« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月の20件の記事

2013年12月31日 (火)

今年もありがとうございました

 

Img_0618

 

あああ・・・

来てしまいました。

 

この年末押し迫った時に・・・

オー・マイ・ガット・・・

UAEで個展なんつー、夢を語りましたが、

これは、身近に迫った現実です。。。

 

 

 

正式に依頼書が届きましたので、

お知らせさせていただきます。

 

 

平成26年11月、

日本橋三越本店にて‟杉沼里美個展”を

開催いたします。

 

 

その前に、4月には、

同じく

 

日本橋三越にて

‟彩女会陶芸展” です。

 

 

来年は、三越にボウサツサレマス。。。

いや、

お世話になります。

 

 

ありがたいことでございます。

こんな私に あの場所での個展の機会を与えてくださり、

本当にありがたいを通り越して、

申し訳ないくらいでございます。

 

なんで、オマエに?!

と、言われるかもしれませんが、

全く、返す言葉もございません。。。

 

 

 

実際、

このような依頼をいただきますと、

嬉しさよりも、

緊張とプレッシャーで押し潰されそうになります。

 

 

 

両展覧会とも、

詳しい日程は、また後日ご報告させていただきます。

 

 

 

 

Img_0613

 

というワケで、

大掃除もパスして ひたすらロクロです。

  


Img_0614

ロクロです。。。

 

取りつかれたように粘土から離れられません。。。

 

 

  


Img_0637

こちら↑↓は、陶箱。

 

加飾の事も考えて、曲面のない形にしましたが、、、

 

 

なんか、

冷蔵庫みたいになっちゃったな・・・

 

 

Img_0638

名刺入れになります。

 

 

 

さて、

本日は、これから年末恒例のアイススケートしに

行きますので、

今年の制作はここまでです。

 

 

泥彩加飾は、来年ですね。

っつーても、明日か・・・

 

 

  

Img_0639

今年も皆さまに助けていただきながら

陶芸も、ブログもなんとか続けてこられました。

 

美味しいモノも、たくさん摂取いたしました。

 

 

 

言い過ぎた事、間違った表現も多々ありましたでしょうに、

黙って見守ってくださり、、、

呆れてなんも言えない・・・言いたかない・・・のかもしれませんが、

 

いずれにせよ、お付き合いいただきまして、

ありがとうございました。

 

 

ブログ、も少しだけ続けたいと思います。

 

今後共、よろしくお願いいたします。

 

 

来る年が、皆々様にとって、

幸多き年でありますよう、心からお祈りいたします。

  
 

 


人気ブログランキングへ    ↞↞↞↞heart04

2013年12月29日 (日)

アブダビモスク

 

Img_0620

 

年末は、テレビ番組は再放送が多いのですかね。

 

テレビを見る習慣のない私が、

先日、

「こっこっこれだっっ!」

 

っと、雄叫びをあげた番組が本日夕方、再放送されていて、

再度、かぶりついて見たのでした。

 

フジテレビ系 ‟世界の行ってみたらホントはこんなトコだった”

 

UAE

ドバイ~アブダビ編です。

 

 

Img_0622

(画像、テレビより拝借させていただきました。)

 

総大理石のアブダビのモスク。

総工費、600億円。

 

 

  


Img_0624

 

 

細部にまで、美しい模様が施されたモスク内。。。

 

 

Img_0627


Img_0628

 

美しい・・・

溜息・・・

 

 

 

これですよ。

ここまで やってしまえば良いのです。

 

 

無駄な絵付けなどせず、

シンプルを良しとされている昨今。

 

 

それも良し。

でも、

それができない私は、コッチです。

 

  


Img_0630

よし!

行くぞ!!!

アブダビモスク!

 

 

Img_0615

 

図らずも、そんなテレビ番組にインスパイアされて制作した

大鉢。。。

  


Img_0616

 

 

 

「お母さん、UAEで個展出来たらいいね。

似合うんじゃん?!」

 

と、我が長男。

 

 

わあ~!

いいねえ~!

さすが長男、いいコト言うじゃん!

そんな依頼があったら、

他の全ての仕事、お断りしてやらせていただき

頑張りますわ!

 

 

UAEで個展!

夢ですう。

 

「そうなったら、お母さんと一緒にアブダビ行こうねっ!」

 

 

願えば叶う・・・かも!!! 

 
  

 


人気ブログランキングへ    ↞↞↞↞heart04

2013年12月28日 (土)

それは、アーガイルではありません

Img_0607

クリスマスシーズンに、三越で買い物して来た夫。

 

「クリスマス仕様の限定紙袋↑↑に入れてくれたんだよ!!!」

 

わあ~!ホントだ!可愛い!三越、いけてるじゃん!

 

  


Img_0609

「そう、そう、それでさ、その紙袋に描かれている男の子の

ズボンの模様が、キミの作品の文様、ほら、なんだっけ?

アー・アー・アー・・・」

 

アーガイル?

 

「そう、そう!」

 

Img_0610

夫君、これは、アーガイルではありません。。。

どちらかというと、ウロコ模様です。。。

 

「あ、そう。アハハ・・・」

 

だと。

でも、めっちゃ可愛い!色も良いね!

 

 

  


Img_0559

んで、

アーガイルに埋もれています。

 

作品の形状に合わせて、ひし形の大きさ、縦横の比率を

微妙に変えるため、

数種類のひし形カットをひたすらやっていたら、

カッターマットが ひし形の無茶苦茶状態になってきた。

 

Img_0558_2

こういう事やっている時間の方が長く、

陶芸やってる作業台じゃなくなってきた今日この頃。。。

 

Img_0567

マスキングビニールテープを張っていくのですが、

下の段、下から二段目、三段目・・・と、

1~2㎜づつひし形の大きさが違うのです。

でないと、器の形に添わず、誤差が出てくるのです。

 

その多少の誤差を許せるか、許せないかは、個人の

感覚ですので、

そこまで、きっちりせずとも良いとも思います。

 

  




Img_0611

  


Img_0612

 

今日も、みっちり、がっつり、アーガイル等々、

泥彩してます。

 

大掃除は・・・パスだな。。。
  

 


人気ブログランキングへ    ↞↞↞↞heart04

2013年12月27日 (金)

お忍びでお勉強

 

Img_0570_2

何があっても なんも無くっても、

今年のクリスマスは、終わりました。

 

ツリーの画像は、もういりませんね。・・・失礼。。。

 

相変わらず、ドタバタジタバタしながらも

クリスマスの晩、上野のクリスマスツリー↑をチラ見して、、、

 

 

 

Img_0572_2

外苑前と明治神宮前の中間地点に在るお店に

和食器のお勉強に行ってまいりました。

 

 

お勉強です。

けっして、クリスマスのお忍びデートではありません。。。

 

  


Img_0571_2

 

 

‟一凛”です。

 

スミマセン。

この度は、このお店をご紹介くださった方の許可も得ずに

勝手にお勉強しに行ってしまいました。

 

 

お勉強ですから、お許しを・・・

 

  


Img_0576_2

 

美味しい日本酒を頂きたいトコロですが、

どうも、最近、お米のお酒アレルギーでしてね。

 

葡萄のお酒なら平気なのに・・・

 

そんなの在り得ない!

と、

お酒の席でほぼ全員に言われますが、

本当にお米のお酒が体質に合わないようです。

 

 

 

Img_0577_2

 

おおお~!!!

なんと美しい八寸。

 

 

お米のお酒は残念ながら体が受け付けないのですが、

最近は、和食の魅力にどっぷりはまっております。

 

  


Img_0578_2


Img_0579_2

 

随分と可愛がっていただいた藝大教授だった

浅野陽先生がよくおっしゃっていたのは、

 

「和食は素材や調理法、季節によって、盛る器の形も様々、

器の種類が多く、そこから器のデザインが際限なく

産み出される。

洋食器は、規定サイズがあり、その規定の中でしか

表現出来ない。」

 

 

少々、偏屈な表現でもありましょうし、

異論反論ありましょうが、

そんな浅野先生の物言いが大好きでした。

 

 

Img_0580_2

表は無地、留塗りの器の蓋を開けると

鮮やかな蒔絵とフワ~っと香り立つ煮物。

 

素晴らしい。。。

 

 

和食、  

世界文化遺産に認定されたのは、大変喜ばしい事ですね。

 

毒舌な浅野先生がそれを知ったら、

なんておっしゃったかなあ?

 

 

 

Img_0581_2


Img_0593_2

まな板の上に置かれた本わさびのさり気ない美しさ。

 

 

私の席まで、わさびが香ってきます。

  


Img_0583_2


Img_0584_2

こちらの大将、

とある、朝の番組でお馴染みですね。

高下駄の君。。。

 

 

これだけ、お顔が全国的に広まっておられるにも

関わらず、

いつも自然体で、当然といっちゃあ当然ですが、

愚直に日本料理に向かっておられるその姿勢には、

感服させられます。

 

当たり前な事が当り前に出来る人って、少ないです。

 

 

  


Img_0585_2


Img_0587_2

丁寧に ひと品ひと品、ご説明くださり、

いちいち感動しておりましたが、

ほとんど覚えていないという。。。 アホでごめんなさい。

 

 

 

  


Img_0588_2

〆は鯛茶漬け。

 

ホッとします。

和食って、最高に贅沢。

日本人に生まれて良かった。。。

 

  


Img_0589_2

このご飯茶碗のデザインもいただき・・・

 

 

  


Img_0591_2

レモンゼリー。

クリスマスカラーとのコト。。。

 

  


Img_0594_2

 

素晴らしい、一凛の超フルコースに

身も心もいっぱいいっぱいでございました。

 

 

 

 

 

笑顔の爽やかな主さん、

ますます男前におなりです。

 

美味しいお忍びデート、お付き合いくださり

ありがとうございました。。。

 

あ、

和食器のお勉強でした。。。。。

 

 

Img_0600_2

 

という事で、

ほろ酔い気分の表参道イルミネーションは

ピンボケです。。。


人気ブログランキングへ   ↞↞↞

2013年12月26日 (木)

それぞれのクリスマス

Img_0560

 

皆さま、

それぞれ、幸せなクリスマスを過ごされたことと

お察しいたします。。。

 

 

ワタクシも、

ま、

いろいろゴチャゴチャありましたが、

終わり良ければ全て良し・・・  でもないか・・・

 

 

 

イヴには、新しく買うた西村君のカップ↑↓で、

CAVAを飲んで、いい気分になり。。。

  


Img_0561

天使?のような背中に羽がついた人物が、

ハートを持っているのです。

素敵です。

ハートheart01は大事ですネ。。。

  


  


  

 

Img_0563

我が家の小4のじゃじゃ馬娘は、

サンタクロースに折り紙付きのお手紙と紅茶を

用意していましたよ。

 

Img_0565

 

Img_0606

サンタクロースに用意した紅茶は、

Harrods のなんちゃらの限定パッケージ缶、

薔薇の蕾が入った高貴な香りの紅茶です。

ほのかな薔薇の香りは品が良く、

サンタクロースにも美味しく召し上がっていただけたと思います。

 



Img_0566

〖のんでください。コレ→ 〗 

〖おてがみもってってください。コレ→ 〗

 

「サンタクロースは、外国人だから、漢字が読めないだろうから、

全部ひらがなで書いた!」

 

だと。

アホ娘ですが、漢字が書けないわけじゃありません。

一応、じゃじゃ馬娘の名誉のため。。。

 

漢字の読めないサンタクロースに 果たしてひらがなが

読めるかどうか、定かではありませんが・・・

 

 

「サンタさん、何時に来るか分からないけど、

今から紅茶入れたら、冷めちゃうね。

寒い中来るのに、温かいのを飲ませてあげたいね。」

 

あああ・・・

その優しい気持ちにサンタクロースも涙したことでしょう。。。

 

 

だからって、Wii U 

なんて、高価なものをプレゼントしてくれないとは

思いますがね。

 

 

 

 

Img_0599

さて、

そして、昨晩のクリスマスは、

表参道のイルミネーション!!!

 

何十年ぶりだろ?!!!

 

 

表参道は、美しかったけれど、

プレゼントは届かないなあああ・・・

と、

思っていたら、、、

Img_0605

今朝、サンタクロースの国に近いトコロから、

ルージュが届きました。。。

 

ウフフ・・・

 

 

ずいぶん久しぶりに ここのルージュ、手にしましたが、

パッケージがすっかり変わっていて、開け方すら

分かりませんでした。

 

上部の金の部分を押すと、

バネでポン!と上がるのです。

 

まずい。。。

なんか、ノリ遅れてるな・・・
  

 


人気ブログランキングへ

2013年12月24日 (火)

細く長く、美味しく、、、

年末、食道楽の日々です。

 

まだ 年越し蕎麦とはいきたくありませんが、

まだ、年越ししたくありませんし、

年越すまで、まだまだやり残している事ありますし、、、

 

 

今年、春に伺う予定が、今頃になってしまいました。

 

お蕎麦屋さん、‟竹やぶ”です。

 

Img_0503_2

 

千葉県は、柏市、私の実家から徒歩数分。

 

知る人ぞ知る、遠方からもわざわざ来るお客が

途絶えないというほどの名店にも関わらず、我が家のご近所さんは

近すぎるため、逆に行った事がない、、、という方も少なくない

不思議な名店。  

 

 

 

 



Img_0504

お店の設えが、個性的。

和風ガウディと言ってしまったら あまりにも

月並みな表現ですね。

 

  


Img_0545


Img_0505

入口には、形を変えた水琴窟。

 

 

 

  


Img_0507


Img_0509

予約を入れて伺ったので、個室を用意してくださいました。

 



Img_0510

 

ここの そばがき以上のそばがきに出会った事が

ないです。

  


Img_0511

口の中でトロケマス。

 

スタートの蕎麦がきから感動させられます。

 

 

 

  


Img_0513


Img_0520

八寸。

  


Img_0521

 

 

少々、肌寒い日和でしたし、

 

八寸に合わせて、熱燗を頼みましたら、、、

  


Img_0515

あ~れ~!!!

 

ちょっと~!サプライズ!!!

 

梅澤幸子さんの練り込みお猪口と、

ワタクシの酒器をご用意くださいました。

 

 

 



Img_0518

 

梅澤さんの酒器と並べていただけて、嬉し恥ずかし・・・

 

  


Img_0517

内側には、ラスターが施してあり、

お酒映りが良いと思います。

 

 

 

こちらの店主の方とは、

ある方を介して お近づきさせていただきました。

 

 

 

 

こんな風に、

こんなにステキなお店で使ってくださる事は、

陶芸家冥利に尽きます。

 

 

お心遣い、感謝、感謝でございます。

 

 

 



Img_0524

 

そして、

天ぷらは、、、


Img_0528

やはり、梅澤幸子さんの器です。

  


Img_0529

 

緻密な美しい練り込みですが、

淡い淡い、繊細な色調のため、

私のしょぼいカメラでは 全く写っていませんね。。。

 

 

 



Img_0533


Img_0535

 

蕎麦猪口も、梅澤さんの器。。。

  


Img_0534

 

お蕎麦は2種出ますが、

初めのそばがきのつゆと、お蕎麦2種のつゆ、

それぞれ微妙にお味が違います。

 

このこだわり、

すごいと思うのです。

 

 

蕎麦にしろ、陶器にしろ、

モノ作りというものは、

他人様に そこまでこだわらなくても・・・

と、思われてしまう そんなトコロのこだわりが

モノの価値を高め、本質に迫る、本物のモノつくりに

なるのではないでしょうか?

