« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の15件の記事

2011年2月28日 (月)

紋様、どうしよう・・・

Img_0257

ロクロで作って カットし、四角にした小さめの皿。

いつものように色化粧泥で紋様をつけているの

だけれど・・・

今回は、ここまで手の込んだ紋様じゃなくて

もっとシンプルでも良いのかなぁ~・・・

と、ちょっと迷いはじめたトコロ。。。

  

   

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月27日 (日)

乗馬クラブ

今日は、うら若きイケメン男子のお供で

乗馬クラブへ。

  

Img_0244

久しぶりに来ましたが、

アニマルセラピーってやつかなぁ?

馬を見ていると気持ちが安らぎ、

そして ここに漂っている雰囲気に

ものすごく癒される。

  

Img_0241

馬の体って、本当に美しい。。。

特に おしり・・・

  

ぼーっと眺めながらシミジミ思った。

この美しさって、神が創造した

完璧な芸術作品のひとつに違いない。

  

   

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月25日 (金)

三溪園

やはり、

私の作品を、長く好きでいてくださる方の

お誘いを受け、、、

横浜三溪園にて 観梅・・・

Img_0220

Img_0219

臥竜梅 ↑ (がりょうばい)

日当たりの関係か、梅の幹・枝がたおれ、添え木

を施してあるのですが その枝ぶりの様が竜が横たわって

いると見立てたのでしょうか。   

   

梅は桜とは違い、密やかに美しく

気持ちも穏かにさせてくれます。

  

三溪園は、横浜の実業家 原 三溪 の元邸宅。

その 原 三溪 の曾孫さんがやっておられる

三溪園に隣接する 橉花苑 にて昼食。

Img_0236

   

そこで サプライズ!

Img_0223

Img_0224

Img_0225

なんと、私の作品を使用しての前菜。と、ビアカップ。

  

招待してくださった方が、数日前に この皿を橉花苑に

持ち込み スタンバイしてくださっていました。。。

  

ちょっと、、、言葉になりません。。。

  

Img_0228

ホタテと鯛のお刺身。

小皿には鮪を軽く炙り、淡く塩味。

  

Img_0229

桜豆腐。 

部屋中、桜の香りがホンノリと漂います。

  

Img_0230

蛤と三色ふの お吸い物。 

  

Img_0232

クワイの玉子とじ。

お椀の蓋の裏側の蒔絵が美しい。

  

Img_0234

三溪そばと タラの芽の天婦羅。

  

他、数品 出していただきましたが、

胸がいっぱいで・・・

完食出来ずに ごめんなさい。

 

Img_0227

橉花苑の部屋から見える庭には 菜の花。

素敵な部屋を予約してくださっていました。

   

    

陶芸家冥利に尽きます。

しかし、何故に皆様 私なんかに 

ここまで良くしてくださるのか・・・

そこまでしていただけるような器の人間ではないし

全く魅力があるとも思えない。

これからだって己の力に自信なんてない。

  

いつか、、、イヤ、近いうちきっと

“この程度の陶芸家だったか・・・”

と、がっかりされるに違いない。

少しでもそのように感じる事があれば

どうか さっさと見切りをつけて下さいませ。

私は そんなに謙虚ではない。

本当にそう思うのです。。。

  

余りのもてなしと 愛情の大きさに

嬉しさを通りこして

息苦しさと居たたまれなささえ感じ

今日は かなり弱気・・・

  

きちんとお礼を申し上げておりませんでした。

ありがとうございます。

と 申し上げる以外、なんと表現したら良いのだろう。。。

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

2011年2月23日 (水)

キッシュプレートランチ

今日は、

ヒョイッ と行って、ヒョイッ と帰って来るつもりが・・・

  

Img_0216

キッシュプレートランチ!

食い意地には勝てない!

Img_0215

Img_0217

カワイイ!!!

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月22日 (火)

トランペットアンサンブル

Img_0213

昨晩は・・・

私の作品を長~い間、応援してくださっている方からの

ご招待を受け、

東京藝大トランペット専攻学生によるコンサートに行きました。

  

Img_0211

上野の東京文化会館にて。

  

昨夜のデートのお相手は・・・ 年下の超イケメン男子!

彼は、ピアノとサックスの勉強中。

  

学生の、トランペットだけのコンサートって、、、

どんなんだろ? と、想像つかなかったけれど

参りました。

トランペットって、周波数が高く耳に響くものかと勝手に思って

いましたが、、、

音色の幅は広く、柔らかく・・・

楽器が人の体を通して歌っている、という感覚を始めて知りました。

学生・・・と言っても藝大ですからね、超一流。

その軽やかな音色に引きずり込まれ、

そして、最後の教授たちの音は深みがあり魅惑的。

同じ楽器でもこんなに違うモノか!

(同じ粘土でも、こんなに違うか、、、と一緒か?) 

   

   

そして、ヘンに感心してしまったのは

1曲演奏が終わり、舞台そでに 

学生演奏者達は引き揚げる時、

その度、男子学生は一歩下がり 女子学生のために

道を譲る。 学生の時分からレディーファーストが、

自然に身についているのです。

ホ~~っとタメ息。。。

さて、同じ東京藝大でも美術学部の工芸科卒業生の殿方!

はたして学生の頃、同級生の女子達に、そのような

気品ある行動をとられた事がおありでしょうか?

学生の頃どころか未だに、当然のごとく、堂々と我先にと扉を

通りやがりますよね。。。

レディファーストどころか 女子とも思われていなかった!と、

記憶します。。。

まっ・・・

学生の頃の私達はボロボロボサボサのドロドロで、

レディー扱いしたくなるような風貌ではなかったでしょうから、

いけないのは私達か・・・

ボロボロボサボサのドロドロは、今もさして変わらず、、、

そしてシワシワもプラスされ・・・ チェッ!

「おまえはまた、そんな形ばっかりに騙される!」

と、夫に言われそうですね。

ハイ。。。おっしゃる通り。スミマセーン。。。

    

にしても、、、学部は違えど 音楽も美術も

ここの学生達って 自信に充ち溢れ 自分達が

1番の表現者だと信じて疑っていないのだね。

かつては私もそうだった。

と、学生から遠く離れた今、そんなふうにも感じた。

そんな彼らは初々しく、キラキラ輝いていて眩しいクライ。

   

そして、横でいっしょに聞いている 若きデートのお相手。

彼の秘めた才能と無限に広がる未来は

どんなだろう?  

     

トランペットの音色に、ふんわり天に浮かぶような

心地よい感覚に酔いしれながら、

いろんな感情が炸裂した夜。

  

音楽っていいね。

コンサートって、私にとって現実逃避。

  

来年もご招待していただけるんだって!

絶対、また聞きに来よう!

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

2011年2月20日 (日)

壺の釉掛け

Img_0210

今日は、この↑ 壺の釉薬掛け。

素焼きしてみたら ロクロ目や細かい傷が意外とめだち、

こんな2本の壺ごときに 

1日中やすりがけ。

美しく、美しく、焼き上がりますように・・・

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月18日 (金)

泥彩・練り込み講習会

本日、東日本ガス陶芸教室にて

杉沼先生の泥彩技法&練り込み技法の講習会でした。

Img_0179

見本作品。

左上の青海波(せいがいは)の皿は練り込み。

他は泥彩模様。

   

Img_0180

Img_0181

使用する道具類。

   

杉沼先生は、こーいうーコトがとっても苦手なので

数日前から憂鬱でした。

Img_0184

にもかかわらず、大勢の方にご参加いただき

感謝です。。。

  

Img_0191

Img_0193

泥彩の実演。 

   

Img_0199

Img_0202

青海波 (せいがいは)練り込みの実演。

  

って言われて、こんな写真のアップのみでは、

解る方にしか解りませんね。

しかし、杉沼先生は

必死で講習中だったので、

理解しやすいように手元のアップを写していただく

余裕はないご様子でした。

  

ので、いずれ余裕が出来た時に

このブログにて詳しくご紹介させていただくことを

お約束します。

  

ハ~疲れた。イヤダイヤダ。

なのに、まーた 今年6月と10月と来年1月に

講習会、あります。

皆さんに楽しんでいただきたいと

試行錯誤・工夫を凝らし、先生として

せいいっぱい努力はいたしますが、

・・・頑張りません。

  

 皆々様へのお目汚し、たいへん失礼いたしました。

講習会参加してくださった方々、

ホントーにありがとうございました。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

 

2011年2月16日 (水)

友チョコ

あれ?

バレンタインDayって過ぎましたね。

この年齢になると、バレンタインごときに

ドキドキすることも、色っぽいコトもなくなり、

なにごともなく過ぎ去りますが、、、

一応、世間の風潮に従って

夫のために

私の好みの生チョコを購入しましたが

その生チョコも、 夫がいただいてきた義理チョコも

私が半分以上食べちゃったもん。

  

でも、

先日、久々に会ったビール好きの女友達に・・・

 (女性ですからね。)

Img_0175

チョコビール をプレゼントしました。

近所のお気に入りの酒屋さんで見つけてビックリ!

チョコフレーバーってわけではなく、

泡まで黒い黒ビールで、たしかにチョコのように濃厚。

ビールのくせになんだか酔いがまわるな~

と、思ったらアルコール度数8.5%もあった。

  

イクスピアリでも販売しているようです。  

ちょっと洒落ているし、

プレゼントにおすすめヨ。

  

その、友人からのお返し・・・

Img_0177

愛の告白!

チョコレートが送られてきました!

( しつこいようですが、女性ですから。)

食べられないよ。

って手紙に書いてある。

ん?

と、思ったら、

Img_0178

なんと、マグネット!

う~ん カワイイ!

 

あーーー

もしも私が男だったら

すんごいモテモテで、

チョコレートなんて山盛りきちゃって

お返しも大変だっただろうーなー・・・

なんて、毎年へんな妄想しちゃうんだけど、、、

  

今年は

この マグネットチョコと

最近ハヤリの友チョコいただいて

心、あたたまっちゃった。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

2011年2月15日 (火)

軽い夕飯のはずが・・・

夕方5時頃でしたよね。

時間も早いし 

軽く夕飯でも、、、と、友人達に誘われて・・・

本当は17時30分OPENの店ですが、

「電話して開けさせましたから!」

と・・・ まああ・・・

とっても紳士的な方ですが、少々ゴーイン。

そこが彼の良いとこか。。。

  

で、軽い夕飯のはずが・・・

Img_0150

フランス料理!

前菜・・・ポーチド エッグ と生ハム

トマトソース風味のソースがかかっていて、

コッテリかな?と思ったら意外とあっさり。

  

Img_0151

サービスで出していただいたスープ。

私は右の蕪のスープ。葉っぱまで入っているので緑。

クリームは入っておらず、コンソメ仕立て。

カイエンペッパーが入っていて、後味が少しピリッときます。

左の黄色は友人が選んだカボチャのスープ。

  

Img_0152

メインの1品目。お魚。

パリッと焼いた白身魚の上にホタテ。

ホタテが少々甘く感じたのは、バルサミコ酢かな?

聞きそびれたけれど、私の舌はそう感じる。

回りのソースは、セージ・ディル・エストラゴン等の香草と

粒マスタード、トマト、玉ねぎの少し酸味のあるモノです。

   

Img_0153

メイン2品目。3品から選べたのですが、

私が このソースに魅かれて選んだのは、、、

ポークのソテーに 黒ビールとフォン・ド・ボーの

ソース。お肉も柔らかく、そしてこのソースは

始めての味。

少々ほろ苦く、お肉に良くあってる!

   

Img_0154

そして、デザート。

洋ナシのタルトと苺のアイス。

   

以上、千葉県柏市の “富士見軒”

にて、本日の軽い夕飯でした!

 

皆、車だったのでね、ワインはナシよ。

フエ~ン。。。残念。。。

でも、大満足の軽い夕飯?!

とっても幸せ!

  

と、またしても、当たり前みたいにゴチに

なってしまい、スミマセンでした。

本当に、いつもいつもありがとうございます。。。

  

このご恩をどうやってお返しすればよいか・・・

考えておいてください。。。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月12日 (土)

東日本ガスの新作

東日本ガス陶芸教室の今月の本焼き、

出来上がりました。

今月は還元焼成。

名品の数々をご紹介!

↓↓↓

Img_0127

MAさん、例の転写シートを使用した作品。

乳白釉薬が濃すぎたようで、

ご本人曰く、綺麗すぎる、少しアンティーク風を

ねらっていたとのコト。その微妙な雰囲気を

出すのは難しいよね~。

Img_0141

同じくMAさん お雛様。これは、↑私がほしい!

  

Img_0128

Img_0129

↑、MYさん 上部は、アイビーの葉の上から呉須を

シャカシャカしたモノに唐津釉の吹き付け。

下部はやはり転写シート。センスが光ります。

意外と手間がかかるのよ。

  

Img_0149

↑ I さん 作。 象嵌・泥彩模様の上から

氷裂青磁を掛けたため模様が薄くなってしまいましたが

これはこれで良かったね。氷裂の出かたも良い感じ。

 

   

Img_0142

↑ 氷裂青磁が 少し流れましたが貫入の出かた

も美しく、 良く見えないかしら?、桜模様の転写が

利いてます。

  

Img_0145

MYさんも ↑ 転写模様に乳白。

模様が少しおとなしかったかしら?

イエイエ、スープが美味しくなる器です。

  

Img_0147

↑ お仕事、リタイアされている年齢のはずなのに、

少年のように爽やかな S さん。

ひたすらロクロ、頑張っています。

いつもいつも謙虚ですが、確実に上手くなっていますよ!

  

Img_0139

そして、↑ 電動ロクロのように精巧な作りだけれど

いつも手ひねり Tサマ。

中の手付きの受け皿にロウソクを置いて、

茶香炉になさるのでしたっけ?

   

  

毎回毎回、名品の数々が生み出されますが、

完璧な作品なんて出来ません。

ウ~~ン、良いんだけれど あと少し

ここがこーなれば・・・

と、いうワケで 器作りがやめられない。。。んだヨネ。。。

皆様も、そして もちろん私も・・・

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

 

  

  

2011年2月 9日 (水)

ホキ美術館

昨日の続き・・・

今井一美ちゃん の展覧会(千葉市あすみが丘の gallery ten にて )

の後、 

タクシーとばして5分、

ホキ美術館 に行きました。

こちらは、超写実絵画の美術館。

Img_0118

建物も、美しくて・・・

質の高い作品と、それをより良く見せるための空間。

やはり、真面目な、しっかりとした仕事がされている作品が好き。

  

この ホキ美術館、私がグダグダ言うよりもHP

是非ご覧ください。一見の価値あり!

  

良いもの見て、自分の意識も高まったような気分。

この高いテンションを

いかに自分の作品に上手く反映できるか・・・

   

それがなかなかねぇ~

ホントーに無器用で、自分自身の頭と手が

つながってないコトがよくわかる。

      

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

2011年2月 8日 (火)

一美ちゃんの展覧会

千葉市 あすみが丘の “gallery ten” での

今井一美さんの展覧会に行ってきましたヨ!

一美ちゃんは 藝大の ひとつ学年が下の後輩。

Img_0111

この “gallery ten” 、オーナーがご自宅1階部分を

ギャラリーにしたてたトコロで、素敵な空間です。

居心地が良くって ウダウダ長居してしまった。

  

Img_0113

帆布で作られている バッグ 須田帆布さんとの

2人展です。

Img_0114

Img_0115

この、右側 ↑ 茶色のバッグの黒バージョン、

購入しました。これぞ手仕事!作りもしっかり

されていて、デザインと実用性共にすぐれた

作品でした。大事に大事に使わせていただきます。

  

Img_0108

Img_0110 

Img_0109

一美ちゃんの作品は お野菜シリーズ が多いです。

一見豪快だけれど、とっても、超!繊細な一美ちゃんの

人柄がそのまんま作品に現われています。

かわいらしい!ポップ!とも評価されましょうが、

それは、メルヘンとかファンシーではなく

きちんとした仕事の上に成り立っている

力強いかわいらしさです。

女性らしいけれど男っぽいとも感じてしまいます。

  

Img_0117

展示の仕方も良いので、作品が引き立ちます。 

  

Img_0112

そんなチャーミングな今井一美サマ↑↑↑ 

  

 今年6月に 千葉そごう にて展覧会ご一緒します。

一美ちゃんといっしょに仕事が出来るなんてタイヘン光栄です。

ドキドキワクワク。。。

また、力強い女子力の見せ所ですね。

なんつって、それは スゴイはったりで、

一美ちゃんも私も実はとても臆病者の小心者で

2人とも 千葉そごう 始めてということもあり

すごく ビビッて いるのです。

だから、しっかり仕事することが 

小心者の自分の自信になるのです。

  

一美ちゃん、6月よろしくね!

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

2011年2月 6日 (日)

芝柏・新作

芝浦工業大学柏中高校 内 陶芸公開講座。

保護者と近隣の方達を対象とした陶芸教室です。

宣伝も兼ねて説明からで失礼。

  

皆様、綺麗に焼けました。ご覧あそばせ。

  

Img_0043

英字新聞を貼って焼いてみました。

ウソ!です!!!

本気にして ビックリしましたね。

んなワケないじゃん。

これも転写シートです。

Img_0048

Img_0046_3

練り込みが本業になってしまった Nさん 男性。

女の子のお孫ちゃんが生まれてから、すっかり

かわいい路線まっしぐら。

センス抜群ですが本人の風貌と作品のギャップが・・・

Nさん ゴメン!

  

Img_0044

Mさん 練り込みストライプ。美しい!

  

Img_0090

Img_0098

Oさん作。 生化粧での掛け流し模様。

スゴイ!スゴイ! これはリスク高いよ。

先生、私もやってみた~い!なんて言わないように。

  

Img_0093

品の良い性格が現われています。Uさん。

  

Img_0096

Img_0097

最近、ルーシー・リー が乗り移っているKBちゃん。

コメント待ってます。。。

  

Img_0101

干支・兎のお雛様。やはり、練り込み土を使いました。 

さすが、上手い!Sさん。

  

Img_0106

初めての象嵌。こんなに上手くいって良いのか?!

Nっちゃん。

  

Img_0099

こちらも練り込みのグレイとトルコブルーを

使用したカップ。 Kさん 男性。

いつも愛のクリックありがと!

愛はないですか?

Img_0100_2

裏面は北斗七星。男性ってやっぱロマンチストね~~  

  

  

 この教室、最近、益々 大盛況。

定員いっぱい、イヤ、以上の方が受講してくださってます。

技術もセンスも個性も上がり、

先生たじたじ・・・ に、私がなるわけはなく、

昨日もガンガン言いたい放題、

ひそかに涙していらっしゃる方がいらしたら、

ゴメンナサイ。。。

でも、本当は皆様、私から愛されているコト、

わかっているよねっ?ねっ???

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

 

 

2011年2月 3日 (木)

J-WAVE

昨日、ボーーッ としている方が良い仕事

が出来るきがする・・・

なんて書いてしまいましたが、それも程度の問題で、

今日は超寝不足のため、午前中から ボーー

で、途中手が止まったり・・・

やはり寝不足はたたる。

Img_0085

今日も小春日和。

我が工房は日が燦々と入り、温室状態。

気持ちよーくボーー・・・

 春眠暁を覚えず。。。

  

今日は全く仕事進まず、昨晩夜中までの頑張りが

チャラですね。

   

仕事をしている時は 必ず、ラジオJ-WAVE

を流しています。工房に1人引きこもり状態なので、

J-WAVE を聞いていると外の世界と、つながっていられて

るようで安心感もあり。 J-WAVE からの情報は

私の感覚にはまっていて耳障りもよく 心地よい。

  

私の友人たちは J-WAVE 聞いている方が

多いのですが、今日の昼間聞きましたか?

午前11時30分~午後2時 までの クリス智子さん

ナビゲートの キュリオス。

時間内、ずっと陶芸がテーマでしたね。

クリス智子さんも陶芸に関心がおありのようで、

陶芸作品や陶芸家にたいしてのコメントも的確なもの

で、これだけピンポイントでしっかり理解をされている

ということは、かなりの知識としっかりした見解を

お持ちの方ですね。

この クリス智子さんに、私は顔立ちが似ていると

言われたコトがあるのです!

ヒャ~ クリスさんと私の顔を よく知る人は

えええ~~っ!!!???

って感じですね。ごめんなさい。

私としては光栄ですが・・・

ごめんなさい。

しかし、似ていると言ってくださった○さん。

貴方サマは正直で良い方です。

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

2011年2月 2日 (水)

貼紋

花器に紋様を貼りつけます。

仕上がりはレリーフのように見えますが

貼りつけてあります。

   

Img_0067

粘土を短いひも状にしたものを、

 

Img_0068

板に張り付け、

  

Img_0070

Img_0072

  

実はこの板、

Img_0069

かまぼこ!

  

Img_0075

かまぼこ板の上から そーっと はがし、

花器に貼りつけ。

ドべは使いません。水だけで。

その代わり、やはり乾燥せぬよう・・・乾燥せぬよう・・・

  

Img_0078

この作業を繰り返し、模様をつなげると    

↑ こーなります。

  

Img_0082

さらにシャープに 削りこんで

エッジを立ち上げ 模様のラインも美しく。

  

貼りつける作業よりも 

この削り込んでいく最後の仕上げに手間がかかり、

ラインも細ーく細ーく ギリギリまで削り込む箇所も

あるので、神経とがらせて、、、

電話にも出ない。ピンポンも無視。

メールはOKよ。

返信は後日ね。

  

夜中、ボーーーッ としながら仕事していると

頭の中が 空っぽになり 無心で手だけが動いている。

そんな状態の時の自分がけっこう好き。

  

頭が冴えていると 

余計なコト いろいろ考えちゃうから

ボーーーッ の方が良い仕事出来そうな気がする。。。

  

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 

人気ブログランキングへ enter 応援クリックお願いします!

  

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »