« 掻き落とし | トップページ | 国際陶芸シンポジウム »

2011年9月18日 (日)

サバティーニ・ディ・フィレンツェ

  

たいへんな こっちゃ。

  

先週の木曜日、

個展、お疲れ様会と称して・・・

  

私のハートを射止める事は出来ないけれど、

いつも 私の作品を射止めて下さっている

お客様から ご招待されて

銀座でランチ。

  

ふんふん。銀座ね。 私、久しぶりね。

天気はカンカンだけど、

銀座でランチ、良いわね。

ランチだし、気兼ねなく、気楽に 出掛けました。

  

とても 気を使って下さる方で、

私が 日本酒はダメだけどビールとワインは大丈夫という

事も 理解してくださっている方で、

  

「シャンパンが、良いですね。

 イタリアンかフレンチにしましょうか?」

  

「じゃ、たまには フレンチ。」

と、言ってみたら、

  

「いや、イタリアンにしましょう。」

  

ガクッ。

いえ、イタリアンで大いによろしいのです。

だったら始めから聞くなよ。

いや、お伺い立てて下さらなくって よろしくってよ。

  

Img_2569

ウワッ!

すごく素敵なトコロです。

Img_2575

数寄屋橋交差点の上を走る首都高が見下ろせます。

若かりし頃は、恐いモノ知らずだったのね、

首都高もヒュンヒュン飛ばして、車線変更なんかも

ヘ~ッチャラで、チャラチャラ運転しておりましたが

今は駄目です。 絶対駄目です。

車線変更なんかしようもんなら 首都高の真ん中で

止まってしまうかもしれません。 

こっ恐!

世のため人のためにも、こんなオバサンは、

都内の運転は やめましょう。

  

で、ここは何処ですか?

私は何処に連れて来られたのですか?

Img_2596

サバティーニ・ディ・フィレンツェ  です・・・

銀座は フィレンツェ なんだそうです。

  

そう。先々月だったかは、青山の

サバティーニ・ディ・ローマ に行きましたね。

どちらが美味しいか、食べ比べてあげましょう。

  

イヤな女ですね。

本当に 感じの悪い女ですね。

  

たしかに、私だったら、私のような女はキライです。

  

しかし、まさか、こんなトコロとはつゆ知らず、

この日の私はジーンズです。

  

  

Img_2571

  

まずは シャンパンで、

「お疲れ様でした。良く頑張りましたね。」

と、言っていただき、

えっ?! 私、何を頑張ったっけ?

  

あっ、個展ですね。

スミマセン。恐縮です。

私なんか、全然頑張ってない方です。

私の100万倍頑張っている方はゴマンとおられるでしょうに

私なんかに “良く頑張りましたね” だなんて、

申し訳なくて、恥ずかしくて

逆に “もっと頑張れよ。” と、言われている気持ちです。

  

私は、謙虚で、控えめな女ではないので、

本当にそう思うのです。

私が たいして頑張ってない事は、

自分自身が一番よく分かっています。

他人はごまかせても、自分をごまかす事は出来ません。

  

Img_2572

前菜の皿の下に置かれている皿、、、の事

なんて言うんだっけね?

  

この絵付け。はたして 良いんだか 安っぽいんだか

サバティーニに来てまで 皿に いちゃもん付ける気も

ございませんが、

高級そうに見せている店内で、高級そうに

鎮座ましている皿だから、きっと良い絵付けなんでしょう。

 

なんだかな・・・

そう言う私は、

この日、ユニクロのジーンズです。

    

  

Img_2573

知人が注文された前菜。

恐れ入りました。

この山盛り生ハム。

ケチってないね。

もう、これだけで 充分です。

ご馳走サマでした、、、っと、逃げ帰りたい気持ちです。

  

Img_2574

私の前菜。

生ハムの下には メロンです。

右手前のアスパラガスに卵乗せを

ミモザのサラダと称しておりました。

  

「へっ?ミモザのサラダって 何ですか?

 ミモザって食べられるんですか?」

と、聞いてしまいました。

  

美味しいです。とても美味しいです。

もう、品がなくっても構いません。

ムシャムシャといただきました。

  

所詮、今日の私は ユニクロのジーンズです。

  

  

Img_2577

細目のパスタ。

アサリのトマトソースってとこでしょうか。

ケッパー が利いています。

 

「美味しい!美味しい!美味しい!」

と、

これも ムシャムシャいただきました。

  

Img_2581

メインは 私は ラムの炭火焼きを選択しました。

  

ラッラムって こんなに美味かったかしら!

柔らかくって、油も調度良く落ちていて、

炭火とラムの香りが混ぜ合わされ クラ~っときます。

  

Img_2584

赤ワインは グラスでいただきました。

ソムリエの方が ラム肉に合うモノを選んでくださいました。

  

Img_2586

デザートの前に チーズを頼みました。

トレーで 運ばれて来たものの中から

好きなだけ選べます。

少しづつで良いから、と、4種類選択しました。

シェーブルや、ブルーなど、クセのある香りが好きです。

左の クレソンの下の白いカッテージチーズに見えるモノは、

ブルーチーズとマスカルポーネをブレンドしたもので、

ほんのり見えるかしら?水たまり状になっている

ものは ハチミツで、これに付けていただきます。

ブルーチーズの香りとマスカルポーネのまろやかさが

絶妙で、さらに、このハチミツの濃く香りの良いコト!

たぶん、ハチミツも上質ですね。

  

ここまでいただいて、

味と素材をごまかしていないトコロは最高級と言って

良いでしょう。

参りました。

もう、自分がユニクロのジーンズだという事は

どうでも良くなりました。

クラクラです。

  

   

Img_2587

デザートのトレイが運ばれて来ました。

最近、すっかりオヤジ化してきた私は、

デザート別腹って事がなくなってきたのですが、

これは、ワクワクしますね。

乙女心をくすぐります。 

オバサン心かっ・・・

Img_2588

基本、2種類、選べます。

ご希望でしたら 何種類でも。

いや、目では アレモコレモ いただきたいけれど、

私の胃袋は、2種類以上を欲していないようです。

  

Img_2589

知人が選んだのは、

カボチャのプリンと苺のミルフィーユ。

おソースでの絵付け、ウキャ!可愛い!

「オッ!描いているトコ、見逃した!」

と、申しましたら、

給仕の方、

「いや、それほどのモノじゃありません。」

だと。

  

Img_2590

私は、あっさりと、

フルーツのコンポートと ブルーベリーのシフォンケーキ。

  

もう入らない!と言いつつ ペロリといただきました。

  

Img_2593

ウワッ!極め付けは、ハートのカプチーノですかっ!

  

これで、私のハートが射止められると思ったら

大間違いよっ。

  

しかし、美味しいモノを目の前にすると 緊張感が

なくなり、目が乱乱とする自分を再確認いたしました。

  

大満足です。

これで文句を付けたら 地獄に落とされるでしょう。

もう、1週間位 何も食べずとも生きて行けそうです。

  

  

そんな舌の根も乾かぬうちに 実は、今日も・・・

今日のご馳走話は また後日。。。

  

Img_2597

銀座の緑も馬鹿に出来ない。

空を仰ぎ、

カンカン照りだけど、秋の風。

シャンパンとワインで 火照った 体に

秋の風が心地良い。。。

  

ご馳走様でした。

これで、個展の疲れが 吹っ飛んだ・・・ かな~???

  

   

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとうございます 

Img_2627

オマケ。

連れの知人が、冗談で、

「ワインのラベルが綺麗だから、はがして頂戴!」

と、言ったら、 ↑ こんなふうに

シール状になったモノをサービスで下さいました!

知人と2人、ヒャ~!っとのけ反り!!!

やるね!サバティーニ!

 

  

  

« 掻き落とし | トップページ | 国際陶芸シンポジウム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 掻き落とし | トップページ | 国際陶芸シンポジウム »