« ニッポンの未来 | トップページ | よい塩梅 »

2013年3月28日 (木)

掛け別け

  
Img_8309
 
八寸皿、
厚み 1㎝はありますし、乾燥も不十分。
 
爆発しやしないかと
不安で不安で不安で不安で・・・
 
 
 
温度上げる時、細心の注意をはらって焼成。。。
 
無事でした。
 
 
あああ・・・ とりあえず、ホッ。。。。。
 
 
 
 
っと してる場合じゃなく、
 
大嫌いな釉薬掛け。
 
 
Img_8310
 
相変わらず 七面倒くさい掛け別けです。
 
 
Img_8316
 
学生の頃は、(って、昔々の大昔の事ね・・・)
スペーターやラテックスを使用していましたが、
 
 
今は ビニールテープと撥水剤を駆使します。
 
 
Img_8312
 
 
ビニールテープは後処理が楽ですし、
 
やはり、ピシーーーーーッとした釉薬のラインがだしたいので。
 
 
 
Img_8314
 
これも 掛け別け。
 
 
Img_8315
 
これも 掛け別け。
 
 
 
 
 
 
Img_8318
 
んで、コイツは、茶碗、見こみ部分を黒マットにしたいので、、、
 
 
Img_8319
 
こういう↑コトです。
 
釉薬を捨てる箇所のみ テープを多く貼っておいたのです。
 
 
 
Img_8324
 
ビニールテープを外したトコロ↑。
 
 
 
 
 
 
Img_8317
 
茶碗の外側は、下部を黒マット。
 
 
Img_8322
 
 
Img_8323
 
 
 
 
 
Img_8325
 
そして、さらに釉薬の上から撥水剤をして 
艶消しの透明釉を掛けます。
 
 
Img_8326
 
 
 
毎度の事だけど 釉薬掛けは必死。
 
終わるまで 食事をする気分にもなりません。
 
 
 
なもんで、昨日、今日はテンヤワンヤ。
 
 
 
黒マット釉の中に皿を落っことしてしまい、雄叫びをあげたり、
 
長男が釉薬のボールの中に足をつっこんでしまい、
“アチャーーーーッ・・・・”
 
 
とか、、、
 
 
よし。 だいたい終わったね。後は修正。。。
 
と、思ったら 1棚 すっかり釉掛け忘れていたモノがあって、
片付けてしまった釉薬を 半ベソかきながら、
再度溶いたり・・・・・
 
 
 
嫌々やってると、ホッント 無駄な動きと失敗が多くていけません。
 
 
 


人気ブログランキングへ    ←←←←←cherryblossom

 
Img067_convert_20130319133540
 
彩女会はおかげ様で18回目を迎えました。
今回の共通のテーマは小皿です。
 
それぞれの感性で種を蒔き、
五人五十色の小皿の花を会場に咲かせます。
 
 
Img069_convert_20130319133956
 
Img070_convert_20130319134218
 
爽やかな春の季節、是非皆様に会場へ足を
お運び頂き、御高覧いただけますよう
心よりお願い申し上げます。
 
 
Img068_convert_20130319133745_2
 
 
  彩女会陶芸展
 
   杉沼里美
   髙木寛子
   若林和恵
   斉藤裕子
   古川茂世
 
 
 
会期: 平成25年4月10日(水)~16日(火)
 
場所: 日本橋三越本店 本館6階アートスクエア
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« ニッポンの未来 | トップページ | よい塩梅 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

ありがとございました!!
すっごく、良くわかりました!
だいぶ勘違いしていたところもありました。
厚かましいとは思いましたが、聞いて良かったです。
また、ブログ楽しみにしています。

さくら様
  
ありがとうございます!
  
説明不足な中途半端なブログ内容でゴメンナサイ!
  
  
ラテックスを使用された事はあるでしょうか?
用は ラテックスの変わりにビニールテープを
使用しているのですが・・・
  
例えば、私の場合、黒マット釉と透明釉の掛け別けを
アバウトなラインではなく、きっちり真っ直ぐラインで
掛け別けたいので、
まず、素焼きの生地、釉が掛かっていない状態の時点で
掛け別けたいトコロの箇所にビニールテープを
貼ります。
そして、そのテープからはみ出さないように黒マットを
施釉し、テープを剥がします。
それから、掛けた黒マットの上に水溶性ではない
シンナー系の撥水剤を塗り、黒マット以外の箇所に透明釉を掛けます。
  
釉薬の上にはビニールテープを貼るのではなく、
撥水剤でガードしているのです。
  
それと、マスキングに使用するテープは紙製の
いわゆるマスキングテープとして売られているモノだと
器のカーブ、ゆるい曲線に沿わないので
ホームセンターの工具売り場?ガムテープ売り場等に
置いてある ビニールテープが伸縮性があり、
使いやすいです。
私は大量に使用するので白色を選んでいますが、
青でも赤でも、色な関係ありません。
  
  
うううーん・・・
こんな説明で分かっていただけたでしょうか?
また、次回、釉薬掛け別けの際に、
詳しく詳しく写真も多く使用してご披露させて
いただきたいと思います。
  
こんなふうに疑問質問を投げかけていただけると
ブログをやっていて良かったなあああ・・・
  
と、しみじみ思います。
  
今後ともよろしくお願いいたしますconfident

初めまして、いつも楽しくブログを拝見させていただいています。
私は週に1回、陶芸教室の通っています。
今回のブログで、ちょっと質問なんですが。。。
ビニールテープでマスキングは、釉薬がはがれてしまったりと言う事はないのでしょうか?
特殊なビニールテープですか?
私もやってみたいのですが。
スミマセン、初めてのメールで質問を投げかけました><。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニッポンの未来 | トップページ | よい塩梅 »