« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月の22件の記事

2012年4月30日 (月)

縁の下の力持ち

 

どこぞにか、東京ゲートブリッジとやらが出来たとは

小耳にはさんでおりましたが、

  

  

  

興味のない事には 全く心を動かされない 典型的B型の私は

「あー・・・そうですか・・・」

  

  

ってな位なもんで・・・

  

  

  

もっとも、血液型で性格の全般を判断されるというのも

どうかと思うし、

典型的って、何を基準にしているんですか?って話しだし、

統計的な基準値があるとして、それに当てはまらない性格だって

あるのだし、

当てはめられてたまるもんかっ!

っと、私などは思う・・・ トコロが、B型なんでしょうか?

  

  

  

話しが大きくずれましたが、

  

  

  

別に、橋フェチではない私は 東京にゲートブリッジが開通したって

そんな話題はスルーしていたのですが、、、

  

  

  

そのブリッジとやらの照明デザインは 石井幹子さんです!となると

話しは変わります。

  

  

  

  

照明デザイン&石井幹子さんというキーワードは

私の心にヒットして、一気に 東京ゲートブリッジに気持ちが

動いてしまったというトコロがB型的性格なんでしょうか?

  

  

  

  

昨晩のTBS系列の “情熱大陸” 拝見しましたよ。

  

  

精力的なお仕事ぶりで、内容が盛りだくさん過ぎて、

30分の放送では もったいない位の濃厚な内容でした。

  

Img_4651

私が先日伺った 上野の“韻松亭”のライティングの事も

番組内で紹介されておりました。

幹子さんのお嬢様、石井あかりさんの照明デザインです。

  

  

  

番組内での 幹子さんの印象的な言葉に

この 韻松亭のライティングと、東京ゲートブリッジのライティングを

比較しての事でしょうが、

  

  

「規模の小さな仕事も、大きな仕事も、結局、意識は

同じなのです。」

  

  

という、内容の事をおっしゃっておりました。

  

  

私なんかの仕事と一緒にするのは とてもおこがましい事ですが、

芸術を志す表現者のスピリッツは同じだな・・・と、感じる事多々あり。

本当に失礼な言い方ですが

あのお歳で、少女のように無邪気で純粋でキラキラと

輝いていられるのは、

強い信念と確信を持って仕事をこなしておられるからでしょう。

  

  

  

自分のやり方や考え方に不安を感じる時、

この先輩の偉業を遠くから拝見し、

私、大丈夫だ。

と、

安心出来る思いです。

  

  

  

  

最後に、

仕事はまだ続けますか?

とのインタビューに

  

「はい。続けます。ご注文があれば・・・」

  

  

と、ちょっと、照れくさそうに、しかしきっぱりと

おっしゃるその姿は 多くの経験と、成功と

そこに至るまでの様々な苦労と挫折、

そこに裏付けられた自信と才能に満ちた

魅力的な女性の言葉でした。

  

  

  

  

そして、も一つ 感じた大事な事。

  

  

 

この東京ゲートブリッジ、

最近良く耳にするようになったのは、やはり

照明デザインの力が大きいと思います。

初めに書いたように、私に興味を持たせたのも

ライティングです。

   

  

  

この橋が開通するに至るまでの

構想、設計、構造、ましてや土木技術なんて

私には理解出来ませんし、それをきっかけに

興味をそそられる事は全くありません。

  

  

  

表舞台に立っているのは

照明デザインかもしれませんが

個人の、名前があがらない沢山の人達が

関わり、本当は そこが重要なのですよね。

  

  

  

『名前なんか、あがらなくても良いのですよ。』

と、満足げに遠くから 自分が関わった橋を眺める人が

いるのでしょう。

  

  

  

  

私にとっちゃあ、

それこそ、

「あー・・・そうですか・・・」

  

   

ってなもんですが そんな縁の下の力持ちの方達の存在を

忘れちゃいけなかったな・・・

と、

感じた“情熱大陸”でもありました。

  

  

  

  

結局、私は 表側の華やかな部分に目を奪われているだけの

ミーハーなのでしょう。

その裏にある、努力を見ないようにしているのかもしれません。

   

  

  

この橋の事に関してだけではありません。

世の中全般の事もです。

私は、本当の意味での苦労をした事がないのかもしれません。

   

   

  

  

というワケで、

その構造技術に関わった方が 今度、東京ゲートブリッジを

案内するから歩いてみない?

とのお誘いに 曖昧な返事しかしていなかったのだけど、

   

  

  

気候が良いうちに歩いてみましょうか・・・

  

視点を変えて見てみようかな。

   

  

  

たまには意見の違う方の話しにも

耳を傾けてみるか、、、 

  

と、ちょっとだけ素直に思ったB型の情熱大陸。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

  

  

2012年4月28日 (土)

母の日のペンダント

  

Img_4871

  

関西の方が牡丹桜が綺麗だね。。。

   

  

と、しきりにおっしゃるもんで、なんの事かと思ったら

八重桜の事なんだそうで。

  

   

  

あー・・・

牡丹桜っつー形容の仕方も 情緒があって良いですね。

  

  

  

っと、幼稚園の正門の横の牡丹桜を眺めつつ・・・

   

  

Img_4872

  

あー 懐かしの 幼稚園バス。

   

  

大泣きする我が子を無理矢理このバスの中に放り込んだ

事もあったっけ。

   

   

窓ガラスに泣きながらへばり付いている子を

半分不安に、半分せいせいしながら見送ったり。

  

  

  

いや、

下のじゃじゃ馬娘のように、鬼のように大騒ぎして

泣かれりゃあ こっちも必死なんで、力ずくで放り投げる

のですが、

上の気弱な兄は、我慢して我慢して 涙をこらえて

母の姿が見えなくなるまで窓ごしに じっと見つめるもんで、

さすがの私も後ろ髪引かれました。

  

   

   

  

そのうち、母の方はチラリとも振り返らずに

楽しそうに先生や友達とおしゃべりしながら

行ってしまって・・・

   

  

逆に寂しく・・・

   

なるのが 良い母でしょうが、

私は 解放感でいっぱいの不良な母でした。

  

   

  

そのうち バス停まで見送りに行くのもかったるくなり、

とっとと一人で出掛けてくれないかな・・・

  

   

   

っと、思っていたのに

いざ

小学校に徒歩で通うようになると

心配で 途中までついていったり・・・

  

  

  

  

不良ではあるけれど

一応、母だったりします。

  

  

Img_4873

  

もう、8年目になります。

幼稚園での陶芸制作指導。

  

  

Img_4875

我が家のじゃじゃ馬達は、

とっくに卒園してしまったけれど、

私は、こうして年に2回、幼稚園と関わっていられる事が

嬉しいのです。

  

幼稚園の教育現場に ほんの少しでも参加することが

出来てやりがいを感じるのです。

  

  

  

大袈裟かもしれませんが

粘土に触れ、形作る事で子供達の五感を刺激し

潜在感覚を引き出してあげられる事が出来れば、、、

  

  

と、思いつつ、

  

  

子供達のパワーにも圧倒され、、、、、

  

熱い。。。

  

子供の体温は 熱い。

  

粘土を手にして興奮している子供達の体温はマスマス

熱くなり、そんな子供達にまとわりつかれ、

大汗かきながら、

私も発散してきました。

  

  

Img_4878

母の日の、、、

  

  

Img_4879

ペンダントになります。

  

  

たまぁに、

幼稚園の先生から注意事項として言われる事があります。

  

  

母の日のプレゼントではなく、お家の人へのプレゼントと

説明してください、と。

  

  

母がいない子供がいるという事です。

  

切ないですね。

  

  

  

いろんな事情があるのでしょうけど、

子供にとって、母は、絶対的な存在、

どんな母でも いなければならない存在ですね。

  

  

Img_4876

この、愛らしく小さな手の中に

大きな可能性を秘め、

この日本国の、世界の未来を背負っているのだな、

子供は世界の宝だな。

  

  

と、

他人の子供だと、

冷静に、余裕を持って接する事が出来るのですけどね・・・

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

2012年4月26日 (木)

すし勝

  

日本酒、美味し!!!

  

  

  

と、ここまで感じた事はなかったかもしれません。

  

  

今日は、体調が良かったからか、

逆に良くなかったのか?

  

  

分かりませんが、

本当に 日本酒を美味しいと感じました。

  

  

一口弱、、、舐めるくらい いただいて、

もっと もっと もっと・・・

  

と、

思いましたが 駄目です。

  

  

車でしたから・・・ 涙。。。

  

  

よほど、

車を置き去りにして帰ればいいーかっ!

と、

悪魔の囁きに落ちそうになりましたが、、、

  

  

いけません。

  

  

  

120425_130105

  

んで、

泣く泣く コレ↑ですね。

  

  

っつーか、

ちょっと 友人から受け取る物があり、

車で15分、天王台駅までヒョイッと行き、

そのまま速攻、自宅に直帰のつもりだったもんで、

日焼け止めを塗ったくっただけの ほとんどノーメイク状態で、、、

  

  

車を降りるのも憚れたのですが、

  

  

  

「ちょっと、お昼くらい食べようよ!」

  

っと、口説かれて じゃなくって お誘いいただいて、

んじゃ、軽くお蕎麦、、、と思ったら目指すお店はお休みで、

  

  

「軽く、軽くね 

時間もないから あっさりとね。。。」

  

と言いつつ、、、

回るお寿司屋さんの横を通り過ぎながら

  

「ここじゃ イヤッ!」

  

  

なんつって、相変わらず 高飛車で。

  

  

私だったら 私みたいな女は大嫌いです。

  

    

120425_134322

創作寿司 と、看板を掲げているこのお店が

ずっと気になりつつ通り過ぎていたのですが

   

   

  

「時間がないのに・・・」

  

と、ぶつくさ言いながら 入ってみました。

   

   

  

  

 120425_130011_2  

  

4月のお昼御膳とやらを頼んでみたのです。

  

  

お品書きを見て ちょっとビビりました。

お値段は、ま、普通のランチより500円位高い位でしょうか?

  

  

なのに、

  

① すし勝自家製造りたて胡麻豆腐

② 旬の味覚蛍烏賊の和風グラタン

③ トロサーモンと真だこのマリネ

④ 今日の地鶏の卵焼き

⑤ 本マグロ大トロなか落ちの巻き寿司白葱仕立て

⑥ 赤貝ひも胡瓜の巻き寿司白胡麻仕立て

⑦ 活あおり烏賊の握りすし柚子風味

⑧ 国産稲荷使用焼き稲荷の握りすし

  干ぴょう留め紅葉添え

⑨ 旬の味覚淡路島沖の鯖の握りすし

⑩ 北海道直送数の子の握りすし霞み仕立て

⑪ 釧路沖特選いくらの握りすし軍艦仕立て

  

 あら汁

 デザート       以上。

  

この中から選ぶのかと思ったら、

全部出るのだという、

  

ヒエ~ッ・・・

  

読むのもかったるい。

何が何なんだか、理解するのもかったるい。

  

  

  

どんだけの量が出てくるんじゃ?

食べきれなかったら  大将に怒られるんじゃろか?

  

  

と、ドキドキしていたら、

120425_125931_2

それが、コレ↑です。

箱膳の中に、ちんまりと納まっておりました。

  

  

そりゃそうだよね。

しかし

あんまり 能書き多過ぎると 私のようなアホは

理解する気も失せます。

  

  

  

  

120425_130038

まさか こんなお昼ご飯になるとは予想もせずに

ノーメイクで家を飛び出して来たので

カメラも持たず、

私の感度の低いチンケな携帯カメラにて こんな写真で失礼。

  

  

左は、蛍烏賊の和風グラタン。

ホタルイカのミソとホワイトソースが口の中で混ざり合い

絶妙なハーモニーをかもし出します。 

なんつって。

  

   

 

ホタルイカをこんなふうにいただいたのは初めてで

感心しつついただきました。

  

  

120425_130805

お醤油もありましたが

これは出汁です。

お塩の感覚で、出汁につけて お寿司をいただいても

良いのだそうです。

  

  

これが だんぜん気に入りました。

  

  

120425_131429_2

  

手前の右、

品書きをよく読んでいない私は

てっきりアナゴかと思ったら

上記の出汁をつけて炙った稲荷の上に干ぴょうを乗っけ、

もみじおろしがチョンと添えてあります。

  

  

  

なんちゃらもどき。

普茶料理のようですね。

  

これも実に美味でした。

  

  

創作すし。

今回は合格です。

美味しゅうございましたよ。

  

  

天王台駅から歩けますし

あ~・・・

次回は絶対 日本酒も たんまり、じっくり

いただきとうございます。

  

  

  

  

ヤバッ!

お昼に1時間30分もかけてしもた!

  

  

今日も 美味しいモノにつられて

甘い口説きに乗っかってしまいました!

落ちたワケではありません。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

  

  

  

  

  

 

  

  

  

  

2012年4月24日 (火)

色合わせ

  

海外に仕事で行くので DFSで何か化粧品買うて来ようか?

  

  

  

と、ある方がおっしゃるので、

  

  

「いいね。仕事と言えども海外にヒョイっと行ける自由な身で。

 私なんか陶芸家なんかになっちゃったもんだから

 狭いニッポンで工房にこもってなきゃならないんだから。

 私の自由にならない つまらん生活なんか

 分からないでしょうね・・・」

  

  

  

と、さんざん悪態をついた上で・・・

  

Img_4859

いろいろおねだりしました。

  

  

超、性格悪し。

ムカつく女ですね。

  

   

  

だいたい、自分の生活がつまんないだなんて

これっぽっちも思ってないし・・・

  

  

  

Img_4860

ランコムの新製品のマスカラ。

ヴィルトゥーズ ドール アイ

  

  

お人形さんのような パッチリお目めになるのでしょうか?

私のしょぼいまつ毛も パワーアップするのでしょうか?

  

  

まだ使用していませんが

私のまつ毛が立派になっていたら

ランコムのおかげと思ってください。

  

  

いや、買うてきてくださった友人のおかげか・・・

  

  

  

期間限定で おまけでアイライナーとクレンジングが

付属されてました。

  

  

嬉しい。。。

  

  

Img_4861

と、

アイシャドーですね。

  

  

Img_4862

ランコムのアイシャドーは、瞼の上にふんわりと

定着がとても良く、

何よりも発色が美しいのです。

日本のそれとは品質が全くちゃうような気がします。

  

  

車の色に顕著に現われているように、

色彩の感覚が欧米の方は優れているように思います。

  

 

Img_4863

ローズ ドゥ オーヴ

  

美しいですね。

  

  

Img_4865

パピヨン ヴィオレット

  

  

この絶妙な紫の 取り合わせには ケースを開けたとたん

タメ息。。。。。。

  

 

だから、メイクも楽しい!

  

  

メイクでの色合わせも、

作品の色合わせと通づるのですよ。

  

 

  

   

男性には 分からないでしょ~ね~・・・

  

  

今日、私が書きたかった事は 

ランコム アイメイク化粧品のプレゼントの自慢ではないのです。

  

  

  

Img_4867

ヴァイオレット 

藤色

ライラック

好きです。

  

   

  

私は作品に たくさんの色を使用しますが、

人口的な顔料は ともすると下品になってしまいます。

むやみやたら、やたら目ったら使ってはいけません。

  

  

  

色合わせには 一応 私の中で法則があります。

  

  

虹色に赤紫を合わせ、順番にリング状に並べたものを

色相環といいます。

そして、色相環の反対側に位置する色を補色といいますね。

  

  

赤の補色は緑。 青はオレンジ。 黄色は紫ですね。

  

  

例えば 紫ベースの器にした場合、

刺し色として使用する色は、補色である黄色かオレンジに近い

やまぶき色、と、黄緑もしくはミントグリーン。

さらにもう1色使用するならば その補色の隣の色、

深めの緑にします。

そして、大切なのは 顔料だけで構成するのではなく、

必ず粘土そのもの色、顔料の茶色ではなく、

鉄分が含まれた赤土と 白土を取り入れます。

  

Img_4868

抹茶色。

グリーンベースの皿なので、刺し色は紫です。

黄色をほんの少し使用すれば 締まったかな・・・

とも思いましたが、

色数は多く使い過ぎない方が品よくまとまるように思います。

  

  

そんな法則にのっとっているので、

ありえない色合わせは 青系と紫です。

   

  

  

  

ま、

あくまでも私の主観、好みもありましょうし、たんなる

私の法則なので 異論がありましたらスミマセン。

  

  

  

  

補色対比とは違いますが、

先のアイシャドーを参考に、

グレーベースの器に、ピンク・シルバー・黒の刺し色も

良いかもしれません。

  

アイシャドーを見ながら、ふっと 思いつきました。

  

  

  

こんなふうに、お洋服やインテリア、建築物等等等・・・

陶器とは全く関係ないと思われるものを見て

インスパイアされる事が多いです。

  

  

  

 

Img_4870

夏には ターコイズブルー系も良いですね。

刺し色にはオレンジ系を使います。

  

  

イメージは際限なく広がります。

  

   

  

  

そっか・・・

私、ブルー系のアイシャドーを持ってません。

  

  

夏になったらブルー系の目元も良いかもしれない。。。

  

  

  

今度は、

ランコムのブルー系アイシャドーをお願いします。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

   

  今度は、私に内緒で

  逃げるように外国へ行っちゃいませぬように!

  また、ランコムよろしくね!

  シャネルでもいいけど・・・

 

  

  

  

  

  

2012年4月23日 (月)

東日本伝統工芸展

  

今日までですね。

 
  
  
  
  

今日、行こうかと思いましたが

急遽、予定を変更し、昨日行って来ました。

  

  
  
  
Img_4839

見に行こうと覚悟しておかないと つい見逃してしまうので

今回は しっかり拝見して参りました。

  

  

  

日本橋の三越です。

今日までですから、このブログを見てから行こうったって、

もう間に合わないでしょう。

  

  

我が夫が入選しております。

  

  

  

“俺の名前はブログにはけっして書くなよ!!!”

  

  

と、脅されている・・・じゃなくって、釘を刺されているので、夫の名前は内緒です。

っつーても、

このブログにご訪問くださっている方は たいていの方は

ご存じですね。

もったいぶって内緒にするほどの名前ではありません。

  

  

  

ヒントは、今回の入選作品は、

唐辛子文様の大皿でした。

  

  

  

  

夫は、仕事場から私をスルーして展示場所に搬入するので

夫の作品を目にするのは たいていの場合、展示会場ですので

身内と言えども 冷静に客観的に拝見する事が出来ます。

  

  

  

今回の入選作品は、例年の20%減だったという事で、

さぞかし質の高い、名品揃いなのでしょう!

と、期待して伺いました。

  

  

たしかに、目をみはる素晴らしき作品が多く、

少々二日酔いの頭で見に行ったかいがありました。

  

  

???

  

  

   

  

私が本音を言うと 当っているだけに洒落にならないし

また非難の嵐が吹きまくりそうなので、

本日も本音は控え、

大人しく制作にもどります。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

2012年4月22日 (日)

打ち上げ反省会

 

たしかに 貧血だったのかもしれません。

寝不足も祟ったのでしょう。

 

 

 

   
   
   
3日ほど前、ふらりとダウンしそうになったので、

しっかり8時間寝る事にしたら復活したようです。

 

 

 

 

 

精神的にも肉体的にもタフな性格だと 高を括っていたら

やはり、若くはなくなっていたようです・・・

 

 

 

「だからしっかり寝なきゃダメでしょ!」

 

 

と、いつも、喧しく言われ、“うざいな・・・”

と、思っていましたが、スミマセン。

ご心配をおかけしました。

 

 

 

 

 

しかし、

反省するのは ほんの一瞬。

 

 

のどもと過ぎれば 熱さ忘るる

な、私でしょう。

 

 

 

スミマセン。。。

 

 

Img_4801


それで、

活を入れるべく、、、、

 

 

Img_4802


うなトロ御膳です。

鰻ふっくら 美味し!!!

 

 

 

Img_4803

 

最近のお気に入り店です。 自然薯とろろご飯が売りです。

芝柏の近くですよ。

しかし、ここへは いつも車のため、ビールおあずけが残念。。。。。

 

 

Img_4805_2

 

 

 

Img_4804

 

 

 

 

 

 

 

さて、

この日のために復活し、さらにパワーアップした私は

夕方から 芝柏の陶芸公開講座の23年度打ち上げ反省会でしたね。

 

 

 

柏そごう内、イタリアン・ポルトファーレで行いました。

 

 

 

なんと!

写真、撮り忘れました!

ただの1枚も写していません!!!

 

 

どうしちゃったんでしょう。

やはり、ボーッとしていたのかもしれません。

 

 

 

 

陶芸講座を受講してくださっている方、56名中

打ち上げ反省会には27名、参加してくださいました。

昨日も、盛り上がりましたね。

 

 

 

 

お店を借り切って、落ち着いた雰囲気で

楽しく陶芸談義に花を咲かせつつ 美味しくいただきました。

 

 

 

さまざまなお仕事で日々忙しくされている方々と

こうして陶芸を通じて出会い、お付き合いさせて

いただいている事に心より感謝しています。

 

 

 

ここで、こうして出会えた仲間は 私の何より大切な財産だと

思っています。

 

 

 

 

K田さんの挨拶で、

「粘土が、好きで好きで好きで・・・!!!」

という言葉が印象的でした。

 

 

その想いに全てが凝縮されていると思いました。

 

 

 

会計等等で、幹事をしてくださった U田さん、

いきなり司会に任命され、盛り上げてくださったY田さん、

ありがとうございました。

 

 

 

Img_4836

 

二次会で 急に思い出し、

なんだか意味の無い写真を写しました。

 

 

Img_4837_3

 

 

 

5月からは新年度、

私も気持を新たに 陶芸講座に望みたいと思います。

 

 

 

改めて、どうぞよろしくお願い致します。

 

  
人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

 

 

 

 

 

 

2012年4月20日 (金)

ドタバタ・・・

  

相変わらず・・・

  

ドタバタしているのです。

いろいろ 抱え込み過ぎているかもしれません。

  
  
  
  
  

120418_094635

水曜日は、東日本陶芸教室にて

他の先生の代行で、急遽、練り込み&泥彩 の講習会

を受け持ったり・・・

   
   
   
   
   
Img_4799

芝柏で 窯詰めしたり・・・

  
  
  
ギュウギュウ パンパンの ど根性詰めでしたね。

  
  
  
   

学生の頃、窯詰めで 作品が多過ぎて、いっぱいいっぱいの

ギュウギュウ詰めで四苦八苦する事を 

私達は“根性詰め”と言っておりましたが・・・

  
  
  
なんの疑問ももたず、言っておりましたが

私達だけの間だけで使っていた言葉だったのでしょうか?

他の陶芸家さん達は んな事 言わんのでしょうか?

  

  
  
  
  
Img_4800

珍しく こんな形のカップを作ってみたり・・・

  
  
可愛い形になったから、紋様をつけるの やめようかな、、、

いや、

それじゃ、私の作品にならないか。

  
  
と、思ってみたり・・・
 
 
  
  
ま、

その他にも いろいろと・・・・・ 
  
 
ドタバタ駆けずり回った数日間でした。

  
  
駆けずり回ったという事は、制作は進んでいないという事です。
  
  
  
  
  
陶芸家は 駆けずり回らずに、工房にこもらねば本来の姿では

ありません。

 

 

 

しかし、まだしばらく ドタバタの日々は続くでしょう。。。

    
  
  
  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

  

2012年4月18日 (水)

展覧会予定

  

今後の決定している展覧会予定です。

  

_dsc6795_convert_20120417225623

  

  

H.24年 5月8日(火)~5月21日(月)

『お茶の器展』(展覧会名未定)

渋谷西武B館8階 ギフトギャラリ―

  

沢山の作家さんが出品されるのだと思います。

私は、ほんの少し・・・10点ほど出品いたします。

   

  

 



H.24年9月7日(金)~9月23日(日)

萩の庵ギャラリ―にて 個展 

 

  

徳島県で初めての個展、

とても雰囲気の良い画廊です。

関東圏以外での個展は久しぶりなので

個人的にとっても楽しみです。

 

旅気分で数日間徳島に滞在しようと思います。

  

  

なんて、悠長な事は言ってられず、

作品準備、全く出来ていないので、

実は、超!焦っています・・・

  

  

そのわりに 杉沼さん お遊び多いですね。

  

ハイ。。。スミマセン。。。。。

  

  

Dsc_0281_convert_20120417225933

  

  

H.25年4月

『第18回 彩女会陶芸展』

日本橋三越本店

  

Dsc_0370_convert_20120417230126

  

  

手間のかかる仕事で 量産出来ないため、

展覧会の依頼をいただいても なかなかお受けする事が

出来ないので、今のところ 

この予定で いっぱいいっぱいですが、

他にも正式決定はしていませんが

ありがたいことに 展覧会のお話、数件いただいています。

  
   
  

  

作っても作っても 追い付かない状態ですが

ひたすら作り続けます。

  
   

どうぞ 宜しくお願いいたします。

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

2012年4月16日 (月)

YEBISU THE HOP

 

出ましたね。

  

やっと会えました。

  

  

  

Img_4781

エビス 〈ザ・ホップ〉

  

  

これ↑が一番好きなんです。

ちょっと前までは 定番で販売されていたと思って

いましたが、

ある時突然、私の前からいなくなってしまい、

1年以上、お目にかかっておりませんでした。

  


もう、会う事は出来ないのかと あきらめていたトコロでの再会。

  


「おおおおおおおおおおおおおお~!」

   

  

  

期間限定になってしまったのでしょうか?

  

という事は一定期間が過ぎたら

また会えなくなってしまうのでしょうか?

  

  

  

だったら この限られた期間に出来るだけ多く

会っておかねば!

  



Img_4798_2

  

  

形は好きだけれど 模様がなんとも野暮ったくて

個展には出品しなかったマイカップです。

  
  

ビールをいただくのに、悪くはないカップです。

  

  
  
  
  

あー 美味い。

是非とも期間限定なんて、寂しい事言わんと

定番で、いつでも出会えるビールにしていただきたいと

希望します。

 

  
  
  

いつでも出会えると思うと安心して、

たま~に浮気してしまうのかしらん?

  


  

限定だと思うから魅力を感じるのかしら?

  

  

  

いや、

エビス〈ザ・ホップ〉は美味しい。

定番商品になっても 一番好きよ!!!

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

  

  

  

2012年4月15日 (日)

お茶しよっ!

  

桜もおしまいですね。

ソメイヨシノの葉が出てくると、季節の移ろいを感じ、

ちょっと寂しい気持ちになります。

  

  

初夏の新緑も良いですがね・・・

  

  

  

Img_4792

  

時間ある?

お茶しない?!

  

    

今日は、、、、

アルコール抜きですよ。 

  

  

アフタヌーン・ティーのカフェでお茶です。

  

  

Img_4794

  

我が家のじゃじゃ馬姫のピアノ関係で

まっ、イロイロあったもんで

その イロイロが終わった後 めずらしく、、、

私といたしましては 本当にめずらしく カフェでお茶です!

  

  

  

Img_4795

お友達が注文したアフタヌーンティーセット。

  

ウキッ!可愛い!

  

  

  

ママ友という言葉は ゾッとするほど嫌いですが、

おかん になってからの、子供を通じての友達だから

ママ友っちゃーママ友なんでしょうが、、、、、

  

  

  

上っ面な感じがして嫌です。

  

子供に関係なく 友達は友達がよいですかね。

友達と知り合いは違いますし。

 

  

  

遠い親戚より 近くの他人・・・

  

  

この 近所の おかん友人達には、

仕事に駆けずり回り、中途半端な親をやっている私は

どんだけ助けられているか分かりません。

  

  

  

ありがたいです。

本当にありがたいです。

  

  

Img_4796

私も ケーキにしよ・・・

かと 一瞬思いましたが、

私、最近、甘いモノを食べきる自信がないという。

  

  

  

間食は ほとんどしませんの。

  

小腹が空く夕方には ビールの方がよいですし。

  

  

  

で、スコーンにしましたが、

この 生クリームとジャム、甘みが グッと控えてあり、

生クリームなんて、ほとんど甘くなく

甘くないと生クリーム本来の味が引き出され

私でも美味しくいただけました。

  

  

スコーンも、外はカリッ、中はしっとりで

スコーンにありがちな モサモサ感もなく

アフタヌーン・ティー カフェのスコーンって

美味しいのですね。

  

  

  

久しぶりに お酒抜きで

女子っぽく、楽しいおしゃべりを楽しみました。

  

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

2012年4月13日 (金)

千鳥ヶ淵ランチ

  

んで、

   

  

千鳥ヶ淵桜見物ツアーの後、

その日の彼氏(?)が予約してくださっていたお店は、、、

  

  

九段下の なんちゃらという料亭でした。

  

  

最近、和食づいている気がしないでもない・・・

  

  

いや・・・なんだか食い意地がはっているのが すっかり

広まってしまったようで 

申し訳ありません。

  

  

私といたしましては、靖国神社参道に並んでいた屋台で

焼きそば・たこ焼き・ビールに綿あめ で、十分満足だったのですが、

  

 

 

皆さん、

私の顔色を伺っておられるようで、

変なもん食わせたら、後でブログに何書かれるか 

知れたもんじゃないっ!

  

  

っと、思われているような気がしないでもない・・・

  

Img_4752

透けて見えるのではなかろうか?

と、思われる程 薄造りのお猪口は 綺麗でした!

  

Img_4753

あら素敵!!!

  

千鳥ヶ淵のハラハラと舞い落ちる桜の花弁を

必死で捕まえて この人は何をやってんだろ?

  

  

と、思っていたら、コレ↑をされたかったようですね。

  

  

ロマンティストですね。

私は 考えもしませんでした。

  

  

私には、これをしたら 相手は喜んでくれるのではなかろうか?

という

思いやりの気持ちが薄いのかもしれません。

  

そのくせ、

どうーして、私のために こうしてくれないんだろっ?!!!

  

という要求ばかりが多いのかもしれません。

高飛車な姫ですかね・・・

  

Img_4755

先付け。

手前左・水晶茄子  右・ウニそーめん

  

水晶茄子とは なんぞや?

と、伺ったトコロ、

なすの上に、わらび粉で寒天状にした物体が

乗っっかっていて、それを水晶と見立ているようです。

  

  

Img_4754

ウニと海藻で ウニそーめん。

  

  

Img_4762

煮物、お造り、

いろいろ ありましたが

印象に残ったもののみ ご紹介いたします。

  

これはビックリ!

春大根の上に フォアグラと あいなめ、

四川風 香味味噌が ソースとして掛かっています。

  

洋風のような、中華風のような、複雑なお味でした。

  

  

  

だいたい、フォアグラなんて めったにお目にかかれません。

  

  

フォアグラ・キャビア・トリュフ

っちゅうだけで、美味しいかどうかはさて置き

ビビってしまう庶民です。。。

  

  

  

しかし、

ほんまに この3大珍味食材、美味しい?んですか???

  

Img_4766

芽キャベツ、オレンジと、なんだったっけ?

美しく、すっきりとした酢の物。

  

  

Img_4757

ワインもフランス産の 驚くほど良いものばかり、

取り揃えられておりました。

  

  

しかし、この日も帰宅後、仕事が山盛り残っています。

  

呑み助になるワケにはいきませぬ。

グラスでいただきました。

  

  

私の、ベストな酒量が やっと分かりました。

  

中ジョッキでビール1杯。

と、ワインをグラスで 1~2杯。

  

ってな位ですね。

  

  

こんだけ呑んでいて、やっと把握できたというアホです。

  

  

Img_4767

私が いただいたのではありません。

山形の出羽桜。

  

  

お店の方も いっぱい言い訳しておりましたが、、、、

  

この片口の注ぎ口、

見るからに駄目ですね。

  

キレの良い注ぎ口を作るのは、

それほど難しい事ではありませんから、

これがプロの仕事だとしたら、

実用性を重視したのではなく 

ポッテリとした デザインを重視されたのでしょう・・・

  

  

と、前向きな優しい判断をいたしましょう。

  

  

やはり、

良い器で、たくさん食べて、たくさん呑む事は

器を作る事を職業としている方には必要かもしれませんね。

  

  

食べ過ぎ陶芸家の言い訳。

  

  

失礼!

   

  

Img_4769

〆は 鯛茶漬け。

手前左の ゴマ醤油を 鯛にからませてから

ご飯にのっけ、

薬味を散らし、ほんのり塩味がついたほうじ茶をかけて

いただきます。

  

  

Img_4770

寝不足の運動不足の体で 桜の下をさまよい歩いた後には

この あっさりとしたお茶漬けが何よりでした。

  

  

  

Img_4771

  水菓子。

  

  

  
  

私の辛口評価を気になさっておられるようでしたが、

  

  

  

美味しゅうございましたよ。

  

本音は控えます・・・

  

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

  

  

  

2012年4月12日 (木)

千鳥ヶ淵

  

も少し、ほんの少し若い頃、

  

  

桜はあたりまえに 毎年咲くものと思い、

そろそろ 桜の花は ほころんで来るかしら? なんて、

花の咲くのを心待ちにする事などもなく、

  

  

咲いてから、

「あー桜か・・・」

と、思う程度で。。。

  

  

  

この時季、

通学路だった上野公園は、酒臭く、オヤジ臭くなり、

ウゲッ と思ったり、

  

  

桜の木の下で盛り上がっているサラリーマンを客観的に

眺めながら、嫌悪感を感じるでもなく

私とは 無縁の世界。

と、なんの感情もなく通り過ぎたり。。。

  

  

  

それが、今では

来年も、こうして桜を愛でる事が出来るのだろうか?

なんて、散りゆく花に切なさ、儚さを覚えたりするもんだから、

年をとったという事でしょうか?

  

  

  

Img_4731

ギリギリだったっかもしれません。

昨夜の雨で、花は、だいぶ落ちてしまったかもしれません。

  

  

  

今年、私は どうしても!どうしても!

千鳥ヶ淵の桜を見たかったのです。

  

  

ここら辺で 仕事をされているという 

何番目かの彼に案内していただき・・・

  

  

というと、また語弊があるかっ。

彼という事にしておいてあげます。

  

  

  

半蔵門から九段下まで 千鳥ヶ淵沿いを歩きました。

  

  

Img_4732

  

ウワ~・・・

感無量。

しみじみと 感じ入りました。

  

  

ただでさえ、涙もろくなってるっちゅうに、

この美しさは いけません。

  

  

  

何故、私が ここ千鳥ヶ淵の桜を見たかったか、、、

  

Img_4775

それは、

何を隠そう 冬子さん ですね。

  

  

愛すべく松井冬子さんの絵を 私は今も毎日毎日眺めては

拝んでいるのです。

  

  

“この疾患を治癒させるために破壊する”

という 意味不明のタイトルを付けられた この桜の絵の

モチーフとなった場所に

この季節に どうしても行きたかったのです。

  

  

  

あそこだろうか?

ここだろうか?

と、巡りながら、分かった事がありました。

  

  

私は、韓流ドラマには全く興味ありませんし、

ちら見した事はありますが

5分以上見た事はありません。

  

  

ましてや ドラマのロケ地ツアーなんぞ理解の範疇を

超えていたのですが、

分かりました。

  

  

  

分かったような気がしました。

  

 

愛すべき かの方の辿った道を 自分も歩いてみたいという

想いに通づるものがあるかもしれません。

  

 

   

ちと、ちゃうでしょうか?

  

  

  

Img_4727

道を挟んで イギリス大使館。。。

  

  

  

  

Img_4729

国会議事堂も望めます。

おかげさまで、良いロケーションをお散歩できました。

  

  

  

たま~に雨がポツリ。

花曇りで しっとりと落ち着いた桜色。

  

  

プワ~ッと快晴の下の華やかな桜も良いけれど、

昨日の空は まさに冬子さんの描く世界でした。

  

  

Img_4734

う~んんんん・・・

ここかな? ここの場所が近いかな?

  

  

  

いや、もう、何処でもよいのです。

千鳥ヶ淵は千鳥ヶ淵です。

  

  

  

Img_4739

インド大使館の横も通り・・・

  

  

Img_4737

Img_4745

  

水面(みなも)につきそう。溢れんばかりの 桜・桜・桜・・・

  

  

  

Img_4747

白くなっている水面は、岸辺ではないのです。

花弁が吹き寄せられているのです。

  

  

  

はらはらとした 散り際がまた切なくも美しい。

一番良い時に 愛でる事が出来ました。

  

  

  

冬子さんの絵のタイトル、

“この疾患を治癒させるために破壊する”

  

  

私なりの解釈で理解できたような気がしました。

  

  

“この疾患を治癒させるために破壊する”

  

  

  

  

その場に立たないと、、、

直接目にしないと、、、

直接肌で感じ、

  

そして直接会わないと、

  

 

本当に理解する事は出来ないのだと思います。

  

  

Img_4751

  

  

そして、

玉ねぎの 乗っかった武道館を眺め、

この日の桜ツアーは おしまい。。。

  

  

お昼どき、

調度、お腹がすきました。

  

  

つづく・・・

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

2012年4月11日 (水)

貴重な孤独時間?

  

誰も 私の事を 孤独な人だとは思っていないでしょうし、

私自身も、自分が孤独だとは思っていない・・・

  

どころか、

あーーーーーーーーーーーー孤独になりたい・・・

と、思うほど 私の回りはやかましい。

  

  

ちょっと、ほっといて頂戴。。。

  
  

  

よって、私には全く当てはまらないのですが、

陶芸家の仕事というものは、孤独な仕事・・・らしいのです。

  

  

いや、孤独にならなければいけないのかもしれません。

そうでなければ、

黙々と ただひたすらに制作に没頭しなければ進まぬ仕事。

  

  

  

  

Img_4717

とにかく、

私に与えられた孤独になれる時間は、昼間の数時間。

  

  

たいへん貴重な孤独時間。  

  

  

制作に没頭出来る孤独時間は 幸せな時間でもありますが、、、

   

    

時として

世間から、切り離されているような・・・

世の中は、もの凄いスピードで進んでいるのに

私一人、置いて行かれてしまっているような、、、

  

  

遅々として進まぬ仕事に 虚しさを覚える事もあります。

  

  

  

Img_4718

  

そんな時、こう思う事にしているのです。

この茶碗を作り、生み出す事で 私は 世間と、世界と繋がって

いるのです。

  

  

Img_4720

私のモチーフの一つ。

シンボルマークにすることにしましょう。

  

  

“太陽”

なんかを 器にひっつけると

この器は 天にも繋がり・・・

  

  

  

Img_4722

茶碗の中には、宇宙が広がっている!!!

  

  

 ??? 

  

   

とでも思わねば、

自分が だんだんちっぽけな人間に見えてしまう今日この頃・・・

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

  

  

  

  

  

2012年4月10日 (火)

入学式

  

何故・・・

こんなに マヌケで、うっかり忘れが多くて

いろいろ考えなければならなくって、

いや、

考えなくってもよいのですが、

せねばならない事が山盛りで仕事がはかどらない

のだろう?

  

  

私は、いったい 今、どんだけの 頼まれ事、仕事先と

関係しているのだろう・・・

  

と、

きちんと書き出してみたら、

12ヶ所(あっち と こっち の陶芸教室を含む)

ありました・・・

  

  

仕事っちゅーのは、そういうモンでしょうから、

この数字が多いか少ないかは個人の判断で

違ってきましょうが、

どうりで いっぱいいっぱいな今日この頃です。

  

  

それなのに今日、もう1件、依頼を受けてしまいました。

  

  

どうして、

私は 自分を追い詰めているのだろう。。。

  

  

追い詰めているつもりはないのですが、

結果的にそうなっているという事です。

  

    

  

なんだか

スッキリしません。。。

  

  

  

Img_4706

しかし、

空はすっかり晴れ渡り。

  

   

  

お花見に行ったわけではありません。

  

  

Img_4695

長男の 中学校入学式でした。

  

  

若き校長のアフリカの原住民を例えにとった話しは、

生徒達への教訓でしょうが、

親である私自身への戒めのようにも聞こえ

ぐさりと胸に突き刺さり・・・

  

  

  

凛々しくも 初々しい、ぶかぶかの詰襟を眺めつつ、

  

母のような 間違った道を辿らぬよう、

しっかり学問に励んでもらいたい!

  

こっちの道には来るなよ!来るなよ!

  

  

っと、

改めて 願うのです。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

  

  

  

2012年4月 8日 (日)

上野の夜桜

  

上野の夜桜話しに戻ります・・・

  

  

Img_4638

18時少し前。

  

  

Img_4640

まだ空はほんのり明るく。

  

Img_4641

夜桜にはまだ早い。

  

  

Img_4642

箸置きも桜

  

  

Img_4643

いつだって、とりあえずビール。

  

  

しかし、ここに至るまでホットレモンのハイボールを2杯飲んだ

気がします。

  

  

  

Img_4644

新ごぼうの 糝薯(しんじょ)

  

Img_4645

高台。

バランスが良いか悪いかは別として

いつもいつも思うけれど、改めてここの器って良いモノを

使っておられます。

  

  

Img_4646

碗。

  

  

Img_4647

テラスが素敵だよ!

っと、

連れの方に言われて出て見たら!

  

  

Img_4649

  

  

Img_4650

  

  

Img_4651

桜と照明のインスタレーションになっとりました!

  

写真を撮っておりましたら テラス向こうの団体のお客様

が、ガン見されております。

  

写真、写してはいけなかったのかしらん?

  

っと、お店の方に詳細を伺いましたら

  

  

  

いえいえ、

写して下さって構いません。

  

この設えは、照明デザイナーの石井あかりさんがされたとのコト。

(石井幹子さんのお嬢様ね)

  

んで、今、その あかりさんと家庭画報の読者の方達との

お食事会が開かれているとのコト。 

  

  

ひええええええええええええええええええーーー!

そうだったのねええええええええええええええー!

  

  

そして、このインスタレーションはこの日位までとのコト。

  

なんて幸運!!!

  

  

Img_4652

そして、

イタリアの白ワイン。

  

  

Img_4654

お造り。

  

Img_4655

やはり、ここの器、盛り付けの工夫のされ方

ただモノではありませんな。

たんにオーナーのセンス、趣味の良さ、、、とも ちと違うモノを感じます。

これは、絶対、プロデュースしている人がいるね。

プロの仕事ですね。

  

と、前々から確信していたのですが・・・

  

  

今日、とある知人、Y氏にたまたま偶然伺ったところ、

ここ韻松亭全体を こだわりを持ってプロデュースデザイン

されている方が あの、その方だったのですとっ!

  

  

なんのコトやら誰のコトやら 分かりませんでしょうが、

私の中で疑問だったコトがつながって、

  

そういう事だったんだあああああああああああ~!!!

  

  

しかし、そういう事を 嗅ぎつけていた私もさすがです。

やはり、伊達に食いしん坊やってません。

    

  

  

なんちゃらの星係り? と疑われたとしても仕方が無い

食いしん坊根性でしょう。

  

  

フッ。。。

  

  

  

Img_4657

しのぎ。

ブロッコリーのスープ。

  

  

Img_4662

  

  

Img_4664

春の山菜と稚鮎の天ぷら。

  

へ~ もう鮎ですかっ?!

  

と、手前のピンクの一筋は、梅塩です。

  

ね、この盛り付け、ただもんじゃないっしょ。

  

  

Img_4663

  

Img_4659

やっと、更けて来て、夜桜の風情になってきました。

 

 

Img_4670

赤ワインは、グラスでいただきました。

山梨のものでした。

渋みは全くなく、ほど良い甘み。

飲みやすくって、葡萄ジュースのようでした。

国産ワインも美味しくなりました。

  

 

Img_4667

茶碗蒸しの・・・

  

Img_4669

蓋裏だって、コレ!ですよ!!!

素敵っしょ?!

  

  

Img_4671

筍ごはん。

  

Img_4672

やはり、土鍋で炊いたご飯は、この上ないですね。

  

  

Img_4660

なんと、

濁り酒も、ほんの少々いただいてしまいました。

  

塗り物の片口です。

片口に入ってくると、お酒の甘い香りがほんのり

立ちこめ、良い風情です。

   

  

しかし、お猪口が、よくありませんでしたよ。

ここまで完璧だっただけに なんと残念!

    

  

Img_4673

いちご・マンゴー・ 向こう側のグレープフルーツの

くし切りになっているものは、

角切りになった牛乳かんのようなモノが入った

ゼリーで、

美味しゅうて、美味しゅうて、美味しゅうて、、、、、

  

  

  

トイレに立ったまま、なかなか帰って来ない連れの方を

待ち切れず、

ずいぶん、飲んでいらしたし、デザートいらないよねっ。

  

っと、勝手に判断し、連れの分までペロリと

きれいさっぱり食べちゃいました。

  

  

やっと、帰ってきた連れは

  

  

 「へえ~!

 食べちゃったの~?!

 食べたかった~!!!」

    

  

と、言っとりましたが

知らん。

  

  

腹に納まってしまった物は 

もう、知らん。

  

  

 「あー・・・

 そうだったの・・・」

  

  

と、謝りもしないトコロが、私らしい私の良い所でしょう。

  

  

・・・スミマセン・・・・・

食いしん坊が過ぎました。

  

  

Img_4677

  

この日、

ハイボールから始まって、濁り酒まで・・・

  

  

私は、いったいどんだけ飲んだのでしょう・・・?

  

  

Img_4679

帰りしな、上野公園の綺麗にライトアップされた桜を

撮ろうったって、ピントが合いません。

  

  

夜の桜は、、、

美しかった・・・

ような気がします・・・・・

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

当然、

次の日 二日酔いにて

午前中ダウン。。。

  

  

  

  

  

  

2012年4月 6日 (金)

皆で練り込み

    

金曜日はバタバタです。

  

しかし、あちらこちらから お呼びがかかり、

ドタバタと駆けずり回るのは嫌いではありません。。。

  

  

  

Img_4692

金曜日は 東日本陶芸教室です。

  

以前から皆さんから希望のあった、練り込み講習を

午後のクラスの方 対称に行いました。

  

  

午後クラスの方達は、月に一回、

基本午前中に行われる講習会に

参加する事が なかなか出来ません。

  

  

ので、↑上の練り込み皿を 講習しながら皆で制作して

みる事にいたしました。

  

 


Img_4681

練り込みは何だかよく分かりません。

よほど好きでないと 取り組む事がなかなか出来ません。

  

  

んで、皆で協力してやってみりゃ 恐くないっ。

という事で 7名のグループで、挑戦してみる事にいたしました。

  

  

  

Img_4682_2

Img_4684

  

  

Img_4683_2

私だって、本当は、練り込み専門の作り手ではありませんので、

例の大先生の本に頼りながらの講習です。

  

  

練り込み専門の陶芸家さんの思考能力は、それを専門とはしない

陶芸家とは違うらしく、

想像力に乏しい私は いつも手探りしながらの練り込み技法です。

  

  

しかし、この陶芸教室で 練り込み講習するべく勉強してみたら

私なりに コツを掴めてきました。

  

  

Img_4686

   

Img_4685

途中までは、皆さん、自分がいったい何をやているんだか

分かっていません。

  

   

  

Img_4687

  

Img_4688_2

  

Img_4689_2

少し、先が見えてきましたね。

  

 

初めから細々と説明を受けるより 作ってみる事で

納得していただく事がなによりでしょう。

  

  

Img_4691

  

しかし、

こんなブログの写真だけでは 全く意味不明ですね。

 

  

顔料を粘土に練り込む事から始めて、ここまでの作業で、

2時間30分。

 

  

終了時間も過ぎてしまったし、  

この状態で濡れたタオルに包んで来週まで放置します。

  

  

皿の形にするのは、来週にいたしましょう。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

 

  

  

  

  

  

  

2012年4月 5日 (木)

夜桜の前に

   

スミマセン。

遊び疲れの吞み疲れですね。。。

  

  

仕事が進まないのは桜のせいです。

  

  

Img_4617

我が母校が存在する上野のお山のソメイヨシノは

満開手前の美しい時季を向かえていましたよ。

  

  

Img_4619

桜の種類も数々ありましょうが、

やはり、ソメイヨシノ が花開くと花見に出掛けたくなります。

  

  

Img_4620

清水観音堂(重要文化財)

京都の有名寺院になぞらえた堂舎を建立した中の一つ。

  

  

学生の頃は、横を素通りするだけで 存在すら知りませんでしたね~。

寛永寺にだって興味がなかったのでアホですね。

  

  

  

Img_4625

枝垂れ桜も美しく。

  

  

Img_4627

美しくもなやましく・・・。

  

  

  

  

Img_4635

昨日の本来の目的は 夜桜見物でしたが

暗くなるにはまだ時間があったので・・・

  

Img_4634_2

蓮見茶屋が、期間限定でしょうな。

ハイボール ガーデン

なんつー 小洒落た設えになっとりました。

  

  

Img_4630

お天気もよろしく、不忍池を眺めながら

  

Img_4631

縁台で ホット檸檬のハイボールをいただきました。

  

  

ふだん、めったにウィスキーはいただきませんが、

夕方の少しひんやりする上野公園内で

この、なま暖かさが調度良く

自宅でも、これからはハイボールだねっ!

っと、思いました。

  

  

『ウイスキーがお好きでしょ・・・・・』

  

と、いうフレーズがエンドレスで流れていたもので

今だに あのコマーシャルソングが耳から抜けません。

  

  

イメージキャラクターは小雪さんの印象が強いですが、

ポスターは 菅野美穂さん がずらりと並んでおられました。

  

大人のハイボールのイメージから

さわやかなドリンクという印象へのイメチェンってやつでしょうか?

  

私は、どちらの女優さんも好きなので、どっちでもかまいませんが、

どんな業界でも、イメージってのは大事なんですね。

  

  

    

Img_4639

そして、18時少し前、夕暮れ時、

まだ空は ほんのり明るかったけれど

私を応援してくださる方が予約を入れてくださった

韻松亭へ向かいました。

  

  

この季節、ここの席をキープするのは大変だそうで、

何ヶ月か前から予約を入れておいてくださったそうです。

 

  

ありがたい事です。

食いしん坊ブログをやっているかいがあります。 

  

  

私、ここのお料理と器の大ファンで・・・

  

   

あ・・・

陶芸ブログでした。。。

     


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

   

    

さすがに 制作に取りかからねばならぬので

つづきは明日。。。

  

  

  

  

  


  

  

  

  

  

2012年4月 4日 (水)

目がショボショボ

  

暴風雨、すんごかったようですね。

皆様 ご無事でしょうか?

  

フラフラ遊んでないで、ちゃんと早めに帰られましたか?

  

  

んで、私も

昨日午後からは、良い子で家に引きこもり・・・

  

Img_4613

これ↑を、作っていたワケです。

  

  

いや、いつだって 良い子で工房に引きこもっていなければ

ならない状況です。

  

毎日、昨日のような嵐なら 私の仕事は もっと進むのに。

  

  

Img_4614

茶碗、内側にも文様。

  

Img_4615

そのように お客様から ご依頼うけましたので。

  

Img_4616

内側も外側も 細かい文様を ちんたらちんたら

やっていたら、これ1個で 夜中0時を回ってしまいました。。。

  

  

あ~ん・・・

4個、終わらせる予定だったのに 全然ダメじゃ~ん!!!

  

  

でも しかたない。

私はコレがやりたいんだから しかたない。

こういう制作のやり方なんだから しかたない。

  

  

だから、もっと簡単な方法を考えなよ。

と、言われているのに 私が頑固で譲らないんだら

しかたない。

  

  

0時まわったら 目がショボショボしてきた。

最近、ますます視力があやしくなってきた。。。

  

眠い・・・・・・

  

  

桜が咲くから、ますます仕事が進まない。。。

仕事が進まないのは桜のせい。

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

2012年4月 3日 (火)

STAR DUST

 

千葉県にも暴風雨が襲ってきたようですな。

 

 

どうしよう どうしよう・・・

帰って来れなかったら どうしよう・・・

 

と、ドキドキしながら、、、

急いで午前中 行って来ました。

 

帰宅したとたん 雨風がひどくなってきましたから

ぎりぎりセーフでしたね。

 

Img_4612


日本橋三越本店にて開催されていた

東京藝大の先輩、三上さんの個展を拝見しました。

 

 

STAR DUST と、サヴ タイトルがついた三上さんの個展の

新作を どうしても拝見したく。

 

 

Img_4611

STAR DUST

星屑? 小星★団?

ロマンチスト・・・

男性の方が ロマンチストですね。

  
女性の方が 現実主義者かな・・・

 

男性、女性でカテゴリーを分けるのは嫌いですが、、、

それぞれ いろんなタイプの人間がいますものね。

私は男前な女ですが、ロマンチストではありませんし。

 

 

“女性だから・・・”

というジェンダー的判断をされるのは嫌ですが、

最近言われなくなってきたなあ・・・ わたし。

 

逆に 女だから恐ろしい、、、と思われてるな・・・と感じる事

多し。

 

 

 

三上さんの新作、

不思議な質感でした。

 

先輩の作品にはノーコメントです。

 

三上さんご自身も ますます魅力的に 人として、

男性として深みが増され、

人間の本質って、

顔に出るものだな、と つくづく感じました。

 

 

良い仕事をされている方は 表情、言動、雰囲気に接すれば

分かりますね。

素敵な先輩です。

 

 

私も 浮ついてないで 頑張ろう!

 

と、根性入れなおしたトコロで・・・

 

さささ、急いで帰ります。

常磐線は、風に弱い。

止まっちゃう前にダッシュです。

 

 

Img_4610


最寄りの駅に着いて ホッとしたトコロで

柏そごう でイタリアンです。

友人に付き合っていただきました。

 

 

 

皆様、今月21日、ここで打ち上げですよ。

メニューの相談がてら 下見して来ました。

 

たんに、イタリアンが食べたかっただけですけどね。

 

 

Img_4599


  

Img_4601


ピッザ。

アンチョビが入ったロマーネとやらにしてみました。

アンチョビ好きです。

 

 

パリパリ生地のピッザも良いですが、

ここの ふんわり 少々もっちり生地、美味しいよ!

当然、石窯(レンガ窯?)での焼き立てです。

 

 

Img_4603

生ハムと季節の野菜のタリアテッレ。

 

ようするに きし麺 ですな。

薄味が よろしゅうございました。

薄味という事は、素材の味を生かし、ごまかしていないっちゅう

事ですもんね。

 

 

Img_4605_2


アサリとムール貝、

下に白身の なんちゃらというお魚も控えています。

 

オリーブの実とケッパーも入っていて正解でした。

 

 

Img_4606


ランチコースは デザートでおしまいですが・・・

 

 

Img_4607


おまけで チーズも注文してみました。

 

ひと口いただいて あああ~・・・ と、ため息。

やはり 食後のチーズは格別。

美味しい。 ただただ美味しい。。。

 

ゴルゴンゾーラとパルメジャーノ。

はちみつもつけていただきました。

美味しい。。。

 

 

ただ、、、

お気づきでしょうか?

本日は ビールもワインも無しです。

 

車でしたから・・・ 涙。。。

 

 

 

しかし、満足です。

美味しゅうございました。

 

 

 

30と数名の団体になっても 味と素材の質を落とさずに

よろしくねん!

と、念を押してきました。

 

 

 

打ち上げ・反省会の出欠のお返事、

まだの方、連絡お待ちしておりま~す!

 

 


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

 

暴風・・・ 来ましたね。

皆様 お気をつけくださいマセ。

 

2012年4月 2日 (月)

酔・宵・良

  

日本酒は飲めない!

と、断言していたわたしが 急に飲む気になった訳。

  

Img_4586

  

利き酒の会、“かすが会” のお誘いを受けていたのでした!

  

以前から 話しには聞いていたのですが

こんなに 盛大な会だとは存じ上げませんでした。

  

千葉県は我孫子市に  春日や というごっつい酒屋さんがあり

そこを事務局に置き、運営されているそうです。

  

Img_4585

ここ鈴木屋さんの お料理と共に

年に3回 例会を催されており、

会員でなくても ビジターとして参加出来るとの事で、、、

  

お酒と美味しいもの好きの Kさんの話しを聞いていたら

日本酒に興味が湧き、参加させていただく事にしたのでした。

  

  

Img_4588

この“かすが会” 会員151名、内、全国の蔵元会員、

北は北海道、南は長崎県までの蔵元さん、46軒

食品会社会員5軒で成り立っておられるようです。

  

当然、新潟県の蔵元さんが 一番多いのです。

  

そんな全国の蔵元さんが 今年1番の自信作、新酒を

持ち寄っての利き酒の会です。

  

日本酒をこよなく愛する方達の こんな ごっつい会に

私のような 味の分からないモノが参加して良いのだろうか?

と、

少々不安でもありましたが 食いしん坊根性がうずき、

のこのこと出掛けていったのでした。

  

4月の例会は 新酒を楽しむ会。

全国25の蔵元さんの新酒が並びます。

会が始まる1時間程前から ずらりと並ぶ新酒を

試す事が出来ます。

  

どっ どーしよう~。。。

25種類も・・・

酔っ払って立てなくなってしまうかもしれない・・・

生きてここから出られるだろうか・・・?

  

という一抹の不安がよぎりました。。。が、

小さいカップにほんの数滴づつ、もちろん 口に含んで

ペッしてもよく、お水を飲みながら

25種類、全てお味見させていただきました。

  

正直、本当に正直言って、

日本酒の味にキレがあるだとか なんちゃら、

表現の仕方が分からりませんし、

磨きが違うと 味が全然違うね!

なんて おっしゃる方もいて、

ますます 私にはチンプンカンプンです。

 

しかし、

よく分からないなりに あっさりとか こってり濃厚とか

フルーティとか 酸味が強いとか、

うっとりするような香りがたちこめるようなものだとか、 

好みの味もはっきりして来ました。

    

Img_4589

今回は、100名ほどの参加者がおられました。

  

初めてお会いする方が多く 初めとまどいましたが

酒好きの集まりゆえ、すぐに打ち解け仲良くさせて

いただきました。

  

「日本酒、お好きなんですね。よく飲まれますね。」

  

と、同席した方々から言われましたが、

ん?

  

そういえば、変に酔っ払う事もなく 私、今日は調子よく

飲んでいるかもしれない。

日本酒は体に合わない?と、思っていたのに!

  

それは、良いお酒だからですよ。

  

だそうな。

  

ウンウン。 たしかに、そうかもしれない。

  

Img_4594

鈴木屋さんの会席料理も 美味しゅうございました。

  

日本酒には 淡い味付けの 食材の味をいかした

あっさりしたお味のものが 断然、合うと思います。

  

  

“かすが会”

何度かビジターで参加させていただき、

会に入らせていただく事も検討したいと思います。

次回、7月は会員のみの例会だそうですので

11月の例会にて また 最高のお酒と お酒を愛する皆様に

お目にかかりとう存じます。

  

  

良いお酒と、素敵な酒好きの方々に出会う事が出来、

とても有意義な4月初めの1日でした。

  

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

   

作った事のなかった、

日本酒を飲むための ぐい吞み・冷酒吞み、

作らねばなりませんね~!!!

 

 

2012年4月 1日 (日)

男は黙って・・・

  

で、

サッポロビール園の続きです。

 

Img_4524

ガイドのお姉さまの パフォーマンス、

究極のビールの注ぎ方、3度注ぎです。

  

1度目は高い所から勢いよく注ぎます。

きめ細やかな泡が立ち、初めは泡の分量が多い位ですが

泡の分量とビールの液体の分量が半々になった時に、、、

  

Img_4525

2度目を注ぎます。

1度目よりは低い位置から。でも勢いよく。

  

Img_4526

そして3度目は カップの注ぎ口につける位の位置から

ソロソロと静かに流し入れます。

  

Img_4527

サッポロ独自の新製法により、泡立ちが長持ちし、

この泡が蓋の役目となりビールの旨味を逃がす事無く

最後まで美味しくいただけるをそうです。

  

私、サッポロホールディングスから感謝状を

いただいても良いくらい サッポロビールのコマーシャル

上手にしていますね。

関係者の方、どうぞよろしく。ウソです。感謝状はいりません。

  

  

この お姉さまが注いでくださったビール、

当然試飲させていただきました。

缶のままのものと飲み比べてみてください。と。

ハイ。

たしかに 泡立ち良くグラスに注がれた方が まろやかで

美味しかった、、、ような気がします。

でも、どちらも美味しかったで~す。

  

  

帰宅後、同じように3度注ぎをしてみましたが

これほど泡立ちが上手くいきません。

何故?

コツがあるのかしらん?

と、思いましたが、分かりました。

きっと、このグラスの形状も大事なんでしょう。

  

シャンパングラスもシャンパンにとっては要だな、と、

思っていましたが ビアグラスの形状もコレですね。

  

残念ながら陶器のカップは透き通っていませんが

美味しくビールをいただくためのビアカップを極めたいと

思いました。

  

勉強になりますね。

  

  

Img_4528

昭和初期からのでしょうか?

ポスター展示も興味深く拝見しました。

  

  

この展示のされ方が洗練され、洒落ていて

空間デザインの大切さを感じました。

  

Img_4529

ジョッキーが、ジョッキでビールを飲む。だと。

フッ。

面白くもないけど面白い。

 

 

Img_4530

このコピー、聞いたことあるけれど

リアルタイムでは知らないかも。

知っていてもビールを飲める年齢には達していなかったかも。

  

“男は黙って・・・”

  

1970年、昭和45年のコマーシャルだと。

私が生まれていたかどうかは内緒。。。

  

ペラペラ ガンガンと 喧しくまくしたててしゃべり過ぎる男は

苦手。

フンフンと聞いているふりをして、だんだん意識が遠のきます。

 

しかし、黙りこくって 隣でビールを飲まれても面白くないです。

もっとも、黙っていても絵になる男性なら良いかな。。。

  

そんな男性にはお目にかかった事はありませんし、

絵になる男性には 実は興味ありません。

  

やはり、私の話したい事を上手く引き出してくださり

ちゃんと聞いていてくださり

的確な受け答えをして話しを盛り上げて下さり、

知識も豊富な上品な紳士が好きです。

  

そんな素敵な紳士に好かれるような 魅力的な人間になるべく

おまえが努力しろよ!

と、お叱りを受けそうですね。

スミマセン。

  

 

Img_4531

そして、

最新のポスターは、 タカ アンド トシ 。

  

北海道出身の芸人さんなんですね。

  

最近のスローガンは、

“乾杯をもっと美味しく。”

  

コピーライターの仕事って すんごいですね。

ひと言で 敵を落とさねばならないんですもんね。

殺し文句ってやつですね。

  

  

Img_4532

先代の社長が趣味でコレクションしていたという

ビアジョッキ。

  

洗練されたデザインには程遠いですが

この土着的な雰囲気も 愛嬌が感じられ面白いです。

  

Img_4533

このジョッキの素材は、、、象牙!だと!

こうなると、器というより 工芸作品ですね。

  

これで、美味しいビールがいただけるとは とても思えませんものね。

  

  

Img_4534

ビール瓶の王冠も こんなふうに様々なデザインを

このように展示されるとそそられます。

  

ほんま、

この博物館、学芸員?デザイナー?の力量が感じられ

質の高い博物館だと思いました。

 

サッポロビールの魅力が最大限に引き出されておりましたよ。

  

やはり、ビールが一番好き!

と、改めて感じさせてくれた博物館でした。

ちなみに入場料は無料です。

  

  

  

Img_4537

そして、

園内のレストランにて ここでしか飲めない、

サッポロファイブスターと札幌開拓使麦酒。

  

やはり、限定品を選んでしまいます。

  

ここ北海道で、さすがに朝はコーヒーでしたが

昼、夕飯、夜・・・と、サッポロビールクラッシックを飲み続けて

いたのでした。

  

そういえば、

アイルランドでもドイツでも 朝からビール漬けになっていたような

記憶があります。

ビールが美味しい土地では私は堕落した人間になってしまうでしょう。

私はこの土地では生きてゆけないでしょう。

  

  

  

Img_4539

ジンギスカン。

  

ずっと以前にブログで書いた事もありますが、

やはり私、ラム肉にチーズの香りを感じます。変かしら?

  

  

お野菜もたっぷり、ラムの香りも良く 美味しゅうございました。

  

しかし、

この時点で、私の胃腸は かなり疲れていました。

本当は、2~3日間 絶食した方がよい状態だったかもしれません。

  

のに、

この日の夜はフランス料理のフルコースが待っているのでした・・・

  

つづく・・・

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

   

女も黙って、、、

黙ってなんかいられない。

  

  

  

  

  

  

  

  

サッポロビール園

  

Img_4435

札幌に行ったら、、、

どこもかしこも ビールと言えばメニューのトップには

サッポロビールクラッシックで、

北海道限定なんて書かれているもんだから

やはり これを注文してしまうでしょう。

  

たいていの人が限定モノに弱いでしょう。

まんまと 消費者の心理をついた 企業の企みに乗ってしまっている

という感もなきにしもあらずですが

あえてそれに逆らう事もないですもんね。

  

消費者は消費する事の意味を意識して、

だまされている事をしりつつ、良いものを手に入れた満足感を得られれば

企みに乗ってしまっても良いのだと思います。

  

  

しかし、正直、、、

サッポロビールを特別 愛飲していたワケではありませんし、

サッポロと札幌はつながっていませんでしたし

ここに来て、

あーーーーーー

サッポロビールのサッポロは札幌かあ・・・

ってな位の意識だったのですが、

  

Img_4535

サッポロビール園に行ってみました。

  

Img_4508_2

今は使用されてはいない このクラシカルな煙突に

ビール好きの哀愁を感じます。

  

結果から申しますと、

すっかりサッポロビール好きになってしまいました。

  

  

Img_4509

サッポロビール博物館です。

   

  

Img_4511

初期のビール瓶。

 

(博物館内、動画は禁止ですが、写真はOKと、了解いただいております。)

  

Img_4513

キッチュなデザインですね。

良いですね。

  

Img_4514

コルクの蓋だったという!

  

当初、搬送技術が未熟だったため、こんなコルクの蓋では

密閉されずに搬送先に着いた頃には中身が全て流れ出て

しまって空っぽになってしまう事も度々あったという。

  

当時、ビールは今の価格に換算すると1本3000円位の高価な

ものだったという。

  

そして、ご存じでしたか?

大阪麦酒(アサヒビールの前身)・日本麦酒(エビスビールの前身)

と、札幌麦酒(サッポロビールの前身)の大合併により

大日本麦酒という一つの会社だったって。

 

しかし、 

戦後の1949年、財閥解体のあおりを受ける形で過度経済力集中排除法の適用を受け、朝日麦酒(現アサヒグループホールディングス)と日本麦酒(現サッポロホールディングス)に分割された。

(ウィキペディアより抜粋)

  

勉強になりますね~。

  

Img_4515

陶器のビール瓶なんぞもありました。

  

Img_4520

ビール仕込み用の銅釜。

ホップの苦味や香りをつける工程などで用いる

煮沸釜。

未来技術遺産に登録されているという。。。

  

このタンクの中には 何万リットルだかの麦汁が貯蔵される

のだかで、その何万リットルだかの量というのは

一人が350ml缶を1日1缶飲んだとして

この釜内全てを飲みきるには600年かかるという。

 

ヒイ~ っと、思いましたが マイタンク欲しいなあ・・・

これが我が家にあったら ちょっと自慢できるなあ・・・

と、少し憧れの眼差しタンクを眺めた私でした。

  

  

Img_4522

初期の黒ラベルの瓶です。

よく見ていただくと、瓶に直接ラベル印刷がされていますね。

中身が空の状態だと この印刷は白色ですが、

ビールが入るとラベルが黒色に見えるところから

黒ラベルと名付けられたという。。。

  

勉強になりますね~。

  

実は、案内のガイドをつけていただいたのです。

初め、かったるいかな、、、と思ったのですが

これが ものすっごく興味深く楽しく説明してくださり

大正解でした!

おススメですよ。

  

Img_4523

なんと、 海外輸出用にデザインされたパッケージだと。

シルバーサッポロという愛称だと。

  

フ~ン・・・

格好いいじゃん。

  

これにかぎった事ではありませんが 日本人にうけるデザインと

外国にて受け入れられやすいデザインに違いがあるのは

分かるとして、どうして 海外向けの方が洗練されていて

大人っぽい?デザイン性の高いデザインになるのでしょうか。

  

この少しくびれのあるシルエットラインなんて美しいですね。

シルバーの色見も日本で使用されている銀色とは

あきらかに違います。

コストも高価格になるのでしょうか?

  

  

日本人は、アニメ等に顕著に現われているように

少し幼稚な、、、幼稚という表現は正しくないか、、、

可愛らしさを感じられるデザインが馴染みやすいのかな、

と、思います。

だいぶ、 海外とのボーダーラインは薄くなって来ましたが

海外との意識の違いに気がついた時、こちらはダサかったんだ!

と、ショックを受けないような世の中になってほしいと思います。

  

  

サッポロビール園話しは まだまだ続きます。

長くなりそうなので 今日はここまでにて オヤスミナサイ。

  

  

帰宅後、すっかりサッポロビール通になってしまった単純に

感化されやすい私は サッポロビールしか飲んでいません。

  

 
人気ブログランキングへ ←←←←←←  heart04

  

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »