« 穏かになれる場所 | トップページ | もしかして、私?! »

2012年11月 7日 (水)

10年ぶりの御蕎麦様

 
Img_6717
 
北柏ふるさと公園には、、、
 
 
Img_6718
 
めずらしい? 鳥がいましたよ。
私が知らんだけかしら・・・
 
鴨じゃないですよね?
 
 
この後、この鳥は あきらかに足をズルリと滑らせて
おっとっと・・・ 
てな感じで 池に落っこちるのですが、
 
何事もなかったかのように シラ~ッと優雅に泳ぎ始めました、
 
んが、、、、
 
 
 
私は見ましたからね。
誰も見ていないと思って しらんぷりしたって、
私は この目でみましたからね・・・
 
 
 
誰かは必ず見ているものです。
 
 
必ず、見ていてくれるものです。
 
 
 
 
だから、
大丈夫・・・
 
だと思う。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
Img_6726
 
私の実家のすぐ近くに在る有名店ですが、
 
近所の人はほとんど行かない・・・
 
 
格言う私も、過去2回行った事があったっけ、、、 
 
 
 
 
思い切って、
 
10数年ぶりに訪れてみました。
 
 
“竹やぶ” です。。。
 
 
 
 
私のような身分の物には 少々お値段がお高め?
の割りに、
お蕎麦の量が少なめ?
 
 
という印象が強おございますよね。
 
ハイ。
誰もがそう感じておりますよね。。。
 
 
 
 
 
Img_6728
 
Img_6727
 
何故なんだろう?
 
なぜ、ガウディ チックなんでしょう???
 
 
と、
いつも不思議に思いますが、
 
 
こういうのは、嫌いじゃありません。。。
っつーか、
大好きです。。。
 
 
 
Img_6734
 
 
Img_6736
 
店内も 個性的。
 
10数年前と、なんも変わっていないのでしょうが、
全く古さを感じさせない、、、 のは、
 
ここには、本物が息づいているからかもしれない。。。
 
と、
感じたり。。。
 
 
 
 
 
 
Img_6731
 
 
蕎麦がき。
 
 
 
お昼の 蕎麦三昧 (だったっけ?) コースを
いただきました。
 
 
結果から申し上げます。
 
 
参りました。
ごめんなさい。
 
 
目からウロコ。
曇っていたウロコがおちましたわ。
 
 
 
美味しい。
美味しい。
美味しい。
 
 
蕎麦がき。
口の中でとろけます。
 
 
 
 
富士でいただいた蕎麦がきも忘れられない美味しさでしたが、
 
あちらは モチモチ。
こちらは トロトロ。
 
 
 
 
 
美味しい。
 
 
Img_6732
 
当然、器も良いものを使用されておりましょうね。
 
 
木へんに無  調べましたが、この字は存在しません。
ブナの当て字?
 
 
ま、
いーです。
 
 
 
美味しい。
 
 
 
Img_6729
 
 
お茶ですよ。
 
 
あああ・・・
本当は、味なんか分からないんだけど、
日本酒が飲みたかったあ・・・
 
 
これから仕事だし、
我慢。我慢。。。
 
 
 
 
 
 
Img_6733
 
陶の置き物です。
 
蕎麦を打つ人?
 
 
 
Img_6738
 
田舎蕎麦。。。
 
 
Img_6740
 
荒挽きとやらで、蕎麦の実が残っている感じです。
 
 
 
山葵ではなく、辛み大根でいただくってのが
これまた 唸るほど美味です。。。
 
 
 
Img_6739
 
蕎麦つゆが入っている 片口。
 
 
 
 
Img_6735
 
窓の外には 意味不明な代物が、、、
 
 
なんなんでしょうね?
 
でも、
張りぼてチックなのに、
こだわっている感もあり、良い感じです。
 
 
 
 
Img_6741
 
 
最後は、にしん蕎麦。
 
 
 
にしんも柔らかで、つゆも飲みほしたいほど・・・
 
 
 
 
Img_6743
 
 
水菓子の “水あずき” 
 
そして、水出しの緑茶を温めたものだそうです。
 
このこだわりに脱帽。
 
 
 
緑茶って、
水出しすると 渋みのタンニンが抑えられて
旨味が凝縮して抽出される、、、って、
 
先日、NHKだったかな、、、でやってました。
 
 
 
ポットに氷と茶葉を入れて、冷蔵庫で一晩置きます。
ゆっくり、ゆっくり抽出されたお茶はまろやかで
美味しいらしい、、、
 
 
試してません。
 
 
 
 
 
そして、この “水あずき” 。。。
 
私は 泣きましたね。
 
 
 
 
学生の頃、浅野陽先生にただ一度だけ、ご馳走していただいた
 
何処ぞかの 口に入れた瞬間とろける 桐箱に入っていた
水羊羹の・・・
 
 
まさに あの味ですよ。
 
 
美味しくて泣いたのは 久しぶりです。
 
 
 
 
 
 
そうですね。
 
たしかに お昼にしては 高価かもしれませんが、
 
この、けっして譲らないこだわり、
味の追求。
 
 
これなら投資しても惜しくないかな・・・
 
と、
思わせてくださいました。
 
 
 
そうですね。
 
先の見えない将来を確信するのは難しいけれど、
自分を信じて投資するのは 
さらに 大きく羽ばたくために必要ですね。
 
 
現実は難しいけれど。。。
 
 
 
 
Img_6746
 
平日というに、
お客様は続々といらしていました。
 
 
 
多少高価でも、
 
辺ぴなトコロでも、
 
 
本物の良さを求めて、人は集まってくるもの・・・ ですかね。
 
 
 
 
 
 
竹やぶの裏庭の 風変わりな ガウディチックな設えは
長くなりましたので、
 
 
また後で・・・
 

人気ブログランキングへ ⇚⇚⇚⇚⇚ coldsweats01 bottle

« 穏かになれる場所 | トップページ | もしかして、私?! »

美食」カテゴリの記事

コメント

うめサマheart04
  
うめサマも、竹やぶ、いらした事おありですね!
  
竹やぶの蕎麦猪口で練り込みの物が出てきて、
そう言えば、室伏師匠が、竹やぶから蕎麦粉を
取り寄せていると言っていらしたなあ・・・
と、思い出し、
ご一緒していた友人に、
「うめちゃんという素敵な陶芸家と知り合ってね・・・」
なんて、
うめサマの話しをしていたトコロでした。
  
いつか、ご一緒しましょうね~ ルン!

きりんさ〜ん(*^O^*)
私も竹やぶさんの水あずき、大ファンです〜♪ 
うれし〜なっ! 蕎麦三昧のお写真拝見していたら私も伺いたくなりました。新蕎麦の季節ですものね〜
それにしても・・おっちょこちょい!?な珍しい鳥ですね〜(笑) うめ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 穏かになれる場所 | トップページ | もしかして、私?! »