 

 



Img_0537

デザートの水小豆も梅澤さんの器。

  


Img_0538

 

蕎麦はもちろん一級品。

お料理もこの上なく素晴らしく、

器、家具調度品に至るまで店主のこだわりが

随所に散りばめられ、

 

ここにわざわざ遠方から足を運ぶだけの価値はあるお店だと、

改めて感じました。

 

 

 

 



Img_0531

そして、再び、しつこくマジマジと己の器を眺め、、、

 

 

反省するトコロも多々ありますが、、、

 

悪くないかも・・・ 

 



Img_0543

入口脇の壁に掛けられた

童子の笑顔の豆皿に思わずこちらの顔もほころび・・・


  

あああ・・・

今年もあと数日を残すのみ。。。

 

蕎麦のごとき、

細く長く、末永く、、、美味しいお付き合いを

今後とも宜しくお願いいたします。

 

 


  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月22日 (日)

艶めかしい陶芸教室

 

東日本ガスの忘年会でしたね。。。

 

 

会社の担当部署の社員の方々とお料理教室、陶芸教室の講師の 

合同忘年会です。

 

 

Ncm_0751

 

正直、期待していなかったのですが、とても良い飲み方でした!

 

明るく、前向きな話題、

愚痴なし、悪口陰口なし。

 

 

世のサラリーマンの方々の忘年会なんて、

愚痴愚痴なのかしら・・・と思っておりましたが、

偏見でしたね。

スミマセン。

 

 

んで、

まあああああああ・・・

こんな呑み助にお目にかかったのは、久しぶり・・・

私の人生で二人目かも、、、

っつー位の蟒蛇(うわばみ)君に出会いました。。。

 

 

それが、たんなる酒好きってんではなく、

心から日本酒を愛し、

美味しい料理と酒を追い求めているロマンチスト。

 

 

飲んでも飲んでも、崩れることなく、

綺麗な飲み方で、

さり気ない回りへの配慮も忘れず、

その席を明るくする呑み助です。

 

その呑み助課長が会の最後に力説していたのは、

 

 

 

‟ガス”から産まれてくるものは幸せなものでしかない!

ガスを使って産まれる料理、陶器、暖房、

全てに温かさがあり、人を幸せにしてくれるものなんです!

人には温もりが必要で、それによって幸せになれるんです!

 

 

だと。

 

んじゃ、、、ガス爆発は?・・・

 

と、言うている方がいたような気もしますが、

それは事故。 別の話しです。

 

 

優等生的模範社員のマインドコントロールされたセルフ

って雰囲気ではけっしてなく、

 

 

無礼講的なあの忘年会の席で あのセリフが出てくる社員が

いるこの会社って、

もしかしたら、すごく良い会社なのかしら・・・?

 

 

少々、会社に疑問がなくもなかったけれど、

見直してしまいましたよ。

 

 

 

ガス話しで、不覚にも心温まってしまいました。

 

 

私も、非力ながら、

皆さんを温めるようなモノを生み出したいと

純粋にオモイマシタ。。。

 

 

 

Img_0554_2

 

そして、

もう一つの話題。

 

志野の緋色は、女性の唇kissmarkの紅の色。

 

紅を施した女性が使った茶碗の縁についた

紅の跡。 

それを模した志野の緋色。。。

 

志野の緋色は艶めかしい。

 

 

川端康成小説、千羽鶴に象徴的に描かれている志野の

緋色の話しになりました。

 

 

 

「なまめかしい・・・

 エロイじゃなくて艶めかしい。。。

 綺麗な日本語ですね。」

 

 

 

紅色は艶めかしい・・・

なまめかしい・・・

ナマメカシイ・・・・・

 

呑み助課長、そう連呼して、

そして一言。

 

「『艶めかしい陶芸教室』 ってのはどうですか?」

 

 

うっ・・・ うっわあああっ~・・・

 

やめて。 

なんか、危険、 ヤバい香りがしちゃうじゃん!

  
   

 

でも、

ちょっと いいかも。。。kissmark

 

 


  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月20日 (金)

裏事情

 

 

Img_0479

 

何故だか人気のある陶板です。

 

横10cm×縦24.5cm×奥行(厚み)1.5cm

 

 

いつもいつも、ありがとうございます。。。

 

  


Img_0480

  


Img_0481

陶板裏側、ワイヤーを通しています。

 

いろいろ試しましたが、

これが今のところベストのようです。

 

 

  


Img_0546

こちらも裏側。

鉢の裏側です。

 

 

Img_0547

 

 

裏にもイロイロと事情があるのです・・・。。。

 
 

 


  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月18日 (水)

丸ビルランチ

日本郵便、頑張ってますね。

KITTEです。

 

Img_0483

 

Img_0484

1階アトリウムの光もホワイトツリーも

「わあああ~・・・」

と、溜息が漏れるほど美しかったです。

 

  


Img_0482

しかし、

昨日の目的地はKITTEではなく、丸ビルでした。

 

これだけ、

東京・日本橋界隈をうろついているのに

丸ビルに足を踏み入れるのは初めてです。

 

 

Img_0496

 

今年は、プワ~ッッッ と忘年会らしい忘年会は1回だけで

チラリチラリと、プチ会食が数件入っております。

 

 

丸ビル35階の リストランテ ヒロ です!

  


Img_0489

 

素敵な女性とのデートでした。

1年と半年ぶり位の再会でしたね!

 

  


Img_0490

お野菜のコースにしました。

肉・魚、一切なしです。

にもかかわらず、

 

結果、お肉を食べたような感覚をおこさせるほど

大満足な内容でした。

 

Img_0491

前菜のトマトの甘いコト甘いコト!

トマトの下にはソーメン?! へえ~・・・

っと

思いましたが、そうか、カッペリーニですね。

 

  


Img_0492

ジャンボマッシュルーム。

 

  


Img_0493

 

ワインといえば、絶対赤!だったのに 

40歳を越してから、

白ワインを好むようになりました。

 

白ワインでも、赤のような風味と重みがあるものも

存在する事も知りました。

 

 

Img_0494

 

昨日のデートのお相手は 惚れに惚れている方でしたので、

実は、正直、

緊張も交じり、おしゃべりにも夢中で

お店の雰囲気とか、肝心のお料理の味までぶっ飛んでしまい、

記憶が定かではないのです。。。

 

 

そうか、

本当に好きな方と食事をすると

回りが見えなくなるのね。

 

 

という事は、

普段 

どんだけトキメキのない食事をしているんだか・・・っつー。。。

 

 

いやいや、またしても失言・・・

 

  


Img_0495

柿のコンポート・・・だったのだと記憶します。

 

 

素敵なステキな3時間!のランチでした。

 

あっという間の3時間だったなあああ・・・

 

 

またしばらくお目にかかれませんね。。。

 

  


Img_0486

丸ビル35階からは、東京湾も望め、、、


Img_0487

真下には皇居のお堀、、、

  


Img_0488

 

こんな巨大な東京のど真ん中で仕事をさせていただいている事に

感謝しなきゃねえええ。

 

 

これ以上を望んだらいけない。

今、与えられている仕事を目一杯、必死で頑張らねば!

 

東京を怖いと思った事は1度もないけれど、

もしかしたら、ものすごく恐ろしい所なのかもしれない・・・

と、

背筋にブルッときた丸ビルランチでした。。。
  



  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月17日 (火)

顔が苦手です

 

Img_0467

 

相変わらずのドタバタの年末です。

それこそ、師走です。

 

 

  


Img_0470

 

ちらりと、新作のご紹介。

 

 

きりんカップと象カップの新バージョンです。

 

カップのフォルムを変えました。

 

 

  


Img_0468


Img_0469


Img_0478

La lune qui brille sur une girafe.

“きりんの上に輝く月。”

 

 

Img_0475

Un éléphant sur la terre.

“大地の上の象”

 

 

 

やはり、

顔のあるブツを表現するのは難しいです。

 

キャラクター商品系になってしまっては危険ですし、  

彫刻というカテゴリーとも違いますし。

 

 

全然関係ないかもしれませんが、

美大受験の時、

石膏デッサンを何枚・・・、何百枚描いても描いても描いても、

顔がダメだったのを思い出してしまいます。

 

 

  


Img_0472


Img_0473


Img_0474

苦手だった石膏デッサンから20ウン年。

いまだに顔が苦手です。

 

 

もっともっと、精進せねばなりませんね。


 

 


  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月15日 (日)

災い転じて福となす

 
金曜日は、
 
東日本ガス陶芸教室にてS先生によるシーサーの
作り方、講習会でした。。。
 
 
 
 
Ncm_0750  
 
 
これは、もう
私の専門外。。。
 
 
いや、
そもそも私なんて、
限られた狭~い範囲の専門知識しか持っておりませんがね。
 
 
 
Ncm_0749  
 
 
口の開いたシーサーが雄で、右側に置き
福を招き入れ、
 
口を閉じたシーサーが雌で、左側に置き、
あらゆる災難を家に入れないとされている。。。
 
 
 
(以上、Wikipediaより抜粋)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“阿” “吽” ですね。
 
しかし、
何が悪霊で 何を持って福とするか 判別がつきずらい昨今。
 
 
いろいろ行動していると、
様々な事態に遭遇しますが、
 
何が現われても動じない強さと自信を
兼ね備えていなければ・・・ね。
 
 
 

Ncm_0748  

 

災い転じて福とするのじゃっ。。。

 

 
Ncm_0746
 
顔があるモノって、難しい。。。
 
 
 
よほど意識して取り組まないと、陳腐なモノになってしまいます。
 
 
 
 
 
 
 
いつも思うのですが、
 
S先生の作るシーサーの表情の良い事。
 
 
 
 
 
それと、
先生はなにげなく、ヒョイヒョイ作られるのですが、
 
 
巻き髪の形が美しいのです。
 
 
巻き髪の形の美しさもシーサーの魅力に大きく関わってきますね。
 
 
 
 
 
 
綺麗な巻き髪に憧れます。。。
 
 
 
 
 
でも、手を掛けて、いつも綺麗に保ってないと、
 
 
私なんて ただの寝ぐせのモサモサ。。。
 
 
 

2013年12月13日 (金)

笑ってください

Img_0461

 

カップ。

雪の結晶文様です。

 

  


Img_0463

 

クリスマスの雰囲気で。

と、思って

制作しておりますが、今年のクリスマス用ではなく、

なんと、来年のクリスマスに向けて・・・です。

 

鬼じゃなくても

笑ってやってください。。。

  
  


  人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月12日 (木)

塗金

Img_0458

 

半日で終わらせる予定が1日と半日かかってしまった・・・

相変わらずの計画性の甘さ。

 

いろいろ、想定外の事態が起こるのでね。。。

というのは、言い訳。

計画というのは、想定外の事態も想定して計画するものだ・・・

と、

言われましたが、

そんなに計画的に人生いかないもんだっちゅう・・・。。。

 

 

で、

金彩です。 塗金(ときん)ですね。

いわゆる、メッキだな。

と、思いながら施していましたが メッキと言ってしまうと

 

「なんだメッキか・・・」

 

と、

まがい物のような、安物のような印象を受けてしまうのは

私だけでしょうか。

 

で、

メッキをググってみたら、

 

“地金属を腐食から守ると同時に 装飾し商品の価値を

 たかめたり、光沢を与えることにより

 摩擦などの抵抗から地金属を守ります・・・”

 

なんだ、メッキって、

メッキしてごまかす、、、って意味じゃないのですね。

どちらかと言うと、守るに近いですね。

 

 

メッキが剥がれる。って、ごまかしていたものがバレる・・・

というふうに捉えてしまいますがね。

 

 

 


Img_0459

塗金。

焼成前の金液は、茶色の液体なので、

想像出来ないと思いますが、

これを上絵の温度で焼成するとオイル等が蒸発し、

金だけが残り、陶に焼き付けられるのですね。

 

ま、

メッキですけどね。

 

んんん・・・

やはり、表面だけを取り繕っている雰囲気が否めませんね。

 



Img_0460

 

言うてみれば、

人もメッキしているようなもんですかね。

 

見た目、表立てを飾る事で自分の価値を高めたり

(高めているようにみせかけたり・・・)

外部からの摩擦から自身を守っているのかもしれません。

 

ただ、

人間の場合、金属とは違い 心を持っています。

経験や学習等々を重ねる事で

メッキの下も変化する事ができるかもしれません。

 

金メッキを剥がしてみたら、

中身も本物の金になっている可能性を秘めています。。。

  

 


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月11日 (水)

艶消し

 

Img_0454

 

象のカップときりんのカップ。 本焼き上がり、

まあ・まあ・かな・・・

 



Img_0455

なんか知らんけど、一つ切れたけど。。。?

 

 

そーいえば、加飾の時に亀裂入ったのを補修したかも。

補修したつもりがされてなかったのだね。

記憶があやふや。

 

 

カップの内側に掛けた 艶消しの透明釉もしっとりと

釉の融け具合が丁度良い感じです。

 

前回の本焼きで学んだ効果です。

 

温度上げるのが早すぎて 

予定より1時間近く早く上がってしまい、

焦って1255度で15分保持したのが良かったみたい。

 

今回も 1255~1260度辺りを17分ほどウロウロさせました。

ゼーゲルで判断してないので、なんともいえませんが。

 

この艶消し釉、ちょっと焼きが甘いと ガサガサです。

 

マット釉とは言わず、艶消しという表現が逆になんとも

艶っぽくて良いですねえ。

 

 

釉は、艶消しが好きだけど、

人は、艶有りが良いと思います。。。


  

 


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月10日 (火)

先輩・後輩

 

Img_0446

日本橋です。

  


Img_0448

越後屋・三井呉服店

だったのですね。 三越。

 

なんか・・・ 毎週行ってるような気がする。日本橋三越。

 

 

行動範囲限られていて、いかんな。

 

Img_0449

大学の先輩です。

 

望月集さんの個展に伺いました。

日本橋三越本店6階 美術特選画廊にて

本日までです。。。

 

大学(大学院)修了した直後の1年ほど、集さんの

工房、陶芸教室 “一閑” でお世話になっていました。

 

 

Img_0453

集さんの個展会場の隣のスペースでは

やはり大学の後輩、西村芳弘さんの個展が開催されております。

 

 

いつも、ドタバタ行動していますが、

昨日は、比較的ゆっくり拝見することができました。

 

 

集さんとも西村君とも 少し話しをしましたが、

皆、それぞれ深く大きい思いを抱え、制作に向かっていて、

強く意識せずとも 作品はその作家自身が投影されているものだと、、、

スピリッツは一緒ね。

と、

感じました。

 

 

いろんな人にイロイロ言われちゃうよね。

でも作り手は 素直にいちいち言う事聞かなくて良いのです。

そう、私も同感です。

 

 

批判、忠告めいた事を言われた時、

すごく反省して理解しました的に振る舞いつつ、

心の中で 思いっきり アッカンベ~~~! すりゃあ良いのです。

 

 

でも、

やっぱり作り手は苦心した部分を全否定されると

心が折れるので、(特に男性作家は繊細なので。。。)

あんまり心無い事言わんといてください。

 

ま、

言われるという事は、注目されているっつー事でもありましょう。

なんも言われなくなったら その方がしんどいか。。。

 

 

先輩と後輩の個展から、またひとつ、得るものがありました。

 

    


Img_0434

で、

ランチ。  

本当は、、、

東京丸ビルのイタリアンを予定していたのですが、

ちょっと、体調がなんなもんで、

 

三越内で軽く中華にしました。





Img_0435

ビールはパスして 紹興酒を温めたものを少々。

 

8年熟成のモノと、10年モノを

一口づつお味見させて頂きましたが、

だんぜん 10年モノのほうがコクがあり、好みでした。

 

口うるさく、分かってんだか、分かったふりしてんだか、 分かんない中年女でスミマセンねえ・・・

 


Img_0439

大和芋が入った中華粥。

美味しい!優しい! ホッとする。。。

 

 



Img_0440

 

薔薇の蕾入りのジャスミン茶。

  


Img_0442

 

パンチのきいたモノを摂取したくない ここ数日。

少々、体調下降ぎみかな・・・


  


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月 9日 (月)

四季亭

鬼のかく乱か・・・

 

咳のみ。熱なし。食欲あり。睡眠不足。

 

 

かかりつけの内科医院は我が家から徒歩1分なので便利です。

 

歯医者さんも徒歩1分。 少し大きい総合病院は徒歩5分。

薬局のおじちゃんとは 頻繁に顔を合わせているので

とっても仲良し!

 

中途半端な 田舎ですが、

便利な所なんです。

 

 

でも、お医者には2年に1回位しか、かかりませんけどね。

基本、

丈夫な身体に感謝せねば。

 

 

しかし、この、

むせ返るような咳、なんとか治めねば・・・

 

 

Img_0325

 

10日ほど前だったかしら・・・

 

我が家から車で10分ほどの所に見つけました!

   


Img_0347

 

こんな素敵なお店。知らんかったわ~。。。

噂にも聞いた事ありませんでした。

ネット、いじくっていて、偶然見つけました。

 

“四季亭”

 

 

柏市にはなりますが、

旧沼南町でしょう。ローカルな話しにて失礼。。。

 

 

Img_0330

 

洒落てるってんではありませんが、

梁の太い良い造りの建物です。 

落ち着ける、長居してしまいたくなる雰囲気です。

  

 

  
Img_0331

お昼のミニ懐石をいただきました。

  


Img_0332

鯖の棒寿司・たまごの西京漬け・イカのカラスミ焼き 等々・・・


Img_0328

此処、  

まあああ・・・ 分かり難い場所にありましてね、

車で行かねばならないような場所ですが、

この日は お酒の苦手な彼氏の運転でしたので、

私一人でいただいてしましました。。。 

 

YEBISUの生。

 

 

スミマセン。。。

 

 

Img_0334


Img_0338

 

イロイロいろいろと6皿ほど出たかしら。

 

全て、上等な食材の品が少しずづ。

若くはない体には こういうのが何よりです。

 

    

  
Img_0339

〆にはお蕎麦か握り寿司が選べます。

私はお蕎麦をチョイス。

 

 

その他、しゃぶしゃぶ等のコースもありました。

次回は夜、ゆっくり訪れたいと思います。

 

 

でも、

ここでは、やっぱ飲みたいから お酒の飲めない彼氏の運転か、

代行運転 頼まなきゃね。

 

Img_0326

 

広くはありませんが、

お庭も素敵でした。

 

Img_0340


Img_0346

今年は・・・

今年も 紅葉なぞに気付く事もなく駆けずり回っていたので

はからずして愛でる事が出来てよろしゅうございました。

 

  


Img_0343

 

 

なんともいえない赤、紅色でした。

 

あああ・・・京都に行きたい。。。 絶対無理。。。。。


   

 

  
    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月 8日 (日)

ハイ。とてもキライです。

 

Img_0431

やっと、釉掛けにこぎ着けました。

 

お待たせしてしております。スミマセン。。。

 

 

相変わらず、釉薬掛けは面白くないです。

 

釉まみれになって格闘していたら、

じゃじゃ馬娘がジーーーーーッっと見ながら

 

「お母さん、それ嫌いでしょ。

 いやいやながらやってるでしょ。」

 

 

「・・・・・ハイ。キライです。」

 

 

 

陶芸教室でも

制作は一生懸命、楽しそうにしているのに

釉薬はいつまでも掛けずに放置されているものが

ずいぶんたまっちゃってますね。

 

 

ま、気持ちは分かります。。。 

 

  
  

  

Img_0432


Img_0433

 

年内中に あと数件の納品! 頑張る!!!
   

 


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月 6日 (金)

半端なく、みっちり



Img_0417

大鉢です。

 

陶芸の最近の時流はシンプルな傾向にあるように思います。

 

 

しかし、

シンプルデザインは

かなりの高い技術とハイセンスを要します。

 

己のセンスのなさは、自分が一番理解しています。

 

時流に乗っかろうと無理して頑張ってみても、

ドンくさくなってしまいます。

 



Img_0418

 

だったら、私らしく みっちり半端なく文様を施してみました。

  


Img_0419 


Img_0416

 

外も内側も底面も みっちり、びっしり・・・

 

 

Img_0415

 

でも、

色味はちゃんと計算しました。

 

自分で言うのも何ですが、

無器用ですが色彩感覚は悪くないように思います。

 

たくさんの色を使用しても チンドンヤにならないよう、

下品にならないよう意識しました。

 

 

どうか、

失敗することなく、無事に仕上がりますよう・・・。。。

 

 

爆発・・・しませんよう。。。。。

 

 


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月 5日 (木)

重力利用

 

Img_0426

ストライプ柄好きなもんでね、

こんな風に立ちモノ↑作品にストライプのラインを施す際、

自分の感覚でラインを入れていくと、

大抵、斜めった線になってしまいます。

 

 

人間、やっぱ、どこかに歪があるようで、

自分は真っ直ぐな人間だと思っているのは

貴方の大きな勘違いで、

真っ直ぐだと信じている事自体、歪んだ性格かもよ。。。

 

 

あ、

本題からそれました。 ストライプ文様の事です。

 

   


Img_0427

癖があるようで、

私の場合、右肩上がりになってしまいます。(良しっ!)

Img_0411

で、三角定規やL型定規を使って、線のあたりをつけたり

しているのですが、

このような、↑カップ等の小物の時はこれで良しとしても、、、

 

 

先週、格闘していた大鉢の内側等の時は定規が作品に

うまい具合に添わず、困ったな・・・

と、思い

考えたのが、コレ↓↓↓

 



Img_0351

五円玉を糸をつけて吊るしてみました。

重力利用ですね。

 

我ながら、頭いいじゃん!と、悦に入っていましたが、

結構、面倒くさいかも。

 

 

まず、手がプルプル震えてはいけません。

(この時点で、脱落する中高年者は少なくないでしょう。。。)

 

五円玉糸の真正面から見据え、効目でラインにあたりを

つけていきます。

   


Img_0349

五円玉3枚吊るしてみましたが、

1枚でも良いのかも。

いや、気持ちに余裕がある方は、50円玉でも良いかも。

いや、

別に硬貨じゃなくても良いです。

 

 

 

  


Img_0408

 

五円玉糸を信用して引いた線は真っ直ぐなはずなのに、

 

なんだか曲がっているように感じて、

地球の重力も怪しくなって来たんとちゃうか?!

と、

自分の感覚の歪みを棚に置いて

地球をも疑うって、どんだけ図太い根性してんだよっ、、、

ってトコですが、

 

冷静になって 離れて見てみると、

やっぱ、ちゃんと真っ直ぐな線になってます。

 

 

 

ふ~ん。。。

やっぱ、私って今はパッとしないけど、

大器晩成、右肩上がりの人生なんだわ!

たぶん・・・


 


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

2013年12月 4日 (水)

ピンクゴールドのご褒美

 

Img_0422

心の友。。。

多くを語らなくても理解してくれる友人が

私には3人いますが、

(3人とも職種は全く違いますがクリエーター。

 皆、社長兼雑用係でバリバリガンガン働いてますよ。)  

 

そのうちの一人、

ジュエリー作家のWAKAKOちゃんの作品展に行きました。

 

私が惚れに惚れ込んでいる女性でもあります。

 

母として、女性として、作家として

ますます魅力的にしっとりと輝いておられました。

 

お互い、イロイロあるから

今年、ゴハンも一緒にしてないね。


Img_0420

 

ちょっと早いクリスマスプレゼントxmas

というか、

今年も頑張ったご褒美かな。

  


Img_0421

ピンクゴールドは初めてです。

 

そうなの。

この年齢になると ピンク好きになってしまうのよ。

お肌もくすんできたからね。

ピンクを身に着けて、

プワァァァ~~~ッッ!と明るく闊歩したいものです。

 

どのサンタにプレゼントしていただいたかは内緒!wink

 

  


    人気ブログランキングへ ☜☜☜

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »