« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の22件の記事

2011年9月30日 (金)

ご無沙汰!

  

Img_2816

いや~・・・

ご無沙汰でしたね。

  

数年前は 割と 頻繁にご飯していた

ご近所の美女仲間。 いや、ゴメン。お友達です。

普通に、、、私にしては めずらしくまともな お友達です。

  

んじゃ、彼女達意外のお友達は まともじゃないって

事ですか?

ハイ。そうです。

あなた達は まともではありません。

「私の事ではないわね。。。」

と、思っている あなたです。

  

  

さて、はて、1年以上ぶり?

たしか、昨年末 忘年会をしよう~ と言いつつ出来なくて、

んじゃ 新年会ね と約束したまま 今日(こんにち)に至ったんでは

なかろうか?

つーことは、この日は9月末にして新年会だったんですね・・・

  

こうやって、だんだん まともなお友達が少なくなっていくのね。

ごめんなさいね。無愛想で。

でも、私を忘れずにいてくださって ありがとう・・・

  

久々なのに 時間も限られ、

遠出も出来ず

何処に行こ?何処に行こ?

予定していたお店がお休みだったので

ふっと思い立ち、

  

我が家から駅にして1つ目の 湖北駅、

“とき鮨”

  

Img_2819

このお店が 大正解!だったんですね~

  

この↑ 美女限定ランチコースは・・・

  

あっ、本気にされるとヤバイか。ウソ。

普通にランチコースどす。。。

  

Img_2820

真竹に入った ちらし寿司。

ん?錦糸卵が山盛りじゃん。

  

Img_2826

その下に 具沢山の寿司ご飯!

  

イロイロ 贅沢させてもらって生きて来ましたが、

参りました。 この ちらし。

こんな美味い ちらし と出会えるなんて、

よっぽど 私の日頃の行いが良いのでしょう。。。

  

Img_2817

せっかく 超ご無沙汰の新年会(?)なのに、

この日は 午後、真面目な予定があるため

3人とも キリンフリーね・・・ グスン。。。

  

Img_2822

熱燗・・・ やっぱ呑んだんじゃん!

  

違うって。

ハマグリのお吸い物。

土瓶蒸しのように まず、お出汁をお猪口に入れて

いただきます。

  

Img_2823

品の良い薄味のため、蛤の味がよく分かります。

  

Img_2825

綺麗な器・・・

  

Img_2830

これも絶品。とろりん茶碗蒸し。

  

  

んで、これにて以上、、、かと思ったら、

  

  

Img_2833

言われなきゃ わらび餅。

  

違うの。 さつまいも餅。

さつまいもの澱粉で出来ているのでしょう。

お客の顔を見てから練り上げて作るという、

トロットロの食感。

黒蜜をかけていただくのですが、

この黒蜜もお店での手作りだそう。。。

  

本当は、ランチでも予約なしでは 入れないようです。

私達はラッキーでした。

こんなご近所に こんなに良いお店!

  

灯台元暗し

ですね。 今後は 頻繁に通って、大将と

仲良しになっちゃおっと!

  

  

んーーーーー・・・

美味しい話しばっかりで ごめんなさいね。

  

若くはなくなってきたからね

ヘビーなご飯より、

こういう 優しい美味しさはホッとします。

  

男性と一緒ですかね。

年々、疲労がたまって来たからね、

重い男性より

優しい男性に癒されたい・・・

  

ヘンな事 言ってもうた。すみません。。。

  

  

んでは、

次回 美女の集会は こんどこそ 年末恒例の

忘年会って事でっ!

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

  

  

  

  

2011年9月29日 (木)

国際陶磁器フェスティバル美濃

  

Img_2740

  

話が あっちゃこっちゃになってしまっていますが、

多治見の話は まだ続きます。。。

  

ここまで 入選作品、受賞作品の作風が 顕著に表れて

いると、これはもう 時代の流れが こちらの方向なのね、

と 観念するしかありません。

  

ま、私が今さらここで申し上げるまでもございませんが

簡単にひと言でいうならば

“薄い磁器のシャープな白黒”

ですね。

用と美を究極に突き詰めた器が印象的でした。

  

この時流に対して私は否定的な考えは持っていません。

全てを肯定する、というのとも違いますが

受賞・入選作品のどれひとつとっても

疑問を感じるものは ありませんでした。

  

良いか悪いかは別として、

これが、今の陶芸の表現なのだ・・・

と、思いました。

そして、これを否定してしまったら

悪しき伝統の中から抜け出せずいる作家、

その中にいる事すら気付かずに 悪いのは世の中の

景気のせいだ、

と、言っている可哀そうな作家と同じじゃん。

と、思いました。

  

この、シャープな白黒ツルン が評価されるのには

理由があるのでしょう。

  

この方向性は 永遠のモノではなく、

時流、流行ですから 古くなってしまうのは

遠い未来ではないでしょうが、

今が過去になってしまった時は

過去にしがみつくのではなく、その時の今を

冷静に見極める判断力が必要不可欠です。

その柔軟性がある人が 生き残っていけるので

しょうし、

保守的ではなく、表現力の柔軟性もカリキュラムの中に

取り入れている教育機関が出てきている、、、

と、感じます。

  

  

陶芸の産地で大量生産され、売れることなく山積みに

なっている器。

今は売れない時代だからと 嘆くだけで

問題点を凝視しようとしない多くの人達。

10年以上も前に 大きな公募展で 大きな賞を受け、

今だに過去の栄光だけにしがみついて

自分が古くなってしまっている事を気がつかない作家。

  

そんな悲しい現実を見させられ、

陶芸の世界に未来は ないのか・・・

と、暗くなってしまうより

このフェスティバルの全ての作品を理解できなかったと

しても、

少なくとも 明るく前向きな気持ちにさせられ

私も大丈夫かも・・・

という 勘違い的な闘争心を与えられた事は

大きな収穫になりました。

  

 

かと言って、私がいきなり

薄造りの磁器のシャープな白黒作品を

制作するワケはなく

この時流を理解し、受け入れ、自分のなかで租借して

私の今の表現方法に生かせれば、、、

と、思ったのです。

  

そうは言っても 

なんとなく、他人の事は見えるのに 自分の事となると

冷静な判断が出来ず、見えなくなってしまうのも

たしかです。

他人の厳しい意見も 否定せずに受け入れる事も

せねば・・・

と、

変に頑固な自分への反省点といたしましょう。

  

同じ事を言われても

素直に受け入れたくなる人と、

ムカつく人が いるんだよな~・・・

って、それはまた違う話しか・・・。。。

 

  

 

このフェスティバルの入選作品が

時流に乗った今の作品に感じられた理由の一つには、

2002年に建てられたという セラミックパークMINO

の建築物という器にも助けられているとおもいます。

Img_2728

吹き抜け部分が多く、天井が高く、ガラス窓が大きく

彩光が上手く取り入れられ

作品展示のレイアウトも インスタレーション的要素も

加味され、会場のセンスの高さも気持ちの良いものでした。

  

たしかに その展示場所と展示方法にも その作品達は

助けらていたかもしれません。

  

  

Img_2743

渡り廊下の天井には、、、

  

Img_2747

美濃で焼かれたらしき、 割れたのか あえて割ったのか、、、

器が、、、

  

Img_2745

埋められていました。

  

Img_2748

天井です。↑↑↑

  

ま、なんとなく ありがちですが、、、

  

Img_2750

面白いと思います。

  

今は 先端かなと思える この建物も

いずれ古くなってしまうのかな・・・

  

古くなっても 良いものは良い、

淘汰されて 残るモノだけが残っていくのでしょう、

と、思いつつ・・・

  

  

多治見の夜は・・・

  

Img_2752

和食が食べたかったので、、、

宿のフロントの方のおススメ、

“いりぼし”

  

Img_2754

初物 揚げぎんなん。

  

Img_2760

国産ではなかったけれど、

  

Img_2761

こちらも初物  松茸土瓶蒸し。

  

香り松茸 味しめじ

なんつっちゃって、

やはし、松茸は味だってよろしゅうございました。

国産じゃなくったって、私には十分です。

良い香りに鼻がヒクヒクしてしまいました。

  

  

Img_2763

こちらも 時代の流れに乗っかって?!

どじょう!

の、から揚げ。

  

Img_2768

どこのモノだったか、清酒会社で作られた梅酒。

甘味がグッと押さえられていて 美味しくて

ついつい呑み過ぎ・・・ て、

寝不足続きも手伝って、お店で寝そうになったのを

必死でこらえて・・・

  

宿でパッタリ おやすみなさい。。。

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

    

多治見2日目に続く・・・

  

  

  

  

  

  

2011年9月28日 (水)

お誕生日!

  

失礼しちゃうわね!

女性に年齢を聞くなんてさっ! プン!

  

いきなり スミマセン。

  

お誕生日、おめでとうございます。

ありがとうございます。

  

今日は、私の お誕生日です。

で、

最初の セリフに戻ります。

  

   

幾つになっても お誕生日おめでとう!

と 言っていただけるのは 嬉しいものです。

ちょっとドキドキします。

  

年をとる事は、今はまだイヤではありません。

不安でもありません。

  

  

めでたい事が めっきり減った今日この頃

おめでとう! と 言われるのは この日位。

  

しかし、今日が私の誕生日なんて

気がついてくれる方は ほとんどいないので

自分からアピールせねばなりません。

  

もっとも、お誕生日というのは 自分が祝ってもらう日では

なくて、母に感謝する日だという事に最近やっと

気がつきました。

私も一応、人の親。

あんな痛い思いして、感謝してもらわなきゃ やってらんないっ!

あわわ・・・

お下品な事 口走ってしまいました。 ごめんなさい。

  

  

  

Img_2847

それとこれとは 全く関係ないのですが、

今日、日本橋三越に ↑↑↑ 見て来ました。

  

我が夫も入選しています。

このブログに俺の名前は絶対に載せるなよ!

と、きつく言われているので 夫の名前は内緒です。

  

日本伝統工芸展、その卓越した技術には毎年

感服いたします。

特に今年感じた事は、形がシャープなモノが多く

全体的に こじんまりと シンプルになっている傾向に

あるのかしら?

それは、美濃の 国際陶磁器フェスティバルでも

同じ印象を受けました。

  

若い頃は、なんだか 真面目腐った 面白くもない

展覧会・・・ だと思っていたのですが、

年を重ね、

伝統を重んじながら 新しきものへの探究が

それぞれの入選作品から感じ取れ、

日本伝統工芸展の奥深さを感じられるようになりました。

  

温故知新

  

  

会場で、私の作品の良き理解者の方と偶然出会い!

「キャア~!!!」

と、おもわず ハグ!ハグ!ハグ!

   

大好きな方との偶然の出会いは運命すら感じてしまって、

大変嬉しゅうございました。。。

  

運命よ!運命!

そう。今日は、私の お誕生日。

  

もう一人、やはり 私の良き理解者が 誕生祝いを

してくださるというので、

今日のランチは お祝い膳ですね。

  

Img_2843

Img_2842

神田  いせ源 あんこう鍋。

天保元年(1830年)創業。

Img_2839

Img_2840

昭和5年に建て直された店舗は 戦災を免れ

現在にいたる昔ながらの風情。

  

この私のお誕生日に あんこう鍋ね。

とりあえず 色気はないですね。

しかし、色気を期待する相手でもないので

まっ、良いです。

  

Img_2836

あん肝。

海のフォアグラ。 ビタミン・ミネラルが豊富、

コレステロール値を低下させ、

免疫力を強化する。 んだそう。

  

ポン酢に もみじおろしでいただきました。

  

Img_2838

あんこう鍋。

コラーゲンたっぷりのプリプリね。

  

明日のお肌がプリプリなんだそう。

明日だけですか・・・

それ意向の持続は望めないのでしょうか。。。

  

Img_2841

〆は おじやです。

  

鍋は濃いお味で、これが江戸の味なんでしょうか?

浅草・どぜう 飯田や も お出汁、似ていました。

  

  

Img_2846

食後は・・・

いせ源の 真向かいの

竹むら  甘味どころ。

  

やはり、昔ながらのたたずまい。

  

Img_2844

あんみつ & くずきり

  

黒糖・黒蜜好きです。

  

  

お誕生日、お誕生日なんて、

騒ぎ立てるほどの事ではございませんが、

この年齢になって こんなふうに

祝っていただき 嬉しいです。

ありがとうございました。

  

美しいお肌が ますますプリプリに美しくなりましょう。。。

  

  

Img_2850

そして、さらに 夕方、

これ↑ が届きました。

  

 

ずっしりとした 大輪の薔薇5本。

  

白馬に乗った王子様が 素敵に さらりと

100万本の薔薇の花束を・・・

というワケにはいきませんが、、、

  

お花のプレゼントは息を呑むほど嬉しゅうて、嬉しゅうて

涙つーーーっ

  

  

大変満足。幸せいっぱいの 40と○才の お誕生日。

  

  

   

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

  

幾つになっても

常に 向上心を持って切磋琢磨 するのです。

  

何事も あきらめない・・・ 事が肝心。

  

  

  

  

2011年9月27日 (火)

野焼き

  

Img_2812

今朝は、朝いちで 東京藝大取手校舎へ。

  

今年度、東京藝大主宰の “国際陶芸シンポジウム” の

イベントの一つ、野焼きの手伝いのため 夫が車で送ってくれと

申すもので、

私もチラリと見学がてら 行ってみました。

  

我が家からは 初めて車で行ってみましたが、

15分という近さでした。

藝大取手校舎に 良い想い出はございませんが、

母校がこんなに近かったなんてね。

  

まっ、近かろうが、今さらなんの用事もないけれど・・・

  

  

Img_2807

数年前から、大学院生の授業の中に、

窯作りというカリキュラムが設けられているため、

学生が作った

小さい上り窯、穴窯、筒炎式の窯・・・ 等々

常時5基が 設置されています。

そして、5年後、始めに作られた窯が取り壊され

次の学生が 窯作りをするのだそうです。

 

上り窯を一から作っちゃう授業なんて、

上野の山の都会育ちの私達の頃は 考えられない

事です。

  

うらやましいような、かったるいような・・・

  

いや、贅沢な貴重な経験ですね。

さすが我が母校です。

  

Img_2791

穴窯。

Img_2794

  

Img_2795

穴窯内部。

10日程前に焚き上げた物を 今日、窯出し。

  

「Oh my God !」

と、私の横にいた アメリカ人の女性が 言っておりました。

「うっ・・・」

ちょっと 引いてしまう私は 表現力の乏しい日本人でしょうか。

   

   

Img_2797

私にとっての悪の根源、 上り窯。

  

私が大学院の頃、この 上り窯だけが 唐突に

取手に出来ました。

校舎も何もなく、ただ この上り窯だけです。

小さなプレハブ小屋が 窯の横にポツンと設置され、

私達は そのプレハブ小屋に寝泊まりしながら

風呂にも入らず 3日3晩 窯焚きをしたのでした。

食事も外で自ら薪に火をおこして自炊。

  

それはそれは 楽しく貴重な体験・・・

と、私が感じるワケはなく、

アウトドア生活が 超苦手な私は 窯焚き3日目

熱を出してダウン。 

途中で帰宅という 陶芸の道を志すモノの

風上にも置けない奴になり下がったのでした。

  

  

しかし、

あの頃を振り返ると、多かれ少なかれ誰もが言うのでした。

「ありゃ、たしかに大変だったね・・・」

   

  

Img_2789

野焼きをするための壺類。

  

Img_2799

Img_2803

藝大取手近隣の中学生が 制作したという

お面。

これも 野焼き。

  

Img_2805

Img_2808

  

  

今日はチラリと見学のつもりだけだったのに、

学生達が 忙しそうに働いているのを横目に

あー・・・

私もまた こんなふうに仲間と窯焚きの共同作業

したいな・・・

なんて、 今となっては 蚊帳の外の自分を寂しく

感じてしまったのは 自分勝手ですね。

  

今の私なら、3日3晩、風呂に入らず窯焚きしても

熱をだしてダウンはしない・・・かもしれないけど

山姥のようになり、

それはそれは恐ろしい姿をさらけ出す事に

なりかねない。

違う意味で 皆の迷惑になるでしょうから

やめておきましょう。

  

  

さて、今日は これから予定が詰まっておりますので、

夫は ここに置き去りにして、

これにて失礼!

 

  

   

Img_2835

そして、今日午後は、

我が家の イケメン&じゃじゃ馬が通う小学校に

行ったのですが、

小学校校舎4階から望む 

利根川の向こうにそびえ立つは・・・

 

東京藝大取手校舎。

  

今頃、まだ窯焚きかな・・・

と、 感慨にふけりつつ・・・・・

   

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

なんだかんだ 言いつつも

学生の あの頃が、 今の私の

全ての 原点・・・ かな・・・ 

  

しかし、

やはし、

今、

上りの窯焚きなんて始めたら

途中で 逃走 するでしょうね。私。

  

  

 

  

  

  

  

  

2011年9月26日 (月)

その前にフレンチ

  

Img_2740_2

“国際陶磁器フェスティバル美濃”

の会場に着いたのは お昼どき。

  

展覧会を拝見する前に とりあえず ランチでしょう。

  

今回の旅を ご一緒した友人は 陶芸の知識と

見識があるのかと思ったら 実はなかった方。

いや、知識はあるのかもしれないけれど

少々・・・ かなり・・・ ズレていたかもしれません。

  

でも、自分がズレていた事に 最近気づかれたの

ですね。

それに気がついて それを認めるのは

簡単な事ではありません。

  

 私も、自分自身の間違いに気がついているのかも

 しれませんが、それを認めたくない自分がいるのですね。

   

    

親しく付き合う友人に 陶芸の知識なんて

求めませんよ。

大事なのは 芸術を想い理解するスピリッツ。

  

また、世界は違えど 仕事の進め方、

仕事との付き合い方、仕事への情熱が

同じだな・・・ と、共感出来る方とは

お付き合いしていて気持ちが良いです。

  

私も そんなに暇ではないので、会って

気分が悪くなる方と付き合う時間ほど

無駄なモノはありません。

  

 

話しを戻します。 

展覧会を拝見する前のランチです。

Img_2730

美術館に併設されているレストランには

名高いシェフがいたりと、質の高いレストランを

度々耳にします。

  

ここ、セラミックパークMINO はフレンチでした。

さすが、晴れ女 の私。

最高のお天気に恵まれました。

気持ちが良くって幸せ。。。

 

Img_2731

フォアグラとプラムのテリーヌ。

  

コレステロール、やばいですね。

やばいやばいと、思いつつ 皿まで舐めたいくらい

美味でした。

  

ちなみに これでも 1番軽い ランチコースにしたんです。

  

Img_2733

当然、昼からビール。。。

  

Img_2734

ヴィシソワーズ。

  

  

Img_2738

白ワイン、グラスで ちっとだけよ。

  

  

Img_2735

真鯛のポワレ エスカルゴバターとバルサミコ酢

  

エスカルゴバターって、どんなかしら?

と、興味津々でしたが なんだか・・・ よくわかりませんでした。

  

鯛は、ぱさついていましたね。ちょっと残念。

味は良かったです。

  

Img_2739

綺麗なグリーン。

  

ブラマンジェ・キウイソース掛け

  

  

さて お腹 満足。

フェスティバル会場に向かいます。。。

  

期待、、、せずにはいられない。

  

だって、予定を必死で調整して

遠渡遥々 来たのだよ!

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

つづく・・・

なかなか フェスティバルの話題に たどり着かない。。。

  

ちょっと、フェスティバルの感想、避けているかも・・・

  

  

  

  

  

  

多治見へ・・・

  

土・日 で、多治見に行ってきました。

もしかしたら・・・ 初岐阜in かも。

  

もともと記憶する力が乏しいのに、

年のせいで、ますますあやしくなって来ているので、

  

「岐阜、アンタ、アタシと行った事あるじゃん!」

  

と、いう方がいたらスミマセン。。。

  

Img_2716

東京駅から 新幹線にて。

新幹線ホームは 在来線とは当然違い、

旅気分いっぱいな雰囲気で、毎度毎度

テンション上がります。

  

しかし、東京8時30分発。

早ッ。

眠ッ。

  

  

Img_2719

ひかり・新大阪行き。

ん? 大阪まで行って、どうするんだっけ?

アホ、名古屋乗換でしょ。

あっ、そうねん。

私、地理感弱くて、特に関東より西が無茶苦茶です。

人に任せてしまっていると、ますます自分が何処に

向かって走っているのかも分からなくなります。

  

しかし、方向音痴ってんではなく、

常に東西南北を把握していないと不安になります。

  

東西南北は体に沁み付いているんだけど、距離感が全くない

という不思議です。

  

Img_2721

こーんなに 天気に恵まれたんだから、

富士山 くっきりと見えるよね!

と、期待しつつ ・・・

ん~・・・ 富士山って、気まぐれだから ↑ こんなもん?

  

  

Img_2726

ウン。

ま、良しとしましょう。

イマイチ スッキリとは 拝めませんでしたが

美しく雄大な富士山を 十分堪能しました。

   

根っこっから関東の人間である私は、

この富士山を超えると 現実から離れるような

宙にういたような、

不安とも違う 油断してはならぬ的な気分に襲われます。

  

   

Img_2727

多治見駅改札正面に 陶板がお出迎え。

いいんだか悪いんだか分からないけど、

こんなに堂々と 駅改札正面に設置されているんだから、

良いんでしょう。

  

Img_2728

とにもかくにも ・・・

一番の目的を まず果たさないとなりません。

いつ、何どき、自宅から緊急連絡があり、

引き戻されかねません。

  

セラミックパークMINO  にて 開催されているのは、

  

Img_2740

“国際陶磁器フェスティバ美濃” 

  

   

中途半端でスミマセン。

タイムリミット。

新幹線・富士山 話しに夢中になっていたら

時間がなくなりました。

  

続きは・・・ また後程。。。

 

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

たった今、 自宅で 素焼きを 焚き終え、

これから 芝柏にて 中学高校生に 釉薬掛け指導。

  

イヤだな。 常に 何かに追い立てられるようにして

行動している。

いつも 焦って 行動している。

  

  

  

2011年9月23日 (金)

陳列館にて

  

Img_2666

東京藝術大学にて行われている

“国際陶芸シンポジウム” にて・・・

  

各国陶芸の教員による デモンストレーションを見学

した後は・・・

  

Img_2668

校内に在る 陳列館にて

シンポジウム参加国・大学の教員と学生による

作品展を拝見・・・

  

   

Img_2671

陳列館2階展示室。

自然光が綺麗です。

  

  

初めに断っておきますが、

これからアップする作品写真の数々は、全て

陶芸作品であることを申し上げておきます。

 

  

Img_2672

赤いブーツ。履き口の所が ワニの顔になっています。

陶芸作品です。

  

  

Img_2673

「やあ・・・!」

Img_2674

何を想い、考え、ここに座っておられるのでしょうか?

  

陶芸作品です。

  

  

Img_2675

「やあ・・・!」

  

我が家のじゃじゃ馬は、皆に挨拶して回っていました。

面白い。

  

Img_2676

しつこいようですが、陶芸作品です。

  

ほ~・・・

でも、 でもって、何が でも なんだかは、置いといて、

完成度は高く、表現したい事、目指す方向性は 

理解出来ますから、

下手な器よりは好きです。

  

しかし、、、陶芸作品として作る意味は???

  

Img_2682

“BABY” と、作品名が付けられていました。

う~~~ん。。。

 

    

Img_2684

まっ、

じゃじゃ馬は 楽しんでいたので、良かったのでしょう。

  

  

Img_2688

「おまえ のようだな。」

  

と、夫は言います。

ハイ。言われると思いました。

反論はしません。

  

我が夫だけではなく、

そのように感じる 世の中の夫君は少なくないでしょう。

  

このような妻が存在する事で、

世の中の平和は保たれているのかもしれません。

  

  

Img_2689

「これは、頭が大根だね。」

  

と、我が家のじゃじゃ馬は言いました。

面白い。

作品が、、、じゃなくって 我が家のじゃじゃ馬が。

  

  

器の形態をとったモノ、

伝統的工芸品が 陶芸の王道とは思っていませんが

私は、保守的ではないつもりですが・・・

 

彫刻作品に近い、

質の高い 陶オブジェ作品も知っていますが・・・ 

    

 

あの、、、

眠いので、、、

この度の 

国際陶芸シンポジウムの作品展の感想は、、、

パス。

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

   

明日から 多治見 に行きます。

“国際陶磁器フェスティバル美濃”

です。

国際づいて いますな。。。

  

ので、多治見の報告は、月曜日! 

2011年9月22日 (木)

窯焚き禁止令解除

  

台風一過 っていうんでしょうね。

今朝の天気。

  

台風一家なんて、お決まりの つまんない事を言うのは

やめましょうね。

特に自分をオヤジと自覚していらっしゃる方は

さぶくなるので やめて下さいね。

  

皆様のご自宅は ご無事だったでしょうか?

  

  

Img_2708

あれだけ強い嵐の襲来を受けると

我が家の雨戸のない窓は不安になります。

  

設計士の友人と共に

デザイン重視で設計した家のため、

吹き抜けの大窓には 当然 雨戸なんて

ダサいモノはついていません。

  

この家での11年間、雨戸の必要性を感じた事は

1度もありませんが、

やはり、昨日の台風は、さすがの私もビビリましたね。

  

Img_2706

厚手の斜光ブラインドで、多少はカバーになるでしょうか?

  

  

我が家の庭の屋根より高い ユーカリの樹は、

物の見事に 半分に折れ、

隣のオリーブの樹に しかと 支えられています。

  

なんて けなげな、強く逞しいオリーブの樹。

どこぞのどなたかを思わせます。。。

  

  

しっかし、

私にはどうにも手の施しようがない状態。

困った。。。どうしよ。。。

  

とりあえず、今日は そんな悲惨な庭の状態は

見て見ぬふりをする事にし、

午前中、芝柏へ。

   

Img_2709

  

芝柏の皆様。

本日、やっと、窯焚き禁止令が解除され

めでたく 窯の電源をONする事が出来ました。

  

たまりにたまった作品を素焼きします。

窯詰めの助っ人が来てくださいました。

  

あ~ん!助かった~! ありがとね~(涙)

 

   

電気窯は、ものすごく電気量が多いと思われていて、

肩身が狭くなってきた今日この頃。

肩身が狭いふりをしています。 プン!

  

  

んで、

ホッとした私は、

手伝ってくださった ○さんと、

  

  

Img_2715

柏駅前の高島屋ステーションモールにて、、、

   

Img_2711

軽く??? 寿司。寿司。寿司。。。

   

 

Img_2714

Img_2713_2

初めて来た時から 何故か気が合い

同じ年齢と分かり、更に意気投合し 

すっかり 顔馴染みになってしまった 瀬野さん。

  

これからは、瀬野ちゃん と呼んであげましょう。

  

  

Img_2712

  

お手伝いしていただいちゃったんだから、

ご馳走するつもりが・・・ ご馳走様でした。。。

  

  

んでは、

次回は 私が・・・

  

もう、窯詰め手伝いで 私に こき使われるのは

ゴメンでしょうね。

  

次回は ありませんね。

すびません。

  

ありがとうございます。。。

   

   

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます flair

  

  

急に さぶく なっちゃって、

ビールも イマイチ 進まない。

  

今年の冬は、大人になって、

熱燗・・・ なんて 無理かな~。。。

  

  

2011年9月21日 (水)

国際陶芸シンポジウム

  

んがぁぁぁぁぁぁぁぁあああ~~~~~

  

あー

これで、ちょっとはスッキリしました。

いきなり ずびばせん。

  

   

さて、個展がおわりゃあ ちっとは余裕が出来るかと思いきや

せねばならぬ仕事・雑事がテンコ盛りで・・・

考え過ぎず、ひとつひとつ こなしていくしかないのに

アホな頭で考え初めてしまうと

体が動かなくなってしまいます。

  

人生、80年、、、イヤ、私の場合、100年として

まだ半ばにも至らず

修行の身ゆえ 困難が降り注ぐのはいたし方ない事。

  

不平不満を言わず、

ひとつひとつ 一歩一歩でしょう。

  

  

こなせばならぬ仕事の中に お遊びの予定も沢山入って

いるので そりゃアンタ、自業自得でしょう。

  

 

どうでもよい 日々の愚痴はここまでで、 本題。

   

   

と、言うワケで ブログの存在すら頭の中から消え去りそうに

なっていた今日この頃。

更新おサボりしていて スミマセン。

  

“国際陶芸シンポジウム” に行ったのですが、

先週の土曜日に行ったのだと思い込んでいたのですが、

今週月曜日に行ったのですね。

ホラ、 

時間の経過すら あやふやになってる。

連休なんかが続いているので、曜日の感覚が曖昧に

なっとります。 迷惑な連休です。

もう、誰にでも何にでも 八つ当たりしたい気分です。

重ね重ね ずびばせん。。。

  

  

我が母校、

東京藝術大学の 陶芸専攻教授、島田フーミン・・・じゃなくって

島田文雄先生が“国際陶芸教育交流会”なるものを立ち上げ、

“国際陶芸シンポジウム2011”が、今年は、

in Japan と、いう事で、

9月17日~28日までの12日間、

藝大 上野校舎と取手校舎を中心に開催されています。

  

我が夫も開催参加メンバーになっていて、

出身は東京藝大ですが、今現在は広島大学にて教鞭を

取っているため、広大学生も引っさげて参加しているのです。

 

んで、

名目を持って母校に戻れるこの期間、

夫は、毎日毎日嬉しそうに 藝大に通っております。

   

「外人は苦手なんだけどさー、 外人がいっぱいで

 楽しいよー!」

なんて、戦後の ギブ ミー チョコレート的な

よく分からない事を言いながら いそいそと

出掛けて行きます。

  

そんな夫の 母校を思う気持ちが 痛いほどよく理解

出来る 良妻の私。

  

んで、

今週月曜日、参加各国の教員による

デモンストレーションがあったため、行ってみました。

久々の我が母校。

私も夫の事は言えず、やはり母校に出向けるのは嬉しいものです。

  

Img_2634

この昔からのレンガの校門は、音楽学部の方で・・・

  

Img_2635

道路1本隔てて対面にある美術学部の方は

私が卒業後、 こんなふうに しょうもない形に

様変わりし、私にとっちゃあ 懐かしさの欠片も

なくなってしまいしたが、、、

時代の移り変わりを嘆くのは ただ それに追い付いていけない

年寄りでしかないので、

ブーたれるのはやめておきます。

Img_2636

Img_2637_2

入口横には、こんなに立派な藝大美術館まで

建てられ、、、あ~昔は 古ぼけた 大浦食堂が

あったのにな~・・・

なんて、懐かしむ事もやめましょう。

  

この美術館の 作品保存状態と展示の質の高さは

十分、分かっておりますから。。。

   

で、

以下↓、教員デモンストレーション風景。 

Img_2641

ナイジェリアから。

Img_2657

Img_2658

ゴーゴーと、すんごい音たてて バーナーと

ドライヤーを使用しながらの制作。

いったい何のパフォーマンスか?

・・・と 思いましたが 短時間に制作せねばならない

ため、形がヨレヨレに崩れかかってきたため

たんに 急乾燥させたかっただけのようです。

 

オイオイ 大丈夫か?

「アレって あれで良いんですか?」

と、夫に聞いたら ノーコメント でした。

  

プリミティブな芸術作品は 届かぬ憧れがあります。

  

  

Img_2647

Img_2650

Img_2653

藝大教授、豊福 誠先生。

Img_2690

デカッ!

さすがです。 豊福先生。

だって、これ 磁器土です。

途中、30分位 自然乾燥させただけですよ。

分かる人には これが どんなにスゴイ事か分かりますね。

  

Img_2652

Img_2656

さすが USA代表 Rick先生。

陽気にジョークを飛ばしながら。

でも、皆の目は ジョークには 騙されません。

ロクロの技術を凝視しておりますよ。

  

  

Img_2639

韓国からは・・・

Img_2644

KIM Byung Yeoul

Img_2660

あーーー

ダメだ。泣いてしまいそう。

20年ぶりの再会です。お互い息を呑みました。

  

Byung Yeoul、ちょっとカタカナでは表現できない

発音ですが、あえて表記するなら ピョンユル

でしょうか。

私が大学院生の頃、韓国から修士課程取得のため

留学されていました。 私達は ピョンさんと

呼んでいました。

2年間、同じ釜の飯を食い、勉学を共にしました。

今は 韓国の大学の教授。

ピョンさんなんて 気軽に呼べない立場の方に

なってしまわれました。

  

Img_2691_ed_ed

そして、もう一人、

こんな↑写真でごめんなさい。

やはり、韓国から留学されていた

KIM Jang Ryong   キム チャイョヲン

  

私は この キムさんに

逢いたくて逢いたくて逢いたくて・・・

この シンポジウムに来たようなものです。

私が学部3年生で陶芸を専攻した時、

チャイョヲンは大学院2年生でした。

菊練りから始め、陶芸の技術的な事は ほとんど全て、

私は チャイョヲンから教えてもらったと言って良いでしょう。

本当に 可愛がっていただき、面倒をかけ、

にもかかわらず 我が儘を言い、ずいぶんと困らせ、

異国の土地で不安だったろう チャイョヲンに

辛くも当たりました。

   

海の向こうの大学で、教授となり、偉くなったんだよ!

と、噂では聞いておりましたが、

20年後に ここでこうして再会出来るとは

夢にも思っておりませんでした。

「もしかして、キムさん?」

と、声を掛けた時、最初、チャイョヲンは きょとん?と

していましたが、

(どこぞのオバハン?ってトコでしょうか・・・)

「おーーーーー!スギヌマなの?!

 ホントにスギヌマなの?!!!」

を、連呼。。。

そうね。お互い、すっかり様変わりしてしまったわね。

20年前は、私、20歳若かったですから。

  

まるで、タイムマシンに乗って 20年の歳月が一気に

後戻りしたようでした。

  

しかし、話したい事は山のようにあったはずなのに、

何も話せずに ただただ見つめ合うだけの2人でした。

あっ、そこに恋愛感情は 全くありませんから あしからず。

  

私が言いたかった事は ただひと言。

「ごめんなさい。そして ありがとう。」

  

   

Img_2665

その後、

大学構内の陳列館で、各国大学教員と学生の

展覧会を拝見したのですが・・・

  

長くなりましたので、

続きは 後程。 本日はこれにて失礼。。。

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

   

んーーー

心残りだ。

25日に 韓国に 帰ってしまわれる前に、もう1度

ピョンさんと チャイョヲン に 会いに行こうか。

私、20年前から、ちゃんとお礼を言ってない。

ちゃんと謝ってない。。。 

 

  

  

2011年9月18日 (日)

サバティーニ・ディ・フィレンツェ

  

たいへんな こっちゃ。

  

先週の木曜日、

個展、お疲れ様会と称して・・・

  

私のハートを射止める事は出来ないけれど、

いつも 私の作品を射止めて下さっている

お客様から ご招待されて

銀座でランチ。

  

ふんふん。銀座ね。 私、久しぶりね。

天気はカンカンだけど、

銀座でランチ、良いわね。

ランチだし、気兼ねなく、気楽に 出掛けました。

  

とても 気を使って下さる方で、

私が 日本酒はダメだけどビールとワインは大丈夫という

事も 理解してくださっている方で、

  

「シャンパンが、良いですね。

 イタリアンかフレンチにしましょうか?」

  

「じゃ、たまには フレンチ。」

と、言ってみたら、

  

「いや、イタリアンにしましょう。」

  

ガクッ。

いえ、イタリアンで大いによろしいのです。

だったら始めから聞くなよ。

いや、お伺い立てて下さらなくって よろしくってよ。

  

Img_2569

ウワッ!

すごく素敵なトコロです。

Img_2575

数寄屋橋交差点の上を走る首都高が見下ろせます。

若かりし頃は、恐いモノ知らずだったのね、

首都高もヒュンヒュン飛ばして、車線変更なんかも

ヘ~ッチャラで、チャラチャラ運転しておりましたが

今は駄目です。 絶対駄目です。

車線変更なんかしようもんなら 首都高の真ん中で

止まってしまうかもしれません。 

こっ恐!

世のため人のためにも、こんなオバサンは、

都内の運転は やめましょう。

  

で、ここは何処ですか?

私は何処に連れて来られたのですか?

Img_2596

サバティーニ・ディ・フィレンツェ  です・・・

銀座は フィレンツェ なんだそうです。

  

そう。先々月だったかは、青山の

サバティーニ・ディ・ローマ に行きましたね。

どちらが美味しいか、食べ比べてあげましょう。

  

イヤな女ですね。

本当に 感じの悪い女ですね。

  

たしかに、私だったら、私のような女はキライです。

  

しかし、まさか、こんなトコロとはつゆ知らず、

この日の私はジーンズです。

  

  

Img_2571

  

まずは シャンパンで、

「お疲れ様でした。良く頑張りましたね。」

と、言っていただき、

えっ?! 私、何を頑張ったっけ?

  

あっ、個展ですね。

スミマセン。恐縮です。

私なんか、全然頑張ってない方です。

私の100万倍頑張っている方はゴマンとおられるでしょうに

私なんかに “良く頑張りましたね” だなんて、

申し訳なくて、恥ずかしくて

逆に “もっと頑張れよ。” と、言われている気持ちです。

  

私は、謙虚で、控えめな女ではないので、

本当にそう思うのです。

私が たいして頑張ってない事は、

自分自身が一番よく分かっています。

他人はごまかせても、自分をごまかす事は出来ません。

  

Img_2572

前菜の皿の下に置かれている皿、、、の事

なんて言うんだっけね?

  

この絵付け。はたして 良いんだか 安っぽいんだか

サバティーニに来てまで 皿に いちゃもん付ける気も

ございませんが、

高級そうに見せている店内で、高級そうに

鎮座ましている皿だから、きっと良い絵付けなんでしょう。

 

なんだかな・・・

そう言う私は、

この日、ユニクロのジーンズです。

    

  

Img_2573

知人が注文された前菜。

恐れ入りました。

この山盛り生ハム。

ケチってないね。

もう、これだけで 充分です。

ご馳走サマでした、、、っと、逃げ帰りたい気持ちです。

  

Img_2574

私の前菜。

生ハムの下には メロンです。

右手前のアスパラガスに卵乗せを

ミモザのサラダと称しておりました。

  

「へっ?ミモザのサラダって 何ですか?

 ミモザって食べられるんですか?」

と、聞いてしまいました。

  

美味しいです。とても美味しいです。

もう、品がなくっても構いません。

ムシャムシャといただきました。

  

所詮、今日の私は ユニクロのジーンズです。

  

  

Img_2577

細目のパスタ。

アサリのトマトソースってとこでしょうか。

ケッパー が利いています。

 

「美味しい!美味しい!美味しい!」

と、

これも ムシャムシャいただきました。

  

Img_2581

メインは 私は ラムの炭火焼きを選択しました。

  

ラッラムって こんなに美味かったかしら!

柔らかくって、油も調度良く落ちていて、

炭火とラムの香りが混ぜ合わされ クラ~っときます。

  

Img_2584

赤ワインは グラスでいただきました。

ソムリエの方が ラム肉に合うモノを選んでくださいました。

  

Img_2586

デザートの前に チーズを頼みました。

トレーで 運ばれて来たものの中から

好きなだけ選べます。

少しづつで良いから、と、4種類選択しました。

シェーブルや、ブルーなど、クセのある香りが好きです。

左の クレソンの下の白いカッテージチーズに見えるモノは、

ブルーチーズとマスカルポーネをブレンドしたもので、

ほんのり見えるかしら?水たまり状になっている

ものは ハチミツで、これに付けていただきます。

ブルーチーズの香りとマスカルポーネのまろやかさが

絶妙で、さらに、このハチミツの濃く香りの良いコト!

たぶん、ハチミツも上質ですね。

  

ここまでいただいて、

味と素材をごまかしていないトコロは最高級と言って

良いでしょう。

参りました。

もう、自分がユニクロのジーンズだという事は

どうでも良くなりました。

クラクラです。

  

   

Img_2587

デザートのトレイが運ばれて来ました。

最近、すっかりオヤジ化してきた私は、

デザート別腹って事がなくなってきたのですが、

これは、ワクワクしますね。

乙女心をくすぐります。 

オバサン心かっ・・・

Img_2588

基本、2種類、選べます。

ご希望でしたら 何種類でも。

いや、目では アレモコレモ いただきたいけれど、

私の胃袋は、2種類以上を欲していないようです。

  

Img_2589

知人が選んだのは、

カボチャのプリンと苺のミルフィーユ。

おソースでの絵付け、ウキャ!可愛い!

「オッ!描いているトコ、見逃した!」

と、申しましたら、

給仕の方、

「いや、それほどのモノじゃありません。」

だと。

  

Img_2590

私は、あっさりと、

フルーツのコンポートと ブルーベリーのシフォンケーキ。

  

もう入らない!と言いつつ ペロリといただきました。

  

Img_2593

ウワッ!極め付けは、ハートのカプチーノですかっ!

  

これで、私のハートが射止められると思ったら

大間違いよっ。

  

しかし、美味しいモノを目の前にすると 緊張感が

なくなり、目が乱乱とする自分を再確認いたしました。

  

大満足です。

これで文句を付けたら 地獄に落とされるでしょう。

もう、1週間位 何も食べずとも生きて行けそうです。

  

  

そんな舌の根も乾かぬうちに 実は、今日も・・・

今日のご馳走話は また後日。。。

  

Img_2597

銀座の緑も馬鹿に出来ない。

空を仰ぎ、

カンカン照りだけど、秋の風。

シャンパンとワインで 火照った 体に

秋の風が心地良い。。。

  

ご馳走様でした。

これで、個展の疲れが 吹っ飛んだ・・・ かな~???

  

   

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

Img_2627

オマケ。

連れの知人が、冗談で、

「ワインのラベルが綺麗だから、はがして頂戴!」

と、言ったら、 ↑ こんなふうに

シール状になったモノをサービスで下さいました!

知人と2人、ヒャ~!っとのけ反り!!!

やるね!サバティーニ!

 

  

  

2011年9月17日 (土)

掻き落とし

  

あああああーーー!

夜、ボーーーーーッ としながらブログ記事書いていたら、

最後の最後で 削除してしまったーーーー。。。。

   

ガックリ・・・

もう、何を書いたのかも 記憶がない。

  

ので、改めて、、、

  

たしか、、、昨日は 金曜日でしたね。

東日本ガス陶芸教室でした。

  

Img_2598_2

ご自宅付近から 持参された葉っぱを使って。

Img_2599_2

白土で楕円皿を成形した後、生乾きの段階で、

葉を押し付け、回りに赤土泥しょう・黒土泥しょうを

平刷毛で塗り乗せます。

泥しょうのテカリが少し引いたトコロで 葉っぱをはがし、

シルエットをくっきりさせたければ、針、竹串等で

葉脈、茎を引っ掻きます。

  

生葉は、一晩位 押し葉にした方が良いでしょう。

と、葉が乾燥してパリパリにならない生の状態を保った方が

良いでしょう。

  

アイビーの葉なんかも 素敵でしたよね!

  

  

Img_2600_2

こちらは、白土をロクロ成形。

ライラックの練り込み顔料を泥しょうに混ぜ込んだ

ライラック化粧土を塗り、やはり 模様を

掻き落としています。

焼成前なので、色見が分かりませんが、

ライラックも綺麗です。

透明釉をしっかり掛けてしまうと ピッカピッカの

紫原色になってしまうので、

艶消し透明釉か、3号透明釉あたりを霧吹きで

吹き付ける程度にすると

品の良い 藤色 になるでしょう。

  

Img_2602_2

こりゃ、掻き落としの極みですね。

金曜クラスの方の作品ではありませんが、

きっと、Kちゃん作品ですね。

Kちゃんは、いつも 下書きもせずに

ヒョイヒョイっと模様を掻き落としていきます。

頭でイメージされている事が まっすぐ手に

伝わるのでしょうね。

  

頭と手先がつながっていない事に気が付いて

ガックリされる方がほとんどでしょう。

ハイ。私もその一人で、人生最大の課題となっているのです。

  

  

なんだか昨日は 掻き落とし技法の日でしたね。

   

出来上がりは また後日。

  

  

 

Img_2603_2

んで、昨晩は寝る前に 紅茶梅酒。

ん?紅茶の香りしません。

普通に梅酒でしょう。

香りがしなくても 紅茶が入っていれば

紅茶梅酒と命名して良いのですか?

ま、良いのでしょうが、ちょっと騙された感。

昨晩は、面白くない事があり ふてくされていたので

鼻が利かなかったんでしょうか。。。 チェッ!

  

Img_2454_2

ライラックの顔料を練り込んでから、成形した

梅酒用にとイメージしたカップ。

  

Img_2455_2

藤色に 青磁の淡いブルーが合うかな、、、

と、思い このように釉を施してみました。

Img_2457_2

高台裏に亀裂が入ってしまったため、

ボツ作品となりましたが 水漏れはしないので、

自分使用です。

ちょっと気に入ってます。

  

  

紅茶の香りがしない、、、と、ぶつくさ文句を言いつつ

呑み口が良く ボトル半分開けてしまい、

ヤバッ。

寝よ。

と、あわてて ブログ更新クリックを 誤って削除クリックして

しまったアホな私。。。

  

ふてくされながらの 飲酒は よくないです。

反省。。。

  

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

  

 やり方が汚い ずる賢い人は 駄目だと思います!

 そんな 奴に いらついている 私も 器の小さい人間でしょう。

  

 スミマセン。なんの事か わかりませんね。

 そりゃ、ちょっと ここでは詳しくは書けません。

 流して下さい。

 スミマセン。

2011年9月15日 (木)

花も団子も・・・

  

個展の際は いろいろ差し入れいただきました。

お心使いありがとうございます。

  

  

Img_2541

さて、

そんな差し入れの中の一押し!

我が家が みたらし団子&わらび餅好きと

知ってか知らずか、、、

  

こっこれは!

Img_2544

Img_2542

団子の中に みたらし餡が・・・

Img_2549

見よ! このトロトロ!

はあ~・・・

最近、すっかり甘いモノよりビールという

オヤジ化してきた私ですが、

このもっちもちのトッロトロには参りました。

  

この私を トロトロのメロメロに陥らせて

この団子、ただモノではないな・・・

  

  

Img_2545

わらび餅 にもとろけました。

串で刺して持ち上げると トロ~ンとのびるのです。

口の中に入れると、ふんわりとした食感の後、

とろけるのです。

餅とは思えません。

  

  

   

Img_2546

大阪・難波の なんちゃら庵 です。

ゴメン。読めません。

  

  

大学の後輩のはずなのに、大先輩の風格と作品を

産み出される F井君 と K井さん ありがとうございます。

超多忙なお二人にご足労いただき 恐縮至極に存じます。

また、ご飯、ご一緒させていただきたく候。

  

  

Img_2539

ウフフ。

お花もいただきました。

素敵な女性からです。

  

そういえば、個展で、男性からお花をいただいた事は

ありませんね。

ったく、日本の男性はシャイでいけません。

さりげなくお花なんぞをプレゼント出来れば

それだけで 日本は平和になるだろうに・・・

  

やはし、私も女ですね。

お花をいただくと ささくれだっていた心が和らぎます。

  

花より団子 

いーやっ

花も団子も 大好きです。

  

嫌いなのは、

デリカシーがなく、さらに自分がずれているのに

それに気が付かない鈍感な男と

器の小さな人間。

  

また話がずれました。

  

年とってくると、いろんな想いが交差して、

話題がずれて 話が長くなる。

イヤダイヤダ。。。

  

   

差し入れ下さった美味いものの数々は

全て 私と 我が家族の腹に

キレイさっぱり納まりまして、

お陰様で 今週は 太っ腹。 

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

  

  

  

最近、洋菓子よりも和菓子に魅かれるのは

やはし、オバサンになってきたって事か・・・

  

が、お菓子より ビールを欲するのは

オヤジ化現象だな・・・

2011年9月14日 (水)

個展、終了しました

  

美味しかったです。

  

エッ?!いきなり今日もですか?

  

いえ。ハイ。スンマセン。

  

伊勢丹松戸店での個展、昨日終了しました。

ご来場くださいました皆々様、

ありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

最終日の前日から百貨店側は お片付けモードに

突然突入し、

ガラ~ンとなってしまった最終日は寂しいやらありがたいやら。

  

ありがたいです。

  

Img_2551

この個展の1週間、

私は ラーメンが 食べとうて食べとうて

たまりませんでした。

朝、伊勢丹に向かう時、ラーメン屋さんの前を通り、

朝ラー しようか?!と思うほど魅かれるのですが

お昼時になると

伊勢丹の外に出る気に全くなれず、

店内のカフェでドリアやらピラフなんぞを食べて済ませておりました。

  

そして最終日のランチ、思い余った私は

伊勢丹最上階のレストラン街の

銀座アスター で、高級ラーメンを食べてしまったのでした。

デザートまで付くランチセットにすりゃあ お得なのに

ランチセットの主食は 白いご飯か炒飯だもの、

それじゃあ 思い余った私の意思に反します。

お得じゃなくったって

この日はラーメンでないと 意味がありません。

セルリー麺です。

何故だか セロリ じゃなくって セルリー です。

だから、なんの事か疑問で伺ってみたら

なんて事はない セロリ麺です。

セルリーの方が高級感を表せる、、、という観点から

名付けられたのでしょうか?

セルリーの方が英語の発音に近いのでしょうか?

いずれにせよ カタカナ英語には違いありません。

  

ま、いーや。

美味しかったのです!

久々の大満足感を味わいましたね。

麺は細く腰があり、炒めたセロリじゃなくって

セルリーもしゃきしゃき。

お肉もたっぷり。

1週間の ラーメンへの執着を一気に消化し、

いけない、いけないと分かりつつ

汁を飲みほしてしまったのは やはりヤバかったでしょうね。

  

想いが募り過ぎると こういうヤバイ事をやってしまうので、

我慢はせず、想いは時々ぶちまけた方が良いでしょう。

そうやって ストレスをぶちまけられて、八つ当たりされ、

被害をこうむっている 私の身近な家族、友人の気の毒な事。

この場を借りてごめんなさい。

そして、受け止めてくださり

ありがとうございます。

照れ屋の私は 面と向かうと憎まれ口ばかりで

素直にありがとうが言えないのでした。

 

   

話がずれました。

ラーメンの話です。

Img_2553

気が大きくなった私は ランチデザート

ココナッツミルクタピオカ

を注文し、

個展最終日に、ここで こんなに のんびり優雅に

ランチしている場合じゃないじゃん!

と、ハタと気が付き タピオカを一気飲み、

噛む事なく喉で味わい

会場にあわてて戻ったのでした。

  

なんつーか、ラーメン汁の一気飲みといい、

タピオカの一気飲みといい 体に良い感じがしない。

健康オタクの間逆を行く 私の無茶苦茶な食生活

なのでした。

  

  

個展を一つ一つクリアする度に

いちいち落ち込む私。

今回は 画商さんにも理解していただき

良くしていただき 大変お世話になり助けていただきました。

皆に支えられて 生かされているとひしひしと

感じました。

1週間を共にさせていただいた画商さんと

別れる時は いつも胸がいっぱいになるのでした。

  

こんな私でいいのかな。

こんな私でスミマセン。

  

  

Img_2556

さて、今回の搬出は 頑張って車の運転をせねばなりません。

私のつたない運転を心配してお手伝いに来てくださった知人と

軽くお夕飯。

仕方がない。キリンフリー。

  

そりゃ、昔々に比べりゃあ おいしくなったノンアルコールですが

やっぱ、私には不満~。。。

  

個展後の打ち上げは ビールだよねー。

いーや! 帰宅後 ひとり打ち上げじゃ!

  

Img_2561

季節ですね~ 秋刀魚!

ふっくらと 上手に焼けています。

はらわたも一緒に 大根おろしとポン酢でいただきます。

Img_2563

  

  

ここ、柏のお蕎麦屋さんは、はずれがありません。

家族も、私の実家の方達も 友人も

皆お気に入りのお店です。

  

Img_2568

北柏駅から歩けます。

“玉川”

ビールもお酒も美味しいので 電車徒歩でどうぞ。

お近くの方は お試しあれ!

  

Img_2564

夜もがっつり食べたかったのです。

いろいろ おつまみもいただいたのですが

〆は天ざる。

  

  

昼はラーメン、夜はお蕎麦。

麺な1日。

  

麺だけに長い1日でした。

なんつって。

帰宅後、ビールしようと思いつつ

冷蔵庫にも手が伸びず、

ソファーで ぱったり。

  

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

少し ゆっくりしようと 思っていたら

とんでもない!

1月の 三越のDM撮影がもうすぐです。

作品ストック ゼロになってしまい 

ヒエ~。。。

  

  

  

  

2011年9月12日 (月)

鉄板焼き

  

美味しかったです。。。

  

最後の感想から入りました本日の記事。

また 美味しいモノを食べてしまったんですね。

スミマセン。

  

どうも、陶芸に関する記事が少なく

食いしん坊ブログに大きく傾いている事に対して

賛否両論あるようですが

賛同していただいている方の意見だけに耳を傾ける

事にいたしましょう。

  

んでないと 人生やってられません。

  

110912_131806

ランチセットに食前酒が付いていました。

白ワイン、プラス カシスのリキュールだそうです。

甘味が抑えてあり、スッキリ・サッパリ。

おかわり!

と、言いたいところですが ランチですし・・・

食前酒ですし・・・

品よく、お行儀よくしましょうね。

  

  

110912_143206

杉沼さん、今日のランチは どちらへ?

   

ハイ。

今日は、個展会場に行く予定にはしていなかったの

ですが、野暮用があり 松戸で友人と待ち合わせて

伊勢丹のまん前の 気になっていたお店、

鉄板焼き屋さんです。

  

110912_131951

生ビール、そそぐのお上手。

泡がこんもり。色も美しい。

  

この後、やはり 個展会場にチラリと顔を出したい

トコロですから

ちょっと、顔の赤みが取れて落ち着いてから

伺う事にいたしましょう。

  

110912_131659

まず、冷製スープ。

  

110912_132729

前菜。

奥、 鯛のお刺身サラダ。

手前右、 和牛とオニオンスライス。

小さい器には 小松菜とズワイガニ。

  

どれもサッパリなんだけど ドレッシングに

コクがあり、美味しい。

品の良い お味です。

  

  

110912_132801

カウンター席が正解でしょう。

目の前での調理はパフォーマンスでもあるのでしょうが

みごとな包丁さばきに 惚れ惚れ。

  

うっ美味そう!

肉!肉!肉!はよ私に食べさせておくれ!

  

110912_133756

おろしポン酢でいただきます。

  

今日はカメラを持っていなかったので、

携帯写真のため 画像良くないですね。

肉の横は カリカリニンニクです。

お肉に乗っけていただきます。

うっうま。

  

110912_134205

お兄さん炒めている あの美味しそうなモヤシは

どこの誰のトコロに行くんだろう?

と、ジッとモヤシの行き場を見ていたら

私んトコに来ました!

  

この、肉を出された後に 目の前で炒めたものを

時間差で盛り付けてくれるってのも演出の一つなんでしょう

が、マスマス食欲をそそられる。

お上手!

  

  

110912_140413

ティラミスとお芋のアイス。

 

デザートまで 完璧でした。

  

実は今日は時間もなかったので 

しっかりランチを食べる予定ではなかったのですが

想定外にも このような豪華ランチとなってしまいました。

友人も お時間ないトコロ、お付き合いいただき

ありがとうございます。

いつも、私に振り回されている方のヒトリです。

  

イヤなら 私の呼び出しに乗らなければいいんだから

仕方ないですね。

きっと、好きで振り回されているんでしょうね。

  

次に会った時、私、殴られますね。

ブログ、読んでない事を祈ります。

ゴメンナサイ。

  

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

   

 明日、個展 最終日です。

   ホッ。。。

 搬出のため、車で出向くため

 明日は ビールは 呑めませ~ん。(グスン。。。)     

     

  

 最終日、13日(火)

 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

  

2011年9月11日 (日)

個展5日目

  

伊勢丹松戸店にて・・・

個展、5日目?かな? ですね・・・

  

今日も途切れる事なく 知人、友人様方々来ていただき

ありがとうございます。

いったい今日が何曜日なのか?

個展始まって何日たったのか?

時間の経過を把握する能力が欠落してきておるようです。

  

展覧会のたびに感じる事は  

こうして私なんかの個展のために多くの方に

ご足労いただく事がありがたくも申し訳ない気持ちになるのです。

  

たった1週間で、私のために いったいどれほどの方が

足を運んでくださったのだろ?!と思うと

いたたまれなくなります。

  

と、制作している時は自信満々なのに

こうして会場に展示し、客観的に作品を見ると

荒が目に付き 己の力のつたなさを付きつけられ

落胆と反省の嵐が自分の中に吹きまくるのです。

  

私は それほど強くない。

それほど ふてぶてしくないのでした。

  

  

正すべき箇所は 自分ではっきりと理解したつもりなので

休む事無く、次の制作に 向かうのでしょう。

もう、陶芸なんて やめてやる!

と わめき散らしつつ

作る事をやめられないのでしょう。

  

  

Img_2537

んで、今日も 友人と 生ビール。

しかし、なんだか

プハ~ッ 美味い! って気持ちになれないのは

個展が 後2日残っている事と

いつまでたっても 納得いく作品にたどり着かない自分への

歯痒さからか・・・

  

皆 そうなのかな?

  

いや、誰とは申しませんが 

“作品の出来は上々です!”

と すんごい事おっしゃっている自身満々の作家さんも

いらっしゃるようで、

その自身って どこから来るんだろう?と、不思議です。

ある意味 尊敬いたしますが・・・

そこで満足してしまったら そこまでの作家か、、、

と、思いますが いかがなモノでしょう。。。

  

誰とは申し上げられませんが・・・

  

  

   

Img_2538

ネギのサラダは めっちゃ美味しかったです。

  

口が臭くなろうとも、体が臭くなろうとも

ネギとかニンニクとか香りの強いものが大好き。

   

臭い女には 近寄りたくないですね。

いいんです。

どうぞ 遠ざかってくださいませ。

  

なんか 私、いじけてきたか?

  

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

   

 大丈夫。 二日酔いにならない程度に 呑んでます。     

     

  

 最終日、13日(火)

 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

  

2011年9月 9日 (金)

2日目はスペイン料理

  

千葉県は松戸の伊勢丹にて 個展の最中です。

2日目の昨日は、

  

Img_2493

  

朝から、こんなに美しい方が見にいらしてくださいました!

お顔も お見せしたいのは山々ですが、

あまりの美しさに 危険が伴うと思われるので

色っぽく謎めいた 後ろ姿だけの公開です。

  

良いですね~ お着物。

私も サラリと着こなして 個展の会場に望みたいモノです。

いつもドタバタの私には 所詮無理な話でしょうか・・・

  

美しい花を会場に添えていただいてありがとうございます。

   

  

そして、夕方は またしても お客様と・・・

Img_2498

この日は めずらしい、スペイン料理。

  

伊勢丹近くに発見したお見せです。

ここの オーナーシェフがまた 個性的な方でした。

クリクリの長い髪を後ろに束ねた

面白いおっちゃん って感じ。

素材と味に 自身満々でした。

  

Img_2499

お料理は 全てお任せで。

まずは イベリコ豚のハム。

  

ハムとチーズは手づかみでいただくのが

一番美味しい食べ方だ!と、シェフはおっしゃいます。

  

Img_2502

やぎのチーズ、牛のチーズ。4種類。

どれも 美味でしたが

私はも少しクセがある方が好きかな。

チーズとイチジクも とっても合いますが

ブルーベリーのほのかな酸味と甘みとも合ってました。

  

  

Img_2505

サバのマリネ。

アスパラは季節の時にピクルスにして保存しているとのこと。

北海道のどこぞの農家から取り寄せている苦みのない

このアスパラを関東で出している店は ウチだけだ!

と、シェフ。

  

  

Img_2508

ムール貝。

  

他、3品出て お腹パンパンの最後に出てきたのは

  

Img_2516

パエリヤ。

  

  

ワインもゴチャゴチャ言っとりました。

疲れてもいるし、量は飲めないのでグラスワインに

しましたが、

充分美味しゅうございました。

ゴチャゴチャうんちく はいらないんだけどね~。

  

うんちく言いたくなるのも分からなくはないけれど

はたして ワインの味を本当に理解出来ているのだろうか?

  

1万円のワインと、15万円のワインの違い、

理解出来ますか?

  

グラスワインでも

私が悪酔いしなかったという事は

悪いワインではないという事です。

  

ゴメン。

疲れているのは理由にはならないけれど

今日の私は 意地悪だね。

  

  

  

Img_2521

スペインの片田舎のバールを思わせるような

初めて来たのに ノスタルジックを感じるお店でした。

  

松戸はあまり来ませんが 家の近くにあれば

一人でもフラリと立ち寄れる雰囲気がありました。

  

また、

スペインに、ガウディーとピカソ 見にいかねば・・・

  

いったい いつ?行けるんだろ?  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

  個展、あと残り 4日間。

 短いようで 私にとっては 長い4日間。    

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

  

  

  

  

  

  

  

2011年9月 8日 (木)

個展初日

  

昨日から 千葉県は松戸の伊勢丹にて

個展が始まりました。

ちょっと、ヘロヘロで、文章にするパワーが

残っていないため

スミマセンが、本日は会場の写真をズラ~っと・・・

Img_2458_2

Img_2459

Img_2471

Img_2460

Img_2479

Img_2461

Img_2462

Img_2463

Img_2464

Img_2465

Img_2467

Img_2482

Img_2469

Img_2470

Img_2472

Img_2475

Img_2476

Img_2477

Img_2481

Img_2482_2

Img_2484

Img_2474

  

  

たくさん!たくさん!本当に大勢の方に来ていただきました!

ありがとうございます!

本当にありがとうございます!

初日という事もありましょうが、

開店から、閉店直前まで、

華やいでおりました。

  

感謝です。

ただ、ただ、

感謝です。

心より、愛を込めて

感謝です。

ありがとうございます confident

   

   

   

Img_2485

そして、夜のビールは美味かった!

が、

しかし、

お食事は 失格。残念。

どーした?!

“つきじ 植むら”

  

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

  本日も、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。     

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

   

  

2011年9月 6日 (火)

日本橋巡り

  

一昨日、

個展の作品梱包せねばならない作業を

放り投げて

日本橋高島屋~日本橋三越・・・ に行ってしまいました。

  

日本橋~銀座~表参道、という 銀座線沿線は

なんだか馴染みがあり ヒョイっと気負いなく出掛けられます。

まるで、お金持ちのマダムのようですね。

  

学生の頃から お世話になっている画廊などがあって、

昔からウロウロしていたせいです。

  

マダムと呼ばれる年齢にはなりましたが

お金持ちの風情にはなっていないのが残念。

年齢を重ねれば 自然にお金持ちになるもんだと

思っていたあの頃・・・

  

現実を知ってしまった今日この頃・・・

  

  

Img_2446

まず、高島屋にて、

“きらめく ビーズの世界展”

招待券をいただいていました。ありがとう M山さん。

英国のビーズアートの世界がくり広がっておりました。

  

Img_2447

Img_2448

美しい、エレガントの極み。

光りモノに自然に吸い寄せられてしまう私って、

やはし 女だったわね。。。

  

  

んで、

展覧会場を出た後のショップが とても充実していて、

ガン見してたら 目がクラクラ。

そんなクラクラな目に入った 1連のネックレス。

素敵! お値段 ¥9,400 なら私でも買える!

と、思い よくよく見たら、¥94,000 でした。

老眼を伴った 貧乏人のよくある間違いです。

  

が、しかし、、、

どうしても 離れられなくなってしまった

デザイナーさんのコーナーがあり、

  

横浜市で制作されている 

中村 美樹さん。

  

こういうのを 一目ぼれ というんでしょうね。

華美すぎず、が、エレガントで、

いろいろ 試してみましたが 全て欲しくなってしまうくらいでした。

  

Img_2420

で、エイッ!と 買うてしまいました。

だって あんまりにも私に 似合っていたんですも~ん。。。

値段は 夫には内緒。  

  

Img_2421

付け方を変えて、こんな風にも なります。

  

あーーー もっともっと欲しかった!

素敵でした!

うーーー

しかし、今の私の経済力では 1本が限界。

欲しいモノを手に入れるべく 働くのじゃ!!!

  

中村美樹さんのビーズアクセサリーの前に

ずっと へばりついていたいくらいでしたが

次があります。

後ろ髪引かれる思いで そこを後にし、

マダム杉沼は三越へ・・・

   

  

三越では、東京藝大の卒業生と在校生の陶芸展、

“杜窯会作陶展” がやっていました。

今年は私は出品していませんが、

すっかりしっかり 卒業生の先輩になってしまった私は

在校生の作品を目にし、

“今どきの若いモンは・・・”

なんつー事は言わず、

“フンフン、なるほど・・・”

と、思いながら 優しい目で拝見いたしました。

しかし、

若々しく、新鮮な作品は 少なかったかな・・・

今日は、厳しい事を言うのはやめといてあげましょう。

  

その後、同じく三越内にて、

北海道は、洞爺湖のガラス工房、

gla_gla”さんの作品を拝見しました。

工芸ブログランキングでもお馴染みの

gla_gla”さんです。

いつもブログでしか拝見していなかったので、

本物を目の前に、感無量。

  

Img_2418

ペンダントライト・・・?っていうのかしら・・・

綺麗でした~・・・

  

Img_2416

たぶん、ここ三越の中なんかじゃなく、

自然光が入るトコロでこそ、

gla_gla さん のグラスは 本来の美しさを発揮する事が

出来るのでは・・・

と、デパートの照明にがっかりしつつ

やはり、私が ヒョイッと出掛けられる場所で

発表していただけた事に感謝。。。

  

実物を手に取ってみることは

当たり前だけど1番大事。

北海道は 海の向こう。

私にとっては 遥か彼方の外国のようよ・・・

今度、いつ拝見できるんだろ・・・

なんて シミジミ思いつつ じっくり拝見しました。

   

  

Img_2417

  

制作されている 大介さんも とても感じの良い

魅力的な男性でした。

“ブログを見て来ました。”

と、言いそびれ 

正体も明かさず、失礼しました。

変なオバさんと思われたコトでしょう。

変なマダムから ナンパされても

ご迷惑でしょうし・・・

っていうか、ナンパじゃなくて普通に話せば良かったのね。

いい男を目の前にすると、

どぎまぎしてしまう ウブなマダムなんです・・・

  

  

Img_2443

Img_2445

気泡がたくさん入った ロックグラスを購入しました。

美しい・・・

  

Img_2428_2

私、ウィスキーはいただきませんので、

さっそくビールで使わせていただきました。

  

きっと、いつか、洞爺湖にも伺いますので

今度こそナンパします。

  

じゃなくって、また、じっくりゆったり

作られている その北海道の空の下で

作品を愛でる事が出来れば・・・

と、切望しておりやす。。。

  

  

ビーズアクセサリーと gla_glaグラス、

美しいモノをゲットし 輝きをましましたマダム杉沼。

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

  

で、今日は 搬入でした~!

明日、初日。

作品を 差し置いて

自分が輝いていても しょうもないので

自分の存在は ひっそりと 押さえつつ

皆さまの お越しを お待ちしております・・・ 

     

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

  

  

  

2011年9月 5日 (月)

半年ぶりの・・・

  

もう、、、

個展用の作品は終わったし、

後は梱包するだけなんですね・・・

  

ので、 早速次の制作にとりかかる・・・

ような 気分では 全然ないのでした。

  

ので、 昨日は 日本橋界隈巡りでした。

  

が、その話は長くなりそうなので、

また今度。

制作が一段落したからには

行きたいトコロ・見たいモノが 山盛りあって

ブログ更新なんかしている場合じゃないのでした。

スミマセン。

  

今日は、

半年ぶりに美容院に行きました。

可哀そうな私は 貧乏暇なしゆえ 

半年に1回しか 美容院に行けません。

  

   

本当の貧乏は、暇がありすぎるとも聞きましたが・・・。

仕事がなく、暇している知人に そう言われ、

(妻子持ち、50代男性)

返す言葉がありませんでした・・・。

(っていうか、暇があるなら 愚痴って呑んだくれて

 ないで、本気で仕事取って来いよ!)

  

  

度々、話がそれて失礼。

 

美容室の話です。。。

   

  

  

Img_2441

我が家から車で3分。

行きつけの LOGOS、美容室。

  

Img_2439

高台にあって、眺めも良く

気持ちの良い店内。

疲れた心身を 癒しに来る場所でもあります。

  

そして、思いがけずいただいたプチプレゼントは、、、

Img_2442

ロゴスオリジナル シャンプーとトリートメントのセット。

  

一瞬、

 “へっ?誰のお誕生月ですか?”

って、思ってしまいました。

美容師さん達から 口ぐちに 

「おめでとうございます!」

と 言って頂き、

“いや~、めでたくもありませんけど・・・”

なんて言わず、素直に

「わ~い!ありがとうござます!嬉しいです!」

  

  

そして、頭皮マッサージなんぞもしていただいたら・・・

気持ち良すぎ・・・

眠ってしまった・・・

  

極楽な 40プラス○歳・・・

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

 ちょっと、フラフラしすぎた。

 徹夜で 梱包しなきゃ~~~!!!

  

 明日、搬入です。。。

      

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

2011年9月 3日 (土)

スバカマナ

  

Img_2400

昨日は、東日本ガス陶芸教室でした。

  

会社の意向で 東日本ガス陶芸スタジオ なんつー名称に

一瞬 変更になりましたが、

なんだかな・・・

って事で、また 東日本ガス陶芸教室 に舞い戻った

東日本ガス陶芸教室 です。

  

と、一応連呼して 宣伝しておいて・・・ と、

  

Img_2398

Kさん、相変わらず ロクロにて量産入ってます。

  

Img_2402

ぐい呑み です。

Kさんは 利き酒の会 なんて 素敵な会を

催されていらっしゃるので そこで使われるのかしら?

  

私も日本酒が呑めれば楽しみが増えましょう、、、

と思いつつ、

お米のお酒は 合わないみたい。

訓練しようかと 試みましたが ダメなモノはダメなんで

ダメなんでしょう。

  

  

んで、

昨日もランチは 午前中のお教室の方達と

Img_2412

カレー。

湖北のお教室の すぐ近く。

インド・ネパール料理 “スバカマナ”

  

この度は 私は胃に優しいかと思い、

ダルカレー。

ダル(ひよこ豆でしたっけ?)がたっぷり入ったカレーです。

2辛にしたのに

お豆の甘味があって 思ったほど辛く感じません。

美味いです!

  

Img_2403

ナンを焼いてるインド人のお兄さん。

ネパールの方かな・・・ ワカリマセン。ゴメンナサイ。

  

Img_2405

注文してから ペタペタペッタン して焼いてます。

  

   

Img_2407

皆で ナン。

 

Img_2408

ナン。

  

  

Img_2411

インド・ネパールのビールも

いろいろ取り揃えられているのに、

ここに来る時 私はいつも車。

か、陶芸教室の最中。

まさか ビールの匂いプンプンさせて

午後のお教室の方々の前に講師面さげて

現われるワケにも いかないから

我慢です。エライです。

  

  

家の工房にこもって ひとり ウツウツとしていても

どん底に落ちて行くだけで いい事なし。

  

陶芸教室で 皆さんと会う事で気分が晴れます。

プワ~~~ッ  とした気持ちです。

  

  

そんな プワ~~~ッ な気分で ホケホケしていたら、

夕方、教室に 社長が突然現われて・・・

  

イヤ、めったにない事なので・・・ 

超!!! びっくり!!!

ド 緊張!!!

  

  

やっぱ、 

プワ~ッ の ホケ~ は、ヤバッ ですね。

 

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

 ア~ラ!社長さ~ん!

 お久しぶり~! 

 なかなか お顔見せて くださらないんですもーんん。

 たまには ウチんとこ にも来てくださらないと

 寂しゅうございますわ~~~heart02

  

 ぐらい の事 言っときゃ 良かった。

    

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

  

  

 

  

2011年9月 2日 (金)

金液

   

Img_2394

金液 にて 金彩。

↑ 金液グッズです。

  

Img_2391

壁掛け用の花器。 掛け花です。

  

Img_2392

この ↑ 茶色の部分が 焼き付けると金になります。

ピカピカはイヤなんで、マット金です。

  

  

Img_2393

これも 掛け花。

  

  

Img_2395

Img_2397

ポットです。

ピカピカ部分は、白金マットです。

  

杉沼さん、お金持ちですね。

オホホ。

白金のジュエリーは 持っておりませんが・・・

自分には お金かけていませんが

こういうトコロにかけてるんでザーマス。

   

  

が、しかし、

ここの部分に こうして金彩を施す事は

作品の出来上がりをより良くするための効果が

あるんだろうか?

私は 意味のない事をしているんじゃないだろか?

  

  

いや、それ以前に、

私が器を こんなに必死で作り続ける事に

いったい なんの意味があるんだろうか?

  

なんて・・・

今、

かなり ダウンdowndowndown

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

      

  今日も 眠い。

  むし あづいし。。。

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

2011年9月 1日 (木)

上絵ちょんちょん

   

Img_2389

上絵付け やってます。

  

って、上絵付けに根性入れている方には 申し訳ないクライの

もんです。

玉薬を ちょんちょんっと 乗せるクライのもんです。

  

そんなんでも・・・  寝てません。

  

  

Img_2380  

上絵付け・玉薬ちょんちょん です。

  

Img_2381

“きりん”にも ちょんちょん です。

  

  

地獄の夏休み、8月が終わり、

地獄の 9月が 始まりました。

  

この世に 極楽は あるんでしょうか?

    

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます wineheart04

  

 たぶん、ちゃんと 眠れば 思考回路が

 まともになると 思います。。。。。 たぶん。。。

    

  

7日(水)・8日(木)・10日(土)・11日(日)・13日(火)

各日 11時~17時 杉沼 会場にオリマス。

Img036_convert_20110820174540

      杉沼里美 陶芸展

 9月7日(水)~9月13日(火) 《最終日16時終了》

   伊勢丹松戸店 本館9階 ギャラリー

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »