« 日本科学未来館 | トップページ | 歌舞伎 »

2012年9月25日 (火)

トマト

  

Img_6188

“萩の庵”さんで 出していただいたトマトアイス。

  

・・・徳島話しを も少しさせてください。。。

  

  

トマトが50%入っているという。

これも かーなーりー 美味しゅうございました。

コクがあるのにあっさりしているのは 

トマト50%と、ヨーグルト効果らしい・・・

  

  

でも、トマト50%だと、苦手な人もいるかもしれないから、

特に子供には好まれない味かも。

だからトマト25%の物も試作中なんです。。。

  

  

との事でしたが 

イヤ、私は 50%も入っているからこそ トマトの香りも残っていて

良いと思うけどな~・・・

  

私なら、ワインと一緒にいただきたい気持ち。。。

  

  

  

Img_6288

すると、

なんと、

50%と、25%を贈ってくださいました!!!

 

  

量産は まだ出来なくて、まだ、一般販売はしていない

代物だと思います。

  

こりゃまた、貴重なモノをありがたい事です。

  

   

  

この、“原田トマト”さん の“星のしずく”と名付けられた

フルーツトマトを以前、送っていただいた事があるのですが

味が濃くて、トマトの概念が覆される美味しさで

その年のお歳暮には “原田トマト”さん のトマトを

御用達させていただいたほどです。。。

  

  

Img_6287

   

50%と、25%、どちらが美味しいかって、

これは、優劣をつける問題じゃなく、両者ともそれぞれに

違った良さがあるという事がわかりました。

  

  

これは、

トマトアイスだけの事ではなく、

世の、様々な事に言えますね。。。

  

  

だから、大丈夫なのです。

皆、大丈夫なのです。自信を持って良いのですよ!

  

  

なんの事だか、誰の事だか・・・

自分自身にも言い聞かせます・・・・・

  

  

  

んで、

トマト25%の方は、たしかにトマトの香りは柔らかく、

ヨーグルトの香りが強くなっていてよりクリーミーに

なっています。

  

こりゃ、ホントに比べられないわ。

  

  

トマトは夏のモノかと思ったら、

この “原田トマト”さん  のフルーツトマトは11月以後、

特に 2月のトマトが一番美味しいとの事です。

  

  

トマトの他、

トマトピューレ、トマトドレッシング、

フルーツトマトのコンポート、トマトのジャム もあります。

トマトのジャムは、グラニュー糖の使用量を、全体量の

10%に抑え、フルーツトマトの本来の甘みをいかしている

との事です。

  

  

季節によって、商品内容が違ってくるようですが、

気になる方は、是非とも、2月のフルーツトマトを

お取り寄せしてみてください!

  

  

パッケージも めっちゃセンスよくお洒落で可愛らしく、

目でも楽しませてくれます。

過度な梱包は、必要ありませんが、やはりパッケージが素敵だと、

その物の商品価値の印象がグンと良くなる事は

たしかです。

パッケージデザインの大切さをあらためて感じさせて

くれる、“原田トマト”さん のパッケージです。

  

  

  

  

Img_6291

で、

トマトつながりで・・・

  

一昨日、初おでん にしました。

おでんが食べたくなる季節が近づいてきましたね。

  

  

トマトのおでんも美味しいよ。

  

この日は、面倒だったので、小さめのトマトをそのまんま

放りこんでしまいましたが、普通のトマトを湯むきして

最後に少し煮込む程度が良いと思います。

  

固めに茹でたブロッコリーも さっと煮込むだけで

味が沁みて、おでんの具材に合いますよ。

  

  

トマトやブロッコリーを入れる事で、茶色いおでんの色見が

華やいで、食欲も増します。子供にも喜ばれると思います。

 

  

  

トマトは、我が家は お味噌汁にも入れますし、

トマトは出汁代わりにもなりますし、

トマト屋の回しもんかいっ?!

っつー位、トマト好きです。。。

  

  


人気ブログランキングへ ←←←←←shine

« 日本科学未来館 | トップページ | 歌舞伎 »

美食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本科学未来館 | トップページ | 歌舞伎 »