« 杉沼もどき | トップページ | オリーヴづくし »

2013年10月16日 (水)

貼り付け文様

 
私は自身の作品に
 
泥彩、貼り付け、象嵌技法を施していますが、
 
 
最近、泥彩が主になり、
 
ちょっと、思うところもあり、象嵌はご無沙汰しています。。。
 
 
泥彩文様を極めたいトコロですが、 
 
 
Img_0090
 
↑この貼り付け文様は、
意外とお客様からの依頼が多く、
 
 
イロイロ、
デザインを変えて、数種類、制作することにいたします。
 
 
この技法、何度か説明させていただいておりますが、、、
 
Img_0086
 
板の上でつぶした粘土を
 
 
Img_0087
  
カット。
 
 
Img_0085
 
かまぼこの板位の大きさが使い勝手良いでしょう。
 
 
 
 
 
Img_0092
 
板からソロリと外して、手の平の上で再度形を整えて、
 
 
Img_0088
 
貼り付けます。
 
 
 
 
Img_0094
 
接着部には、、、
 
 
Img_0093
 
例によって、お酢を使用します。。。
 
接着力が増す、、、と思っていますが、
 
最近は、お酢だけじゃなく 水も足しています。
 
 
お酢は揮発するのが早いので
 
やはり、水の力は大事です。
 
 
 
 
 
 
 
Img_0097
 
お酢好きです。
 
 
Img_0103
 
↑これらのお酢は、さすがに作品には使用しませんが、  
 
 
ざくろ酢やアサイーベリー酢、
炭酸割りして飲んでいます。
 
 
お肌や女性機能にも良い気がしますよ。
 
最近、飲み続けているのですが、
調子良いようです。
 
 
 
 
 
 
 
Img_0100
 
貼り付けたまんまでは野暮ったいので
 
小さい線掻きべらや剣先等でエッジを際立たせます。
 
 
 
 
 
 
Img_0101
 
 
Img_0102
 
この技法も お教室等で披露した事もありますが、
 
意外と簡単ではなく、
 
ぼってりとしたラインになってしまうようです。
 
 
 
部分的に 極力、細ーいラインを出すと
スタイリッシュになって美しいかな・・・
 
と、思いますが、、、
 
 
泥彩技法よりも手間がかかり、技術を要する割りに
 
簡単そうに見えるかも。
 
 
 
 
これこそ、
やってみないと分かりませんね。
 
 
 
 

« 杉沼もどき | トップページ | オリーヴづくし »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 杉沼もどき | トップページ | オリーヴづくし »