« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の17件の記事

2013年11月30日 (土)

小皿の花

Saijyokai_5577
 
来年の話しをすると、鬼に笑われますか?
 
 
しかし、
世の中は 常に先を見て動いていますしね。
 
 
H.26年4月の
日本橋三越本店で開催される彩女会に向けて、
いろんな事が具体的に動き始めました。
 
私にとっては1年に1度の最も大切な大切な展覧会。
 
 
また、始まるなあああ・・・って気持ち。
 
 
 
来年は二つのテーマが設定されています。
内、ひとつは今年と同じテーマの
 
12㎝小皿。(前後3㎜の誤差から外れたモノは容赦なく却下・・・)
 
 
新作の小皿の写真が出来上がりました。↑↑↑
(ちなみに中央の茶系の皿が杉沼作です。)
 
 
 
次回も、5人で250枚の小皿が華やかに並びます。。。
 
 

2013年11月28日 (木)

ケーキは嫌いなの

Img_0412

 

本日は、じゃじゃ馬娘の10歳の誕生日です。

 

10年前、あの時私は超安産だった。。。

もう、産婦人科の玄関で産まれてしまいそうに・・・

 

あ、

そんなえぐい話しは いりませんね。。。

失礼・・・。。。

 

 

 

Img_0413

ケーキは苦手な 我が娘。

 

上に乗っかってるフルーツだけ食べて、

スポンジと生クリームはぐちゃぐちゃにつついてオシマイに

してしまい、

そのぐちゃぐちゃ状態のものは

私のお腹に納めなければならないので、

 

お誕生日ケーキはパスし、

フレッシュフルーツたっぷりのゼリー系にしています。

Img_0414

TAKANOのブツをご用意いたしました。

 

季節ですね、ラ・フランスのコンポートもありますぜ。

これで満足していただけるでしょうかっっ?!!!

 

 

 

 

  


Img_0315

 

さて泥彩してます。

これは↑皿ではありません。

Img_0316

 

高台裏です。

高台裏にも がっつり文様をいれてみました。

 

 

よほどの事がない限り、

作品のサインは、泥彩等の加飾が全て終わってから

最後の最後に彫入れる事にしていますが、

今回は例外です。

 

大鉢のため、削りの後 表に返したら最後、

再度ひっくり返すなんて危険なことは避けたいので

始めにサインを入れておきました。

 

  

Img_0319

 

  


Img_0409

 

来年に向けて、大物をガンガン作らねばなりません。。。

 

 

ガンガンは・・・

無理ですかねえええええ。。。。。

  


Img_0410

  
  

  
人気がブログランキングへ ☜☜☜

2013年11月27日 (水)

浅草もんじゃ

Img_0399

 

富士~三島と移動し、最後は私が育った浅草に飛びました。

 

“染太郎”のお好み焼きを目指したのですが、

さすが染太郎、並んでました。

その列に並ぶ気力がなかったので、

他の店を探しながら浅草をしばし彷徨っていましたら

路地裏の偶然見つけたこんな↑↓↑↓店。

 

 

浅草もんじゃ・・・

って、

もんじゃ といったら月島でしたけどねえ。

あの頃は

浅草にもんじゃはなかったように記憶します。

 

 

Img_0400

不思議だねえええ・・・

 

と、

言われるのですが、

そこに暮らす人と空気が気持ち良い地方へ旅して

 

ごちゃらごちゃらした東京に戻り、

東京駅とか上野駅を歩いていると

その鬱陶しい人混みを見て、帰ってきたなあああ・・・

と、

ホッとするのです。 心底、ホッとします。

 

Img_0389_3

 

とりあえず、

“染太郎”で食べ損ねたお好み焼きを注文。

 

ニンニクの芽・ニラ・ニンニク入り・・・って、

すごく私好みですが、“晃太郎天”ってなんぞ?

聞いたら、

 

オーダーとってくれた男の子が

「自分の事です。。。」

 

「へえええ~・・・ ニラ・ニンニクは晃太郎の好み?!」

「はい。そうっす。」

 

  


Img_0398

 

下町のお好み焼き屋さんで真面目にちゃんと働いているけど、

目的は他にしっかりありそうな

物おじしない

芯が1本通っている 感じのよい晃太郎でした。

 

 

Img_0395

 

はだか電球の、壁にすすが染み付いちゃっている

こんな店が好きでね。

常連になって晃太郎君と仲良しになりたい

オバちゃん的気持ちです。

  





Img_0394

 

もんじゃは、海苔もんにしてみました。

江戸前のり

伊勢のアオサ

浜名湖の生青のり

  


Img_0391

 

虎ノ門生まれ、下町育ちの私ですが、

両親は東北の出身のため、家でもんじゃをすることは

ありませんでした。

 

 

幼い頃の思い出話しをひとつ。。。

 

近所の路地裏にある

いわゆる意地悪バアサンがやっている駄菓子屋さんに

10円玉握りしめて行くのが楽しみな小学生でした。

 

その駄菓子屋さんの奥の隅っこで

意地悪バアサンが焼いてくれていたのか?

もんじゃを美味しそうに食べられるのは男の子だけ。

 

私達女子は 食べたくても そんなもん食べた日にゃあ、

次の日学校で

「女子のくせに、もんじゃなんか食ってんだぜえ!

汚ねえ女~~~!!!」

と、

男子達にからかわれるという、、、何故かそんな風潮がありました。

 

 

きっと、

誰もが もんじゃを食べてみたいと思っていたのでしょうが、

それを口にする女子はいませんでした。

 

それがある日、勇気あるA子ちゃんから提案がありました。

 

「ねえ、、、もんじゃ、食べてみたいよね?

ウチのママが女の子だけ呼んで家でもんじゃ作ってくれるって。

 男子には内緒でもんじゃ食べようよ!」

 

そして、仲良しも仲良しじゃない子も

女の子7~8人いたかしら? A子ちゃんの家で

もんじゃパーティーとなったのでした。

 

意地悪バアサンの小汚い駄菓子屋さんの片隅で

食べるそれとは違い、

優しいA子ちゃんのママが目の前の綺麗な

ホットプレートで作ってくれるもんじゃは、

子供心に全くイメージが違うなああ・・・

感じ、

美味しいモノじゃないんだな。。。

思いましたが

それで、もんじゃへの憧れはおさまり

満足して家路についた・・・ 

 

という下町の小学生。

まさに、ちびまる子ちゃんの世代です。

 

Img_0392

 

そう、

言いたかった事は、

もんじゃってのは、下町の路地裏のすす汚れた店の

分厚い鉄板で食べるのが美味しいのです。

  


Img_0393

 

もんじゃって、

関東の食べ物なんですってねえ。

関西にはないって 最近まで知りませんでした。

 

なんじゃ、この気持ち悪い食いもんは!

って風情ですかね。。。

 

最後のおこげを鉄板からこそぎ落として食べるのが

美味しいですよね。

 

あのおこげに なんらかの栄養素があるとは

とても思えませんがね・・・ 

 

Img_0396

珍しく、ホントに、めずらしく、

梅干し酎ハイにしてみました。

 

もんじゃに合いましたよ。

 

 

Img_0401

 

ホッピーの提灯がぶら下がっている店の脇には

小さい鳥居がありました。

 

かるく手を合わせましたが、

この日は三嶋大社と浅草とに頭下げ、

二つの神さんが喧嘩しやせんかね?

 

 

 

雄大な富士への旅のしめは

浅草もんじゃでした。

 

しかし、、、

酎ハイ3杯で 少々ヘロヘロになってしまい、

再度、この路地裏を訪ねようと思っても・・・無理かも。

 

晃太郎に会う事も もうないかもね。。。

  




人気がブログランキングへ ☜☜☜





2013年11月26日 (火)

三島~

 

Img_0375
  

んで、

三島です。

 

Img_0378

 

三島では、

鰻を食し、、、

 

 

こちらのお店がそうだったんか?

東海がそうなのか?

 

鰻の白焼きが白くなかったですね。

焦げ目がついて、表面パリッ、中はふっくらで

美味しゅうございましたが、

関東の白焼きは、なまっっちろい(生白い・・・)ですから

これが文化の違いだとしたら、面白うございます。

 

 

私は、根っからの関東の人間ですが、

鰻に関してはだんぜん、東海~関西版が好きです。

 

 

 

Img_0377

 

またしても、買うたばかりの梅澤幸子さんのお猪口を

取り出しまして、お酒をいただいてました。お供が。

 

そのお供が

「久保田のマンジュウがあるんだあ」

言うから

“ふ~ん・・・久保田の酒饅頭なんてもんがあるのか?”

思ったら、

 

久保田の万寿

でしたか、、、 千寿と万寿のマンジュね。

 

千寿と万寿では、値段も倍、違うらしいです。

飲み比べてみましたら、

 

日本酒音痴の私でも

たしかにマンジュの方がトロリと濃いお味がしたような

気がしました。

 

 

 

 

Img_0385

 

 

そして、

三島の目的は、三嶋大社。。。





Img_0379

 

例の陶芸技法、

三嶋大社の三嶋暦の仮名文字、菊花紋に似ている

事から、三島象嵌、三島手と云われるようになったのですよね。

 

 

Img_0384

 

七五三の時期でしたねえええ・・・

 

すでに関係なくなってしまったので、

意識の外でした。

 

 

可愛らしく着飾った怪獣達が大勢お参りしてました。

 

 

巫女姿、懐かしい・・・ 

なにをかくそう この私、

大学生の頃、

ずーーーーーっと、巫女のアルバイトしてました。

 

出雲大社の関東支部にて

あっちこっちの結婚式場に派遣されていました。

 

あんまりにも似合っていたもんで、

自分で言うのもなんですが、礼儀も作法も完璧だったもんで、

関東支部の会長に見初められ、

藝大卒業したら出雲大社に就職しよか・・・

と、マジ思いました。

 

あっちの世界に行ってたら、、、

もっと、

怖い目にあっていたかもしれません。。。(イメージ)

 

 

 

もっと、、、って、

陶芸の世界で怖い目にあった事は、私、一度もありませんがね。 

 

 

 

 

Img_0407

 

三嶋大社、

三島手という、世の中的にはほとんど役に立たない知識しか

ありませんでしたが、

神さんは、恵比寿さんだったのですね。

商売繁盛、仕事運アップのご利益があるそうです。

 

そうそう!!何よりも!

今の私には、仕事運がなによりだす!

お守りも“仕事守り” をゲット。

 

 

“仕事守り”は、

誠実に日々の仕事に励む人を守護する御守りです。

心身健全にてふさわしい働き場が与えられ、望む成果を

手にされますよう ご祈祷されております。

 

  





Img_0387

 

三島駅の新幹線のホームから望む富士。

 

淡く夕日に染まっておりました。

 

 

Umeちゃん、良いところでお育ちになったのですねえええ・・・

と、改めて、溜息。。。

 

 

ホントに、お天気に恵まれた旅でした。。。

   


Img_0388

 

帰りの新幹線内では三島駅で買い込んだ

タモリカップビール。。。

御殿場産。

 

 

これが、まあビター過ぎるビター。。。

ビール好きの大人の私にも   

一瞬、無言になるくらい、苦味を強く感じたのは、

気のせいか、、、

苦味が喉に張り付いてゴクゴク飲めない感じ。。。

 

一緒に食べるおつまみや

飲む環境でも味覚が変わるのかもしれませんが、、、

 

 

「日本一楽しいヨットレース“タモリカップ”レース後の

パーティーのために造ったビールです。」

 

だと。

そりゃ、富士帰りの新幹線内じゃ

状況が違いますな。。。

 


人気がブログランキングへ ☜☜☜

2013年11月25日 (月)

心の器

Img_0402

 

富士への旅の続きのつもりが、

伊勢丹へと飛びます。。。

 

あっちゃこっちゃ、

気まぐれブログにて失礼します。。。。。

 

 

 

 

 

伊勢丹の紙袋、新しいデザインになりましたよね。

全体に淡い紫色がかり、感じよくなりました。。。

 

好みもありましょうが、

以前のハッキリした色だと服に馴染まず、

紙袋だけ浮いてしまう。。。

でも、古くからの伊勢丹ファンには、

以前のデザインが捨てがたい・・・

 

ホラ↓

ISETANのロゴが内側についてたり、、、

ちょいと洒落ているよね。。。


Img_0403

 

なんつー雑談を

社員の方としたりして・・・

という話しは あっちに置いといて・・・

 

  


Img_0406

伊勢丹松戸で開催されていた

東日本ガス陶芸教室で講師をされている

柳澤正人先生の個展に行ってまいりました。

 

 

最終日の午後に

またしてもドタバタと失礼しました。。。

 

 

たぶん私の行動は、

あっちでもこっちでも

慌ただしく映るのでしょうなあああ。。。

 

Img_0404

 

やはり、

私は柳澤さんの器に会うとホッとします。

ご本人にも。

 

前回と同じことを書きますが、

作品はその作者の人となりが現れますね。

 

 

黄瀬戸・織部・志野そして今回から唐津も加わりました。

 

あれもこれも欲しい!!!

 

使いたい器が沢山ありました。

 

マイカップに志野のお湯呑み茶碗↑

そして、新作の唐津↓をいただきました。

 

織部も捨てがたかったなあああ・・・

 

いろいろ目移りしてかなり迷いましたが、

今後も少しづつコレクションしていきたいと

心底思う器達でした。

 

Img_0405

  

柳澤先生とは、

ナイショバナシもイロイロしたかったけれど、、、

(半分ウソ!半分ホント!)

 

また、改めて、

美味しいお酒をご一緒出来るのを楽しみにしておりま~す!

  

 


人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年11月24日 (日)

富士へ

   
Img_0353
 
昨日は、
お供を連れだって、日帰りの旅。
 
早朝から晩まで、
ガッツリ遊んでしまいました。。。
 
富士~三島~浅草です。
 
 
まずは ボージョレイを買い込んで東海道新幹線。 
 
 
 
 
Img_0354
 
チーズも。。。
 
 
 
 
 
Img_0370
 
富士市は無情帑(むじょうど)・カフェギャラリーで
開催されている
 
練り込み作家の梅澤幸子さんの個展に伺いましたっ!
 
 
 
 
 
 
Img_0357
 
Img_0363
 
透光性のある磁土を使用した練り込み作品は
 
美しく、品格があり
主張し過ぎていないのに 真の強さが感じられます。
 
 
作品は、それを生み出した作家の人となりの現われだと
思います。
 
 
 
梅澤さんにお会いするのも楽しみにしておりました。
 
しかし、
相変わらず、ドタバタとあわただしく 失礼してしまいました。
 
個展の最中の作家は
張りつめた緊張の中にありますのに、
 
丁寧に対応してくださり、恐縮です。。。
 
 
 
 
Img_0364
 
私のアホなカメラでは 梅澤さんの器の美しさが
全く写せていませんね。。。
 
11月に出たばかりの 練上特集の“炎芸術”
是非ともご確認ください。。。
 
 
 
 
 
Img_0360    
 
無情帑(むじょうど)
 
とても!とても!
素敵なスペースでした。
 
 
 
 
 
Img_0359
 
日頃の行いが良いもんで、
 
富士も雲隠れせず、堂々と向かえてくれました。
 
 
 
 
Img_0368    
 
 
 
Img_0366
 
新幹線内で飲み切れなかったボージョレイを、
(あたり前じゃ!)
 
酒好きの本日のお供が
購入したばかりのお猪口に入れるという荒業に
ドキリとしましたが、、、
 
 
 
 
 
Img_0367  
 
白い器がほんのり紫がかり、
溜息が出るほど美しゅうございました~!!!
 
これぞ、
お酒が美味しく、見目にも美しくいただける器です。
 
器は使ってさらにその良さが引きだされなければね。
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0371
 
で、
こちらも美しい(?)ツーショット。。。
 
 
あまり こういう写真を載せない私ですが、
お目汚し失礼します。
 
いや、梅澤さんは、作品と共に美しく輝いております。。。
 
 
 
 
Img_0375    
 
後ろ髪引かれつつ、
 
富士を後にし、三島にとびました。。。
 
つづく・・・
 

2013年11月21日 (木)

PC来ましたが・・・

 
Img_0320
 
 
いやぁぁぁぁぁ・・・
 
やっとこさ購入しましたよ。 
Windouws 8 。。。
 
 
 
いままでのPCは、なんと
 
Windows XP でしたから。
 
しかし、さすがパソコン工房の自作のPC。
状態良く働いてくれました。
 
 
近所のパソコン工房がCloseしてしまったのが、実に残念。
 
 
この度の8(エイト)、いろいろ設定してもろたんですが、
なんだか使い勝手に慣れず
本日のブログも 動きの鈍いXPのお尻を叩いて更新してます。
 
 
 
小心者なもんで、新しいモノにはドキドキ、緊張しちゃう。。。
 
 
 
 
 
 
 
Img_0303_2  
 
さて、
陶板です。
 
アーガイルもチェッカーも格子も私のモチーフですが、
 
やはり、一番好きなのはストライプ柄です。
 
 
 
 
 
Img_0304_2
 
 
Img_0305
 
 
(いつもいつも、ありがとうございます。。。)    
 
 
ご指定くださった画像、自分の過去の作品、、、
を確認しながら制作してます。
  
 
 
 
 
 
 
Img_0312
 
 
 
が、
ちょこっと、変化させたくなってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0321
 
 
 
 
 
 
Img_0322
 
太陽マークは、張り付けたまんまだと野暮ったいので
 
 
 
 
 
 
Img_0323
 
小さき剣先やカンナ等を駆使してスッキリ、エッジを
際立たせます。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0348_2
 
乾燥はゆっくり、ゆっくり、、、
 
板ものは歪まぬよう、
こんな風に
 
粘土の塊りをのせて乾燥させてます。
 
 

  
乗せる塊りは重過ぎてはいけません。
 
 
適度な重みでお願いします。
 
 
重過ぎては、陶板も私の心も潰れてしまいます。。。
 
 
 
 
 
 

2013年11月20日 (水)

菱形文様

  
Img_0314
 
いつもは、6時起床ですが、、、
 
今朝は ワケアリで、4時30分に起きました。
 
当然、外は真っ暗。
 
でも、6時起きだと バタバタと余裕がないので、
 
起きる時に ちょっと・・・
・・・かなり強い意志が必要ですが、
 
4時半起きは 家族が起きる前にひと仕事出来るので
得した気持。
 
三文の得は、大きいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ncm_0727  
 
さて、
“アーガイル模様、私達もやってみたい!”
 
というご要望がありまして、
 
東日本ガス陶芸教室金曜クラスにて、
詳細説明いたしました。
 
 
 
 
 
Ncm_0728
 
ま、
説明するほどの事ではありませんがね、、、
 
と、
思っていましたが、
やはり、
ちょいとしたコツが必要なようでした。
 
 
「あああー!
 そうなってるんですか! 
 ブログ見ただけでは分かりませんでした~ 」
 
という声があがりましたので、
 
やはり、
直接ご披露する事は必要ですね。
 
 
 
 
 
 
Ncm_0731
 
Mさん、、、美しいお手・・・ 
 
 
 
Ncm_0729
 
 
Ncm_0732
 
大事なのは、
出来上がった形に 模様をレイアウトするのではなくて、
 
アーガイルをやりたい! のなら、
 
その模様に合う形に成形する事です。
 
まず、模様ありき、という事。
 
 
 
陶芸は立体作品ですから、
大切なのは フォルム。。。
 
でしょうが、
 
絵付け等を主に表現されている方は、
 
まずは、どのような絵を描くのか、
(私の場合は、どのように泥彩文様を構成していくのか、、、)
を、考慮し、
 
次に、  
それによって、その絵、文様がいかされるベストな形の
追及に入るのではないでしょうか?
 
 
 
そんな話しを25年前、
藤本能道先生から聞いた事を思い出しました。
 
だから、
藤本先生の壺は、正面が平べったい扁壷が多いのだと。
 
「平たい方が、絵が描きやすいでしょ!」
 
 
想いは、単純、純粋なのです。
 
そこから、名品は生まれるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
Ncm_0733
 
テープを剥がすのは、
泥化粧の 照かりが引いた直後。
乾き過ぎると テープの際がバリバリになってしまいます。
早すぎると 泥化粧がよれてしまいます。
 
 
 
化粧がよれるとみっともないですからね・・・
いや、
泥彩の話し。。。
 
 
 
泥に隠れたテープを剥がす時にご注意。
 
針でつっついて剥がす、、、より、
カッターの刃をねかせて ペロンとするのが良いです。。。
 
ペロンじゃ、分かりませんねえええ・・・
 
 
 
 
Ncm_0734
 
 
アーガイル文様、よ~く理解していただけたようで、
よろしゅうございました。
 
ベースの色を変えたり、
私は好きじゃないのですが、下から上に向かって
グラディエーションにしたり、、、
と、
イロイロ、バリエーションを変えて楽しんでみてくださ~い!
 
 
 
 
 
Img_0310
 
こちら↑↑↑は、私の作品。陶板。
 
サイドを この↑↓文様にしてみましたが、、、
 
 
Img_0311  
 
が、
これは、アーガイルじゃなくて、
ただの菱形の連結文様ですね。
 
 
菱形文様、、、だと、
それらしいけれど、
 
なんか お洒落っぽくないっす。
 
いや、
お洒落じゃなくてもいーんですが。。。  

2013年11月19日 (火)

反省・・・

 
どうしても載せられなかった
ガス展の画像が、、、
 
何故か今日はすんなりアップ出来たので、チラリと
ガス展の事を。。。
 
 
 
 
 
東日本ガスのガス展です。
 
 
東日本ガス陶芸教室は、
 
水・木・金・土曜日に開講しています。
講師は各クラス2名づつ。
 
私は金曜クラス担当させていただいてます。 
 
 
 
この時期、
茨城県、取手会場と、千葉の我孫子会場で
ガス展が大々的に開催されます。
 
 
先週の土日は我孫子で催されました。
 
 
 
 
 
 
Ncm_0735
 
 
4日間で、何万人だかの来場者数があるそうで、
 
皆、そんなにガス好きですかね。。。
っと、
不思議になるくらいの賑わいです。
 
 
陶芸教室のイベントとしては、
 
 
① hus-10 の絵具を使用しての絵付け
  (シールを使ってステンシルのように模様を
  つけるので、簡単綺麗に仕上がります。)
 
② 粘土にスタンプを押して模様をつけるお皿作り
  (今回は、アルファベットスタンプもご用意しました。)
 
③ 電動ロクロ体験 
 
 
です。。。
 
もちろん、ガス窯で焼成してまーす!と、アピールしなければなりません。
 
 
絵付けは今年で4年目。
 
リーピーターも多くて 毎年もの凄い人気です。
 
イベント向きの大当たり企画だと思います。
 
10時開場ですが、午後1時30分にはその日の分は完売いたしました~
 
 
 
 
Ncm_0736
 
毎年、さほど人気のないお皿作り。
 
あまりの人気のなさに、
一時、体験教室から除外されたほど。
 
 
陶芸器制作体験、あちらこちらの陶芸産地等々でも
ポピュラーになっているので
珍しくないからかしら・・・
 
と、
思っていましたら、
 
今年は何故か大人気!
 
4時の閉店まで、お客様が途切れる事はありませんでした。
 
 
「自分で作ったお皿でご飯が食べられるなんて、
 嬉しいね~!!!」
 
 
と言ってくださり、、、
 
毎日毎日器を作り、
それが当たり前になっちゃってる私の胸に
 
改めてズシンとくる言葉でした。。。
 
 
 
それが、
陶芸を始めた頃の気持ちだったのだ。。。
と、
初心を思い出させてくれる言葉でした。
 
 
 
 
 
Ncm_0737
 
 
 
 
 
 
 
電動ロクロ体験。
 
ただ、
ロクロ挽きの体験だけで、
モノにはしません。
 
 
こちらも大盛況!  
ずらりと列が並びました。
 
ロクロの担当は、陶芸教室木曜担当のG先生が
されたのですが、、、
 
 
このG先生の働きっぷりに
私は驚かされました。
 
 
1日中、中腰でドロドロの超泥まみれになりながら、
指導されていました。
 
お昼休憩は5分。。。
 
それでも 嫌な顔ひとつせずに面倒がらず、
常に懇切丁寧に対応されていました。
 
 
そして、さらに私にまで気を配って下さいました。
 
 
 
 
Ncm_0739
 
 
 
 
正直、、、
このようなイベントに関わる事から
私はもう遠ざかりたい思いがあり、
 
今回のガス展もお休みするつもりが
急遽、1日だけお手伝いさせていただきました。
 
 
もう、
増えてきているイベント企画から逃げたい逃げたいと
マイナス思考になっていました。  が・・・
 
 
このG先生の献身的な働きと、喜んでくださる多くのお客様を
目の当たりにして、
 
傲慢になっていた自分に気づきました。
 
 
G先生のように、
どんな事にも動じず
いつでも凛として、それでいて謙虚な女性・・・
に、
少しでも近付きたい。。。
 
 
目標となる女性が身近にいてくださる事に感謝。。。
そして、
 
 
己の傍若無人な態度を反省・・・
 
 
っと、柄にもなく思ってしまった今年のガス展でした。。。。。
 
 
 

2013年11月18日 (月)

無茶苦茶でした

 
PCのトラブルとガス展に振り回され、
散々でした。
 
(PCトラブル解決までは も少しかかりそう・・・トホホ)
 
 
 
 
 
一人でこなすには無理がある仕事量。。。
 
請け負い過ぎているという事は
自分でも分かっています。
 
 
 
 
新たな仕事の依頼が来そうになると
 
逃げよう・・・
 
と、
思うのですが、
 
 
それぞれに いろいろな状況があり、 
 
結果、、、承諾してしまいます。
 
 
 
 
自分から、
お仕事ください。
 
と、
活動した事は
大学卒業してから
 
なんと、ただの1度もないのですが、
 
いや、
私なんか、
たいした仕事をやっとるワケじゃありませんが、
 
 
仕事が仕事を呼び、
 
 
なんだか
あっちゃこっちゃから
磁石のように仕事がひっついて来る今の状況を
 
ありがたく受け止めなきゃね。。。
 
 
 
と、
思いつつ、、、
 
なんだか無茶苦茶な生活です。。。
 
 
 
  
 
Img_0301_6  
 
器の削りには その人の個性が顕著に現われると思います。
 
 
 
とある連絡がきっかけで、
 
夫と二人で
すっかり忘れていた
長男がお腹にいる時の事を思い出しました。
 
 
 
あの時も
私は大きいお腹を抱えながら
仕事に追われていて、
 
 
しかし、
なんせ、ロクロで屈むのがしんどい。
 
で、
ここだけの内緒の話しですが、
 
大物は夫に途中まで挽いてもらったり、
 
削りもやってもらったり・・・したっけ。
 
(こんな時こそ、同業者の夫は役に立つのです。。。)
 
 
 
しかし、
私より数段、ロクロの技術が高い夫は
とても上手に削ってくれちゃって、
 
“こりゃ、やっぱいかんな・・・”
 
と、
思ったと記憶していたのは私の勘違いだったのか、
 
夫曰く、
 
「あの時俺は完璧だった!」
 
「だから、その完璧な上手な削りがやばかったよね」
 
「いや!!!
 完璧に キミの削りを模倣したんだ!
 全くキミが削ったように 完璧に真似して削ったんだ!」
 
 
だと。
 
え・・・
そうだったかね。
 
 
が、
 
“キミの下手な削りを完璧に真似したんだ!”
 
 
とは、
恐ろしくて言えなかったらしい。。。
 
 
 

2013年11月15日 (金)

ご機嫌良いみたい

 
うわっ・・・
動いたっ!
  
今日は、ちょっとだけ ご機嫌良いみたい!
 
PCちゃん、なんとか起動したから 急いで更新。
 
 
 
 
どうかするとフリーズしちゃう~ん!!!
 
 
立ち上がり、異様に遅いし
変な反応するし、
もう、限界ですね。
 
 
夫君からOK出たから 週末、新しいの買うてきます。。。PC。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0296
 
あった!あった!
 
探してたんです。
重ね履き靴下。
 
 
 
 
千葉もさぶくなってきましたね。
今日は本当に冷たいシトシト雨。
 
 
まともに紅葉も愛でてないのに
もう
冬の空気。。。
 
 
 
 
 
Img_0297
 
1枚目に履くのはシルクの5本指靴下。
2枚目は、少し大きめ綿の靴下。
 
 
気持ち良くって、もう手放せなくなりそう。。。
 
 
スカート、ストッキング、ハイヒールな
コンサバスタイルは、冬はやめましょう。。。
 
 
 
 
   
 
 
Img_0295
 
と、
ビールは、冷やさずに飲んでます。
 
 
岩手県遠野産  
とてたてホップ 
一番搾り
2013
 
 
きりんの壺やっててなんですが、
私、
ビールはKIRIN派じゃないんですが、
 
 
これは、とても杉沼好みだす!
本当に 2013年、とれたてのホップ かどうかは
知りませんが、、、
(最近、疑心暗鬼になっちゃいますよねえええ・・・)
 
この香りはとても良いです!美味しい!!!
 
冷えてないと、よけいに香りが立つように感じます。
 
 
最近、ホット炭酸ジンジャーエールが我が家でもブームですが、
 
 
 
ホットビール、、、聞いたことあったな・・・
 
と、
ググッてみたら、
美味しそうなレシピありました!
 
 
 
シナモン・クローブ入れて温めるらしい。
好みでハチミツ入れてもよいらしい。。。
ホットワインより甘ったるくなくてクイクイいけるらしい。。。
 
今度、作ってみて美味しかったらご紹介しますね。
 
 
 
 
 
 
Img_0293
 
で、
やっと、着手し始めました・・・ 陶板です。
 
遅くなりスミマセン。。。
 
 
 
これも、人気作品のひとつで、注文してくださる方が
多いです。
 
 
陶板は、
器とは違い、絵画的な感覚で制作に向えるので、
 
加飾している時、純粋に楽しいのです。。。
 
 
 

2013年11月13日 (水)

壊れました

 
 
本日も、きりんの壺に訪問くださりありがとうございます。
 
  
突然ですが、壊れました。
 
 
いや、私がじゃなくって、PCが。
 
私も半分、壊れかかっていますがね。
 
 
   
Ncm_0548
 
 
 
突然、PCのインターネットが作動しなくなり、
 
ブログ更新ままならなくなりました~・・・トホホ <
 
しばらくお休みせねばならないかもしれません。
 
なるべく早く戻ってまいりますので また遊びに来ていただきたく、宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年11月10日 (日)

最高級

   
Img_0267
 
で、
日本橋三越です。
 
 
 
 
行ってきたよ~!
と、
アピールしているみたいでイヤらしい感じがしたので、
ブログアップ、控えておりましたが、
 
拝見いたしました~。。。
 
 
いや、
たまたまご本人にお会いできなかったので・・・。
 
 
 
 
 
Img_0291_2
 
大学の後輩なのに、
大先輩の貫録があり、
 
私なんざあ、、、 近づきがたい 藤井クン・・・
 
藤井隆之さんの作品特集です。
 
 
ご本人がいらっしゃらない事をいいことに、
 
まじまじと、
じっくりと、
どうなっちゃってんだろう~・・・
 
と、
拝見させていただきました。
 
 
 
Img_0292
 
どうなっちゃってるとか、
こうなっちゃってるとかは どうでも良い事で、
 
完成度の高さ、
品の良さは最高級で
 
まさに、作品に 藤井クンの全てが現われていると
感じました。
 
 
凄いですよ。
 
 
です。
皆々様、是非!!!
 
 
 
 
 
 
Img_0269
 
さて、
その後、
コレドかあああ・・・
 
と、
思いましたが、移動時間もなく、コレド室町でご飯しました。
 
 
 
 
ソチ五輪も近いので、
コレド内のロシア料理にしようと思ったら、、、
 
無くなってました~
前回行ったのは、1年半前。
美味しかったのになあ・・・ 
でも、他の店が満席でも、いつも空いてたなあ・・・ 残念。
 
 
 
Img_0271
 
で、
串揚げ “串亭” です。
 
 
コレドかあああ・・・なんて言っちゃってゴメンナサイ!
 
期待以上に美味しかったのですよ!!!
 
 
Img_0272
 
揚げる前に食材を確認、見せていただけます。
 
左手前の マイタケを秋刀魚で巻いているものが
変わっていますが、秋の味覚ですね。
 
 
 
 
Img_0273
 
 
スダチ、ポン酢、昆布塩、特製ソース。。。
 
食材によって、変えていただきます。
 
 
Img_0277
牛ヒレは中が半レアで 柔らかいです。  
 
 
Img_0275
 
箸休め、口休めの意味もあるのでしょう、
生野菜がたっぷり、
バリバリと、
胡桃入りの八丁味噌でいただきます。
 
 
Img_0278
 
子持ち蒟蒻。。。
 
蒟蒻の中にししゃもの卵が練り込まれています。
 
プリプリとした食感が良いです。
 
 
 
 
Img_0280
 
これが食べたかった!
アスパラの1本揚げ。
 
季節じゃないですが、かぶりつくとアスパラの香りが
ホワン~ と立って、やっぱり、アスパラ好き!
 
 
 
 
Img_0281
 
すっぱい梅酒
とやらをいただきました。
 
和歌山/平和酒造
 
日本酒ベースのスッキリタイプの梅酒。
通常の4倍以上する
高級南高梅を使用。
 
 
だと。
 
通常の4倍以上・・・ 高級南高梅・・・
 
ホントか?
 
 
 
 
いや、
スミマセン。
時期がわるいですね。
皆さん、疑い深くなっとりますね。。。
 
 
でも、ホント、
ボトルでいただきたい位、スッキリ、美味しゅうございましたよ。
 
 
 
Img_0284
 
ロックを頼んだら、
丸~い大きな氷が一つ。
 
可愛い!!!綺麗!!!
 
 
 
 
 
Img_0285
 
ちりめん山椒のご飯。
 
 
 
 
Img_0287
 
デザートの渋皮栗のアイスも
あっさりとしつつも栗の香りが濃厚です。
 
 
串揚げ8本、ちと重いかなあ・・・
 
と、
思いましたが、ペロリといけました。
 
油が良くて、揚げ方が上手だと、
しつこくなくアッサリとしているのでしょうね。
 
 
お勧めの1軒になりました。
 
 
 
美味しそうな、じゃなくって、素敵な
藤井クンの作品と、美味しい梅酒が何故か重なった
日本橋ご飯でした。。。
 
 
ご馳走サマでした~。。。。。
 
 
 

2013年11月 8日 (金)

ちょっとセンチメンタル

 
Img_0289
 
私の周りだけで 小さくブームになっている
アーガイル文様。。。
 
 
やはり、
ビニールテープをカットしてマスキングし、
泥彩を施すのですが、、、
 
 
例えば、平面で、真っ平らの箇所だったり
少ない面積の所なら問題ないのですが、
 
 
器ってのは、立体ですからね、
 
やってみると分かるでしょうが
同じ大きさのひし形にカットしたテープを貼ると、
誤差が出てきて
ズレズレになってきます。
 
 
なんだか言うてる事が分からないかもしれませんが、
やった事がある方なら、
 
そう!そう!!! 
 
と、同感していただけるかと思います。
 
 
 
Img_0288
 
なので、私は、
これまた超七面倒くさいのですが、
 
0.5㎜~1㎜位、大きさを変えて、ひし形にカットしたテープを
3~5種類ほど準備しておきます。
 
で、
このように↑↓↑↓ 下がすぼまった形状の器の時は、
下に行くときに徐々に小さいひし形のテープを
貼っていきます。
 
 
 
さっぱり、言うてる事が分かりませんね。
 
分かる方には なーるーほーど~~~・・・
と、
とてもお勉強になりましたね。
 
 
 
 
 
 
 
Img_0260
 
ハイ。 
というワケで、上手い具合にいきましたね。
 
 
 
 
 
 
Img_0267
 
さて、
昨日は、日本橋三越に行ってきましたよ~。。。
 
 
 
 
Img_0268
 
街は、すっかりクリスマスモードですね。
 
がっつり、
穴の開くほど拝見し、
 
たんまり、
美味しい日本橋ランチもしてきました・・・ ふふふ。。。
 
 
 
三越美術の担当者の方と いろいろ話しをし、
 
やはり、私達は日本橋三越に育てられて来たんだなあああ・・・
と、
改めて感じ、
不覚にも三越で涙ポロリなりそうでした。。。
 
 
クリスマスが近づくと、センチメンタルになっていけません。
 
 
ふふふ。。。
 
続きは後日。。。
 
 
 
 
 
Img_0290
 
お店の紙袋も クリスマスバージョンに変わり、
 
ちょっと可愛くって、ちょっと嬉しい。
 
購買意欲もちょこっとアップしますかねっ!
 
 

2013年11月 7日 (木)

きりんの上に輝く月

 
Img_0258
 
で、
くるん取っ手の きりんカップです。
 
 
 
 
Img_0259
 
この度は冠をさらに大きくしてみました。
 
冠は好きですが、
これかぶせちゃうと
きりんの特徴である角が表現できなくなりますねえ・・・
 
 
 
Img_0260
 
裏面は 私のトレードマークとなりつつある
アーガイル。
 
 
 
Img_0261
 
La lune qui brill sur une girafe.
 
“きりんの上に輝く月。”
 
 
 
象バージョンが
 
 
 
Un éléphant sur la terre.
 
“大地の上の象。” 
 
 
ですからね。。。
 
 
 
 
 
Img_0262
 
 
Img_0266
 
“きりんの上に輝く月”
 
という事は、
 
きりんじゃなくって、
月が主体ですか・・・
 
 

2013年11月 6日 (水)

日本管楽合奏コンテスト

   
Img_0237
 
連休の最終日の月曜日、文京シビックセンターでした。
 
 
にしても、
最近はホント、月曜祝日が多い・・・多いですね。
 
連休にする事で経済効果のアップを考慮しての事でしょうが、
逆に不便さを感じる人も少なくないように思いますが、、、
 
 
なんか、
個人的には、体内時計が狂うっちゅーか、
やる気が失せるっちゅーか・・・
 
 
ま、
私の個人的な精神状態なんて、どうでもよい話し。。。
 
 
文京シビックセンター・シビックホールでした。
 
 
第19回 日本管楽合奏コンテスト・全国大会です。
 
主催:公益財団法人日本音楽教育文化振興会
 
後援は・・・
内閣府
文部科学省
東京都
文京区教育委員会
全日本吹奏楽連盟
 
 
だと。。。
 
そんな、たいそうなコンテストだって、
今まで把握しとらんかったです。。。
 
 
 
Img_0240
 
我が家のじゃじゃ馬娘が所属する小学校の吹奏楽部も
 
予選審査をクリアして全国大会に臨みました。
 
 
 
演奏前のスタンバイ最中の部員↑↑↑
 
ほとんどの学校が演奏時のスタイルは
白ブラウス、首元にリボンorネクタイ
紺色のスカート・ズボン、白ハイソックス、
ですが、
 
我が小学校は毎回
黒、紺ジーンズに黒Tシャツです。
 
賛否両論ありましょうが、
金管楽器が映えて、ピシッと決まって、
 
さらに、個々の家庭にとっても経済的に優しいですし
私はとても気に入ってます。
 
 
兄が所属している時からずっとこのスタイルだったので
 
「あー!あの黒の団体ね!」
 
と、認識されるようになりました。  
 
 
 
曲目は、
 
小学生にはかなり難しい選曲だったと思います。
 
 
我が小学校の顧問の先生の選曲はいつも個性的で
とくに、
パーカッションパートに力を入れた仕上がりに
されています。
 
パーカッションパートの力量が高いと
オケの団員もテンションが高くなると
藝大音楽学部の友人から聞いた事がありますよ。
 
 
最後には、軽くパフォーマンスも入り、
ハッとさせられます。
 
 
私のようなど素人にはよく分かりませんが、
よくここまで
仕上がったと思います。
 
先生達の力のおかげで、
子供達の持っている実力が最大限に引き出されたのだと
思います。
 
 
 
 
夕方、4時30分からの演奏ですが、
 
学校集合は午前9時ですからねえ。
 
毎度毎度、コンクールの度に先生方もお休みを返上して、
御苦労さまです。
 
心から感謝申し上げます。
 
 
 
 
 
Img_0250
 
 
結果は、、、
 
ここ数年、獲得している最優秀賞は逃しましたが、
なんつったって、
全国大会。 最高の舞台に立てた事が素晴らしい結果でした。
 
 
 
審査委員長の先生が言ってらした挨拶が印象的でした。
 
「私達は、今回のコンテストで賞決めをしなければなりませんが、
 本来、音楽は点数をつけて優劣を決める事など出来ません。
 
  日本の小学生の吹奏楽のレベルは世界でもまれにみる
 高い水準にあり、
 このままずっと音楽を続けられれば日本の音楽界は
 最高のレベルにまで登りつめられるのに
 残念な事に、多くの子供達が途中で辞めてしまうでしょう。
 
 ずっと、音楽を愛し続けてもらいたいと願っています。」
 
 
 
 
 
おっしゃる通りかもしれません。
 
と、
中学生でピアノレッスンを辞めてしまった母は思います。
 
 
成長してくると、
現実はいろいろな事が覆いかぶさってきますが、
 
この小学生の時期に
これだけのレベルにまで上りつめ、この体験が出来た事は
 
今後の人生の大きな財産になると信じたいです。。。  
 
 
 
 
 
これにて、
今年度の大きなコンクールは最後になります。
 
6年生にとっては、最後の大舞台でしたねえ・・・
 
 
 
Img_0255
 
文京シビックホールからの帰りは
有楽町ITOCiAにて、
 
 
じゃじゃ馬娘の大好物! お茶漬けです。。。
 
彼女にとってはフレンチもイタリアンもご馳走ではなく
 
ご飯、漬物、お味噌汁があれば大満足!
 
 
 
 
Img_0254
 
オクラ・きゅうり・枝豆・ホタテ貝柱のぶぶ茶漬けは
たいそうお気に召したらしく、
 
「ご飯、大盛りにすれば良かった。また、すぐに来ようねっ!」
 
だと。
 
いやあ。
ITOCiAまで すぐには来ません。
 
銀座に来たら、母はイタリアンが良いしっ。。。
 
 
 
 
 
 
Img_0257 
 
さて、
本日は制作集中日です。  
クルンの取っ手のカップは、きりんになりましたっ。。。
 
 
 
 

2013年11月 3日 (日)

焦らず騒がず淡々と

 
Img_0227
 
先週末、
我が子の小学校で合唱の音楽集会がありました。
 
 
 
子供の学校行事の時は、
たいていギリギリになってしまう私ですが、
 
 
今回は、会場の体育館のオープン前から並び、
気合い入れて、場所取り確保に挑みました。。。
 
 
 
 
 
Img_0230
 
 
4年生の我が娘、
学年での合唱のピアノ伴奏をしました。
 
 
 
2ヶ月ほど前、いきなり
「ピアノ伴奏に立候補してみた!!!」
 
から始まり、
立候補者数人からのオーディション、、、
 
 
オーディションに向けて、
1日5時間のピアノ練習。
 
練習し過ぎて腕が上がらなくなり、
 
さらに、有力候補の男の子の入院、、、etc....
 
 
二転三転あり、
 
我が家のグズでノロマなじゃじゃ馬が
伴奏に選ばれた時は、
 
母としては喜んであげるというより、
 
ヤバい事になったという気持ちの方が大きかったです・・・
 
 
 
しかし、
なんだかいつも焦るという事がないおおらかな娘。
 
 
焦らず、騒がず、
淡々と、黙々と1ヶ月半、練習を重ね、
音楽集会に臨みました。  
 
 
 
 
 
20131101033415
 
 
 
 
発表前、
母は、心臓バクバクでした。
 
バクバクの心臓音が
周りに聞こえやしないかっつークライ。
 
 
 
ビデオを構える腕も震えましたよ。
 
 
この1ヶ月半の練習の日々を思うと
感無量。。。
 
 
 
しかし、
伴奏したくても
選ばれなかった子供達の事を思うと
 
この席に座れる事に感謝せねばなりません。
 
 
 
 
ヒョウヒョウと大役をこなしたように見えた娘。
 
 
「あああ~緊張したよ。
 心臓、ドキドキした。
 
 友達に教えてもらって、
 “豆”っていう字を手のひらに書いて
 3回のんでみた。」
 
 
だと。
 
ああ・・・そうですか。
 
私は、“人”という字を呑みこむと教わりましたが・・・
 
 
ま、
“人”でも“豆”でも呑み込んじゃえばこっちのもんだ・・・
 
っつー事ですか。。。
 
 
 
 
 
 
Img_0231
 
 
〆に、吹奏楽部の演奏もありました。
 
コンクール等の大きな舞台の時と比べると
音響がイマイチでしたが、
 
 
やはり、素晴らしい演奏でした。
何度聞いても
グッときます。
 
 
 
(んが、途中、ちょっと空中分解しちゃって、
 ありゃりゃ~~~・・・)
 
 
 
 
明日は、いよいよ、全国大会。。。。。
 
 
 
イエ~イ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_0232
 
 
さて、
細長いカップの取っ手は
 
下部をクルンとさせてみました。
 
長い間には汚れがたまりやすい形状ですが、
 
 
このクルンが昔っから好きでしてね。
 
 
 
Img_0233
 
数年ぶりのクルンな形状で、  
品良く、可愛らしいクルンにするのに
 
何度もやり直し、なかなか決まりませんでした。
 
 
やっぱり無器用です。
 
7~8個目位から、いい感じに形になってきます。
 
 
 
楽器演奏も、
陶芸技術も
 
訓練を重ねる事が肝心。。。
 
   


人気ブログランキングへ ☜☜☜ note 

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »