« 裏話し | トップページ | 雨の上野公園 »

2014年1月30日 (木)

掛け分け

 

Img_0861

釉掛けです。

 

掛け分けです。

2種の釉をきっちり掛け分けたいので、

ここでもビニールテープが活躍します。

  


Img_0862

ビニールテープ、幅広のままだと

器のカーブに添いにくいので、5~7mm幅にカットして

張り付けていきます。

 

 

本来、

ラテックスを使用するのが一般的かもしれませんが、

ラテックスは、筆を使用しての手書きのラインになりましょうから、

ピシーッとしたひたすら真っ直ぐなラインに掛け分けたい時は

ビニールテープの方が扱いやすいかもしれません。

ラテックスは後処理もやっかいですしね。

 

 

あ、でも、掛け分け部分の状況にもよります。

 

 

Img_0869

私の陶芸教室の方達にも、

ビニールテープ使用をおススメしているので、

可哀想に、ラテックスの存在を知らない人がほとんどです。

 

(個人的にお勉強して

効果的に使用している方も、もちろんいらっしゃいま~す。)

 

 

 

その昔、ラテックス、無茶苦茶に使って、

お教室の筆数本と作品もダメにしてしまって方もおられましたね。

 

乙女だったあの頃の私は 何も言えずに

ため息とともにあきらめましたが、

今、そんな事をお教室でした日にゃあ、

杉沼先生から雷が落ちますから要注意・・・

 

 

Img_0870

掛け分けは、面倒。

 

でも、

やりたい。

 

 

魅力あるもの、(人)は、大抵、面倒くさい。

 

 

でも、魅かれてしまう。。。。。

 

  


Img_0863

 

  


Img_0865

コンプレッサー引っ張り出すのも面倒で、

霧吹き、口でプープー。

 

庭での釉薬掛けが気持ち良い、

暖かな小春日和の昨日の午後でした。。。

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞

ブログランキングのカテゴリーを

今まで工芸に属しておりましたが、

陶芸ランキングに変更いたしました。

思うトコロありまして、、、

いつもいつも、

こんなアホな私のブログに訪問くださり感謝しております。

今後とも応援、よろしくお願いいたしますheart01confidentheart01

« 裏話し | トップページ | 雨の上野公園 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裏話し | トップページ | 雨の上野公園 »