« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月の28件の記事

2011年7月31日 (日)

見て見ぬふり

我が家の庭のブルーベリーが、

色気ずいて・・・ じゃなくって、色ずいて

熟して来ているなー・・・

と、思いつつ、収穫する暇もなく

と、いうより収穫する気力にならず、

樹の横を通るたび、見て見ぬふりをしていました。

  

が、スーパーで売っている1パック500円で、

わずかしか入っていないブルーベリーを見て

なんと高価なモノだったんだ!

と知り、貧乏性の私は 

ヤバイ!鳥に食われる前に収穫せねば!

と、ようやく重い腰を上げたのです。

  

Img_2037

この↑樹と、、、

Img_2046

まだ小さいけれど、この↑樹から1日に収穫できた

ブルーベリーは

  

Img_1987

こんなに山盛り!

  

生でもムシャムシャ食べて、残りをジャムにしたら、

なんと 普通のジャムの瓶、3個も出来ました。

  

それでも まだまだ毎日毎日スーパーの500円分位は

収穫出来ます。

なんの手入れもしていないのに、なんて立派な樹なんだろう!

  

  

そして、もう一つ、見て見ぬふりをしていた・・・

我が家のボーボーの庭。

超多忙な夫が久々に庭の草むしりを半日かけてやり、

その日の夕方、

「もうダメだ。手に負えない。多少の金額を払ってでも

 生活救急隊に頼むぞ!」

と、ひと言。

  

  

そして・・・

Img_1968

こ~~~んなに ボーボーの庭が、、、

  

  

Img_2032

綺麗サッパリ!

手前オリーブ、向こうも オリーブ。

  

Img_2034

「この我孫子市で、こんなに立派な オリーブの樹を

見たことはないです。。。」

と、お庭屋さんが言っていた 我が家唯一の自慢のオリーブの樹。

   

腰丈位の苗を植えてから ちょうど10年になります。

  

近所の子供達がワラワラと集まってきて、

木登りをしています。

    

Img_2035

  

生活救急隊のお庭屋さん、フラフラになりながら

綺麗にしてくださいましたが、

  

「この状態を維持するには、年に4回は、やった方が

 良いでしょうねー・・・」

  

だと。

  

夫と2人、

「アハハ・・・(冷汗)・・・」

  

年に4回、この出費は、いた、痛すぎる・・・

  

が、しかし、制作時間を削って庭いじりをしている

余裕は今の私には皆無だし、

だったら庭は他人にまかせて、

その綺麗な庭を眺めつつ、

私は気分良く 制作に励むか。。。

  

そんなふうに世の中は回っているのでしょう・・・

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

だから、庭は広げない方が 良かったのにっ!

と、夫に言うと

また ケンカになるから やめておこう・・・

  

2011年7月30日 (土)

たいへんそうな仕事?

展覧会場等々で、

私の作品を見てくださった方々に

度々・・・かなりの頻度で言われるのは、

  

「手間がかかっていて、大変そうなお仕事ですね。」

  

そして、それに加えて過去、何人かの親切な方々は・・・

  

  

Img035_4

例えば、私のこの↑作品、

(真上から撮っちゃっているので陶板に見えますが、

 平皿です。)

  

「この模様を、半分に減らせば 作業が楽になるだろうし、

 もっと、作品数が出来るんじゃない?」

  

と、大きなお世話・・・じゃなくて、

親切に、愛ある苦言を呈してくださいます。

  

  

「もっと、簡単な模様にして、たくさん作って、

 たくさん売ればいいじゃん!」

   

と、全く愛のカケラも感じない、失礼な言い方をされた

事もあります。

言った本人は覚えていらっしゃらないでしょうが、

私は忘れませんから・・・(恐)・・・フンッ!

 

  

前者の愛ある お方のご意見としては、

おもいっきり力を入れる作品と、

ある程度量産する作品と、

・・・ 量産イコール 手抜きという訳ではなく、

   紋様を簡略化しても、私の作品の

   印象が変わらないようなデザイン。

   逆に、シンプルにすることで、より

   魅力ある器としての機能も増すのでは?・・・・

  

ある程度の量産が出来れば

価格も もう少し押さえられ

より、多くの方達に作品を使っていただく事が

出来、アナタの作品の魅力を理解していただける

のではないでしょうか?

  

もちろん、今の路線は崩さずに。

その二刀流で制作発表する事も

考えの内に入れるのはいかがなものでしょうか?

  

  

こういうご意見は画廊の方、

今後、一緒に仕事を始める事になるであろう友人、

にも言っていただいた事があるんです。

  

  

結局、愛があろうが なかろうが、

おっしゃっている内容は前者も後者も同じで・・・

イヤ、

やはり愛は大事、愛は一番だから

その愛が身に沁みて

柄にもなく謙虚に受け止めたのですがね・・・。

  

謙虚に受け止める、、、ふりをした・・・かな・・・

  

  

だって、、、

Img_1955

Img_1956

これ↑を作っている時も、

 

Img_1817

これ↑を作っている時だって、、、

  

ここで、紋様を数か所減らせば もう1枚多く作る時間が取れる!

  

そう、たしかに紋様を減らしたって、

作品の効果としては変わらないのかもしれない・・・

  

という考えが脳裏をかすめつつ、、、

  

が、しかし、減らすことは出来ずに

みっちり やってしまいました。

  

こういう面倒くさい作業が 

楽しくて・楽しくて・楽しくて、、、

本当は、

実は、

もっともっと 細かく細かく細かい紋様を

入れ込みたいトコロを これでも我慢して、

私としてはシンプルに押さえているつもりなんです。

  

分かっているんです。

皆さんのおっしゃっている意味は、全て、分かっているんです。

趣味で作っているワケではないんだから、

一応、プロなんだから

自己満足だけではいけない事・・・。

  

  

この話を夫に ゴチャゴチャとこぼしたら、

   

夫君、  

「でも、アンタを想ってくれての 大事な忠告

 なんだから、それは ありがたく受け止めて・・・

 それに、たいへんそうな仕事、ってだけ思われ

 ちゃうのもなんだね。

 基本、良い作品、って思われなきゃね。」

  

私、

「ハイ。それはそうですね。

 でも私、自分が納得しないと

 誰の忠告も 聞かないんだもん!!!」

  

夫君、

「うん。それでいい。」

 

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

  

だから私は 商売人には なれないの。

いつまでたっても 貧乏暇なし。。。

  

  

  

  

2011年7月28日 (木)

ユニークな器

昨晩は、イタリアン。

  

茨城県竜ケ崎市の “ピノッキオ”

  

Img_1944

入口横のテラス。

  

Img_1941

このイタリアンのお店、

美味しいので、竜ヶ崎に行った時、たびたび行きます。 

   

  

食器の販売もしています。

   

Img_1921

全て、イタリアから取り寄せているそうで、

シンプルな形の食器に なんだか、、、

いろんなモノが くっついっちゃってマス。

  

  

Img_1933

車でしたからね、

美味しそうなワインを グッと我慢して・我慢して・・・

グラスに コーヒービーンズ。

  

Img_1926

Img_1929

Img_1930

塩コショウ入れに、、、

Img_1931

リアルなチーズ。

これを脇に置いて、本物のチーズとワインを

いただいたら楽しい!

  

Img_1942

コーヒーカップのソーサーには

チョコレートがひっついてるんだよ!

  

  

  

Img_1934

  

器が面白いだけじゃなく、食事も

とても美味しいんです。

山盛りシーザーサラダ。

  

Img_1937

マルゲリータ。

Img_1936_2

こんなトコロにまで イミテーションのチーズがひっついてる。

  

ここは、イタリア人が焼いているピッザが だんぜん美味しい!

  

美味しさは生地の粉で決まるんじゃないかな・・・と 思いますが

いかがなものなんですか?

私はパンも焼かないし、麺も打たないので 良く分かりませんが、

きっと要(かなめ)は 粉でしょうね。

  

Img_1935

クマ?うさぎ?

耳つきピッザ。

耳の部分だけ膨らんでいて、皮がパリッ、

チョコレートソースがかかっています。

  

Img_1938

私は、イカスミパスタを チョイス。

  

  

面白器が並んでいる ショーウィンドーにへばりついて

しばし眺めていましたが、

いくら加飾好きの私でも、さすがにコレを自分の作品に

ひっつけようとは思わない。。。 

けど、ユニークだな~

単純に可愛いな~・・・と、ある意味感心。

  

こういうデザインの感覚って、イタリア人ならでは?

でも これって いわゆる以前は 蝋で作られていた

食品サンプルですよね。

今も蝋ですか?樹脂ですか?

食品サンプルって、日本独自の技術じゃなかったかしら?

日本の食品サンプルにヒントを得たイタリア人が

デザイン制作されたのかな?

  

と、ゴチャゴチャ思いつつ、

『器を洗うの、面倒くさそう・・・

 重ならないし・・・』

と、

普通の主婦のような事を

陶芸家が思っちゃいけません。

ま、私だって、普通の主婦だけどさ。

  

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

   

私の作品も、

「普通に使って洗っても 大丈夫なんですか?」

・・・なんて聞かれる事が あり、

ガクッ・・・・・

「ちゃんと1250度以上で焼成されていますから

 大丈夫なんです。。。」

と、答えつつ、

そんなふうに 不安に思わせてしまう私の作品が

悪いかな・・・

  

2011年7月27日 (水)

庭の収穫物

本日の朝食は・・・

  

全て我が家の庭で出来た野菜。

  

Img_1891

小ぶりのトマト、 お酢と砂糖、塩少々に一晩漬けこんだモノ。

なんちゃってフルーツトマトだけど、美味しいよ!

  

  

Img_1894

生で食べられる とうもろこし “ゴールドラッシュ”

  

  

Img_1895

きゅうり。

  

  

Img_1902_3

Img_1901

オリーブも実がついてきました。

  

Img_1903

ボサボサの庭だけど、

オリーブの樹が 3本。

  

樹形が大好きです。

  

  

  

Img_1905

ブルーベリーも豊作。

Img_1906

まだ小さいけれど、ブルーベリーの樹も7本あります。

  

このグータラな私が、マメに庭の手入れを出来るワケは

ないので、 広大な(?)我が家の庭は

シンプルに、オリーブとブルーベリー限定にしています。

  

もともと、古い農家の畑だった土地を買い求めたので、

土がとても良く、日当たりも良いので、

放っておいても 植物達は元気に育ちます。

   

  

が、しかし 当然 雑草達の成長も並々ならぬモノがあり、

真夏、我が家の広大(???)な庭は草原と化します。

  

ザッザッザザッと、草原をかき分け その向こうにあるオリーブの

様子を見に行かねばなりません。

  

だから、羊か牛を放牧すれば良いと思うのですが

これ以上の飼育物を増やす事は、

グータラの私には無理でしょう。。。

 

   

   

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

    

   

体毛は白くて、顔と足が黒の 羊、

好きなんです。

あの 姿・形は 魅力的なモチーフです。

  

その昔、アイルランドに ふらりと 友人を

訪ねて行った時、

それこそ 広大な小高い山の放牧場に

その 白黒羊が あちらこちらにポツポツと

放牧されていた風景は

日本には あり得ない、忘れられぬ風景。

  

ま、いくら好きでも

その羊が我が家の庭にいたら、妙だけど。。。

2011年7月26日 (火)

乾燥注意

Img_1845

高台小さめ、この時点で 直径36㎝位。

  

Img_1850

  

Img_1851

カットするための 切り込み入れます。

  

横で、夫が 「えっ!切っちゃうの?! もったいない!」

ハイ。切ります。容赦なく切ります。

  

Img_1854

Img_1852

横で夫が、

「フーン。こうなるんだあ。切って良い形になったね。」

  

ハイ。初めから計算済みです。

必要のないモノは、切り捨てた方が良くなるのです。

  

って、もしかしたら皿の話じゃなくって、自分の事?

と、ドキッとした方 いらっしゃいますね・・・。

  

 

Img_1946

で、相変わらず 色化粧泥紋様。

  

Img_1950

Img_1948

   

  

Img_1952

生乾きの状態を保持しつつ、マスキングを重ね、

化粧泥も 塗り重ねていきます。

  

Img_1953

Img_1954

今日は、乾燥している。

急げ!急げ!

 

こういう仕事をしていると 乾燥状態が肌感覚で、

顕著に分かる。

粘土って、ある所までは湿った状態が保たれるけれど、

その ある所を過ぎると、とたんに乾燥のピッチが速くなる。

こうなると、水を打っても打っても乾燥は進み続ける。

そして、水を打ちすぎると、もろく崩れます。

  

な、な、なんか、私の肌のよう。。。

化粧水を付けても付けても、、、沁み込め沁み込めと

ピチャピチャ!パンパン!必死になっても、乾燥は進み・・・

しまいには、崩れてしまうのね・・・

すでに崩れかかっているものね。。。

  

いけない。

また 話がそれてしまった。。。

  

Img_1965

  

Img_1959

Img_1960

  

昼から初めて、夕方仕上がり。

ホッ。。。

今日は、超乾燥してたな。

焦ってアセッテ、頭真っ白。

  

仕上がったとたん、我に返り、

あー・・・もうこんな時間か・・・

今日の夕飯どうしよう。。。

  

ビールも買い置き無くなっちゃってる。。。

   

     

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

  

朝から 日焼け止めすら つけ忘れてる。

油断 1秒  ブス 一生。。。

2011年7月25日 (月)

久々の乗馬

2ヶ月ぶり位かな。。。

昨日は、乗馬クラブ “クレイン竜ヶ崎” へ。

  

Img_1912

私が乗っているワケではありません。

実は私、軽い高所恐怖症。。。

   

   

  

Img_1917

Img_1920

体験乗馬をした事はありますが、

シートベルトもなく、ただ自分のお尻と

鐙(あぶみ)に乗せている足だけで、この体を

支えるなんて、そして、リズムにのって走るなんて

クラ~。。。

無理。絶対無理。私は無理。

  

でも、アニマルセラピーってやつでしょうか。

たんに緑が多い 田舎だからだからかな。

ここに来ると、癒される。

ここに流れる空気、雰囲気は、

やはり、馬の存在が大でしょう。

  

  

Img_1916  

神は、なんて美しい動物をお創りになられた。

引き締まった艶のある体。

形の良い、魅惑的なお尻。。。

  

   

それに比べて・・・

フッと 目を落とし・・・

ハーフパンツから にょきっと出た

白くて締まりのないブヨブヨの自分の足。

いったい、いつからこんな足になっちゃったんだ?

  

先日だって、今 流行りのショートパンツを購入すべく

ユニクロに行き、試着した姿を我が家のイケメン君に

見てもらったところ、

首をかしげ、「ウーン・・・」とうなった後、

言葉を選びながら

「その白い足の部分が出過ぎているような気がする。

 白い足の部分は、隠した方が良いような気がする。」

だと。

ハイ。おっしゃる通りだと思います。ショートパンツの購入は

見送りました。

スミマセンねー。イケメン君にまで気を使わせて。。。

  

今年の夏は無理だとしても、来年こそは

ショートパンツの似合う

美しく、スレンダーな足になるべく鍛える!!!

暇があったら、器を一つでも多く作りなさい。

誰に見せる足でもなし。

  

 

美しいお馬様の体の話から、

私の醜い足の話にそれてしまって

スミマセン。。。

  

   

   

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

     

以前、

乗馬クラブの帰りに 回るお寿司屋に寄ったら、

馬刺しの お寿司が 流れて来た!!!

ヒエ~・・・

シャレに ならん・・・

どうか ご勘弁を~・・・

  

  

2011年7月24日 (日)

ライム・チョコレート

昨日の午前中は、やぼ用があり、

ちょいと出掛け、

用事が済んだ後、

  

Img_1872

スタバ で カプチーノ。

  

Img_1874

ライムのムースと濃厚チョコレートのケーキ。

ライムの爽やかな酸味と香りがこってり濃厚な

チョコに とっても合っていたけれど、

  

どうしてもコレが食べたかったわけではなく、

この色合わせが・・・

私の作品を 思わせて・・・

  

  

Img_1898

ライム色よりは、

抹茶色だけど、

やはり、生チョコ、合ってます。

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

   

涼しくて、すごしやすいけれど

制作進まぬ 地獄の 夏休み・・・

2011年7月23日 (土)

東日本ガス・釉掛け

昨日は、

東日本ガス陶芸教室 釉薬掛け。

毎月月末の週が釉薬掛けです。

  

Img_1855

午前中のクラスのKさん、

ろくろが面白くなってきたトコロでしょう。

たぶん、思うように形作る事が出来るようになり、

どんどん揃いの作品が出来ていきます。

  

しかし、ろくろは、これからがまた奥深く

難しい所かな。

追及すればするほど まだまだ奥がある事に気がつくかな。

   

  

  

Img_1864

Img_1865

Img_1866

午後クラスの方達は、

hus-10 の下絵具を使って絵付けに夢中。

Img_1867

この後、透明釉をかけて、酸化焼成。

  

  

Img_1868

I さん作 ・ 春夏秋冬文様皿。

  

  

さて、、、

東日本ガス陶芸教室、私個人的に

来週から 1ヶ月お休みさせていただきます。

自身の制作に集中したいという理由ですが、

ま、休んだトコロで、逆にメリハリがなくなり

思うように制作は進まないのが実情ですがね。。。

  

陶芸教室の生徒さんたちに 置きましては、

ご迷惑おかけし、勝手してごめんなさい。

「えっ?先生、1ヶ月も お休み?!

 どーしようー・・・不安~・・・」

  

あー・・・罪悪感・・・

自分で決めた事だけど、罪悪感・・・

皆さん、頼りにしてくださっているのに

申し訳ないです。。。

  

こんな私でも 少しは役に立っているのかと思うと

ありがたい、ありがたい。

 

  

芝柏の陶芸講座もお休みだし、、、

この夏は、完全に工房引きこもりでしょう。。。

  

さぞかし制作が進む事でしょう。。。

  

ところが、そうもいかないのですね。

なぜなら・・・

私が飼育しているギャング2匹が夏休みで

家にハビコッテいるんですね。。。

この夏、私はまともに 息をすることすら

出来ぬかも。。。(涙。。。) 

  

 

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

   

   

それと、基本、怠け者で 気が多い私は、

時間が あると思うと、

すぐに ヒラヒラと 糸の切れた凧のように

飛んで行ってしまうんですね~

  

イケナイ イケナイ・・・

ダレカ ワタシヲ シカッテ クダサイ。。。

2011年7月22日 (金)

一日遅れの鰻

昨日は、土用の丑の日でしたね。

我が家は昨日は鰻を食べる事が出来なかったので、

一日遅れで、、、

  

Img_1871

スーパーで買うて来た鰻ですが、

どうせなら美味しい鰻を!と、

ここら辺りでは紀伊国屋・・・

よりは、ちと落ちるか位の

高級スーパーにて、頑張って買うて来た。。。

  

ホロホロと、口の中でとろけるような美味しさ。

安くはないんだから

この位美味しくなきゃ駄目か・・・

  

   

器は 手前 吉田有紀ちゃん作

    左  望月 集さん作

    右は、オマケで私作

  

  

暑い夏に負けぬよう精を付けるために、、、

といっても、

昨日・今日と涼しい、、、寒い位ですね。

  

このまま秋に、

と いうのも寂しい。。。

  

こう涼しいと、

夏はやっぱりうだるように暑くなくっちゃね!

  

なんて、人間なんて身勝手なもんです。

  

  

 

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

ビールも いまいち 進まない。

って、普通に 飲んでるけど。

  

2011年7月21日 (木)

雨上がり

大型台風が関東に接近しつつあった一昨日の朝、

雲行きは怪しいけれど まだ大丈夫かな・・・

  

と、手賀沼の“睡蓮の群生地”に向かいました。

この台風に直撃されたら 睡蓮のまっすぐに

伸び上った茎は ひとたまりもないかも。。。

  

我が家から車で15分。

にもかかわらず、足を踏み入れるのは 初めて。

  

しかし、群生地に到着した頃、バケツをひっくり返した

ような どしゃ降り。

一瞬車を降りただけで ジーンズぐしゃぐしゃ。。。

  

仕方がない・・・

  

今年は無理かな。。。

と、自宅への帰り道、雨はピタリとやみ、

今だっ!

と、引き返しました。

  

Img_1824

雨上がりが逆に良かったみたい。

Img_1826

葉の上にたまった雨水がキラキラと なんて美しい。

こーんな大きなダイヤモンドが欲しい~。。。

と、マジで思ってしまったのは 私らしい。

自然の美しさを前にして不謹慎?

  

いーえっ!大きな大きなダイヤモンドを

手に入れるべく、頑張っているのは事実!

  

  

Img_1831

この 睡蓮の群生地は、千葉県柏市と我孫子市に

またがる手賀沼のほとり、柏市(旧沼南町)内。

対岸には、水の館と鳥の博物館が見えます。

こんなに我が家の近くにありながら、知らなかった。

  

実は私、東京生まれの東京育ち。

千葉県に住み初めて30年近くにもなるのに、

やはり、生まれた土地への執着は深く、

いつも意識が東京に向いていて

ここ地元への愛着が薄いかも。

  

こんなに良い風景がすぐ近くにある事に

気が付かず、目の前にあるのに見えていない事がいっぱい。

  

  

Img_1823

Img_1834

膨らみかけたつぼみ。

  

Img_1822

雨に打たれて一気に開いてしまったかな・・・

   

   

  

Img_1821

Img_1830

あ~・・・

やっぱり、つぼみが好き。

なんて愛らしい形。

これを作品に取り入れずにはいられない。。。

  

  

Img_1836

Img_1835

桟橋が遊歩道状態になっていて、群生の中に途中まで

分け入る事は出来ますが、

その先の あの群生の中に入って行く事はできない。

  

  

カメラを望遠にして写真に納めることは

出来るけれど、

この手中には入らない。直ぐそこに見えているのに

触れる事はできない。

   

睡蓮の葉の上をピョンピョン跳んで、

あの花の所まで行けそうな気がするけれど、

実際それを実行すれば、

当然 沼の中にドボン。

手が届きそうで、本当は、全く届かない物って

あるんです。

それでも、己の体の重さを把握出来ずに

世間のドロ沼の中にドボンしてしまう人って

たくさんいるのでしょうね。

  

   

もしくわ、ここにボートを浮かべて 

無理矢理に入って行く事も出来ましょうが、

それをして、たとえ手に触れる事が出来ても

そこになんの価値があるのだろう。

手に入れたとたん、魅力のない物だった

という事に気がつくかもしれないし・・・

  

己の手に入らぬ物は 入らぬ物として

遠くから憧れの対象として眺めているのが

良いのかもよ。

  

  

なんて、想いめぐった 睡蓮の群生地にて。。。

    

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

  

  

2011年7月20日 (水)

一陶入魂

芝浦工業大学柏中学高校 内の

陶芸公開講座にて。。。

  

受講3年目になりました Yさん。

  

Img_1803

酒屋の前掛け?

化粧まわし?

  

Img_1804

なんと、奥さまが、インターネットで特注デザインし、

プレゼントしてくださったんですって!

  

“晃”の文字は、Yさんの名前の一部。

Yさん ご職業は、陶芸家・・・のワケはなくって、

照明デザイナー。

日本で最も有名な照明デザイナーの方のアトリエの

デザイン室長さんです。

で、

“LIGHTNING POTTER” 

 

あちらこちらに こだわりいっぱいの

前掛けですが、

笑っちゃいながらも 感心したのは、

  

“一陶入魂”

  

ウ~ン・・・

陶芸に魂を入れ込むのか・・・

  

  

シャイなYさん 

超格好いい~!

奥さまも良いセンスしてる!

  

私が何が嬉しいって、

お父さんの趣味を 奥さま始めご家族が

一緒に喜んでいてくださっているご様子が

見える事。。。愛ですね。。。

  

  

Img_1807

で、この日のYさん、朝から夕方まで

ろくろの前に座りっぱなしで削りと格闘。

  

お昼も食べずに、

「痩せちゃいますよ!」

と、心配してあげたら

「望むところです!」

だと。 

 

フッフッフッ。。。

化粧まわし なんて言われないように、

菊練りで鍛えて 引き締まった体に

なってくださ~い。

   

  

そうか、、、こんなに立派な前掛けを

ご用意された、という事は、

Yさん

陶芸やめられませんね。

  

来年の父の日には、

金文字の名前を彫り込んだ 

電動ろくろ をプレゼントして

もらって下さい。    

  

   

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

Yさん始め、 この お教室の皆さん

陶芸 楽しそうで いいなー。

  

私は、、、

辛くはないけれど、、、

楽しいっていうのとも

ちょっと 違うな・・・

作品に 魂を 入れるというよりも、

魂を 吸い取られている という感覚。

  

  

  

2011年7月19日 (火)

暑気払い・第一段

今年の夏は、

例年にも増して 暑い・・・

例年にも増して 忙しい・・・

  

そして、

例年にも増して暑気払いの予定が多々入っている。

  

この度は、第一段といたしましたが、

さて、何段まで続くやら。。。

  

Img_1738

本日は、和食。

京都夏祭り会席。

  

先日の京都の高級であろう料亭が

イマイチだったため、

嫌味で、ここ千葉県柏で京料理のやり直し・・・

ウソです。

たまたまです。

本当にウソです。そこまで底意地悪くないです。

  

  

Img_1739

* 座附

 茄子京味噌田楽炙りトマト 芥子の実

   

  

Img_1741

* 前菜

  

Img_1758

木で出来ている 箸置きも 一つ一つ

形が違う お野菜シリーズ。

カワイイ。

 

Img_1743

* 造り

 白身魚の昆布〆

  

器も 小洒落てる

  

Img_1744

* 温物

 炊き合わせ  加茂茄子 蓮根 青柚子

   

  

Img_1745

* 中皿

 生ゆば刺し

  

はい。こちらの ゆば様、本日の 第一位!でしょう!

とろけます!!!

  

  

Img_1748

* 焼物

 京風出汁巻き玉子

 

シンプルで美味。

出汁巻き玉子には 大根おろし必須ですね。

Img_1749

なーんて書いてあるんだろ?

全て平らげて出てきた文字は、“夢”

  

粋な皿

  

  

Img_1750

* 強肴 

 万願寺唐辛子射込み  抹茶塩

  

関東では ほとんどお見受けしない万願寺唐辛子。

すっかりファンになってしまいました。

美味しいねー。

普通に家でも焼いて食べたい。

  

  

Img_1753

控えめに、、、

ワインはグラスでいただきました。

で、

ワインの友に、先程の 生ゆば刺しを

おかわり!してしまいました。 

  

Img_1762

* 留椀 & 食事

 鱧の炊き込み御飯

ご飯も 「おかわり~!」 したいくらい美味しかった

けれど、

デザートのボリュームを考えてグッとこらえて。

  

  

Img_1763

そりゃあ、もちろん、一流の 染付では

ありませぬが、

なんちゃって染付茶碗でしょうが、

トータルデザインとしては、洒落た器を使用されて

いると思うのです。

  

Img_1767

* 水菓子

  

で、

これにておしまいと思ったら・・・

  

  

Img_1768

* 甘味

 あんみつ  お抹茶

  

  

全て、少量でしたし あっさり品の良いお味でしたので、

小食(???)の私でも

全てペロリといただけました。

  

  

満足満足!

今回は、大満足!

  

暑気払い・・・なんつって、

逆に 暑くなっちゃってるかも。

  

  

では、暑気払い・第二段につづく・・・

   

  

 

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

京都づいているかな 今日この頃。

今度は ゆっくり 紅葉狩りに、、、

は、ちと 気が早いか、、、  

2011年7月18日 (月)

色化粧泥

イロイロと、上手くいかない事も 多々あれど

落ち込んでいるヒマは ない。。。

  

Img_1814

ビニールテープにてマスキングして、

色化粧泥を施します。

  

化粧土よりも、粘土を泥しょうにしたモノに

練り込み用顔料をまぜこんだモノの方が、

生地への定着と馴染みが良いです。

 

Img_1816

マスキングセット。

100円ショップでも売っている カッター台、

ペン型カッター

ビニールテープ。

紙製のマスキングテープではなく

ビニールテープじゃないと

器のカーブに上手く沿いません。

  

全て素焼き前の生乾き時の作業。

生地の乾燥状態が重要。

削った直後位、

形が変形しないくらい乾燥した頃。

乾き過ぎに注意。

  

Img_1817

Img_1818

Img_1819

  

この↑状態は、素焼き前の生生地(なまきじ)です。

   

すでに 本焼きまで終わっているモノと、

勘違いされている方がいらっしゃるようで、

あー・・・

そのように見えるのか・・・

  

イヤイヤ、まだまだこれから焼成です。

説明足らずでスミマセン。。。  

  

この、細かくも 面倒な作業の時が

一番楽しい!!!

   

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

無心になれるのです。

無心になりたいのです。

  

  

  

  

2011年7月17日 (日)

きりんの爆発

Img_1811

素焼きで急いでしまったのが 運の尽き。

Img_1812

時間をかけて 制作した “きりんの壺”

に、素焼きで もののみごとに亀裂が入り、

壺の内部では

爆発したらしく、

壺を傾けると

バラバラと素焼きのかけらが こぼれ落ちてくる。

  

  

涙が ツーーーッ・・・

ちょっと立ち直れず、

すぐに 

次の きりん にリベンジする気持ちには

なれず・・・

   

  

Img_1813

幻の、ペアの きりん となりました・・・ グスン。。。

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

こんな 失敗は、15年ぶり でしょう。

15年前は、

象の壺 の大爆発。。。

   

原因が わかっているだけに

自分で自分が 情けない。。。

  

  

  

  

    

2011年7月16日 (土)

ろくろ講習会

東日本ガス陶芸教室 

(↑チラリと 見てみてね。 杉沼 います。)

   

月1回の講師による特別講習会。

今月は、羽二生先生の ろくろ講習。

  

Img_1773

まずは、丸壺。

Img_1774

Img_1775

Img_1776

Img_1779

   

  

次は、リクエストにお答えして・・・

Img_1781

急須。

Img_1783_2

Img_1786

Img_1787

Img_1790

Img_1791

Img_1795

   

   

   

最後は、

ドーナツ状の・・・

Img_1796

Img_1797

Img_1798

Img_1799

Img_1802

酒器。

  

面白い。

  

焼酎呑みたくなっちゃった!

 

   

羽二生先生、お疲れ様でした。

私は、助手にもならず、

ただカメラ片手に ウロウロしている

だけでした。。。

  

やわらかい粘土で、

必要最小限の水だけを使い、

薄く薄く、挽いていく。

削りも必要最小限。

  

やばい。

私の技術なんか、ちゃんちゃら可笑しい。

私のは、

ろくろで水挽き じゃないですね。

  

ごまかしばかりで

お恥ずかしい。。。

  

   

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

    

 削りで ごまかさない、

土が しっかりのびている 

無駄な 厚みが ついていない

これぞ 水挽き。

   

   

  

2011年7月15日 (金)

有紀ちゃんの展覧会

今月12日(火)までで終了してしまったので、

宣伝にもならず、申し訳なかったのですが、

  

ギリギリ最終日、行ってきました。

  

日本橋高島屋 ギャラリー暮らしの工芸

  

藝大の後輩、 “吉田有紀ちゃん”

が、出品していました。

Img_1771

  

有紀ちゃん お久!

若かりしあの頃、とっても仲良しだった有紀ちゃん。

なかなか会えなくなってしまったね。

つもる話もイロイロあるが、

有紀ちゃんも お忙しいようですし、

じっくり作品を拝見し、

失礼しようとしたトコロ・・・

  

アリャ!!!

  

先日まで 千葉そごう で一緒に展覧会していた

“今井一美ちゃん”登場。

  

有紀ちゃんと一美ちゃんは同期生。

  

で、

ま、

バタバタと、

ちょっとだけ イロイロ あったのですが、、、

そこは省略して、、、

  

Img_1716

ありがたい事に、3人で、ランチをすることが出来ました。

  

Img_1718

いや、

本当は、4人で。

誰? ったく! なんでいるのっ?!

そこの おっちゃん! じゃなくて、おじさま。

  

バタバタの原因。

   

  

Img_1719

日本橋高島屋 4階 特別食堂にて。

昼から超豪華弁当で、

女子3人は、何から手を付けてよいものやら

右往左往。。。

  

Img_1722

アラカルトで注文していただいた鰻。

鰻はやっぱり白焼きで、わさび醤油でいただくのが

好き。

ん!!!美味しい!

表面はかりっ、中はふんわり。

油もちょうどよく落ちていて、鰻なのにアッサリ。

  

  

豪華ランチにもかかわらず、

相変わらず時間がなくてあわただしかったけれど、

久々女子3人でのおしゃべりは、

本当に、本当に、心の底から楽しゅうございました。

若くもない3人ですが、一気に学生時代に

戻ってしまうね。

お互い、「変わらないねー。全然変わらないねー!」

なんつったって、

他人から見りゃ~ただのオバサンの集まりでしょう。

  

   

で、その、バタバタのおじさま、  

こんな年増の女子にお付き合いいただき、

さらに ご馳走になってしまい、

恐縮至極に存じます。

ありがとうございました。

  

今度は、もっと若くて綺麗なコンパニオンを、、、

じゃなくて、後輩を ご紹介させていただきますね。

   

  

      Img_1725

  

本当は、陶芸家になんかしておくのは、

もったいない位の 美しい3人なのでした!

   

ハ・・・?

はいはい。

んな事、誰も本気で思ってませんから、、、

マジでむかつく方がいらっしゃるとヤバいので、

こういう事は、早めに訂正。

  

  

  

Img_1730

今回いただいた、有紀ちゃんのカップ。

葉の部分の淡い紫の釉も深みがあり綺麗。

プリミティブな雰囲気もあり、

さすが有紀ちゃん、センス良い。

 

     

では、

次回は、8月、新宿にて美人陶芸家の女子会の

約束をして、

じゃっ!またねっ!

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

   

  

しかし、、、

 “ 陶芸家、 美人で売って なんになる

   作品良くなきゃ 本末転倒 ”

  

  

2011年7月14日 (木)

全滅

今日は・・・

朝、2.5kg の土を 10玉練り、、、

  

Img_1733

  

直径35㎝前後の鉢を 10枚挽き、

2度挽きまでして、

  

そして、

そして、

そして、

 

形が どぉーーーしても気に入らず、

1枚を残して 

夕方全て ぶっつぶした。

  

  

ああああああ・・・・・

  

今日1日の仕事は なんだったんだろう?

ま、

陶芸家なら こんな事は なんてことない。

間間あること。

  

でも、、、

哀しい。。。

  

己の轆轤の下手さ加減に がっくりと

肩を落とし、、、

   

こんな時の私の事は、ほっといた方がよいでしょう。

下手になぐさめると 逆切れされ、八つ当たりされる

だけでしょう。

 

落ち込んでいる私が 

立ち直るためには、

ビールを カーッと呑んで寝ちゃう。。。

のでは なくって、

また改めて1から挽き直し、

失敗した事を なかった事にしてしまうコト。。。

  

ビール呑んで、愚痴たって

なんの解決にもならない。

  

  

Img_1735

なんつって、

冷蔵庫開けたら エビスと目が合ったから

やっぱ、1杯だけ 呑んじゃった。

  

  

そして、一息ついて、

夜中、

一気に5鉢 挽いて、、、

  

とりあえず、満足。

  

明日、仕切り直してがんばろ。

  

   

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04

   

ろくろ、だんだん 下手になって来ている気がする。

んなバカな~。。。

   

  

2011年7月13日 (水)

どろんこ遊び

月曜、夕方。

芝浦工業大学柏中学高校、、、 放課後、

美術部の陶芸指導2回目。

  

陶芸指導、、、なんつったって、

結局のトコロ どろんこ遊びさ。

  

高校生は、先生への気遣いも出来、とても大人。

どろんこ遊びから、陶芸になりつつある。

  

中学生は、無茶苦茶ね。

私立の中学生だから、出来の良い子の集まりだけど、

やっぱり純真無垢、無邪気に遊んでいる。

細かい事言わないで

ほっときました。

粘土遊びは、基本、危険がなければ何をやっても良いのですから。

  

危険がないように、少し離れて、

手は出さず、しかし 目は離さずに見守っておりました。

  

ん?子育てと一緒か・・・

  

しかし、

高校生と中学生で、

こんなにも 違うものかね。

この2~3年の間に

いったいどんな成長があるのだろう?

  

自分の事は、忘れてしまったし。

  

  

さて、制作は、とりあえず2回でおしまいです。

  

「え~!もっとやりたい!楽しい!楽しい!」

「先生、もう来ないの?」

  

と、言ってくれましたね。ありがとう。

嬉しい。

しかし、後は釉薬掛けになります。

先生は、超忙しいのです。ゴメンネ。

  

お勉強の出来る、頭の良い子達の授業の中に、

土をいじるチャンスが組み込められれば良いのにね。

  

受験勉強で使う脳の部分とは

違う部分を使う事は、

疲れた脳にリラックス効果を与え、

受験という試練

いや、その先の 楽な事ばかりではない人生

をも乗り越えられるタフさを

得られると思うのですがね。

  

人を育てるのは

時間がかかる。

   

目先の事だけで いっぱいいっぱいで、

未来に目を向ける余裕がないのは

今の世の中も 私も一緒だけど。

  

  

  

まあ、いーや。今日も暑いし、

グダグダ言うのはやめておこう。

  

  

が、しかしな~・・・

せっかく作った生徒達の作品を、今は焼く事が出来ないんです。

  

ここでも、例にもれず、

節電・節電・節電・・・です。

15%削減せねば罰金、が、

世の中をビビらせています。

  

電力の消費量が少ない夜中の焼成も禁止だと。

  

ま、イメージもありましょうし、しかたのない事です。

  

9月末、窯焚きGO!になったら

釉薬掛けにて、また皆とお会いしましょう。

  

  

で、その晩の会食は、、、

Img_1711

さっぱりと おそばが食べたくて、、、

くるみ汁につけていただく “くるみそば”

  

ここ、北柏駅にほど近い “玉川”

おそば とっても美味しいんです。

  

Img_1710

ビールも焼酎も、良いモノを揃えていて、

美味しいんです。

が!しかーし! 可哀そうに・・・

私だけ、車だったので、

私だけ キリンフリー。

グスン。。。。。

  

いーもん。お家で、一人で呑むもん。。。

   

  

Img_1705

Img_1706

今夜は、ホントにあっさりと、

もずく に らっきょう。

  

つまみ系の品揃えも、気が利いていて、

味もとてもとても良い。

らっきょうは、本当は、塩漬けが好き、

甘酢漬けは、わざわざ注文しないのですが、

ここの らっきょうは、

甘酢漬けのイメージがくつがえされる程美味しい。

  

Img_1707

だからー、、、

しめサバは、苦手なんですがね、、、

でも一切れ。

ウーン。トロっとしていて、しめ方も 調度良く。

イメージだけで・・・ 食わず嫌いで、

苦手と言っていたかも。

でも、やはり、量はいただかなくてもよいです。

せっかく美味しいのに、スミマセン。

  

  

では、ご馳走さまでした。

お疲れさまでした。

  

久々に 中学高校生達の無邪気な、そして

力強いエネルギーを感じ、

このエネルギーを潰すことなく

良い方向へ導く事が出来れば

日本の未来も捨てたもんじゃないのでは・・・

  

と、明るい未来を期待しつつ、

  

私も初心にかえって踏ん張ろう・・・

  

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04 

  中学生も、高校生も、

  結局のところ 大人も、

  陶芸は、どろんこ遊びなんですよ。 

  

 

2011年7月12日 (火)

可愛いお腹

結局、、、

この、超忙しい時に

のうのうと 京都に行っちゃったもんだから、

やらねばならぬ事が 押せ押せで、

フッ と気がつくと ブログ更新の事が

頭から すっぽりぬけていた。

毎日見てくださっている方には

ごめんなさい。

  

   

で、、、

Img_1704_2

すっかりお気に入りのお店になってしまいました。

日曜のお昼も “鳥善”

  

たしか先月も来た。

そして来月の予約も入れてしまった。

  

鰻が美味しいのです。

暑いからね、

精を付けなきゃ。

  

いや、精を付けねばならぬのは、

私じゃなくって・・・

   

   

Img_1696

出産予定日まで あと10日!!!

  

可愛い可愛い 私の生徒・・・

たったの15年前は、

初々しい高校生だったのに、

↑↑M~ちゃんも U。ちゃんも いつの間にやら

大学も卒業し、就職し、結婚し、

M~ちゃんのお子は小学生!

U。ちゃんは、この度 初出産!

  

芝浦工業大学柏高校で

高校3年生の総合の授業で陶芸の授業が

存在していた頃 私の授業を

受けていてくれた生徒です。

  

私からみりゃ~

まだまだ 制服が似合うこの2人が

もう、母なのね・・・

シミジミ・・・

  

先生は、全然変わらず、年とってないのに

どうして 子供達ばっかり大きくなるのかしらね?

不思議ね。

  

でも、15年前の写真をみると、

ヒョエ~・・・

恐ろしい位若かった私がいた・・・

私だって、

初めからこんなにズーズーしくなかったんですねー。

私だって、

初々しい時があったんですねーだ!

  

Img_1698

  

Img_1700

木だらけの店内。 

  

Img_1702

どっちが天井だか?

写真に撮ると、上下がわからぬ木だらけの店内。

  

Img_1712

暗くてよく分からん。外はカンカン。

   

木立の中にある、隠れ家的な

不思議なお店です。

特別宣伝しているワケでもないのに、

いつも満席。予約いれなきゃ入れません。

  

  

さて、来月の鳥善は、

私よりも さらに昔(?)に

出産を終えた方々と共に、暑気払いに。

  

  

   

   

Img_1714

で、

その もうじき母になる U。ちゃん手作りの

“りんごとヨーグルトのケーキ”

  

ご指示通り、冷蔵庫で一晩ねかせてから

いただいてみました。

涼しげにガラスの器で。

  

うん!甘味も控えめ。さっぱり、しっとり、

りんごのホノカな酸味も利いている。

美味しかったぞ!

あ~

きっと、良い母になるのでしょうね。

先生が、ど~んと太鼓判を押してあげましょう!

  

  

もぞもぞ動くお腹は なによりも愛おしい存在でしょう。

U。ちゃんが、ど~んと大きく見えるのは、

やはり、これから母になる強さかな。

  

頑張れ~!

赤ちゃん、会いにいくよ~っ!

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04 

   

で、昨日は 現役 中学高校生に 陶芸指導してきましたが、

やっぱ、

M~ちゃん・U。ちゃん よりも、確実に 若かった!

ゴメ~ンbleah

  

  

 

  

  

2011年7月10日 (日)

京料理

  

・・・そして、日帰り京都の極めつけ・・・

  

私のために、

京都の知人が予約してくださっていた

夕方5時からの 早めの夕飯は・・・

 

  

Img_1692_2

  

Img_1693_3

Img_1691

 

加茂川の畔の床

京料理 “梅むら”

  

Img_1665

まだ明るい 夕方5時。

が、しかし 川沿いの床は、

気持ちの良い風が通り、

日中の暑さが 嘘のよう。。。

 

Img_1669

  

  

   

   

Img_1666

  

季節もの、 “はも” のお料理が 多かったです。

  

↑ はも と、はもの卵、 親子しんじょ

  

Img_1670

枝豆のすり流し

  

Img_1671

お刺身。

ガラスの器が・・・

このデザインは、いかがなモノか・・・?

  

Img_1673

今日は、梅酒。

  

Img_1674

あい鴨と茄子の煮びたし。

中央の やけに赤いモノは、赤こんにゃく。

 

Img_1676

あゆ の塩焼き

  

Img_1678

クワーッ と、お口を開いている あゆ。

でも、情け無用。頭からパクリ!

  

しかし・・・この 器も いかがなモノか・・・?

   

  

Img_1680

で、↑ こちらは・・・

Img_1683

はも しゃぶ。

最後は、良いお出汁も出て、

ポン酢でお汁ごといただきます。

  

  

Img_1684

〆は・・・

Img_1687

からすみ と、大根葉ごはん。

  

  

Img_1686

やはり、京都のお味噌汁は 赤出汁ですね。

家では 合わせ味噌ですが、

赤出汁も とても好きです。

  

イロイロ細かい事を申し上げてスミマセンが、

このお椀も・・・?

良いお椀は、蓋裏にも

こだわりが見えるのですが、

期待をしつつ、

裏チェック。。。 残念。。。

  

   

Img_1690_2

デザート、

梅のアイスと マンゴーとデラウェアのゼリー。

  

Img_1689_2

ぼんぼり に 灯がともり、

雰囲気が良くなって来たトコロで

  

京都の1日は おしまい。

  

京料理、

たぶん、お安くはない、高級料亭の

器のチョイスは いかがなモノか・・・

器には赴きを置いていないのか・・・

なんてもったいない・・・

そこにこだわれば、魅力倍増。

逆に、

そこに手抜きをすると

せっかくの格が半減という事です。

  

見る人は、見ているのです。

 

料亭に限らず、お洋服のブランドだって、

陶芸家だって、

老舗ブランドの名前の上に

あぐらをかいていては いけません。

油断していると、どこにでも大きく口を

開けている落とし穴にはまってしまいますよ。

  

 

( 厳しい意見にて失礼。

 ご馳走していただいている

 身分にもかかわらず・・・

 しかし、一応

 器に対しては 素人ではない人間ですから

 そこの所はゆずれません。。。

 格式の低くはない料亭でしょうから、

 あえて厳しく。)

   

  

19時、

タクシー、すっとばして京都駅へ。

Img_1694    

  

芯から東の人間ではありますが、 

想いが募る この京都。

今度は、いつ 来れるかな・・・

  

後ろ髪を引かれつつ・・・

  

とりあえず、

この旅の目的は達成し、

思い残す事はございません。

  

人気ブログランキングへ←←いつも クリック ありがとう ございますheart04 

  

落とし穴に 落ちかかっているのは 私自身、

と、いう事は 分かっているのです。

気を引き締めて 精進せねば!

  

生意気・勝手ばかり 申しまして、

皆様、

お気を悪くされたら

カタジケナイ。。。

  

 

2011年7月 9日 (土)

金閣寺・GUCCI展

昨日、千葉県に暮らす私が

日帰りで京都に行って来た理由は、

  

金閣寺にて開催されていたGUCCI展を

見たかったため。

  

ラジオで、この情報を聞いた時、

京都という土地に呼ばれた!ように感じて

行かずにはいられなかったのです。

   

魅力的な展覧会は東京でも数多く開催されて

おりますが、

  

金閣寺は、京都にしかありません。

   

  

仕事が立て込んでいる私は、

昨日しか、そして日帰りでしか行くことが出来なかった。

  

Img_1631

展示のテーマ・・・

京都・フィレンツェの伝統を未来につなぐ職人技

「時の贈り物」

  

  

Img_1640

普段は公開されていない本堂の方丈にて。

Img_1642

   

Img_1636

  

写真はNGでしたので、庭側 遠目よりチラリと。

  

襖絵をはじめとする調度品、装飾を生かしながら

数々のグッチの品々が陳列されていました。

欄間の文様と、グッチのカバンの模様が

妙に調和しておりました。

  

日本上陸は初めての博物館ものの

グッチのカバンの数々。

   

たんにバッグ、されど 芸術作品でした。

   

   

  

Img_1633

まるで、絵のよう。

おきまりの 金箔寺、じゃなくって、金閣寺。

  

  

わざわざ・・・わざわざ・・・

遠渡遥々来たかいがありました。

  

が、しかし・・・

  

暑かった・・・

暑かった・・・

暑かった・・・

  

クラ~・・・

  

Img_1645

金閣出口付近にて

  

かき氷&金箔ごまだんご。

  

不思議ね。体が芯から冷え

生きかえりました。

  

   

   

  

Img_1647

おきまりのパターンでカタジケナイ。

金閣の後は 銀閣寺。

  

Img_1651

美しい銀閣の屋根。

柿葺き(こけらぶき)

  

  

本当は、

舞台から飛び降りるべく

清水にも行きたかったのですが、

  

まあ、今回は欲張るのはヤメヤメ。

  

 「京都の暑さはマダマダこれからどすえ」

  

なんて言われたって

暑い・・・

すまぬ。もう、歩くパワーがござりませぬ。

   

   

清水、その他もろもろには  

また季節を変えて参りましょ。

  

再度、

京には呼ばれることが ございましょ。

  

  

そして、日帰り京都の極めつけ・・・

  

私のために、

京都の知人が予約してくださっていた

夕方5時からの 早めの夕飯は・・・

  

加茂川の畔の・・・

  

続きは次回。。。

   

   

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

  

歴史ある ブランドの力を 見せつけられ、

頭 ボーッ ・・・

いや、

頭 ボーッ は、暑さの せいだったかも・・・  

 

 

2011年7月 8日 (金)

Ristrante SABATINI

  

・・・昨日の続き・・・

   

東京・青山の ギャラリー、

“うつわ 楓”さんでの 額賀章夫さんの

個展会場に 入れず、

先に ランチを頂くべく

私は、

ヒョイッ と、イタリアに行って来ました。。。

 

イタリア料理の間違い?

  

いーえ。イタリアは、ローマです。

  

Img_1596

Img_1595_2

リストランテ サバティーニ。

Img_1597_2

Img_1619

エントランス。  

  

ここは、ホントウに イタリア・ローマ???

たしか、お店の外は 東京・青山。

 

しかし・・・

  

Img_1599

店内は 外の東京の喧騒が 嘘のよう。

まさに ローマに連れて来られちゃったみたいよ!

  

  

Img_1600

冷たい前菜。 白イカとオクラのタルタル

Img_1601

旬のイチジクをのせたパルマ産クラテッロ

  

豚のランプを長期間熟成させた幻の生ハム

クラテッロ。

  

  

スミマセン。

いろいろ、これ見よがしにお料理をアップいたしますが、

友人とシェアした品々なので、

全て 私一人でいただいたワケではありません。

  

と、あらかじめ 言い訳を。

  

Img_1605

温かい前菜。

南イタリアの前菜盛り合わせ。

左上の薄い緑色の物体は、ピザ生地に青のりを

練り込んで焼き上げたモノ。

和の香りがします。

  

Img_1606

ガスパチョ。夏らしく冷たいスープ。

  

Img_1603_2

オリーヴオイル。パンにつけていただきます。

ん? ん?!!!

 

ウッ美味い! こんなに香りの良いオリーヴオイル、

初めてよ! 飲みほしたい! おかわりできますか?

  

と、ホッペがゆるんで落ちそうになっている私のために、

友人たら、、、

Img_1604

「瓶ごと持って来て!」

だと。

相変わらずゴーインな方です。

   

最近、慣れたけど・・・

こおいう事態に

慣れてしまう私も恐いけど・・・

  

Img_1602

今日のメインはお肉だけれど、

暑い・暑い・暑い日だったので、冷えた白ワインにしたくて、

  

ガヴィ ディ ガヴィ。

久々!

  

Img_1608

毛蟹・ムール貝・浅蜊などの魚介類に

フェデリーニと合わせた 冷製パスタ。

  

雰囲気は お素麺。

こんな表現じゃ、

雰囲気も だいなしか・・・

  

Img_1609

生ハムのラグーと甘いパプリカのスパゲッティ。

  

Img_1610

メイン、

牛ランプ レモンとトリュフ塩と共に。

  

お肉の香りがほんのり香ばしく、絶品!

  

が、しかし・・・

おっ、お腹が、破裂寸前なんです。。。

  

Img_1613

なのに、デザートは入ってしまうんですね~。。。

別腹なのか?食い意地なのか?

  

ベリー系果実の赤ワインづけ と キャラメルアイス!

  

Img_1614

ティラミス。

  

以上、

青山から、ヒョイとイタリアはローマに飛んでのランチ!でした。。。

  

贅沢の極みに、

皆様、驚かれたことでしょうね。

  

私も驚きました・・・。

  

  

   

Img_1618

おまけ。

店内に、♪ハッピーバースディ♪ が静かに流れ・・・

お向かいの席の女性に、運ばれてきた

バースディケーキ!!!

  

サプライズなのかしら?

  

いーな!いーな!

素敵!素敵!

ワタシも!ワタシも!!!

  

と、我が家の いい男に おねだりしよ。。。

 “なに?アホらしい・・・”

  

と、取り合ってもらえないでしょうね。

チェッ!

  

ちなみに 私の B.D. 9月です。

ヨロシクッ!

  

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

  

一昨日は イタリア、

今日は これから 京都どす。

  

 

  

  

2011年7月 7日 (木)

都内を駆けずり回り・・・

久々の都内。

もしかしたら先月、都内に行ってない?

忙しい忙しいと、自宅近辺で駆けずり回っていただけか。。。

  

伺いたい2つの展覧会の初日が昨日からと

重なっていたこともあり、タイミングも良く

行ってまいりました。

  

Img_0008

まず、日本橋三越にて、、、

 (基本、百貨店は展覧会場の写真はNG

  なので、意味もなく三越入口のライオン) 

   

   

Img_1627

東京藝大での恩師、

藝大教授の 島田文雄先生 の個展です。

先生、ご無沙汰しております。

お変わりなく、お元気そうでなによりです。

  

先生の作品に対しては、

さすがの私も 何も言えませぬ。

  

下手にイロイロ言うと、

やはりイロイロやばいので、

お口にチャック。

  

でも、ちょっとだけ。

島田先生初めてのモチーフ、“ひまわり”

初々しささえ感じ、とても素敵でした。

作品全体の色彩も 例年にも増して冴えている

ように感じましたし、

さすが、先生の底力を感じさせていただきました。

  

だっ、大丈夫でしょうか?

この位申し上げても・・・

  

学生時代、かーなーりーーー

生意気だった私は、随分と先生に食ってかかり、

先生の頭を悩ませた生徒の一人だったと思います。

夫にも、いまだに指摘されます・・・(トホホ・・・)

 

にもかかわらず、

目に欠けていただき、

声を荒立てることなく 諭していただき、

私達夫婦が 今、恵まれた環境にいるのは

先生のおかげだと、感謝しているのです。

  

先生の前で、こんなに しおらしく、謙虚なのは

恥ずかしいから、

これにて失礼いたします。。。

  

また、改めて、夫と共にご挨拶に伺います。

  

  

 

さて、その後、日本橋を後にして、

うだるような暑さの中、青山へ、、、

Img_1628

いつもブログを拝見し、

作品も素敵だな~・・・と憧れていた

額賀章夫 さん の個展へ。

  

私のお気に入りJ-WAVEの

私の大好きな、クリス智子さんの番組にも ゲストとして

出演されていた時のお話を伺うかぎり

とても純粋・純朴で、気取りがなく、

作品もさることながら、人としても

魅力的な方だな。。。と、気になっておりました。

  

笠間には なかなか出向く事は出来ないので、

青山での個展!やった!

じっくり、拝見させていただきたく

久々の青山を、

地図を片手に、

 

“ うつわ楓 ” さん

  

どこだ?どこだ?

お昼前のカンカン照りの下、

青山を徘徊。

  

やっとたどりついた・・・

と、思ったら、、、ヒョエ~!!!

なっ並んでるっ!!!

この暑さの中で、20名弱、

皆さん、日傘と団扇で

文句も言わず、じっと並んでる。。。

  

ギャラリー内はこじんまりとしていて

5名づつの入場制限とのこと。

  

ま、良いシステムだこと。

  

しかし・・・

ウッッッ・・・耐えられるだろうか???

日傘をしっかり握りしめ、

10分ほど・・・ じーっと並んでみたところ・・・

  

一緒に行った友人が、

「先頭の人で、もう40分も待っているって~

 ダメダメ倒れちゃうよ!

 日を改めるか、お昼ご飯食べてから

 夕方また来よう。。。」

 

自分がこうと思ったら

めったに人の言う事を聞かない私ですが、

さすがに昨日は素直に

「はい。。。」

  

そして、青山ランチ、

友人が予約してくれていた その店は、

“SABATINI”  イタリアン!!!

  

はい。その話は長くなるので また次回。。。

 

 

しかし、そんな素敵なランチの最中でも、

落ち着かなかったな。

額賀さんの個展に押し掛けるあの人人人。

かるいショックを覚え・・・

  

このご時世に、

炎天下の中で並んででも拝見したいという、、、

どんな魅力的な作品なんだろう?

  

ワインもたっぷりいただいて、

ほろ酔い気分。

3時すぎには少し太陽の勢いも納まり

ダメモトで、のんびり歩いて

再訪問してみたら・・・

 

はぁ~~~

並んでな~い。。。

喧騒は納まり、すんなり入る事ができました。

うっ、良かったよお~。。。(涙)

  

でも、額賀さんは 丸2日間寝てないとかで、

お客様が落ち着いたトコロで、休憩に

入ってられるとか。

  

お疲れ様でした。私は作品を拝見したかったので、

ご本人には、機会があればお会いできれば

良いのです。

それに、本人目の前だと緊張しちゃって

純粋に作品を拝見することが出来ないから

かえって良かったかも。

  

と、私、少々酔っ払いだったよね。

初対面で、酔っ払いじゃ~

美しい私のイメージが (ゴメン!ウソ!)

台無しだし!!!(冷汗。。。)

  

店主の方も

お忙しいのに、

とても良くしていただき、

ありがとうございました。

  

  

Img_1621

なんとかゲットした花器。

我が家の雰囲気にも とても合う。

  

きっと、どんな空間にでも合う作品でしょう。

素朴で、でも、モダンさも有り。

  

Img_1622

我が家の今朝の食卓。

  

Img_1624

これから毎朝、コーヒーは このカップでしょう。

  

そうか。

使ってみて分かりました。

このご時世だからこそ、

この器が求められるのね。。。

  

  

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

  

良い買い物を させていただきました。

 都内を 展覧会巡りしていると、

 展覧会で 得るもの のみならず、

 街の雰囲気、 行きかう 人達、

 多くの刺激と 新たな 感覚 が

 私の中に 沁み込み、

 自身の 引き出しが 増えた ように

 思います。

 

 で、どおおおおしても、、、

 見たい 展示会があり、

 明日、

 京都 日帰り して来ます!!!!

 

  

  

2011年7月 6日 (水)

沖縄料理

数日前の

うだるような暑さの昼下がり。

  

とにかく、ビールだね。

と、友人と会い、

  

「何食べる?」

「食べ物の事は 考えられない。とりあえず

 ビールだね。」

と、 

ビール・・・ビール・・・

暑い・・・暑い・・・ を連発し、、、

柏高島屋レストラン街を

見回して、

これだっ!

 

「沖縄料理でしょう!

「お~!い~ね~!」

   

Img_1554_2

暑い時には 暑い地方の料理。

何はともあれ オリオンビール!

  

ヒャア~・・・ イキカエル。

  

Img_1548

とうふよう。

綺麗な色合わせでしょう?

  

初めて食べるかも。

  

くっ臭くない?

ホントウにお美味しいの?

  

なんて、私らしくもない。

  

進められたはいいが・・・

敬遠ぎみに・・・

恐る恐る・・・ 

ひとくち。

  

「美味~い!」

  

豆腐を泡盛などで漬け込んで、

熟成させたモノ、

 

知らなかった。

チーズを粕漬けにしたような感じです。

トテモ スキニナッテ シマイマシタ!

  

  

Img_1550

海ぶどう。

ポン酢でいただきます。

プリプリの食感が良いです。

つるつると いくらでも食べられちゃう!

   

Img_1552

ジーマミートウフ。

たしか、落花生で作られている お豆腐ですよね。

 

生協の注文でくる時は、

必ず注文します。

  

Img_1553

定番の ゴーヤチャンプル。

  

自慢じゃないけど、

私の得意料理のひとつです。

  

にが~い トコロが好き。

  

Img_1562

グルクンのアーサ衣(あおさ) 揚げ。

  

パクリと一口食べてから、

ん?  

「グルクンって、、、魚だったの?」

「えっ?なんだと思ったの?」

  

グルクン・・・

特別特長のない 白身魚 

でも、あっさり というより

ねっとり してるかな。

  

熱帯魚らしい。。。

熱帯魚と聞くと どーも抵抗あるけど・・・

食べちゃっても良いものなのかしら?

  

  

  

Img_1558

イカスミジューシー。

整腸作用や血圧低下に良いといわれるイカスミ。

お口の回りが気になりますが、

お酒のあとにどうぞ。 とのコト。

  

ジューシーって何?

おじや のようなモノらしいんだけど、

  

なんだろう? どこかで食べたぞ?

あー・・・!

イタリアンのイカスミリゾットじゃん!

  

お腹、パンパンだったにもかかわらず、

ほぼ一人で完食!

器にへばりついたイカスミまで

舐めたいくらいでした!!!

  

Img_1559

お友達が注文、 ソーキソバ。

ちょっと お味見。  

腰がない。

と、東北出身の私の両親には

不評でしたが

イエイエ 、うどんとラーメンの中間て

とこかしら?

カツオのお出汁も利いていて

東北にはない 美味しさでしたよ。

  

Img_1564

黒糖あずき白玉。

なんたって 砂糖は黒糖でしょう。

我が家に 白い砂糖はありません。

   

Img_1566

ご存じ、サーターアンダギー。

甘さ控えめ。

さんざん食べた後なのに、ペロリといけました。

  

沖縄料理、

まともにしっかりいただいたのは、初めてです。

  

沖縄、外国のような遠い存在でしたが、

食生活は合っているかもよ。

たぶん、毎日普通に食べても飽きないでしょう。

  

ヨーロッパには 何度も足を運んでいる私が、

なんと、沖縄には行ったことがありません。

(北海道にも。。。)

  

灯台 元暗し。

ってやつでしょうか?

  

沖縄料理に魅了され、

特別行きたいと思っていなかった この地に

行ってみなければ!

  

と、思ってしまったのは、

  

本場で沖縄料理が食べたい食いしん坊根性でしょう。

  

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

現地で 食す味は また 格別でしょうね。

食べ物は、味のみならず それをいただく

その空間 ・ 空気 も 美味しさにつながる

大事な 要素 でしょうから。  

  

  

  

  

2011年7月 5日 (火)

美術部

昨日、、、

芝浦工業大学柏中学高校にて、、、

  

美術部員に陶芸指導をしました。

110704_165743

  

いつも、ここで私が講師を勤めるのは

在校生・卒業生の保護者と学校近隣の方を対象にした

公開講座。。。です。。。

  

以前は、総合学習の授業として

学生にも陶芸の授業が組み込まれていて、

良い感性を持った学校だ。と感じておりましたが、、、

  

近年、ゆとり教育の考えが見直され

美術学習の時間が大幅に減らされるとともに

当然、陶芸の授業も必要無し! と、判断されるに

至ったのでしょう。

  

文科省のお達しに振り回されている現場もさることながら、

教育の現場に余裕がなくなってきている事を

ひしひしと感じます。

  

今、小学生が最も楽しみにしている授業ナンバー1にも

かかわらず、一番授業時間が少ないのは、

図画工作 なんです。

  

三つ子の魂百まで。

  

幼い頃からの感性って、大人になってから

気がついて身に付けようと思っても

根本が違っちゃっているから難しいんです。

  

  

だいたい、芸術にかける国費が先進国の中では

極端に少ない! そうじゃないですか。日本は!

  

価値観の全く違う人と議論するほど空しいことはない

けれど、

気づいてほしい。このセンスのない日本の美術教育を。

  

海外に、旅行でもなんでも、

行った時に、何かが違う。とは、誰しもが感じられるでしょう。

 

何が違うのか、

ちゃんと見てますか?気づいていますか?

  

その、何が違うのかに気づく意識レベルが大事

なんですが、そこが 育っていない気がする。

  

  

トップに立つ方の意識が変わらなければ

こちらから何を叫んでも通じないのでしょうが

通じないからとあきらめて、何もしないでいるほど

私も冷めてはいないのです。

  

  

生意気な発言をお許しください。

問題があればコメントください。必要だと思えば削除します。

  

  

前置きが長くなりました。

  

この学内に陶芸の設備があるにもかかわらず、

学生が使用していない、というのは

もったいないこと。

授業で使用不可能ならば、せめて美術部員に

使っていただきましょう、

と、我が母校の藝大の先輩でもある美術教員の

江森先生からの素晴らしい提案と

私、杉沼先生の素晴らしい協力のもとに

実現しました。 

  

イヤ、本当は

素晴らしい協力者は・・・

110704_165759

その、公開講座で長年受講してくださっている

Nさん。

あらゆる形の石膏型をご用意くださり

生徒にご指導いただきました。

   

 と、2時間、裏方で、ただひたすら

 菊練り・・・じゃなくって

 土練りしてくださったTさん。

   

 陶芸初めて 3年にもなるのに、

 菊練りも 満足に出来ないの?!!

 と、杉沼先生に

 ワーワー言われて、、、

 でも、

 昨日の2時間で、

 少しは形になってきた???

 必要に迫られれば

 出来るようになるってコトを

 身を持って証明されましたね。

 イヤ、まだ合格印は 押せませ~ん。 

     

  

なんつって、

Nさんも Tさんも

社会的にはとても偉い方々で

職業と役職は、この場では ちょっと言えません。

  

そんなエリートのお二人を

アゴでこき使って

私も いい度胸してる。。。

ゴメンナサイ。

ありがとうございます。

  

基本、照れ屋なので、

面と向かってきちんとお礼を申し上げられず、

失礼いたしました。

心より感謝しております。

  

暑い中、

若くはないオジサンを働かせて

ホントウに心苦しいと思っておりますが、

が、

が、

   

来週もヨロシクね!

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

  

で、

Nさん&Tさん、

お礼は 悪酔いビールで 良いですね?!!!

  

2011年7月 4日 (月)

エビスビールあります

そうね。 

ビールの美味しい季節です。

  

Img_1579

魅力的な 看板。

これ、我が家の玄関にも欲しい。。。

とても欲しい。。。

  

Img_1577

土曜の夜は エビスの生。

  

  

   

Img_1584

日曜の夜は 

今井一美ちゃん作、スイカのビアカップで ギネス。

  

ギネス、クリーミーで本当に美味しい。

口の中で、ビールがとろける。

ハーフ&ハーフにはせずに、

そのまんまが好き。

  

   

   

Img_1592

おつまみ にはならないか、、、

  

山形から サクランボ が届きました。

私の両親の実家は、山形県の寒河江市です。

  

幼い頃は、毎年毎年 祖母が大量にサクランボを送って

くれていたので、サクランボが高級な果物とも知らず、

1度に1人で1パック、

なんの疑問ももたずに サクランボを食べていました。

  

  

Img_1594

この 蚕豆(ソラマメ)、

ふっくらしていて 本当に美味しそう。

   

やはり、今井一美ちゃん作、 蚕豆の器。

  

 「今井は、やっぱ 絵が上手いよな~。。。」

とは、我が夫。

  

のせるモノが美味しそうに見える器です。

  

  

今日も暑そう。。。

今夜も我が家には

“エビスビール あります”

つまみは ソラマメ・枝豆・とうもろこし・・・

  

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

  

ビアカップ、作らなきゃ。

ビールが美味しい季節だから、

さぞかし 良いカップが できるでしょう。

  

しかし、

雑用に 追い立てられて、、、

制作時間 とれず、、、

あああああ~・・・

ううううう~・・・

  

  

  

  

  

2011年7月 2日 (土)

きりんの壺

さて、

次に向けて、急ピッチで “きりんの壺” 制作

しています。

Img_1575

奥の “きりん” は、かわいそうに 

ひび入ってます。。。

  

  

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

いつもの コトながら、要領悪く、仕事も のろい・・・

2011年7月 1日 (金)

耐えきれず・・・

お暑うございます。

6月から エアコンなんて、ダメダメ

ありえない!

  

Img_1567

我が家の工房の天井は

高~いので、熱気がこもらず 比較的涼しい。

天井のプロペラをブンブン回して・回して・回して・・・

  

110628_145500

窓も思いっきり開け放せば風が通り抜けて

涼しい。。。

  

まだまだエアコンなんて、必要なしっ!

  

と、頑張っていましたが・・・

  

昨日お昼前・・・

頭ボーッ・・・

  

まだ6月なのに・・・

イケナイ、イケナイ、

  

だが、ついに耐えきれず

初エアコン スイッチ・オン! してしまいました。

  

しかし、まだ関東梅雨明けしておらず、

今からこれじゃあ

今年の夏、かよわい私は乗り切れるかしら・・・?

   

   

人気ブログランキングへいつも クリック ありがとう ございますheart04

この夏、ビール 太りに 要注意。

でも 制作しながらの お昼は ノンアルコールに

しているんだ! ホントだよ!

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »