« それぞれのクリスマス | トップページ | それは、アーガイルではありません »

2013年12月27日 (金)

お忍びでお勉強

 

Img_0570_2

何があっても なんも無くっても、

今年のクリスマスは、終わりました。

 

ツリーの画像は、もういりませんね。・・・失礼。。。

 

相変わらず、ドタバタジタバタしながらも

クリスマスの晩、上野のクリスマスツリー↑をチラ見して、、、

 

 

 

Img_0572_2

外苑前と明治神宮前の中間地点に在るお店に

和食器のお勉強に行ってまいりました。

 

 

お勉強です。

けっして、クリスマスのお忍びデートではありません。。。

 

  


Img_0571_2

 

 

‟一凛”です。

 

スミマセン。

この度は、このお店をご紹介くださった方の許可も得ずに

勝手にお勉強しに行ってしまいました。

 

 

お勉強ですから、お許しを・・・

 

  


Img_0576_2

 

美味しい日本酒を頂きたいトコロですが、

どうも、最近、お米のお酒アレルギーでしてね。

 

葡萄のお酒なら平気なのに・・・

 

そんなの在り得ない!

と、

お酒の席でほぼ全員に言われますが、

本当にお米のお酒が体質に合わないようです。

 

 

 

Img_0577_2

 

おおお~!!!

なんと美しい八寸。

 

 

お米のお酒は残念ながら体が受け付けないのですが、

最近は、和食の魅力にどっぷりはまっております。

 

  


Img_0578_2


Img_0579_2

 

随分と可愛がっていただいた藝大教授だった

浅野陽先生がよくおっしゃっていたのは、

 

「和食は素材や調理法、季節によって、盛る器の形も様々、

器の種類が多く、そこから器のデザインが際限なく

産み出される。

洋食器は、規定サイズがあり、その規定の中でしか

表現出来ない。」

 

 

少々、偏屈な表現でもありましょうし、

異論反論ありましょうが、

そんな浅野先生の物言いが大好きでした。

 

 

Img_0580_2

表は無地、留塗りの器の蓋を開けると

鮮やかな蒔絵とフワ~っと香り立つ煮物。

 

素晴らしい。。。

 

 

和食、  

世界文化遺産に認定されたのは、大変喜ばしい事ですね。

 

毒舌な浅野先生がそれを知ったら、

なんておっしゃったかなあ?

 

 

 

Img_0581_2


Img_0593_2

まな板の上に置かれた本わさびのさり気ない美しさ。

 

 

私の席まで、わさびが香ってきます。

  


Img_0583_2


Img_0584_2

こちらの大将、

とある、朝の番組でお馴染みですね。

高下駄の君。。。

 

 

これだけ、お顔が全国的に広まっておられるにも

関わらず、

いつも自然体で、当然といっちゃあ当然ですが、

愚直に日本料理に向かっておられるその姿勢には、

感服させられます。

 

当たり前な事が当り前に出来る人って、少ないです。

 

 

  


Img_0585_2


Img_0587_2

丁寧に ひと品ひと品、ご説明くださり、

いちいち感動しておりましたが、

ほとんど覚えていないという。。。 アホでごめんなさい。

 

 

 

  


Img_0588_2

〆は鯛茶漬け。

 

ホッとします。

和食って、最高に贅沢。

日本人に生まれて良かった。。。

 

  


Img_0589_2

このご飯茶碗のデザインもいただき・・・

 

 

  


Img_0591_2

レモンゼリー。

クリスマスカラーとのコト。。。

 

  


Img_0594_2

 

素晴らしい、一凛の超フルコースに

身も心もいっぱいいっぱいでございました。

 

 

 

 

 

笑顔の爽やかな主さん、

ますます男前におなりです。

 

美味しいお忍びデート、お付き合いくださり

ありがとうございました。。。

 

あ、

和食器のお勉強でした。。。。。

 

 

Img_0600_2

 

という事で、

ほろ酔い気分の表参道イルミネーションは

ピンボケです。。。


人気ブログランキングへ   ↞↞↞

« それぞれのクリスマス | トップページ | それは、アーガイルではありません »

美食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« それぞれのクリスマス | トップページ | それは、アーガイルではありません »