« 東日本ガス陶芸教室作品展 | トップページ | 首が回らない »

2013年6月13日 (木)

梅雨万歳!

 
Img_8992    
 
 
あああー・・・
 
腰の部分、削りすぎたね。
 
垂れるね。
 
でも、大丈夫かもしれんから 泥彩やっちゃおか?
 
 
・・・ いや、手間かけて加飾して、焼成後、垂れてガックリ、
あーやっぱダメでしたね。 チャンチャン。。。
 
 
 
 
と、
いう事になると想定されたのでボツにしました。
 
 
 
Img_8991
 
腰部、これでは やはり、駄目だったでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
Img_8994
 
ただ、真っ直ぐに塗り重ねていくだけの単純作業
なんですが、
 
延々と終わらない気がする作業。
 
 
こんな技法、思い付かなければ良かった。
やり始めなければよかった。。。
 
 
と、
柄にもなくネガティブな気持ちになったりさ。
 
 
 
 
Img_8995
 
 
全て終えてから 端に小さな亀裂を見つけ、泣いたり・・・
 
 
 
Img_8998
 
しかし、
ここ数日、調子良いの。
 
 
泥彩にとっては最高の季節!
 
 
 
雨が続き  
湿度が高い事が私の技法には最適!!!
 
 
乾燥している季節だと
器の乾燥もガンガン進み、霧吹き等で水分を打ちながら
作業を進めるのですが、
 
霧吹きのタイミングがずれるとやはり無理が生じ、
 
歪んだり、亀裂が走ったり・・・
今まで、何度 涙したことか。。。
 
 
 
Img_9001
 
湿度と乾燥には、
 
っっっんと敏感になります。
 
 
湿度が高いと髪はモサモサになり、鬱陶しいけれど、
 
粘土にとっては梅雨万歳!
 
 
 
 
と、
いう事で、また、延々に続く格子文様、始めちゃいます。
 
 
   

人気ブログランキングへ  ⇚⇚⇚⇚⇚ shine

« 東日本ガス陶芸教室作品展 | トップページ | 首が回らない »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東日本ガス陶芸教室作品展 | トップページ | 首が回らない »