« 素焼きしながらノンアル | トップページ | ビニールテープ »

2013年7月25日 (木)

数学的思考

  
私は、幼少時代、
お勉強がキライで、全く勉強をしない、
勉強をした記憶がないおバカさんだったので、、、
 
 
 
 
・・・だったのでって、過去形にするのも
ずーずーしい、
今でもおバカさんですがねっ、、、、 ふん!
 
 
 
 
数学なんて、
この世に必要だとは思えず、拒否的傾向にあり、
 
 
図画工作、美術の成績だけが突起して良かったので、
将来は、美術系の大学、仕事をするのだ、
 
どちらかというと、私は、文系人間なのだ、、、
 
と、
思って育ちました。
 
 
だいたい、文系と芸術系って、
全くカテゴリーがちゃうって事も理解してなかった
おバカさん。
 
 
 
 
それが最近、私の技法には数学的思考が必要、、、
 
自然に数学的感覚が備わっているのかもしれない、、、
という事に気がつきました。
 
 
 
 
 
  
 
Img_8688
 
Img_8689
 
例えば、
丸く挽いた皿を四角にカットするのですが、
 
 
角にした時、1辺が25㎝の皿にしたい時、
 
ロクロ挽きの時点で直径を36㎝にしなければならい、、、
 
と、
計算しながら挽いたり、、、  
 
 
Img_8703
 
何気なくマスキングし、文様を施しているようですが、
 
これは、デザイン的思考もめぐらせながら、
ラインの幅、縦糸横糸の垂直が乱れぬよう考えたり、、、
 
 
 
Img_8103
 
円の文様にする時は、
        
 
Img_8107
 
皿の周囲に円を5個、あるいは、7個、9個入れる時、
 
どの位の感覚で配置すれば良いかを
 
なんと、
円周率で計算し、、、
 
 
Img_8108    
 
いや、
ここが、私のおバカさんなトコロですが、
 
「円の周囲の長さって、
 どうやって計ったら良いもんかね、、、
 なんか、簡単な方法ないかね、、、」
 
と、
ぶつくさ言いながら、糸を皿の周囲に巻いたりしていたら、
 
 
長男が一言、
 
 
「直径×3.14だよ。今は、3でもいいんだけどね。」
 
 
 
グッ。。。。。。。。。。
 
Img_9174
 
Img_9175
 
 
Img_8851
 
アーガイル文様を施す時も、、、
 
 
Img_8853  
 
 
 
 
Img_8200
 
青海波文様を施す時も、、、   
 
Img_8196
 
 
全て、無意識の中に数学的思考が入ってきているのかもしれません。
 
 

« 素焼きしながらノンアル | トップページ | ビニールテープ »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 素焼きしながらノンアル | トップページ | ビニールテープ »