« 反省・・・ | トップページ | PC来ましたが・・・ »

2013年11月20日 (水)

菱形文様

  
Img_0314
 
いつもは、6時起床ですが、、、
 
今朝は ワケアリで、4時30分に起きました。
 
当然、外は真っ暗。
 
でも、6時起きだと バタバタと余裕がないので、
 
起きる時に ちょっと・・・
・・・かなり強い意志が必要ですが、
 
4時半起きは 家族が起きる前にひと仕事出来るので
得した気持。
 
三文の得は、大きいですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Ncm_0727  
 
さて、
“アーガイル模様、私達もやってみたい!”
 
というご要望がありまして、
 
東日本ガス陶芸教室金曜クラスにて、
詳細説明いたしました。
 
 
 
 
 
Ncm_0728
 
ま、
説明するほどの事ではありませんがね、、、
 
と、
思っていましたが、
やはり、
ちょいとしたコツが必要なようでした。
 
 
「あああー!
 そうなってるんですか! 
 ブログ見ただけでは分かりませんでした~ 」
 
という声があがりましたので、
 
やはり、
直接ご披露する事は必要ですね。
 
 
 
 
 
 
Ncm_0731
 
Mさん、、、美しいお手・・・ 
 
 
 
Ncm_0729
 
 
Ncm_0732
 
大事なのは、
出来上がった形に 模様をレイアウトするのではなくて、
 
アーガイルをやりたい! のなら、
 
その模様に合う形に成形する事です。
 
まず、模様ありき、という事。
 
 
 
陶芸は立体作品ですから、
大切なのは フォルム。。。
 
でしょうが、
 
絵付け等を主に表現されている方は、
 
まずは、どのような絵を描くのか、
(私の場合は、どのように泥彩文様を構成していくのか、、、)
を、考慮し、
 
次に、  
それによって、その絵、文様がいかされるベストな形の
追及に入るのではないでしょうか?
 
 
 
そんな話しを25年前、
藤本能道先生から聞いた事を思い出しました。
 
だから、
藤本先生の壺は、正面が平べったい扁壷が多いのだと。
 
「平たい方が、絵が描きやすいでしょ!」
 
 
想いは、単純、純粋なのです。
 
そこから、名品は生まれるのかもしれませんね。
 
 
 
 
 
 
 
Ncm_0733
 
テープを剥がすのは、
泥化粧の 照かりが引いた直後。
乾き過ぎると テープの際がバリバリになってしまいます。
早すぎると 泥化粧がよれてしまいます。
 
 
 
化粧がよれるとみっともないですからね・・・
いや、
泥彩の話し。。。
 
 
 
泥に隠れたテープを剥がす時にご注意。
 
針でつっついて剥がす、、、より、
カッターの刃をねかせて ペロンとするのが良いです。。。
 
ペロンじゃ、分かりませんねえええ・・・
 
 
 
 
Ncm_0734
 
 
アーガイル文様、よ~く理解していただけたようで、
よろしゅうございました。
 
ベースの色を変えたり、
私は好きじゃないのですが、下から上に向かって
グラディエーションにしたり、、、
と、
イロイロ、バリエーションを変えて楽しんでみてくださ~い!
 
 
 
 
 
Img_0310
 
こちら↑↑↑は、私の作品。陶板。
 
サイドを この↑↓文様にしてみましたが、、、
 
 
Img_0311  
 
が、
これは、アーガイルじゃなくて、
ただの菱形の連結文様ですね。
 
 
菱形文様、、、だと、
それらしいけれど、
 
なんか お洒落っぽくないっす。
 
いや、
お洒落じゃなくてもいーんですが。。。  

« 反省・・・ | トップページ | PC来ましたが・・・ »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 反省・・・ | トップページ | PC来ましたが・・・ »