。

  


  

 


人気ブログランキング

 

 

 

2017年3月30日 (木)

リセット

展覧会前だっちゅうにね、

腹は減るのですよ。

生きてますから。

 

長男のお弁当と家族の朝ご飯作り、朝食の後片付けが終わったら

お昼ご飯の支度をし、昼食の後片付けが終わったら 夕飯の準備を始めるという、、、

そんな悲しい春休み。

 

主婦ですから。

陶芸人じゃなくって主婦ですからっ! と、ふてくされてる春休み。。。。。

 

 

 

きりんさん、どうした?!

と、心配してくださっていたきりんファンの皆様(んな人いないし。)

ご無沙汰しちゃってスミマセン。

 

私は普通に元気です。

 

 

 

 

Dsc_2576

ざくっと近況報告をば。

先週の土曜日は年度末の納会兼1年間の大反省会でした。芝柏陶芸講座の。

柏髙島屋内の銀座アスターにて

素晴らしい大御馳走だったにもかかわらず食べ物の写真を1枚も撮らなかったという

グルメリポーター返上ですな。

 

 

 


Dsc_25803

だって、私はそれどころじゃなかったの。

昨年から恒例になっている○×クイズの企画実施委員長なんで。

 

皆様、お待たせいたしましたっ。

雑学○×クイズです。 陶芸とは全く関係ありません。

 

上位10名様に 杉沼からプレゼントをご用意しております!

 

Dsc_0024

今年の1番人気の景品は 杉沼特製・・・


Dsc_0021


Dsc_0023

マグネットです!非売品です!

展覧会等でも販売などいたしません!

めっちゃ可愛い!自分でも欲しいぜ!

 

こういう時、自分の個展の売れ残り作品を景品にするなんちゅう無粋なことは私はいたしませんの。

だいたい、

貴重なお金を出して作品を買ってくださった方に失礼ですしね。

 

しかし、

こんな子供騙しのマグネットなんて皆さん喜んでくださるかしらん?!

と、思ったら 皆様から歓声が上がるくらい大好評!

今回は4個しか準備できませんでしたが いろんなデザインを考えていますので

来年はたくさん作ってプレゼントしますねっ!

杉沼先生からの愛です♡

 

 

ゲットした4名様、おめでとうございました。

 

Dsc_25802

そして、

こちらの本も景品の一つとさせていただきました。

 


Dsc_25812

芝柏の新年度は5月スタートですが

新年度からは 講師2人で順番に担当させていただきます。

新しく来ていただく先生が載っている本↑で~す。

 

芝柏陶芸講座、長い間私一人で講師をしてきましたが

制作の時間を増やしたいと考え、講師の仕事を減らしたいと思いました。

 

受講してくださっている方達には勝手言ってゴメンナサイ。

と、

助けてくださるK先生、ありがとうございます。

 

春!

今年度の講座も終了し、

私も たぶん皆さんも1度リセットされた気持ちじゃないでしょうか。

 

芽吹きの季節、

なんか、すんご~く体が軽くなった気分。新しいことが始められる気分!

 

 

って、

そんなのん気なコト言ってる場合じゃないんだよ。

彩女会まであと1ヵ月じゃん・・・・・冷や汗

 

 

というワケで

また ブログ更新さぼるかもしれないけどゴメンネ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 


人気ブログランキング

2017年3月12日 (日)

陶芸アカデミズム

 

Dsc_25472

陶工房の最新号です。

彩女会の案内状制作でもお世話になっている大学の後輩、野田君が長い間あたためていたという企画、

 

我が家にとってはたいへん興味深いテーマ、

「現代陶芸アカデミズム」~大学教育における陶の多面形

 

興味のない方には それが何なんだ? と、思われるかもしれませんが・・・

 

 

東京藝術大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学と東北芸術工科大学

4大学の陶芸科を取材し、大学における陶芸教育の在り方の比較です。

 

野田君に内容の詳細を直接伺いましたが

それぞれの大学の教育方針が真逆なのも興味深く、 それによって生み育てられる若い個性と能力が

うらやましく感じました。

 

 

一番 これといった教育方針もなく ただ単に放任されているだけのように見えるのが

我が東京藝大です。

彩女会メンバーと、学生の頃の吸収力が大きい時に 

もっともっと 半強制的にでも課題を与えられ学びたかった!

と、

好き勝手言いましたが、 あの頃、そんなに縛られたって素直に言われたこと聞かなかったであろう私達のくせに・・・

 

しかし、

どこの大学の方針も一長一短。 どこが最高という答えは出ない。というのが

最終的な野田君の感想のようです。

 

 

大学受験~大学の教育方針て、

当事者にとっては 人生かけた一大事ですが

その答えが出るのは卒業してから ずーーーーっと後の事。

その答えすら何が正解かは人それぞれ。

 

自分の子供達が大学受験~大学生の時になり、

過去と現在~未来を感慨深く思う 「陶工房」でした。

 

ご興味持たれた方、是非ともご一読を!

 

 

 



Dsc_25622

さて、

そんな東京藝大の後輩、しかも、大学院博士課程まで修了されている

小林佐和子さんの個展を拝見しました。(もう、終了しました。スミマセン。)

 

日本の年中行事をテーマにされた作品の数々。

誰にも真似できない これぞ小林女史ワールドの完成度の高さ、、、すごかったなあ。。。。。

  


Dsc_25632

もう、このお雛様なんて萌え~~~~♡

 

しかし、

今をときめく 高橋奈己さんといい、この↑小林佐和子さんといい、

ご本人は 寡黙で謙虚で素朴な女性です。

 

マジで作陶に取り組んでいたら いかにも・・・ という個性的アピールガンガンにはならないもんですね。

陶芸人て決して華やかな煌びやかな人間にはならないもんです。

 

  
  

  

Img_20170225_183307_242

あ~

小林さんの作品を見ると 色をじゃんじゃん使いたくなりますが

今年は色を控えてみることにしましたんで・・・

 

もともと不器用なもんで

色とか模様に走ると 形が見えなくなるので 見えるようになるための訓練です。

 

果たして、訓練すれば良くなるか、、、というと

それも疑問ですがね。

 

 

 


人気ブログランキングへ

2017年3月 8日 (水)

アドバイス

他人様の意見を いちいち真に受けていたら 動けなくなるのはわかっているのですが

ただの他人様とは違う、絶大なる信頼を置いている方2人から

「もっと模様をシンプルにした方が良い。」

「もっともっと模様を細かくしてみたら!」

 

と、

真逆のアドバイスをいただき、

一瞬 考え込んでしまいました。

 

 

結局は 自分がやりたいようにやりゃあいいじゃん!

てコトになるんでしょうが、 んじゃあ、私がやりたいコトってなんだろう。。。

 

 

いや、

他人様はそれほど真剣に、責任もって言うてくれてるわけじゃないことも分かっていますし

誰に何を言われても揺るがない強さが私にはあるのですが

 

突き進むばかりではなく、たまに 立ち止まって考えてみるのも良いかと思ったり。

 

暗中模索の日々は続きます。

 

Dsc_25562

って、

ゴチャゴチャ考えている場合じゃなく、光陰矢の如し。

 

取りあえず、

何年かぶりに 粘土を変えてみよう。

と、珍しく真面目に数種類の土のテストピース作り。

  


Dsc_25572

そして、輪花。

輪花は好きだな。

Dsc_25602


Dsc_25612

高台部も輪花。

 

今年の彩女会のテーマ、

安定性の良い器でアウトドアブランチ、、、ってお題を完全無視してるような気がしないでもないけど・・・

 

 


人気ブログランキングへ

2017年2月28日 (火)

撮影

昨日は

都内某所で 某メンバーとコソコソと集合し

とあるビルの地下で それぞれにミッションを遂行し、都内某穴蔵に移動したのでした。。。。。

 

 

 

Dsc_253122_2

なんのコトはない、

彩女会メンバーと 日本橋三越地下食品売り場で待ち合わせし

打ち合わせ通りそれぞれに分担した食材を買い込み、野田君(カメラマン兼デザイナー)の工房である撮影場所に移動したのでした。

 

 

5月3日(水)~9日(火)の彩女会DMの撮影です。

 

「旅行で出かけるから伺えませ~ん!ごめんなさ~い!」

という連絡が多く入りそうな がっつりゴールデンウイーク真っ只中ですね。(涙)

  


Dsc_25342_2

今回は趣向を変えたテーマのため、案内状の雰囲気も少し変わります。

 

 

いつもにも増して撮影に時間がかかりましたが

いつも以上にムチャクチャ楽しい撮影でした。

 

 

彩女会は私にとっては原点回帰の場所。最高のメンバー。

コイツらに、、、もとい、彼女達に どれだけ救われたコトでしょう。。。

 

どんなにお喋りを重ねても話しは尽きず、別れがたい。。。

 

今度会う時は 彩女会の搬入ね。なんて言いながら寂しく感じちゃう年齢になったかな。

 

でも

彩女会の用件以外で改めて会うことはしないけど。。。

 

  


Dsc_25382_2

今回のDMも素敵に仕上がりそうです。

詳しくは後日の方が良いかな。私の皿↑だけチラリと。

 

皆それぞれに食材をアレンジして皿にレイアウトしました。

 

私は 憧れのラデュレのマカロン(^^♪

 

皿はいらないけど

のっかってる美味しそうな物はいただきたいわ!

という方は 三越地下食品売り場で調達できま~す!・・・・・・・・微妙。。。。。


  


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

2017年2月23日 (木)

春、色めく

 

Dsc_25192

三越のお帳場通信です。 三越の顧客様に配られる季刊誌、、、だと思います。

 

「お帳場通信」て名称がちょっとスゴイですね。

庶民の私は若干引いてしまいますね。

 

しかし、

三越の担当の方が 「ちょうつう」

と、言うていて、何のコトか????と思ったら「お帳場通信」のコトですか・・・

もう、オバちゃんは 略して話されると通じないのよ。

 

 

ちなみに

私は もちろん三越の顧客ではありませんので普段、お帳場通信は送られてきません。

が、

この号は特別。

 

 

「春、色めく。」

って、

なんて艶っぽい。。。

 

表紙は泣く子も黙る 今泉今右衛門先生ですよ。

  


Dsc_25202

そしてトップページにはドーンと

小林佐和子さんの作品、「練上彩層鳳凰桜紋壺」

 

すごいね。小林さん。

グングン力をつけられ、その活躍は目を見張るばかり。。。

 

先輩、負けてるし・・・

 

 

 



Dsc_25242

 

でも大丈夫。先輩達の作品も載ってます。彩女会です。

 

 

今年のテーマはアウトドアブランチという事で、

三越地下で販売されている食品をレイアウトして撮影していただいたようです。

 


Dsc_25222

私の器、

上部の白の皿には 〈菓匠花見〉の白鷺宝

下部の紺の皿には 〈デリショップ西洋銀座〉の牛フィレ肉のカツサンド

 

私なんかは口にしたこともない代物ですが

素敵にアレンジメントしてくださりありがたやありがたや。

 

 

今回の 三越お帳場通信春号、

頁の所々に記されているコピーが何とも粋で

 

表紙の「春、色めく」 から始まって、

「清新きわ立つ」

「彩り瑞々しく」

「たおやかな輝き」

「ひときわ精彩」

「眺めて眼福」

「光のどけき」

「花に酔う」

「香りごと愛でる」

そして、「華爛漫」 に、「春、のどか」

 

春・春・春・・・ですね。

 

「梅一輪 一輪ほどのあたたかさ」

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

«お菓子作り