« ちょっとダウン | トップページ | あーーーショック »

2012年2月 9日 (木)

色化粧泥彩

  

皆サマ ご心配おかけしました。

コメ&メールいただき ありがとうございます。

  

まだノドの奥がカサカサしていますが、

ほぼ復活したと言ってよいでしょう。

  

快復早っ!ですね。

ヘロヘロで弱気になっていた昨日がウソのようです。

  

フジフォローとパブロンエースでなんとかなりました。

富士薬品サマ 大正製薬サマ お世話になりました。

  

この回復力は、なんといっても皆様の愛。

っと、衰えない食欲でしょう。

昨日は、あんなにヘロヘロだったのに 食い意地だけは

残っていて、どうしてこんなにお腹が減るのだろう・・・

と不思議・・・というより恐いくらい。

なにかの予兆か・・・?

  

晩御飯は、豚の生姜焼きとフライドガーリックを

これでもかっちゅう位ちらしたサラダ、

根彩類をたっぷり放り込んだお味噌汁を

作ってしっかり食べちゃいました。

  

がつがつ食べながら、

「これは病人食じゃないな・・・。」

  

と、思いつつ・・・ だって、私に病人食を作ってくれる人なんて

いないんだもん。。。

こういう時、旦那いらないから、優しい奥さん欲しい、、、と

マジ思います。

  

とにかく

食欲というのは、エネルギーの根源でしょう。

私、まだ 大丈夫そうです。

早くくたばれ、、、と、思ってらした方、スミマセンね~。。。プン!

  

  

と、いうわけで、お礼の意味も込めまして

最新作の四角鉢の紋様付けのご紹介です。

  

Img_3922

Img_3923

直径36㎝にロクロ成形した鉢を 大胆にカットし、

一辺24㎝の四角鉢にします。

もったいないと思ってチビッとしかカットしないと

中途半端な四角になり、、、それはそれで やわらかいカーブ

で良いのかもしれませんが、私は煮え切らない中途半端さを

感じて嫌なので 思いきってカットしてしまいます。

  

嫌な奴もバッサバッサと切り捨てる・・・ 事が意外と

出来ない私です。

  

そんな話しじゃなくって・・・

  

Img_3955

Img_3956

Img_3959

色化粧泥模様付けマスキンググッズです。

  

ビニールテープをカッター台に貼り、2ミリ位の細さに

カットしたものを生生地(なまきじ)にマスキングします。

紙タイプのマスキングテープだと伸縮性がないので

カーブにうまく沿わない、、、と、やはり2ミリ幅位が

立体曲面に、よれる事なく貼り付いてくれます。

  

ペン型のカッターナイフやコンパスもあると 曲線模様を

切りぬく時に便利です。

  

  

Img_3958

Img_3961

マヨネーズ位の柔らかさの泥しょうをマスキングの内側に

平筆で置くように塗ります。

これだけの厚盛りだと、化粧土では やはりくい付きがよくない

ので生地と同じ収縮率の土に練り込み用顔料を入れたもので

施します。

泥しょうのテカリが引き、ほどよく乾いたトコロで

さらにマスキングテープをし、泥しょうを塗り重ねていきます。

  

この、ほどよく乾いたトコロというのがなんともブログだけでは

お伝えしきれないトコロです。

とにかく乾燥注意、常にしっとりさせながらスピーディーに

行います。

  

この時ばかりは、我が家の怪獣達も私に話しかける事はありません。

よく訓練されている怪獣達です。

  

  

Img_3962

↓↓↓

Img_3964

  

  

Img_3963

↓↓↓

Img_3966

  

マスキングテープをはがすタイミングが遅れると

特に細かい模様はテープといっしょに剥がれてしまいます。

テカリが引いたらなるべく早くはがします。

また、早すぎてもラインの きわがグズグズになってしまって

いけません。

ここでもほど良い乾燥状態の見極めが大事です。

  

Img_3967

最近、画材屋さんで見つけた ほっそい平筆。

幅4ミリです。

細かい部分には最適です。

  

Img_3968

んで、

さらに マスキングテープです。

  

もう、ここまでやらんでも いいんちゃうか?

ってトコでしょうが、私はやりたいのです。

絶対やりたいのです。

細かい仕事は苦痛ではなく むしろ快楽なんです。

  

最近は、私の作品の細かさに

あーだこーだ言う人がいなくなりました。

とにかく、やりきる事ですかね。

  

いや、やりゃあいいってもんじゃなく、

作品の出来の良さが前提の話しです。

  

もっとも難しいのは、こんなに細かい模様付けではなく、

形作り、器のフォルムでしょう。

  

Img_3977

  

さて、仕上がりはいかがなものか?

  

  

また改めて もっと分かりやすく詳細ご紹介いたしますね。

  

  

←←←←←heart04

   

こんな仕事をしている母を見て

我が家の怪獣君は、

「お母さん、作品作っている時 楽しそうだね。」

だと。

ただJ-WAVE(ラジオ)を聞きながら

もくもくと作品に向かっているだけなんですけどね。

  

楽しそう・・・ は大事ですね。

作品にも現われるような気もします。

  

子供は、こちらが思うよりも よーく親を見ていますね。

子供の見本になるような親になんてなれないし、

なる気もないし、

ただ好きな事をして、好きな事意外は手抜きをして

いいかげんに生活している親です。。。

  

  

  

« ちょっとダウン | トップページ | あーーーショック »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

かにちゃんサマ
  
うっっ・・・
ブログでは強気な発言をかましている私ですが
実は
超人見知りの小心者の緊張しいの人間なので
徳島での個展、緊張して来ました。。。
逃げ出してしまいたい気持ちです(冷汗)
  
気にかけていただき感謝しております。
  
関係ありませんが、、、
昨日、北海道から蟹が送られて来ました。
蟹ちゃん大好き!ですheart04

「お母さん、作品作っている時 楽しそうだね。」最高の褒め言葉だと思います cancer

ここまでやらんでも いいんちゃうか?のこだわりの作品 徳島の個展でぜひ拝見したいものです。

秋が待ちどうしいです 力作(^-^)楽しみにしていますheart02

風邪よくなられてほっとしました、インフルエンザの気合負けですね~run

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっとダウン | トップページ | あーーーショック »