« 広島世界遺産 | トップページ | 天の川 »

2013年8月29日 (木)

始まりました

 
Img_9530
 

50回記念
杜窯会 作陶展

 

 

↑↑↑

昨日から始まりました。

私も、昨日午後、ちらりと、じゃなくって、しっかり

行って来ました。

 

 

教官、卒業生、在校生、合わせて総勢200名近くの出品です。

 

 

50回記念展という事もあり、

例年にない盛り上がりでした。

 

 

「昨日の搬入、たいへんだったでしょう?!!!」

と、

三越担当者に言うてみたら、

目に涙ためておられました・・・ ハハハ、、、

お疲れさまです。。。

 

 

 

学生は、当然っちゃあ当然ですが、ピチピチしていて

初々しく、

数名の方と初対面でお話しさせていただきましたが、

 

自己紹介ししないと、

 

“どこぞのオバチャン?”

 

という反応でしたね。。。

 

スンマセンねえ。。。。。

 

 

 
Img_9531
 
 
Img_9532
 
先生方の作品は、さすが、重みが違い、
やはり、この展覧会の格があがるというものです。
 
 
先生の作品を前にすると学生に戻った気持ち。
 
ここで勉強できた事に改めて感謝です。
 
 
 
Img_9438
 
 
Img_9437
 
 
Img_8894   
 
Img_8895
 
Img_9533
 
雰囲気良く、展示していただきました。
三越の方のお心遣いでしょうか?
いつもお世話になっています。ありがとうございます。
 
 
 
内輪での盛り上がり・・・ではなく、
展覧会としての成功を祈ります。
 
 
私は、9月1日、午後、
再度会場にてウロウロしますので、
皆様にお目にかかれれば幸いです。
 
 
 
 
 
Img_9735
 
さて、夕方、日本橋を後にして
やっと行く事ができました~・・・
 
キクチ ビエンナーレ、
菊池寛実記念 智美術館にて。
 
 
 
Img_9736
 
もっと早く行こう行こう、、、
行かねば!行かねば!と思っていましたが、
ギリギリになってしまいました。
 
9月1日(日)までです。
 
 
我が夫も入選しております。
 
 
受賞、入選作品の質も高く、
現在の陶芸を最も感じられる公募展のひとつだと
思います。
 
ライティング等、展示の雰囲気も素晴らしく
見応えがありました。
 
 
 
 
 
この日、
二つの展覧会場で感じた事は、
 
私、
今は焦らなくても大丈夫だ。。。
このまま、自分の表現を続けていれば、
大丈夫だ。
と、
いろんな意味で安心できました。
 
 
 
ボチボチ、、、
頑張りますので、皆さま長い目で見ていただき、
今後とも応援よろしくお願いいたします。
 
 
 
 
Img_9738
 
で、
三越で待ち合わせていたお友達と、、、
美術館内のレストランでディナーしました~。。。
 
 
フレンチのフルコースでしたので、
シャンパン・・・でしょう・・・
と、
スタートするのが普通でしょうが、
 
やはり、
この季節は、ビールだなあ・・・・・
 
 
 

50回記念
杜窯会 作陶展

東京藝術大学工芸科陶芸講座の学生、教官、卒業生による毎年恒例の

展覧会も、いよいよ50回展を迎えます。

今回は、歴代の教授陣の加藤土師萌、田村耕一、藤本能道、

浅野陽、三浦小平二の作品も出品いたします。

ギャラリートーク
9月1日(日)午後4時~

 


人気ブログランキングへ ☜

« 広島世界遺産 | トップページ | 天の川 »

展覧会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 広島世界遺産 | トップページ | 天の川 »