« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の20件の記事

2012年3月30日 (金)

焦ってはいます・・・

 

取材やら、、、、

  

ま、取材は よいとして、

北海道なんぞに行っていたもんだから

ご注文いただいた作品の仕上がりが遅れています。

  

ごめんなさい。

焦ってはいます・・・。

  

  

Img_4584

制作してはいます・・・。

   

旅に出かけている間、乾いてしまってはいけない

途中の作品たちは、

  

Img_4583

発砲スチロールの箱に入れ、

さらに濡らした新聞紙をかけて保存して置きました。

保存状態は完璧です。

こうしておくと、調度良い具合に湿度を保っていてくれます。

  

  

うまくすると、1ヶ月は保てます。

さすがに1ヶ月間、制作をしない事はありませんが

加飾の事を考えずに どんどんロクロを挽いてしまった時など

加飾が追い付かずにこの箱の中で長い時間

放置されている作品達もいます。

  

私の加飾作業は 全て生(なま)の時なので

乾燥には ものすっごく神経使っているかもしれません。

  

  

Img_4581

よって、我が家には あちらこちらから集めてきた

発泡スチロールの箱が積み上げられ、

あちらこちらに散乱しております。

  

  

そろそろ桜が咲くので

ますます仕事に身が入らなくなりましょう。。。

  

  

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

2012年3月29日 (木)

モエレ沼公園

  

Img_4494

北海道最終日はお天気に恵まれました。

  

Img_4493

ホテルからの景色です。

  

  

Img_4438

ちなみにホテルはトコ夏をイメージしたリゾートホテル。

ホテル内には遊園地仕様な室内プールとスパなんぞも

備えられ、

なんで ここまで来て トコ夏かね、、、プールかね、、、

っつー気もしますが・・・

  

Img_4439

子供達は大喜びでしたし

たまには親らしく、私の好み優先でなくてもいーかっ。

  

お姫様気分にもなれる素敵なホテルだったので

私好みでもあるかっ。

  

  

  

Img_4495

そして、、、

ホテルを後にし

モエレ沼公園に行ったのでした。

  

Img_4497

この公園の基本設計は イサムノグチです。

  

札幌が世界に誇るアートパーク、

公園全体がひとつの彫刻だという。

  

Img_4498

  

残念だったのは、本来は この季節に来るべき所では

なかったのかもしれない、、、という。。。

  

このガラスのピラミッドにしか滞在できませんでした。

  

Img_4499

しかし、ピラミッド内のアトリウムは 実に気持ちの良い

空間でした。

  

私達夫婦は イサムノグチ好きかもしれません。

香川県は高松の庭園美術館にも行きました。

 

 

Img_4500_2

イサムノグチ デザインの この照明は

有名ですね。

  

  

Img_4501

空間を彫刻するという、そして、そこには必ず日本人の

スピリッツが感じられる そのコンセプトが好きなのだと

思います。

  

Img_4502

  

Img_4503

夏に来るべきでしたね~。。。

  

めったに来れないトコロだけに残念です。。。

  

必ず、近いうちに違う季節に再度訪れて、

このイサムノグチが設計を手掛けた公園を

堪能したいと思います。

  

  

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

  

  

  

  

  

 

旭山動物園へ

  

そして、

北海道での一番の目的地・・・

  

Img_4442

旭山動物園へ行ったのでした。

  

Img_4452

なんと、旭山動物園号です。

  

札幌から、こんな子供だましチックな、、、じゃなくって

可愛らしい列車が走っているとは知りませんでした。

  

Img_4481_ed_convert_20120329124438

こんな座席や・・・

  

Img_4447_ed_convert_20120329135429

こんな座席が あるのです。

  

なんとも、学園祭か どこぞのさびれた遊園地のような

ノリですが、旭山動物園に向けて、気分は上がります。

ほぼ100%子供連れの乗客達は皆、盛り上がっていました。

  

  

しかし、ほんま、

北海道は広いのですね。

札幌から気軽にヒョイッっと旭川まで行けてしまうのかと思っていましたが

遠い・・・遠い・・・

移動時間だけで1日が終わってしまいそうです。

  

  

Img_4457

動物園は吹雪いていました。

百獣の王、ライオンも置き物のように固まっていました。

ライオンとしては、こんな吹雪の中、見せ物としてさらされて

いい迷惑でしょう。

  

しかし、たしかに動物を上手く見せる工夫があちらこちらに

されています。

ライオンをこんな至近距離でマジマジと見らることは、

上野動物園ではないかもしれません。

ライオンの眼球は水晶のように美しかったのです。

  

  

Img_4454

ペンギンの散歩が始まりました。

吹雪の中、ペンギンが登場するのを

30分以上、人間も頑張って待ちました。

  

しかも、ペンギンが驚くので傘をささないでください。

と、言われました。

人間の頭にも雪が積もります。

  

Img_4455

ペンギンのヨチヨチ歩きは可愛らしくて可愛らしくって可愛らしくて

さすがの私もはしゃぎました。

  

  

こんな雪の中でも 園内は激混みでした。

レストラン、売店には人があふれ、身動きがとれない

ほどでした。

春休みとはいえ、恐るべし旭山動物園。

  

  

Img_4465

Img_4463

白くまの見せ方も工夫されています。

  

Img_4467

Img_4468

雪の中でゴロゴロする 白くま。

雪が お好きなんですね。

  

ペンギンも、白くまも、

北の国の動物達は、雪の中で活き活きとしてるように

見えました。

  

Img_4471_ed

 

話題になりましね。

アザラシのトンネルです。

  

このアザラシのボヨヨンのお腹、シルエット、

どこかの誰かを思わせます。

  

  

さて、午後、雪はおさまってきましたが

なにしろ札幌までの長い道のりを考えると

タイムリミット。

きりんとダチョウまでたどり着く事が出来ず、

後ろ髪引かれつつ、

旭山動物園を後にしたのでした。

  

 

北海道は、広過ぎます。

  

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

 

  

  

  

2012年3月28日 (水)

北の国へ

  

ただいま。

千葉に戻りました。

  

  

まだ体が揺れています。

  

飛行機で一気に飛んでしまえば1時間30分、

ウトウトしていれば あっという間に雪の世界ですが、

北斗星、寝台特急だと16時間30分、

北海道が遠いって事が分かりました。

  

  

Img_4429

25日日曜日早朝。

羽田は旅立ちにふさわしい良い天気なのに、

千歳空港は吹雪で着陸出来ないかも、

着陸出来ない場合は羽田に引き返す事になる可能性も

ありますので、ご了承ください。

   

と、いきなり脅され、出発も1時間程遅れましたが

さほど揺れる事もなく、ガツンッッ と、強い衝撃と共に

ハッ と目覚めた時、そこは雪で真白な世界でした。

  

こんなふうに脅される事は、北に行く時はよくある事なのでしょうか?

  

  

にしても、私は 飛行機の離陸と着陸の気圧の変化が

苦手です。

速攻寝て、機内では意識をなくす事にしています。

  

  

Img_4433

  

さぶそう。。。

  

Img_4449

  

こんな吹雪と雪の世界を目にしたのは生まれて初めて・・・

かと思ったけど

学生の頃、2度ばかし長野のスキー場に行きましたっけ。

  

  

私の両親は山形出身ですが、

雪が大嫌いな母は山形を脱出したくて東京に上京したワケで、

ので、

山形の両親の実家に行く時は幼い頃は必ず夏。

冬の東北を知りません。

  

  

Img_4462

念願の北海道。

あえて、雪の季節に来たかったのです。

  

  

  

Img_4435

着いて いきなりサッポロクラッシックビールです。

  

この後、数日間、サッポロビールに浸る事になるのでした。

  

  

Img_4436

  

札幌に、ラーメン店は山ほどありますからね、

  

美味しいラーメン屋さんは何処ですか?

という質問のしかたは間違っているそうです。

醤油、塩、みそ、 あっさり系、こってり系、

自分の食べたい味を言い、質問しなければならないそうです。

  

美味しい・・・という言葉は、たしかに抽象的あいまい表現で

漠然としすぎていますね。

 

  

Img_4437

塩味、あっさり系が食べたくて

ここのラーメン屋さんに入りましたが

函館ラーメンでしたね。

  

いきなり間違えました。

  

しかし、やばいと思いつつ汁を全て飲みほしてしまうほど

美味しゅうございました。

  

  

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

    

体が揺れているので

今日は この辺までで。

  

これから 釉薬掛け、窯焚きという現実です。

  

  

2012年3月27日 (火)

北斗星にて

北斗星にて
札幌発→上野行き、北斗星にて帰宅途中で〜す。
携帯更新苦手なので、帰ったら じっくり北海道報告いたしますね o(^-^)o


私は、飛行機でピュワ〜ンと帰りたいところですが、夫と長男の念願の夜行列車のため チンタラ帰ることにします。

2012年3月25日 (日)

かぼちゃ?ゆず?

  

久しぶりに芝柏の新作ご紹介。

芝浦工業大学柏中学高校内の

公開陶芸講座です。

  

Img_4415

N原さん、

お野菜等々を石膏で型どりしての制作に凝っています。

  

Img_4416

へ~!!!

どうやったの?どうやったの?

と、教えていただくのは私の方です。

  

Img_4420

ゆず。

使用するお野菜は、新鮮なモノより しなびてしわしわになった

モノの方が面白く型どり出来るのだそうです。

  

  

Img_4417_2

チョイスするモチーフのセンスが良いですね。

  

今は、ご自宅でパプリカを型どりしている最中だそうです。

  

  

Img_4418

色合わせの良さもご自分の中にお持ちの感覚の良さでしょうね。

  

この感覚というやつばかりは 他人から教えてもらうわけには

いかず、もともと持っている能力に加えて

経験してきた量や環境にもよるのでしょうか?

  

しかし、同じものを見て経験しても

目の付けどころが違う、見ているはずなのに見えていない

方もおられますし、

多くの経験を積んでもそれが良い結果に・・・

良い作品を産み出す事に必ずしも繋がるのではなさそうなので

やはり持って生まれた才能には敵わないのでしょうか?

  

努力によって補う事が出来るのであれば

人一倍努力もしますが

こりゃ、敵わないなああああああああああああああ・・・

と、お手上げ状態、天を仰ぐ事も多々あります。

私の事です。

貴方様の事ではありません。

  

自分の感覚の悪さにガックリ、、、落ち込む昨今。

努力が報われないのか、

無駄な努力をしているのか、

努力が足りないのか、、、

努力の内に入らないのか、、、

  

  

Img_4419

りんご!

可愛らしいですね~!

お孫ちゃんもいらっしゃるオッサンの作品とは思えませんね~。。。

  

N原さん、いつも口の悪い先生でスミマセン・・・

この毒舌は治りません。

愛はあるので許してください。

  

  

  

Img_4422

Mさん新作。

  

Img_4424

どこかで見た事があるような ないような・・・

  

Img_4425

我が夫もビックリ!

  

「へえええええええ! ここまで出来る人いるんだあー!」

  

 

Img_4426

こんな細かい仕事、よくやるな~・・・

と、人様の仕事には感心してしまいます。

  

Mさんと意見が一致したことは、

“どんなに細かい仕事でも、苦痛じゃないんだよね!

 楽しくて仕方ないんだよね!”

  

だよね!だよね!

  

  

講師冥利につきます。

なんとなく、いつも自分の作品に自信がなく、

これだ良いのだろうか???

と、疑問と不安を抱えながら突き進んでいるような所が

あるので、私の作風を認めてくださっているように思い

嬉しいのです。

  

  

いつもいつも、

応援してくださり、

助けてくださり、

ありがとうございます。。。

  

  

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

   

さて、明日から4日間、北海道に旅立ちます。

ブログ、更新、帰宅後かも・・・

  

  

2012年3月22日 (木)

久しぶりの取材

 

Img_4405

 

今日は、陶工房という雑誌の取材でした。

 

 

Img_4403_2

メインは、

この皿の作り方です。

 

Img_4407

 

カメラは、

彩女会の案内状でもお世話になっております、

東京藝大の後輩、ご自身も陶芸家でもある

野田耕一君です。。。

  


  

Img_4409

 

私の作品も 数点、紹介していただきます。

 

 

Img_4411

 

 

 

色化粧泥彩の文様の技法紹介のために

工程を詳しく披露しています。

1枚の皿が仕上がるまでの取材のために

工程経過の撮影を順調に運ぶべく

9枚の皿を準備しました。

お料理番組の収録ように 途中経過の作品を

9枚用意しておいたという事です。

 

 

私、多少、取材経験がある事と、

こういう事は 何よりも要領が大切。

無駄な手間は、お互いはぶきたいですもんね。

 

 

このためだけではありませんが、

昨晩は寝不足です。

 

寝不足は、いつもの事ですが

私のインタビュー記事と苦手な顔写真も載せていただきます。

 

ブーな顔がますますブーに写りました。

 

 

作品は、どんどん撮影していただきたいのですが、

自身を撮られるのは どうしても苦手です。

 

 

良い記事にしていただけましょう。

 

5月の陶工房に掲載されます。

発売されましたら またご紹介させていただきますね。

 

 

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

 

ので、

本日は早々に オヤスミナサイマセ。






今日は真面目に・・・

  

ハイ。

今日は真面目に仕事しました。

  

私の必死な形相に、

我が家のじゃじゃ馬共も

 

「おっお母さん、いっ忙しいんだね。

いーや、自分でするから・・・・・・・」

  

ハイ。

忙しいんです。

自分でやってください。

と、返事も出来ぬほど必死でした。

  

目はつり上がり、髪は乱れ、

鬼気迫る姿だったかもしれません・・・

  

  

  

Img_4402

↑こんなんやら、、、

  

  

Img_4401

↑こんなんやら、、、

  

Img_4403

↑こんなんを作っていました。。。

  

 

ひぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇえええ~

今日は早く寝ようと思ったのに、

1時に過ぎちゃう~

お肌ボロボロはイヤンッ!

  

今日のところは

これにて オヤスミナサイマセ。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

今日は、ビールも飲んでない。。。

2012年3月21日 (水)

惚れた?

  

それで、昨日も、、、

  

Img_4397

ひたすら

四角皿を、、、

  

Img_4399

制作していたのです。

  

Img_4395_2

一部は、素焼きも出来ました。

  

  

なして こんなに四角皿ばっか制作しているかは

また後日、告白することにして・・・

  

  

  

  

Img_4367

  

ロクロ仕事の時は、

形作る事に集中しているため

頭の中に余計な事を考える隙間がないのですが、

  

色化粧泥での加飾作業の時はいろんな想いが頭を巡ります。

  

たいていは、どーでもよい くだらん事ばかりですが

昨日は やはり 一日中、日本料理の事を考えていました。

  

  

Img_4370

   

橋本幹造氏が 男前だったから惚れてしまったワケでは

ありません。

私は、どちらかというと いい女に惚れる傾向にありますので。

キモイですか?

スミマセン。

  

いや、日本料理です。

橋本氏の料理に惚れたかもしれません。

  

料理人が真剣に向き合って出してくださった料理に対して、

やはり こちらも真剣にいただかねばなりません。

  

堅苦しさもなく、きさくで良い雰囲気を漂わせていらしたのも

料理の魅力にプラスされておりました。

  

料理も、

陶芸等等等の作品も 作り手の本質が顕著に現われるものだ

と、つくづく感じました。

  

装っていても

出来上がったモノを拝見、もしくは、いただけば 全てが見えて

しまいます。

  

分かったような事を言っていても、

自分自身の事となると さっぱり!全く!

見えていないのですがね・・・

そこが私の致命的な落とし穴でしょうね。

  

  

いろいろ食べ歩いて あーだこーだ申しておりますが

この “一凛” さんに惚れたからには

時間をかけて、浮気せずに 食べ尽くしてみようかな。

  

と、色化粧加飾しながら

グルグルと考えていた昨日。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

    

と、言いつつ 

浮気性な私・・・

  

気が多いのです。

春だし・・・

2012年3月20日 (火)

桃ときりんのデート?

  

Img_4358

まだ少し、吹く風は冷たいけれど

春ですね。

  

「観光バスルート、通ってみる?」

  

今日は、ここの前を車で通り抜け・・・

  

東京の中心を車で駆けぬけたのは 

ほんとうに久しぶり。

生まれ育ったこの街が やはり一番好きです。

このゴチャゴチャとした街に帰って来ると安心するのです。

  

Img_4388

青山。

ここ↑に伺いました。

  

Img_4361

貸切?!

Img_4362

素敵!

  

この時点で すでに私の目はハートです。

  

Img_4363

  

  

Img_4378

この お方の、お腰に付けたきび団子につられて

役立たずのきりんがお供した・・・ というより きりんがおねだりして

連れてきていただきました。。。

  

  

Img_4364

で、よもぎダンゴ。

あああああああああああ・・・春の香り。。。。。

  

Img_4365

衣は薄く、京風の揚げ方だそうです。

  

Img_4366

奥の天ぷらは、鯛が桜の葉に包まれています。

桜の葉を少しくずして、香りたたせてからいただきます。

桜の葉がうっすら塩漬けになっているので

このままでちょうど良いお味です。

  

Img_4367

このお店の メインですね。

豆皿10点盛り。

  

Img_4368

タメ息。。。

  

Img_4370

さて、

私なんかがご紹介するまでもありませんね。

“日本料理・一凛”の店主。橋本幹造氏。

TVで拝見するより うんと男前でしたよ!

ミーハーな言い方ですね。よい表現じゃないですね。

でも 本当です。

ドキドキときめきましたもん。

  

そう。

連れて来てくださった桃青窯殿

橋本氏の義父殿が 中学・高校の同級生との事。

  

  

Img_4371

お料理に合わせて選んでいただいた日本酒を少々

いただきました。

桜の酵母を使用しているという。

  

Img_4373

  

Img_4374

赤貝

  

  

Img_4375

しっ白ワインも飲みたい!

でも 今日はダメ。

緊張しているし、これ以上呑むとダウンしそう。。。

  

Img_4376

お椀の蓋を開けたとたん、

春の香りと鮮やかなグリーンにハッとさせられます。

  

お椀の蓋は、ビックリ箱の役割りもあるのでしょうね。

  

このグリーンは、ハマグリのお出汁にアスパラガスを

すり流したモノだそうです。

  

  

Img_4377

  

Img_4379

  

  

Img_4380

Img_4381

  

素材の味をしっかりひき出すべく 淡い味付け。

  

あーだこーだモノ申すのは、

少なくとも3回は足を運んでからにしますね。

  

  

そして、

きりんなんぞのために 貴重な時間を割いていただき、

きりんの軽々しいおねだりにお付き合いくださり、

桃青殿、

ありがとうございました。。。

   

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

 

  

 

2012年3月18日 (日)

横浜フレンチ

  

アリャリャ・・・

  

いろいろ考えねばならなくて、

せねばならない事 山盛りで、

PCの存在をなかった事にしていました。

  

ブログ訪問してくださる方には申し訳ございません。

ありがとうございます。

  

  

数日前の事でなんですが、

横浜でのフレンチランチの話しです。

横浜美術館の帰り、、、

  

美術館での鑑賞は、やはり一人が一番ですね。

じっくり一人で鑑賞した後、横浜の彼と待ち合わせ・・・

と、いうとマジで疑われそうなので彼という名のお友達です。

  

  

  

Img_4301

何処に連れて行ってくれるんだろ?

と、あまり信用せずについていってみました。

 

外人墓地のすぐ横です。

  

初めて行くお店だから・・・

知っているお店は2軒ともお休みだったから・・・

  

と、入店前から言い訳多し。

  

最近、私とお食事ご一緒してくださるお友達は

私から どんな辛口評価が飛び出すか ビクビクしている

様子が見受けられます。

  

気を使わせてしまい スミマセンね~・・・

私、そんなに オッソロシイかしら?

  

  

Img_4266

coinって何? これ、何ですか?

  

お湯が入ったガラスの器にポトンと落としてみてください。

↓↓↓

  

Img_4267

なんと、水を吸って モニョ~ンと大きくなります。

おしぼり!です!!!

初めから演出が面白いです!

  

お料理、期待できるかも?!  

  

  

Img_4269

シャンパン。

  

Img_4270

店内も素敵でしたが 私達以外お客様いませんでした。。。

  

平日ランチ、、、だからでしょうか?

  

  

Img_4271

前菜。

  

Img_4272

カーボロ・ネロ という黒キャベツのスープ。

ケールにも似たお味です。

  

  

Img_4273

これも 面白いのです!

アジの 2(ドゥ)サービス だと。

一切れで 右はカルパッチョ、左はフリッター。

  

  

Img_4275

ワインはグラスで、、、

お料理に合わせてソムリエの方が選んでくださいます。

  

  

Img_4276

サヨリのカルパッチョ。

朝どり あやめゆき(蕪)。 

大きいクレソンの葉。

サヨリの骨と皮のフリット。

  

Img_4277

青海波文様。

和文様のアンティーク風な洋皿。

綺麗ですね。

  

綺麗と美しいは違いますけどね。

  

  

Img_4279

2杯目? だったかな?

  

Img_4280

お友達と私の雰囲気の違いで判断してくださるようで

違う種類のワインを出してくださいます。

  

  

お互いのワインを味見しつつ

あーでもないこうーでもない・・・

そんな風に会話も楽しんでください。。。と。。。

洒落た気遣いです。

  

しかし、、、

呑み過ぎつつある。。。

  

この後、写真撮り忘れましたが

3種のイカのカルパッチョ&ワイン。。。

  

  

Img_4283

たまねぎのキッシュ。

  

 

Img_4284

やっと、メインなんだと。

えっ?!

実は もうお腹満足かも・・・

  

はくさいのテリーヌ。

太刀魚・かわはぎ・ま鯛・めじマグロ

  

はくさいのノンフライチップがささってます。

お皿の上で お料理がアートしています。

  

  

Img_4285

お料理に合わせて再びワイン。

  

もう お分かりでしょうが、ここのお店はお魚が売りです。

お肉もあるようですが、とにかくその日のおススメのお魚を

お任せで出していただきます。

ので、ワインも全て白でした。

  

この日は私達もお肉なしで、全てお魚料理にしていただきました。

 

  

Img_4286

ソムリエ兼給仕してくださった女性。

とても切れの良い感じの良い素敵な方でした!

  

 Img_4288  

ほうぼう、高菜のリゾット。

  

高菜のノンフライチップス。

このノンフライチップスってのがよく登場します。

 

  

Img_4290

まだ メイン料理が出てきました。

  

いったい、いつおしまいになるのだろう?

  

一応、ランチの中くらいの値段のものにしたのですが・・・

  

Img_4291   

金目鯛・あさり・ハマグリ

はば海苔のソース・はば海苔のフリット。

海苔の香りは磯の香り。

  

Img_4292

いつまで 続くのかと思っていたお料理も

これにて終了でした。

  

この小食の私が 全て食べられたのも

あっさりとした味付けのお魚だったからでしょうね。

それこそ

手を変え品を変え 

目にも美しく こんなにお魚料理だけで満足させて

いただく事は あまりないでしょうね。

  

食器も綺麗でしたね。

模様はプリントでしょうが、プリントをバカにしては

いけません。 洋食器にも学ぶ事は多いです。

  

いつもいつも

満足なご飯、ごちそうさまでした。。。

  

皆様、スミマセン。。。 と、謝っておきます。。。 

  

んがっ・・・

私の体、この後2日間、アルコール受けつけませんでした。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

   

最後のデザートも 素敵だったのですが、

長~くなってしまったので、

また次回 ご紹介。。。

    

  

2012年3月15日 (木)

ホワイト・デー?

  

昨日、ブログ記事更新しようと PCに向かったら、

千葉県内が震源地の地震があり、

記事を書く気がうせてしまいました。。。

  

我が家は なんの被害もありませんでしたが

311のショックが思い出され、、、

  

私が今すべき事は ブログ更新じゃなく

これじゃ!!!

と、制作に向かったのでした。。。

  

  

大きかったですよね。

皆様、被害はなかったでしょうか?

  

   

  

  

Img_4312

さて、昨日の記事になる予定だったコレ↑↑↑

  

昨日、アンティーク風?な箱が我が家に届いたのです。

送り主はもちろん良く知った方ですが、

手紙もないし、メールもない。

なんじゃ?これ???

  

爆発物か?

玉手箱・・・には見えない。

  

  

Img_4313

たこ唐草のような文様です。

20年前の私の作品には

この唐草文様がよく使われていました。

ビシャーッと、こんなふうに、皿全面に唐草文様を

象嵌していたのが思い出されます。

 

  

Img_4314

中にはクッキーが入っていました。

  

フーンなるほど・・・

妙だな・・・

なんで、突然 妙な箱に入ったクッキーを贈ってくださった

のだろ?

  

Img_4316

  

と、思いつつ

コーヒーと美味しくいただきました。

  

  

んで、

相変わらず J-WAVE 聞きながら制作していたら

ラジオが言ってました。

  

ホワイト・デーって必要でしょうか?

  

ん?!

そうか! 今日はホワイト・デー!!!かっっっ?!

そういえば、義理でチョコを差し上げたような気がしないでもない!

  

  

たしかに、、、

ホワイト・デーって必要でしょうか?

  

『バレンタイン・デーのチョコレートとともに

 気持ちを贈ったら、ホワイト・デーの前に すでに

 なんらかの形でこちらの気持ちも伝えているはずだから

 わざわざホワイト・デーは必要ない?

 が、日本人の習慣として、

 贈られたら贈り返すのが一連のコミュニケーション

 なのだから それも必要か?』

  

  

なんつー話しがラジオ内で されておりました。

  

だいたい、私なんて、ホワイト・デーだって

忘れていたし・・・

  

そういえば、

私自信も、バレンタイン・デーに いろいろいただいてしまった

ような気がしないでもない。。。

  

不義理でスミマセン。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

    

  

Img_4317_ed_2

で、

今日は、我が家の長男、

最後のランドセル姿。

明日は、小学校の卒業式です。。。

  

ついこの前、可愛らしいランドセル姿で

入学したばかりだったのに・・・weep

2012年3月13日 (火)

再び横浜へ

  

朝のNHK、朝イチ は、なんだかんだ家事をやりつつ

毎朝チラ見しています。

今朝は 3シェフネオ、玉子料理特集でしたね。

卵にも旬はあり、本来鶏は、春に卵を産むので旬は今の時季だそう。

コクがあって、最も美味しい時季なんだと。

  

ほお・・・

知らなんだ。。。

  

んで、日本料理の橋本氏の究極の親子丼とやらに

見惚れてしまいました。

なんだか、特に今日は、橋本氏に見入ってしまいましたが

理由はまだ内緒!

  

んで、その究極の親子丼、

最後、玉子でとじる時、

卵黄と卵白を別々にしてとじるんだと。

卵白はメレンゲまでいかずとも細かく泡立ててから鍋に投入し、

卵黄は黄身の先をチョンと一刺しつついただけで最後に鍋に

滑り入れ、蓋をしてすぐに火をとめる。

余熱で15秒。

  

ふんふん・・・

一見 私でも出来そうだけれど

その、、、卵黄と卵白を別けるという芸当が

はたして私に出来るだろうか?

  

  

Img_4305

それに触発されて、、、

というワケでもありませんが、今日のお昼は

親子丼にしました。

  

Img_4309

スミマセン。

自分で作ったのではなく、

久しぶりに ここ↑に行きました。

  

Img_4306

さすが鳥善。

ここの鳥肉は、さっきまで 肉になる前の鶏が

庭で走り回っていたでしょう~・・・

って感じる位、ぷりっぷりで新鮮で美味しいのです。

  

  

Img_4307

  

Img_4308

何度訪れても 面白い。

無茶苦茶な店内の内装です。。。

  

 

さて、本題です。 

今日のメインの話題は

親子丼じゃないのです。

  

  

Img_4262

昨日、私は再び横浜美術館を訪れました。

  

Img_4263

今月18日までなので、、、

もう1度見なくては 納まらない。。。

  

Img_4265

  

家族に、また松井冬子さんを見にいったのよ。

と、申しましたら

「ヒエ~ 好きだね~・・・」

と言われました。

  

ハイ。好きです。

ちょっと、狂っちゃってるかもしれません。。。

  

  

しかし、

やはり2度、足を運んで正解でした。

3月から、新たに映像作品が追加されたという

事もありましたが

1度目に受けた感銘とはまた違う感動を覚えました。

違う観点から見る事で、より深くこの絵の魅力に

とりつかれたようです。

  

平日だというのに、来場者はとても多かったです。

 

その中で、私は自分の世界にググーッと入り込み

集中して絵と向き合いました。

  

単純に 美しい絵だな。。。と、感じました。

1度目は、重苦しさを引きずりながら岐路に着いたような

感覚がありましたが

今回は、何故か清々しい気持ち。

  

  

18日まで・・・

もう、さすがに行くことはできないな・・・

  

  

新作を拝見出来る時を

楽しみに、心より待ち望んでおります。。。

  

  

 


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

    

ちょっと、寂しい・・・

また 見に行っちゃおうかな~・・・

いや、無理だな。。。

2012年3月11日 (日)

ボーーーッと311を思う

  

Img_4256

昨晩は ひとり夕食。

夜中まで 仕事するぞ!

と、意気込んでいたのに 止めてくれる人がいないので

ちっと呑み過ぎました。

  

危うく1本開けてしまうところでした。

  

陶芸教室の帰り、パン屋さんで

トマトのブルスケッタとイカスミバゲットの明太子のせを

買うたら どうしたってワインが飲みたくなり・・・

  

  

Img_4259

当然、まともに仕事にはならず、、、

  

今朝の朝食は これ↑だけです。

ブラックのコーヒーとキャベツの塩コンブ和え・・・

  

  

  

昼間はずっとJ-WAVEを聞いていました。

私は あまりテレビは見ません。

今日のJ-WAVEは

311 Heart to Heart スペシャル でしたね。

番組内でも午後2時46分から1分間の黙祷を捧げました。

その1分間、ラジオから流れていた音は、陸前高田の

海岸に残った1本松にあたる海風の音でした。

静かに静かに吹く風の音を聞きながら

私も目を閉じ、想いを巡らせました。

1分間が長く感じました。

  

今日の海は穏やかだったのでしょう。

  

  

その Heart to Heart の放送で

直接、震災とは関係ない話しですが

印象に強く残った言葉がありました。

  

子ども未来研究所・理事長の方がおっしゃっていた事です。

  

子供には 承認が必要だと。

例えばゴミをきちんとゴミ箱に捨てた行いに対して、

ゴミを捨てた直接の行為を褒めるよりも

  

「お母さんは、ゴミを捨ててくれた事をとても嬉しく思うよ。」

  

と、その行いをお母さんが嬉しく思った。ちゃんと見ていたよ。

という思いを伝える事。

人から認められた、見てくれていた、という感覚、感情を

与えてあげることが大事だと。

  

  

なるほど。。。

でも難しいですね。

子供の感情を上手に引き上げ育てるなんて難しい。

  

完璧な親なんておらず、どんな親だって

歯痒い思いを抱えながら

いつだって悩みながら子育てしているもんね。

  

だいたい、育てられているのは どっちだ?っちゅう・・・

  

  

  

あの震災を忘れる事はないし、自分に何が出来るか?

自分は何をすべきか?と、考えはするけれど、

今の私達と同世代の子育て真っ最中の親達は

目の前の現実、子供の成長に自分がついていくのに

いっぱいいっぱいで 世の中のために・・・なんて

きれい事ばかりは言ってられないのが現状です。

  

  

  

とにかく 今の私がすべき事は

与えられた仕事に答える事。

作り続ける事に他ならない。

Img_4261

そうは言っても ちっと二日酔い。。。

  

少々ボーーーーーッとしながらも

ひたすら 円と円と円と円を切り抜いていました。

  

ボーーーーーな頭には、こんな単純作業が調度よいです。

  

Img_4260

こうなります。↑

  

この皿を10枚作るためには

円を90個 切り抜かなければならないワケです・・・

  

どなたかバイトしませんか?

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

余計なおしゃべり無しで

ひたすら完璧な丸を切り抜いていただける方

  

2012年3月 9日 (金)

 

Img_4246

ちっと、焦げてしまいました。

ので、

可愛くしてみました。

 

 

今日の朝食です。

冷凍のハッシュドポテトをグリルで焼いただけです。

グルメブログ(??!) に載せるほどの シロモノではありませんが、

こんなジャンクフード的なものも好きです。

 

 

マックにだって行ったりします。

ポテトとアップルパイしか食べませんが。

マックのハンバーガーを食べると胃がちょっと

アレになってしまうのでハンバーガーだけは食べません。

 

それにしても

おもろいな~・・・と思うのは、

マクドナルドの事を 関東人はマックと略して呼びますが

関西の方はマクドとおっしゃいますね。

何故?!

マクドでも通じますが、我々関東人は、

マクドとは決して言いません。

 

それでは、東海辺りの方々はなんつー呼び方を

するのでしょう?

東海地区に友人がいないでもないのですが、

そんなくだらない話しになった事がないので

不明です。

あ、

別に今度お会いした時に忘れなければお聞きしますので、

わざわざ教えてくださらなくてもけっこうです。

 

 

 

 

 

今日は、そんなジャンク話しをするつもりではなかったのです。

 

Img_4254

今日も丸いお皿を四角にぶった切っていました。

だんだん要領をつかめて来たような気がします。

 

 

サイドから見たこの曲線にこだわってみました。

 

 

藝大を目指して受験ための予備校でデッサンの勉強を

している時、

石膏像のデッサンを、それこそ何百枚のデッサンを重ねても

上手くならない、顔が命なのに 顔がダメ。

 

 

そんな時、先生から言われたのは

 

 たくさんの線を重ねて立体像を描くわけだが

 その線には1本の無駄もあってはならない。

 全ての線が必然で、そこに描かれた線に

 1本の間違いもあってはならない。

 その1本は その場所に描かれるべくして

 描かれなければならない。

 

 

そんな殺生な~・・・

 

 

しかし、たしかにそうなんです。

 

この皿にしたって、

立体ではあるけれど、

面は線の集合体から成り立っているのですし、

そのライン1本1本にまで意識を持っていきながら

皿を形作っていく。。。という細かな神経を働かせても

よいのでは。。。。。

と、思います。

 

 

そりゃ、アンタ神経質すぎないかい?

と、思われるでしょうか?

 

 

神経質なトコロは 他人がイライラするくらい神経質

なんですが、

興味の無い事に関しては 全くもって無神経です。

 

 

血液型は?

B型です。

と、答えると、

たいていの方は

「あーーーーーやっぱり・・・」

 

と、おっしゃいます。

 

はい。

B型です。

 

 

Img_4255

横からのラインにばかり気を取られ、

真上から見たら なんつー事のない四角だった。

 

ウウウウウウウウウウウウウウーーーーーー・・・

 

結局 要領悪く、駄目だな・・・ 私・・・・・

 

 

 


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

2012年3月 8日 (木)

最後の演奏会

      

スミマセン。

今日も我が家の個人的内容にて 失礼します。

  

 

我が家の長男は小学校6年生。

吹奏楽部でサックスを担当しています。

  

来週は卒業式。

  

今日は、吹奏楽部お別れコンサートでした。

  

Img_4249

  

この千葉県我孫子市内の小学校吹奏楽部の

昨年の活躍はすごかったのです。

  

千葉県大会で金賞、県代表で東関東大会に進み、

さらに

日本管楽合奏コンテストでは全国大会にまで

登りつめ、最優秀賞を受賞したのでした。

  

   

吹奏楽、吹奏楽、吹奏楽の小学校生活でした。

今日の演奏会を最後に部活引退。

  

長男は、中学校で吹奏楽部に入る気持ちは全くないらしく、

「今日で、もうサックスを手にすることはない。」 

と、きっぱり言って登校しました。

  

フ~ン。。。

未練が見え隠れするけどね。

ま、今は何も言わずにおきましょう。

  

ピアノの先生にも学校の音楽の先生にも

耳の良さを強調して褒めていただき

音楽のセンスはあるようです。(親バカです。)

音楽の道に進んでほしいとは これっぽっちも思わないけれど

音楽をずっと続けてほしいと。。。

  

こちら側には けっして来るなよ!

と、心から願います。

  

   

  

そんなこんなで 今日の演奏会は見納め。

涙涙・・・かな・・・

と、思いきや、なんとなくあっさりとしたもんでした。

私も拍子抜け。

  

今の小学生って冷めているのでしょうか?感傷的に

なる事はないのでしょうか?

  

昨年のコンクールで燃焼しきったのでしょうか?

  

  

と、思ったのですが

あーーーーーそうか。

分かりました。

  

子供達には無限に広がる未来に目を向けているのです。

過去を振り返って、『あの頃は良かった・・・』

なんて思ったりはしないのです。

  

Img_4250_2

  

皆で一つの目標に向かって音楽を創り上げてゆく、

良いですね~。チームプレイって。

個人プレーの陶芸家には体験できませんね。

うらやましくもあり、

私は これで良いのです。という思いもあり。

  

子供が体験している事って、

良い事も悪い事も 私に乗り移って疑似体験している

ような気にさせられます。

子供の良い体験が 私の満足に繋がっているのでしょう。

  

血の繋がりって、うっとうしいけれど 尊いものですね。

  

   

  

兎にも角にも  

今年は無事、演奏会を行う事が出来て良かったのです。

  

昨年は、中止になりました。

長男は5年生でしたが 私も仕事を休んで演奏会を見に

行こうと小学校に向かって国道を歩いている時でした。

  

昨年の演奏会は、

3月11日(金) 午後3時からの予定でした。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

    

1年が経ちますね。

忘れてはいけない くやしさがこみ上げます。

  

  

2012年3月 7日 (水)

削りの日

  

今日は 1日削りです。

  

Img_4232

  

高台の大きさ、茶碗全体のバランスを考えながら・・・

考え過ぎて時間が異様にかかってしまい。。。

  

  

Img_4222   

で、突然何故だか薔薇が届きました。

  

「先生、薔薇お好きでしょ?」

と、生徒さんからです。

  

  

Img_4227

  

ハイ。大好きです。

でも、誕生日は9月だし、当然クリスマスでもないし、

何か、下心でもあるんやろか?

という猜疑心は このさい無しにして、

  

ありがとうございます。

素直に嬉しいです。

きっと、私への溢れんばかりの愛の証しでしょう。

と、思う事にします。。。

照れます。。。

  

  

Img_4235

難しい。

形って一番難しい。

このバランスは、正解ではないな。

と、思いつつ 今回はこれ以上どうしようもない。

  

  

Img_4237

これは、どうだ?

Img_4238

  

う~ん・・・もう、何が良いんだか良くないんだか分からない。

つぶしてしまいたい衝動にかられつつ、、、

もうタイムリミット。

  

  

Img_4240

で、

またしても、四角にぶった切りました。

Img_4244

そして、また、グズグズと悩みながらの作業・・・

  

この角のエッジを鋭くしたいのだけど

もっと鋭くすれば格好良いのかもしれないけれど

焼き上がった時に かなり、痛々しい角皿になってしまうでしょう。

  

食器として使用するには角は鋭すぎない方が良いのでしょうが・・・

  

Img_4242

痛々しいのは嫌。。。と、

そんな優しい気持ちで制作したもんだから、

こんな中途半端な角作りになってしまった。

  

  

この際、優しい気持ちは排除して

使い勝手も考えずに 形の追及に徹底するか・・・・?

  

Img_4243

納得いく形にならずに

1枚にやたら時間がかかり、

さすがに 要領の悪い自分が情けなくなってしまいました。

  

でも、

この1枚が決まれば

あとは考える事なく 手を動かせば良いのだから

明日の仕事は楽だと思います。。。

たぶん。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

豆富づくし

ステーキか鰻なんかどう?

  

と、食いしん坊仲間から提案されたのだけど、

そうーねー・・・

私に選択する権利があるのなら

今日はヘビーな気分じゃないの。

 

って、いつだって私が主導権を握っていますね。

スミマセン・・・

  

Img_4197

で、

とうふ料理専門店。

Img_4198

八かく庵

  

お肉・お魚はいっさい無し。

京都の精進料理と言えましょう。

  

Img_4207

どんなお料理を注文しても

出来たておぼろ豆富は突き出しで付いてきます。

おかわりは何度でも可能です。

  

ホッカホッカのトロトロです。

出汁醤油or沖縄の天然塩or梅ゴマ で、いただきます。

私は、この↑梅ゴマでいただくのが一番好きどす。

  

Img_4202

ランチの引き上げ湯葉コースを選択しました。

↑↑↑

IHのプレート上で湯煎で豆乳を温めるワケ。

  

  

Img_4213

表面に膜が張ってきたら

竹串で上手に引き上げます。

初めだけ お店のお姉さんがやってくれましたが

後は自分でせねばなりません。

 「え~・・・初めだけしかやってもらえないんですかあ~?」

と、甘えてみましたが

 「後は、ご自分で。」

と、あっさり却下されました。

これが、私、意外と苦手です。。。

どうしても グチャグチャっとなってしまいます。

  

Img_4210

グチャグチャです。

こちらも、出汁醤油を掛け、ねり梅、ゴマ、柚子胡椒 等を

お好みで。

  

Img_4204_2

左 季節の白和え

右 大豆肉の南蛮漬け

  

Img_4205

卯の花

   

  

Img_4206

寄せ豆富と揚げ湯葉のサラダ

  

  

Img_4209

豆富こんにゃくのお造里

  

  

ここのメニューは とうふ が “豆富” となっています。

そうね。

そりゃ、そうですね。

そりゃ、良いですね。

  

  

Img_4214

生麩と豆富の田楽

  

とにかく これでもかっちゅう位豆富料理の

オンパレードです。

よくもここまで料理法があるね。

大豆って偉いですね。

  

  

Img_4213_2

そして、その間にも

湯葉をどんどん引き上げます。

  

引き上げても引き上げても豆乳が減った気がしません。

きりがありません。

こりゃ、夕方までかかっちまうんじゃなかろうか?!

 

にがり頼んで豆富にしちまうかっ?

と、途中、ぶつくさ言いました。

私は、けっして短気ではありません。

どちらかと言うと、気は長い方です。

  

それにしても のんびりしたランチになっています。

ま、いーか・・・

  

Img_4216

京都の純米酒 “十富” だそうです。

熱燗にして ちっとだけいただきました。

  

すっかり日本酒が飲める大人になりました。

しかし、

相変わらず 甘口なんだか辛口なんだか分かりません・・・

あっさりしていました。

という事は、辛口なんでしょうか?

  

  

Img_4215_2

寄せ湯葉豆富と旬菜の揚げだし

  

  

  

・・・延々と続くのかと思われた引き上げ湯葉も

底が見えて来ておしまいとなりました。

最後のひとすくいが それはそれは濃厚で甘かったどすう!

  

 

Img_4219

季節柄、デザートは桜餅どす。

  

はあ・・・精進料理食べに京都にも行きたくなってしまいました。

  

  

お豆富づくしで お腹いっぱいになってしまいましたが

ズッシリではなく、タポタポって感じです。

  

なんとなく 肉が食いたいっ!

と、野獣な気持ちになってしまった私は

身勝手極まりないですね。

  

  

肉類摂取しないと 穏かな心になり、

闘争心が無くなるのが分かる気がしました。

  

私、少し、肉断ちした方がよいかもしれません。。。

  

  

  


人気ブログランキングへ←←←←←heart04

今朝、お肌がプリプリしていました。

太ったかな?

化粧の乗りも良いみたい。

なんだろ?気のせいかな?

と、あんまり気にせずにいたのですが

もしかしたら大豆イソフラボン効果?!

  

  

  

 

  

  

2012年3月 5日 (月)

世界に一つだけの作品

  

個人的な面白くもない話題なので、

今日は、どうぞスルーしてくださってかまいません。

  

勝手を言ってスミマセン。

  

  

さて、昨日は 我が家の下のじゃじゃ馬娘が通う

ヤマハ音楽教室の発表会でした。

  

Img_4184

個人のピアノレッスンなら いつでも受けることが出来る

けれど、ヤマハ独自の指導法によるグループレッスンは

幼い頃じゃないと経験できないかな・・・

と、親の独断で幼稚園の頃からグループでのピアノと

エレクトーンのレッスンに通っています。

  

すでに丸4年にもなるのに 今だに馴染めない違和感を

感じるのは、発表会の妙に派手な演出と雰囲気。

  

これを魅力と感じるか、陳腐と見るかは 個人の主観に

よりますが

親も子も必死だし、この緊張感は子供にとっても必要かも。。。

とも思い、私もそれなりに楽しむ事にしています。

  

  

じゃじゃ馬娘のグループは 最初、10名いましたが

1人減り、2人減り、今は6人でのレッスンです。

このメンバーが実に良く、小学校もバラバラ、

皆、それぞれ個性をしっかり

持ちつつも でしゃばり過ぎず それぞれを尊重し合い

着かず離れず、4年間トラブルも全くなく付き合っています。

  

このヤマハのハードなレッスンに耐えられるのは

メンバーに恵まれ助けられているからでしょう。

  

私のような自分の事しか考えていないグータラ母にとって

なにより助かっている事は、母親同士の付き合いの

さっぱりした所。 無駄な立ち話を延々する事はゼロ。

ピアノにとって必要な事と、体調等の近況だけを

必要最小限の会話で納め 毎週、チャッチャッと

バイバイします。

  

かと言って、情がないワケではなく、

なんと言っても6人でのアンサンブルが大切ですから

1人が具合悪かったりすると マジ心配します。

  

んで、  

今年の発表会の6人でのアンサンブル曲は

皆様ご存じ 

“世界に一つだけの花” でした。

5パートに別れ、6人で一つの曲を作り上げ演奏します。

昨年11月からレッスンに取り組みました。

  

槇原敬之さんバージョンの “世界・・・” です。

スマップではありません。

あくまでも 槇原さんバージョンです。

  

娘の演奏は、正直、さすがの私も舞い上がってしまい、

自分の事より緊張してしまうのは グータラでも

親なんでしょうね。 

なんだかアワアワしている間に終わってしまい

良かったんだか良くなかったんだかも分からぬ状態。

でも、

お母上方も、先生も良かったね!

と、おっしゃっていたので、良かったのでしょう。

  

この先生、指導者にも とても恵まれ

ピアノの技術、知識、耳の良さは完璧で

指導者としての器、才覚も並々ならぬものをお持ちで

厳しくも愛情を持って子供達を引きあげてくださり

子供たち1人1人の個性を尊重してくださり

人としても偏りがなく出来ている方とお見受けしております。

  

子供をあずける親として、100%信頼出来る先生と

出会えた事は幸運でした。

  

このヤマハの緩くはないレッスンをこなし、

落ちこぼれつつもついていってる事は

確実に子供の成長の力になっていると感じます。

  

まあ・・・

謙遜じゃなく、我がじゃじゃ馬娘は確実に落ちこぼれで

それでもピアノを嫌がるでもなく 

超マイペースで

下手くそだって、

「それがどうした?下手で悪いか?」

と、誰ににたんだか口が悪く、

何故だか度胸だけはよく、

いつも喧しいクセに

いざとなると 慌てず騒がず冷静なのは

親の私でも感心します。

 

  

ここ、ヤマハのレッスン、なんとなく体育会系の乗りもあり、

人間形成にも良い効果があるよう思います。

  

Img_4190

    

  

  

昨年から “世界に一つだけの花” 繰り返し

何度も何度も聞いていますが、

っかし、

槇原さんは名曲を残してくれました。

  

  

 世界に一つだけの花

 一人一人違う種を持つ

 その花を咲かせるころだけに

 一生懸命になればいい

  

  

のにね。

どうしてこうもくらべたがるのだろう?

  

わかっちゃいるはずなんだけど、

まだまだ私、人間できていません。

自分の器を大きくするために、

私も

子供達のまっすぐな姿を見習って、

世界に一つだけの自分の納得のいく作品を産み出すべく

ただひたすら精進し、

制作するべし・・・

  


人気ブログランキングへ←←←←←heart04

  

 

  

2012年3月 3日 (土)

中華街土産

 

梅を見に上野に行くの。。。

と、言ってる人がいました。

  

上野の梅は咲いたようです。

  

私は梅より やはり桜が好き!

と 言いつつも 梅が咲いたと聞けば梅を愛でに

上野のお山に行きたくなっちゃいました。

  

  

Img_4173

  

なんだかチンタラしていたら

新たな仕事が入りました。

急を要します。

というワケで 注文の作品と同時に 超急ぎで制作を

進めねばなりません。

というワケで 超急ぎでロクロです。

  

急げ急げ 頑張れ頑張れ・・・

とお尻を叩かれると、俄然、力が湧きます。

  

嬉しくなっちゃいます。

  

私には 優しくお尻を叩いてくださる方がたくさんいて、

ありがたい事です。

ありがたい・・・ありがたい・・・

  

というワケで ブログ更新怠りスミマセン。

  

  

ちょっと、横浜中華街の続きです。

  

Img_4116

  

とにかく時間が無くて、それでもアソコでイロイロフラリと

していれば イロイロ買うてみたくなるじゃないですか。

  

それで手あたりしだい イロイロ買うたワケです。

  

甘栗は、ホッカホカのをいっぱい試食しちゃったから

シカトするワケにはいきませぬ。

大粒でホクホクでとっても美味しかったし。

  

Img_4117

Img_4118

桃饅頭 これはビジュアル的にも手が伸びるでしょう。

蓮の実あん。

  

Img_4119

マーライコ=中国風カステラ

月餅

Img_4163

木の実たっぷり。

ウ~ン・・・でも黒い餡子の方が良かった・・・

ちょっとイメージ違った。。。

これはこれで美味しいから まあいーや。

  

Img_4122

いわゆる肉まんの外の皮部分だけって感じですね。

花巻

  

Img_4121

凍頂ウーロン茶

  

Img_4123

ザーサイ。

我が家の下のじゃじゃ馬娘の大の大の大好物。

手づかみで ムシャムシャ食べます。

  

Img_4120

肉まんとマンゴープリン。

  

Img_4168

この緑の肉まんが 美味しゅうございましたの。

Img_4169

スミマセン。

肉まんじゃあ ありません。

肉は全然入っていない 野菜まんです。

  

チンゲン菜・マッシュルーム・干しシイタケ・くわい

  

このクワイのシャキシャキの歯触りがなんとも言えず美味しいです。

きっと、生地にも青野菜が練り込んであるのでしょうね。

青モノの香りがホンノリ香ります。

これは気に入りました。

また、近々横浜に行きますので、手に入れましょう。

  

Img_4172

一辺20㎝位。

この皿は もう、15年ほど前に作って、気に入らず、

自宅使いにしているモノです。

この色彩といい、全く考えていない 甘い曲線といい、

変なモン作っちゃたな・・・と思いつつ

捨てるに捨てられず 使っているうちに

なんとなく愛着わいちゃった。

  

Img_4171

縁には金を施しています。

  

  

横浜中華街土産は、あと2~3品買いましたが

全てお腹に納まり、写真には納まっていません。

  

時間がなくて ワサワサ買い物すると

買い過ぎちゃっていけません。

  

  

以前は、やはり時間がなくてバタバタと

衝動買いでキラキラの中国服を買っちゃたけど

やはり1度も袖を通さぬまま 引っ越しの時、

どっかいっちゃたし。。。

  

毎回毎回 反省しつつ

無駄な買い物、無駄な行動が多い私。

  

  

  
人気ブログランキングへ←←←←←heart04

んで、

上野の梅はいつ行こか?!

  

ちゃうちゃう!!!

急ぎの仕事、必死にならんと!

  

 

  

  

  

  

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »