« 東日本伝統工芸展 | トップページ | すし勝 »

2012年4月24日 (火)

色合わせ

  

海外に仕事で行くので DFSで何か化粧品買うて来ようか?

  

  

  

と、ある方がおっしゃるので、

  

  

「いいね。仕事と言えども海外にヒョイっと行ける自由な身で。

 私なんか陶芸家なんかになっちゃったもんだから

 狭いニッポンで工房にこもってなきゃならないんだから。

 私の自由にならない つまらん生活なんか

 分からないでしょうね・・・」

  

  

  

と、さんざん悪態をついた上で・・・

  

Img_4859

いろいろおねだりしました。

  

  

超、性格悪し。

ムカつく女ですね。

  

   

  

だいたい、自分の生活がつまんないだなんて

これっぽっちも思ってないし・・・

  

  

  

Img_4860

ランコムの新製品のマスカラ。

ヴィルトゥーズ ドール アイ

  

  

お人形さんのような パッチリお目めになるのでしょうか?

私のしょぼいまつ毛も パワーアップするのでしょうか?

  

  

まだ使用していませんが

私のまつ毛が立派になっていたら

ランコムのおかげと思ってください。

  

  

いや、買うてきてくださった友人のおかげか・・・

  

  

  

期間限定で おまけでアイライナーとクレンジングが

付属されてました。

  

  

嬉しい。。。

  

  

Img_4861

と、

アイシャドーですね。

  

  

Img_4862

ランコムのアイシャドーは、瞼の上にふんわりと

定着がとても良く、

何よりも発色が美しいのです。

日本のそれとは品質が全くちゃうような気がします。

  

  

車の色に顕著に現われているように、

色彩の感覚が欧米の方は優れているように思います。

  

 

Img_4863

ローズ ドゥ オーヴ

  

美しいですね。

  

  

Img_4865

パピヨン ヴィオレット

  

  

この絶妙な紫の 取り合わせには ケースを開けたとたん

タメ息。。。。。。

  

 

だから、メイクも楽しい!

  

  

メイクでの色合わせも、

作品の色合わせと通づるのですよ。

  

 

  

   

男性には 分からないでしょ~ね~・・・

  

  

今日、私が書きたかった事は 

ランコム アイメイク化粧品のプレゼントの自慢ではないのです。

  

  

  

Img_4867

ヴァイオレット 

藤色

ライラック

好きです。

  

   

  

私は作品に たくさんの色を使用しますが、

人口的な顔料は ともすると下品になってしまいます。

むやみやたら、やたら目ったら使ってはいけません。

  

  

  

色合わせには 一応 私の中で法則があります。

  

  

虹色に赤紫を合わせ、順番にリング状に並べたものを

色相環といいます。

そして、色相環の反対側に位置する色を補色といいますね。

  

  

赤の補色は緑。 青はオレンジ。 黄色は紫ですね。

  

  

例えば 紫ベースの器にした場合、

刺し色として使用する色は、補色である黄色かオレンジに近い

やまぶき色、と、黄緑もしくはミントグリーン。

さらにもう1色使用するならば その補色の隣の色、

深めの緑にします。

そして、大切なのは 顔料だけで構成するのではなく、

必ず粘土そのもの色、顔料の茶色ではなく、

鉄分が含まれた赤土と 白土を取り入れます。

  

Img_4868

抹茶色。

グリーンベースの皿なので、刺し色は紫です。

黄色をほんの少し使用すれば 締まったかな・・・

とも思いましたが、

色数は多く使い過ぎない方が品よくまとまるように思います。

  

  

そんな法則にのっとっているので、

ありえない色合わせは 青系と紫です。

   

  

  

  

ま、

あくまでも私の主観、好みもありましょうし、たんなる

私の法則なので 異論がありましたらスミマセン。

  

  

  

  

補色対比とは違いますが、

先のアイシャドーを参考に、

グレーベースの器に、ピンク・シルバー・黒の刺し色も

良いかもしれません。

  

アイシャドーを見ながら、ふっと 思いつきました。

  

  

  

こんなふうに、お洋服やインテリア、建築物等等等・・・

陶器とは全く関係ないと思われるものを見て

インスパイアされる事が多いです。

  

  

  

 

Img_4870

夏には ターコイズブルー系も良いですね。

刺し色にはオレンジ系を使います。

  

  

イメージは際限なく広がります。

  

   

  

  

そっか・・・

私、ブルー系のアイシャドーを持ってません。

  

  

夏になったらブルー系の目元も良いかもしれない。。。

  

  

  

今度は、

ランコムのブルー系アイシャドーをお願いします。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←←restaurant

   

  今度は、私に内緒で

  逃げるように外国へ行っちゃいませぬように!

  また、ランコムよろしくね!

  シャネルでもいいけど・・・

 

  

  

  

  

  

« 東日本伝統工芸展 | トップページ | すし勝 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本伝統工芸展 | トップページ | すし勝 »