« 朝日 | トップページ | オッサンの心得 »

2013年5月23日 (木)

動物文様のカップ

     
Img_8868
 
ロクロしました。
 
 
ご注文いただいている きりんカップになります。
 
 
Img_7407
 
彩女会に出品したものとは また少し形を変えようかと、、、
 
 
Img_7408
 
 
デザインも変えようかと、、、
 
 
思考錯誤しております。
 
 
 
 
 
Img_7600
 
おかげ様で 動物文様のカップは人気があって、
手元にはひとつも残りません。 
 
 
ご注文もたくさんいただきます。
 
 
Img_7603  
 
 
 
 
以前から、象の壺・きりんの壺は制作していますので、
 
では、
きりんカップとか、象のカップなんぞも作っていただけないでしょうか? 
 
というご依頼から作り始めたモノですが、
 
 
 
が、しかし、いつも悩みながら制作しています。
 
 
一歩間違うと 稚拙なデザイン、キャラクター商品的な
方向性にいってしまいそうだから。 
 
 
メルヘンの世界に入ってしまうのも実は避けたいし。
 
 
 
 
あえて言うなら、
現代の流行り言葉を借りて言うなら、
 
 
大人可愛い・・・ が、ギリギリ許せるかな、、、と。
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_8857   
 
キズがあって、出品できなかったボツ作品を自分使用に
してみたら、
 
 
Img_8856
 
これが、案外悪くないんですよ。
 
たっぷりしていて形も良く、使い勝手もいい感じ。
 
 
今朝は、コーヒー使用しましたが、
スープでも良いですね。
 
 
 
 
Img_8854
 
Img_8871
 
Img_8872
 
Img_8873
 
Img_8858
 
Img_8874
 
Img_8875
 
 
キャラクター的デザインから脱する事が出来ているでしょかっ?  
 
 
ギリギリ、大人可愛いと思っていただけるでしょかっ?
 
 
 
 
自分では気づかない、難しいトコロです。。。
 
 

人気ブログランキングへ  ⇚⇚⇚⇚⇚ shine

« 朝日 | トップページ | オッサンの心得 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝日 | トップページ | オッサンの心得 »