« 動物文様のカップ | トップページ | 愛手への思い »

2013年5月25日 (土)

オッサンの心得

   
Img_8745  
 
正直言って、私が住む市には美味しいお店が
かぎりなくゼロに近い、、、と言ったら反論されそうなんで、
 
超少ないと言っときましょか。。。
 
 
 
 
Img_8744
 
そんな中で ここ↑は本当に美味しゅうございます。
 
鄙に稀なる・・・(ひなにまれなる)名店。
 
 
 
とき鮨。
 
 
Img_8747  
 
 
 
さて、
本日芝柏にて、面白い記事のコピーをいただきました。
 
 
 
“オッサンの 心得”   だと。
 
 
 
最近、オッサン達の言動にイライラしている私を察して
気遣ってくださったのでしょう。
 
そうね。
スンマセンねえ・・・
 
 
つい、
「ちっっっ!」 っという顔をしてしまう
器の小さい女です。
 
 
 
 
Img_8750
螢烏賊も プリップリ!
 
 
 
私を悩ますオッサンは、アッチとコッチとソッチに多数、
生息されております。
 
 
 
 
 
  『さて、オッサンの上達を妨げる原因には2つの要因が
  あると考えています。』
 
 
 
この記事の筆者は、フルート教室に通う生徒さん?
どうやら、ご自身もオッサンの部類に属する方のようです。
 
 
 
 
 
Img_8751    
 
長くなるので、かいつまんでご紹介させていただきます。
 
 
 
  『もう一つはアクです。オッサンにはアクがあり、年を経る
  ごとにアクが強くなる。
  そのアクが上達を妨げる原因の一つになっていることは
  間違いありません。』
 
 
 
 
Img_8752
↑ お料理も云う事なく、いつもいつも満足させて
いただきますが、食器も惜しげなく良いものを
使われております。
久谷だそうです。
 
 
 
Img_8753
こちら↑の取り皿は、骨董屋さんでの掘り出し物、
江戸の頃のモノだそうです。。。
 
 
 
 
  『いろいろな習い事が世の中にはありますが、
  オッサンが受けられるものは わざわざ
  「大人のかたでも大歓迎」などと書かれています。
 
  これはオッサンが初めから敬遠されている事に
  他ならず、そのことをオッサンは謙虚に受け止めなけ
  ればなりません。 』
 
 
Img_8756
 
Img_8757
茶碗蒸しも一手間かけて、蟹肉のあんがかかっています。
上品な味!
 
 
 
 
 
 
  『さらに多くの場合、オッサンのほうが先生より
  年上であるため増長しアクが出がちになります。』
 
 
耳が痛い方、この辺りで本日のきりんブログ、スルーしてください。 
 
 
 
 
Img_8759
とっくり、お猪口も良い形でしょう。
 
 
 
 
 
  『オッサンだから仕事が忙しく練習する暇がない、
   オッサンだから指が上手く動かない、
   オッサンだから指使いを覚えなれない、、、
 
   そんなことを言っているようではまさにアク出まくり、
   負のオッサンスパイラルに入っていきます。』
 
 
 
 
 
 
Img_8763
本日のメイン! 
 
 
Img_8764
竹の器に入ったちらし鮨。
キノコがメイン。いわゆる普通のちらしとはちゃいます。
 
 
 
  『まず、オッサンにフルートを教えてくれる先生に謙虚に
  なり、感謝しないといけません。
 
  ということで、オッサンが上手くなるためには、
    仲間を作り、
   一緒に練習できる状況を作り、
    アクを出さずに楽しく謙虚に練習し、仲間に感謝する。
 
   これがオッサンが持つべき心得だと思います。』
 
 
 
 
Img_8766  
サツマ餅。
 
サツマイモの澱粉で作られた、うんと柔らかい
わらびもち のような感じ。
口に入れたとたんトロケマス。
 
 
Img_8767
こだわりの黒蜜。
最後の一滴までもったいなくて、器まで舐めてしまいました。
 
 
 
 
 
もちろん、
そんなオッサンばかりではない事も存じております。
 
 
謙虚で、上品なジェントルマンもいらっしゃいます。
 
 
 
 
 
オッサン・・・て、
ぼっ僕の事かな・・・
と、
不安になったアナタは謙虚な紳士です。
 
 
 
 
先生を困らせてるのはどこのどいつだっ?!
僕は頭の良い紳士だ!僕はそんなオッサンとは違う!
 
 
と、
大きく勘違いしているアナタは まさに上記のオッサンです。。。
 
微妙・・・・・
 
 
 
 
 
「でもさ、
キミがお世話になって 良くしてもらっているのもオッサンじゃん!」
 
 
 
と、
オッサン予備軍、、、いや、すでにオッサンか、、、
の、我が夫君が言うことも確か。
 
 
 
ハイ。
だから、オッサンイジメは控えることにいたします。
 
本当は感謝して・・・おります。。。
 
 
 
 
 
 
 
というわけで、
美味しゅうございました。 ごちそうさまでした!!!  
 
 

人気ブログランキングへ  ⇚⇚⇚⇚⇚ shine

« 動物文様のカップ | トップページ | 愛手への思い »

美食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 動物文様のカップ | トップページ | 愛手への思い »