« 泡盛は、やめときました。 | トップページ | 黒い宝石 »

2011年12月 8日 (木)

口作り

  

Img_3419

おちょぼ口のこの子を、

  ↓

  ↓

  ↓

Img_3464

Img_3463

こんなふうに してみました。

  

  

 

Img_3418

妙な曲線美、、、美しくもないから

なんじゃ このライン。

  ↓

  ↓

  ↓

Img_3466

Img_3467

こう したかったんです。

おちょぼ口に対抗して、

“んがっっっ” と開いた口になりました。

  

  

Img_3471

これを、、、

  ↓

Img_3472

こうして、、、

  ↓

Img_3474

板から ソロリとはがし、、、

  ↓

Img_3475

本体に 貼り付けます。

泥しょう じゃなく、水で大丈夫です。

ただ、器本体が 十分湿り気を保った状態である事と、

とにかく 板上で模様を切り出し

本体に貼り付けるまでの作業をスピーディに行う事です。

  

この作業中のピンポンと電話は 全て しかと(無視)です。

  

  

Img_3469

Img_3470

ただ、貼り付けただけでは

野暮ったいので、小さいカンナ、剣先等で

貼り付けた “つた模様”のラインを

削りながら整えていきます。

  

この削り整え作業だけで

1壺、丸1日かかります。

  

細かい作業にどんなに時間がかかっても

苦痛を感じる事は全くなく、

むしろ 細かくなればなるほど楽しくて

今日、1日上機嫌状態になるけれど

  

その楽しさが はたして作品の仕上がりに

功を奏するかは別として、

  

この仕事は仕事ではなく

自己満足の趣味かな・・・と。

   

夫にも言われてます。

「恥ずかしいから、“私はプロの陶芸家です。”

 なんて、言うもんじゃないぞ!」

だと。

  

ハイ。おっしゃる通りです。

  

あの夫と、このワタクシが、そう思ってんのに

あいつ、じゃなくって あの方、

“私はプロです!” なんて

よくも自身ありげな態度出来るよな~・・・

  

っと、話が またイヤな方向に外れそうになったので

趣味の陶芸制作に戻ります。

  

   

  人気ブログランキングへ←←←←←spa

美しい(?)私が

キチャナイ話で 申し訳ありませんが、

気がついてみたら

3日間も 洗髪していなかったな・・・

どうりで 髪が いい感じで しっとり している

わけだ・・・

  

と、朝シャンもかったるいので

めずらしく朝風呂したら・・・・・ さぶいpenguin

  

« 泡盛は、やめときました。 | トップページ | 黒い宝石 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泡盛は、やめときました。 | トップページ | 黒い宝石 »