« 窯焚き禁止令解除 | トップページ | 多治見へ・・・ »

2011年9月23日 (金)

陳列館にて

  

Img_2666

東京藝術大学にて行われている

“国際陶芸シンポジウム” にて・・・

  

各国陶芸の教員による デモンストレーションを見学

した後は・・・

  

Img_2668

校内に在る 陳列館にて

シンポジウム参加国・大学の教員と学生による

作品展を拝見・・・

  

   

Img_2671

陳列館2階展示室。

自然光が綺麗です。

  

  

初めに断っておきますが、

これからアップする作品写真の数々は、全て

陶芸作品であることを申し上げておきます。

 

  

Img_2672

赤いブーツ。履き口の所が ワニの顔になっています。

陶芸作品です。

  

  

Img_2673

「やあ・・・!」

Img_2674

何を想い、考え、ここに座っておられるのでしょうか?

  

陶芸作品です。

  

  

Img_2675

「やあ・・・!」

  

我が家のじゃじゃ馬は、皆に挨拶して回っていました。

面白い。

  

Img_2676

しつこいようですが、陶芸作品です。

  

ほ~・・・

でも、 でもって、何が でも なんだかは、置いといて、

完成度は高く、表現したい事、目指す方向性は 

理解出来ますから、

下手な器よりは好きです。

  

しかし、、、陶芸作品として作る意味は???

  

Img_2682

“BABY” と、作品名が付けられていました。

う~~~ん。。。

 

    

Img_2684

まっ、

じゃじゃ馬は 楽しんでいたので、良かったのでしょう。

  

  

Img_2688

「おまえ のようだな。」

  

と、夫は言います。

ハイ。言われると思いました。

反論はしません。

  

我が夫だけではなく、

そのように感じる 世の中の夫君は少なくないでしょう。

  

このような妻が存在する事で、

世の中の平和は保たれているのかもしれません。

  

  

Img_2689

「これは、頭が大根だね。」

  

と、我が家のじゃじゃ馬は言いました。

面白い。

作品が、、、じゃなくって 我が家のじゃじゃ馬が。

  

  

器の形態をとったモノ、

伝統的工芸品が 陶芸の王道とは思っていませんが

私は、保守的ではないつもりですが・・・

 

彫刻作品に近い、

質の高い 陶オブジェ作品も知っていますが・・・ 

    

 

あの、、、

眠いので、、、

この度の 

国際陶芸シンポジウムの作品展の感想は、、、

パス。

  

  

人気ブログランキングへ ←←← いつも クリック ありがとう ございます 

   

明日から 多治見 に行きます。

“国際陶磁器フェスティバル美濃”

です。

国際づいて いますな。。。

  

ので、多治見の報告は、月曜日! 

« 窯焚き禁止令解除 | トップページ | 多治見へ・・・ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 窯焚き禁止令解除 | トップページ | 多治見へ・・・ »