« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の24件の記事

2014年2月28日 (金)

貼り付け紋様

 

Img_1133

昨日は、

 

モヤモヤ、なんともスッキリしない日でしたので

ハーヴティーなんぞを飲んで気持ちを落ち着かせておりました。

 

 

コーヒー好きですが、

コーヒーじゃあ 逆に興奮してしまいそうでさ。

 

   


Img_1135

このカップ、色も形もエレガントで良い雰囲気なんですが、

平べった過ぎて、イマイチ バランス悪いんだな。

 

  


Img_1136

持ちやすいんですがね。

 

  


Img_1144

 

で、

久しぶりに泥彩ではなく、貼り付け紋様やってます。

 

お客様のリクエストがありまして。

  


Img_1143


Img_1145


Img_1142

取っ手にもツタを絡ませたいトコロですが、

見目には美しくても 違和感があって、たしかに持ちにくいかも。

 

この度は、太陽マークのリクエストでしたので。。。

 

これも、久しぶりの太陽マーク。

 

 

  


Img_1146

↑ツタ紋様を貼り付けたトコロ。

 

 

 

 

貼り付けっぱなしではなく、、、、 

  
Img_1147

↑ 小さいカンナや剣先等で削って

ツタのラインをシャープにし、エッジを際立たせます。

 

このシャープなラインを作る作業が結構手間かも。

 

 

最近は、泥彩仕事がメインになっておりますが、

このツタの貼り付け紋様作品は

意外と好まれ、注文も多くいただきます。

 

これはこれで、進化させていきたいと思います。

 

 

泥彩と貼り付け紋様を組み合わせる、、、

二種の技法を一つの作品の中に表現してしまう、、、

いろんなコトをやってしまう。。。

のは、

良くないですね。

 

 

 

人生、限られた時間の中で

突き詰められる事って、そう数多くない・・・と思いますし。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月27日 (木)

ダブルリングデザイン

 

Img_1132

我が家のお風呂場の窓。

 

網戸が壊れたので、、、

っていうか、壊れたまま放置して1年位経つかも。

 

 

 

我が家の網戸は、ロール網戸か、蛇腹型になっているため

耐久性がない。

でも

恰好は良いので設計士(私の超親友)の指示に従っております。

でも、

耐久性がない。

でも、

恰好優先。

 

 

 

いや、

網戸交換です。

 

で、

サッシ屋さんが入っていたのですが、

どうやら寸法を測り間違えたらしい。

 

(ったく・・・)

 

 

サイズが合わなく、、、

 

「スミマセ~ンンン・・・」

と、お呼びがかかった・・・・・

 

とたん!

 

ピンポ~ン、、、

と、生協の配達、

さらに、

 

携帯電話と家電が同時に鳴った。

 

汗・汗・汗・・・

 

 

こういうの、

ナンチャラの法則とか言いませんでしたっけ?

 

普段、

1日中、誰からも、何の連絡もなく

孤独に生活している私なのに、、、(ちょっとウソ)

 

 

なんなんだ?!

何の作用なんだ?!!!

 

 

 

あるでしょ。こういうコト。

あるよねえ・・・

 

 

 

Img_1114

で、

茶碗、もうひとつ。

 

 

Img_1115

 

楽しい。

紋様合わせするのが、

楽しくって仕方ない。

  


Img_1116

青海波(せいがいは)

と、

呼んでいましたが、

ダブルリングデザイン

と、いうらしい。

 

 

いやあ、、、  

やっぱ、青海波の方がいいっしょ。

  
 

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月26日 (水)

無理しなきゃ無理。

「わかってます!」

と、

いつも答える。

 

わかってる!

と、

頭では理解しているつもりですが、

実際、実感はしていないのだ・・・と思います。

 

 

「無理せず、睡眠はちゃんととって、、、」

 

と、たびたび言っていただきます。

人生の先輩方は心配してくださる。

 

 

わかっているつもりでも、

たぶん、無理を押して動いているのだと思います。

 

あの頑丈だった父が、

60才を過ぎた頃、大病を患ったのを見ているはずなのに、

 

何の根拠もなく、

私は大丈夫!と、思っちゃってたり、

多少の無理はへっちゃらのチャラチャラにタフに出来ていることと、

たぶん、まだ無理がきく年齢だということと、

無理をしなきゃならないくらい仕事がのしかかっているという。

 

 

 

「無理は するよお!

無理してでも頑張らなきゃ食べていけないし、

子供も育てていけないよ!」

 

と、

同年代の友人が言うとりました。

 

それが現実かな。。。

 

 

 

Img_1065

 

そんなこんなで

制作しまくっております。

  


Img_1066

茶碗です。

 

制作は、すればするほど アイデアが湧き出てきます。

 

私は、頭が良くないので、(謙遜ではなく、マジで。)

ジーッと、考えていても なんも浮かびませんが、

 

手を動かせば動かすほど

頭も冴えてきて 見えなかったものまで見えて来ます。

 

 

Img_1067

 

Img_1068

 

 

心身共に丈夫に生み、育ててくれた両親に

今更ながら感謝せねばね。

 

 

油断大敵。

 

わかっちゃいるけど

無理しなきゃ追いつかない! 

 

 

しかし、

無理が通れば道理引っ込む 的考えは嫌い。

 

無理を通す事で、結果、

それが正しい道筋に導かれるなら無理もありでしょう。

 

  


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月25日 (火)

日本酒のせい

 

断然、ビール等なんですがね。

 

 

Img_1130

ジャケ買いならぬ、表紙買いしてしまいました。

 

ダンチュウ。。。

 

無駄のない、余りの単刀直入さに落ちました。

 

 

‟日本酒”

 

日本酒への憧れは強いのですが・・・

香りは好きなんですが、

お勉強して、

何度もトライしているのですが、、、

 

何故か美味しさが理解できない、体に合わないようで

残念。

 

 

Img_1037

でも、

数日前の寒い夜、

ダンチュウに触発されて 熱燗、頼んでみました。

 

こりゃ、もう意地ですな。

 

 

  


Img_1033

ほんまもんの岡山県の備前なら

絶対名付けないであろう店名。

 

ここは、千葉県、‟備前”。

 

備前焼の器が主に使われておりますゆえ。

 

  


Img_1039

旬のモノを食べる習慣が身についているはずなのに、

間違えた。

大好きなもんで、アスパラ。

 

炭火で串焼きにされたアスパラは、季節外れではありますが、

甘みがあって美味しゅうございます。

 

 

 

Img_1038

で、

これは間違いない、

大根と里芋の煮物に蟹あんかけ。

絶対、注文すべきでしょう!

 

ホッコリしますよ。

イライラもぶっ飛ぶ 優しいお味です。

 

 

って、

イライラしてたんか?!

 

いえ。

私、きっつい事 口にするコトは多々ありますが、

意外とイライラはしない性分です。

 

 

 

 

Img_1041

で、

〆です。

こちらも一番美味しい季節でしょう。

アンコウ鍋。

 

 

寒い夜にアンコウ鍋に熱燗なんて、この上ない幸せ・・・のはず。

 

  


Img_1042

どこぞかの老舗の やたら甘ッ辛い味付けより好みです。

 

あっさりしているのにコクがあり、、、

 

 

 

が、

しかし、

味噌仕立てだったか、

あっさり醤油仕立てだったか、、、

 

記憶が定かでないのは、

やはり、日本酒が体に合わないせい・・・

 

 

という事にしておいてクダサイ。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月24日 (月)

AN・AN・アン・・・?

 

ご本人が作品を確認してから、、、

と、

思って、ブログに載せるのを躊躇しておりましたが、、、

 

 

芝柏・しばかし

(芝浦工業大学柏中学高校)

の 陶芸公開講座、、、

 

今年初めてお教室にいらしたKMさん、

お仕事お忙しかったようで、ご無沙汰でした。

 

ご本人確認済みなので、作品、ご紹介させてください。

 

 

Img_0893


Img_0894

やっと、釉の濃さ、雰囲気がイメージ通りに出来上がりましたね。

苦心しておられましたね。

良かったね。

完璧だね。

 

 

KMさん、杉沼泥彩技法、トライしてくださった初めての方です。

 

練り込み顔料も全ての種類を準備され、

含有率も変え、テストピースも完璧に作り、

粘土も杉沼レシピに忠実で、

お教室の釉は、安定してないので、釉薬もご自身で準備され、、、etc...

 

 

バリバリ働き盛りのお父さんですからね、

お休みの日に コツコツ・こつこつと自主学習されておられるのでしょう。

 

 

Img_0895

一見、簡単そうな技法ですが、

ここまで完璧にムラのない綺麗な仕上がりにするには

かなりの技術を要します。

 

 

かなり厚盛りにしているにもかかわらず、剥離もせず 

筆跡もほとんどなく仕上げるためには、

乾燥状態と、泥の濃度に気を使い、ベストなタイミングで

作業を進めねばなりません。

 

Img_0896

猫のシルエットも、ビニールテープを、(たぶん、そうだよね?)

1匹1匹、ペン型カッターで、(たぶん、そうだよね?)

カットされているそうです。

  


Img_0899

↑このお猫サマの上には、蝶々が飛んでいるし、

 

 

Img_0900

↑こいつめは、魚狙ってるし・・・

 

 

泣けてくる。。。

 

 

 

 

「杉沼先生に習っているんだから、

杉沼技法をやってみたい、、、」

と、

KMさんは言ってくださいましたが、

 

しかし

KMさん登場以前は、

 

「杉沼先生に習っていても、

杉沼技法を自分が出来るなんて、

トライして良いなんて、思ってもみなかった。。。」

 

と、

思っておられる方がほとんどのようでした。

 

 

私にしてみれば、

‟こんな 七面倒くさい割りに

効果的じゃない技法、誰もやりたかないでしょう。”

 

と、

マジ、思っておりました。

 

 

 

Ncm_0806

KMさん、新作。 まだ素焼き前。

 

 

Ncm_0807

真面目な一途さが作品に現れていますね。

文様のモチーフも どんどん進化しております。

 

この技法を心底楽しんでおられるご様子に、

杉沼先生、感無量。。。

 

Ncm_0805

「アン、アン、アン、、、、???」←私・・・

 

・・・KMさん→「アンタークティカ、南極大陸です。。。」

 

お~~~~! (アホな先生でスンマセンな。)

 

アップにしないと解かりにくく残念!ですが、  

地図上の起伏、等高線を、泥彩の凹凸で現しておるのですよ!

 

この泥彩技法のもっとも効果的なデザイン表現ですね~。

 

英字のロゴも、一文字一文字カットされているそうです!

 

 

泥彩を始められた ソコのアナタ、

これには参りました。 と、思いましたね。

 

 

 

素敵。。。

&感謝。。。。。

 

 

泣けてくる。。。

 

嬉しくなっちゃって、男泣き。 女だけど。。。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月23日 (日)

五角箱続き

 

Img_1069

五角形の箱、素敵ですね。

 

と、

褒めていただいたので、調子にノッて、

新作、加飾までの仕上がりをご紹介いたします。

(素焼き前です。)

 

Img_1070

 

夫曰く、五角形は、歪みにくいよ。とのこと。

  


Img_1071


Img_1072


Img_1073

内部。

蓋裏にも加飾してみました。

 

Img_1074

 

裏面です。

 

 

 

ちょっと、イイ感じに見えますが、

やはり、本焼き後、ガックリ・・・ という事はあり得ます。

 

油断大敵。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月21日 (金)

五角箱成形

Img_0975

Img_0980
 

五角形の陶箱。

コレ↑は、高さ、幅共10㎝クライです。

 

 

「へえ。。。くり抜きじゃないんだ。

 どうやってんの?」

 

と、

我が夫が聞くので、

そんな 珍しい作り方でもないと思うんですがご紹介いたします。

  

Img_0971

 

まず、五画の型紙を用意した方が良さそうです。

 

正五角形の出し方は、頭の良い人にでも教えてもらってください。

 

Img_0970

 

厚み、1㎝~1.5㎝位の板にします。

 

 

そう、

私達は、ロクロ成形以外の小箱は

くり抜きがポピュラーな作り方 だったかもしれません。

 

 

 

Img_0981
  

組み立てます。

 

サイズを測ってきっちりとやってください。

 

  

Img_0982

 

上部の板も付けてしまいます。

  

  

 

Img_1006

 

中は空洞。

どこにも穴は開いてない状態なので、

長い間放置してしまうと 

どういう状態になるかは、陶芸をかじっておられる方なら

ご存じでしょう。

 

 

私は、

並行して他の仕事を初めてしまって、

発泡スチロールの中でしたが、2週間放置したら、

ビリビリになってしまったコトがあります。

 

 

当り前ですね。

 

 

陶箱も人間も

出来上がってない状態で放置し過ぎると

ズタズタのボロボロになってしまいますので

たまには愛情をそそいで気を使ってあげてください。

 

 

 

 

  


Img_1005

ビニールをきっちりかけて置くか、

発泡スチロール内で2日ほど適度な硬さになるまで待ちます。

 

ほどほどに成形しやすい硬さになったら、

角を削る等してきっちり仕上げ、、、

 

 

ほどほどとか、適度とか、

曖昧な表現は何ともしがたいトコロですが、

経験を積んで、感覚でつかむしかないですかね。

 

 

Img_1007

ここで上下に切り離します。

カッター、剣先等、刃の鋭い道具で上下にカット。

 

 

Img_1008

 

ウギャ~~~ 

箱、切腹の図。

 

 

 

  


Img_1009

正五角形に自信がある方でも、

やはり微妙に合わなかったりするので、

上下の合わせ目には印をしておくのが良いでしょう。

 

墨汁かマジックにて、ハートマークなんかが愛らしくて良いでしょうheart01

Img_1010

カットした下の部分に

こんな風に↑コレ↑を付けていきます。

  





 

Img_1021

こうなります。

途中経過のぐちゃぐちゃな部分は公開しない。

綺麗に仕上がったトコロしかお見せしません。

 

私、意地悪だから。

 

 

ちょっとウソ。 必死になっていて撮り忘れたから。

 

 

 

Img_1011

↑ 蓋側は、比較的簡単。

↓  

↓ 先の箱の下部分に合わせて削るだけ。

Img_1022

 

形作りは終了。

これから加飾に入るので、

私の技法の場合、この時点で乾いてしまっていてはいけません。

 

ロクロ成形でいうと、削り頃より少し柔らかめの状態です。

 

 

とりあえず、以上。  

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月20日 (木)

絵が描ける強み

 

実は、

日本橋三越、今週2回目の訪問でした。

 

どんだけ行動範囲狭いんかっっ?!

 

三越の方にも、

「研究熱心ですね~。」

と、苦笑されてしまったし。

 

 

 

 

う。。。

ちょっと恥ずかしい。

 

でも 私の気持ちをそそる展覧会続きだったんだもん。

 

 

 

Img_1117

白窯会展 拝見しました。

 

 

昨日、初日だったので、

ヒツジさん にお目にかかれるかな?

と、

期待して行ってしまいました。

 

 

今週、2度目の訪問です。日本橋三越。

しつこいね。

 

 

ヒツジちゃんこと、酒井紫羊さん

(もう、友達気分で、いきなり‟ちゃん”づけになった。。。)

 

 

初対面でしたが、

ブログでの印象そのまんまの柔らかい雰囲気の

でも芯はしっかり通っておられる、実にチャーミングな女性でした。

 

 

いつも、PCの中で拝見している作品を実際に目にし、

手に取り、感無量。

(伝統工芸展では拝見してましたが。)

 

 

結果から申し上げますと、

とても力を感じる展覧会でした。

 

 

愛知芸大を卒業後、活躍されている4人の方の展覧会です。

 

 

とにかく、愛知芸大で勉強された方は、絵が上手い!

 

 

陶芸作品は、絵で見せる以前に、立体造形であるから

まず目に入るのは形。

形の追及をなによりも重視すべきだ。

と、

あっちゃこっちゃでうるさいくらい耳にしますし、

 

今の時流は、極力加飾、絵付けを省いた

白くて黒くてシュッとした作品が認められておるようですよね。

 

 

「富士山なんか 描かないほうが全然いいのに!」

 

と、言われてしまったよ。。。

と、嘆いている大学の先輩もおられます。。。

 

 

Img_1127

【↑酒井紫羊さんカップ】

 

しかし、

陶芸を始める前から芸術大学で、

もしくは、大学に入る前から絵の勉強をしてきた人は、

最終的に底力があります。

 

 

デッサン力は造形力にもつながりますから

そこの基礎力がしっかり備わっていると

造形でつまづいたり 表現で悩む時期があったとしても

陶芸を始める以前の引き出しを多く持っているので

それは、作り手として最大の武器になります。

 

Img_1120

【↑黒部駒子さん 碗】

(薔薇好きにはたまらない、

 薔薇の高台!めちゃエレガントでひと目惚れ!)

 

 

 

絵が描けないのに、

絵付けを重視する方向性を否定してはいけません。

それは、

やっかみにしか聞こえませんし、

 

 

悔しかったら・・・・・・・・ 

それ以上は言わな~い!

 

 

絵が描ける強みを感じた展覧会でした。

 

素敵な女性達ともお目にかかれて、

楽しませていただきました。ありがとうございます。

 

 

きちんとご挨拶もせず失礼してしまい、すみませんでした。

相変わらず、ドタバタですな。。。

 

きりんさん、やっぱ変な女だと印象づけてしまいましたな。。。

 

 

 

白窯会展  

2月24日(月)まで。

日本橋三越本館6階アートスクエア にて。

 

 

  






Img_1110

 

それから、上野に飛びました。

サブイ。。。

昨日の上野公園は、寒くてデートには向きませんでした。

 

 

心まで折れてしまいそうに冷たい風に吹かれ、

桜並木もまだ花芽は固く。。。

 

  


Img_1111

 

やっとこさ辿り着けました。

 

東博の人間国宝展。

 

雪に翻弄されて、見逃してしまうところでした。

 

たしかに、人・人・人が多かった!

目的の作品、

三浦小平二先生の壺の前にしばし佇み、

先生との思い出に浸っておりました。

 

 

 

ちなみに、

私は、絵が全く描けません。

あんなに勉強してきたはずなのに、

何も身についていません。  

 

スミマセン。先生。

 

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

 

 

 

2014年2月19日 (水)

ニュージーランドクッキー

 

Img_1062

今、話題になっているらしい、、、

ニュージーランド クッキー

 

を、

いただきました。

 

原宿にオープンしたばかり、休日なんぞは ズラリと買い求める人の列が

出来るらしい。

(全く、全然知らんかった。。。)

 

 

でも、

入手しにくいと言われているものをいただくのは嬉しいですね。

 

そんなに苦労して私のためにゲットしてくださったかと思うと、

その気持ちが嬉しいじゃあないですか。。。

 

 

 



Img_1063

無添加、無着色のオーガニックにこだわっているらしい。

 

美味しい・・・

そしてデカイ。

 

12㎝小皿に乗っけたら いっぱいいっぱいで窮屈そう。

 

 

クッキーが邪魔、、、と、思わせる皿はよくない。

 

乗せるモノを、引き立たせる器でなければいけません。         

Img_1064

というワケで、

本日の12㎝小皿は チラ見にて失礼します。。。

  

  


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月18日 (火)

青海波

 

Img_0975

 

まだ、陶箱しつこく作ってます。

 

もう、やめようと思いましたが なんかノッてきた!

 

五角形です。

 

 

  


Img_0976

 

だいたい いつも締め切り近くなるとノッてくるんだな。

 

 

和柄チックにしてみました。

 

  


Img_0977

青海波、日本の古典柄、

よく目にはするけど 名称をご存じない方意外と多いのですね。

 

 

青海波 ←せいがいは と読みます。

 

 

学生の頃 一時古典柄にはまって、あの頃は象嵌で過食

じゃなくって、加飾してました。

 

 

 



Img_0978


Img_0974

内側。


Img_0973

 

裏もこの通り、青海波で責めました。



  

作っている時は夢中になっているので気が付かないのですが、

こうやって冷静になってみると

やっぱ紋様 うるさいかしら。。。

 

 

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月17日 (月)

蝋の灯り

 

Img_1050

今日、私は、、、

 

 

私なんかが足を踏み入れてはいけないトコロに

押し入ってしまいました。

 

 

原宿は、竹下通りです。

 

青山には度々参りますが、

竹下通りなんて・・・ 10代の頃依頼かも。。。

10代・・・あ、ついこの前か、、、  

 

 

 

大ウソつきでゴメンナサイネ。

 

 

 

しかし、

なんと、外国人の多いこと。

 

奇妙な人種の多いこと。

 

 

皆、ピーマンに見えました。。。

 

偏見ですね。度々ゴメンナサイ。

 

中には、カボチャがいるコトを祈ります。

 

 

 

 

 



Img_1054

原宿で、クレープかワッフルでも食うたろか、、、

 

思いましたが

やはりオバサンらしく、カツ屋さんで、カツカレーを

いただきました。

 

竹下通りのメイン通り沿いにこんな店があったのねえ~!

と、

オバサンは逆にビビりましたが、落ち着いた定食屋の佇まいに

安心してカツカレーを堪能できました。

 

鳥ささみカツカレーは、

中身はしっとりジューシー、衣サクサク、

カレーは辛口。

へえ~意外!というほど美味しゅうございました。

 

 

 

しかし、

周りを見渡すと、ピーマンでもトンカツを食べるんだ・・・

といった不思議な雰囲気に包まれておりました。

 

 

 

 

Img_1053

そして、オバサンは、オッサンのように、

「生ひとつ!」

 

と、昼からビールをいただきました。

 

オッサン化したオバサンは幸せです。。。

 

 

 



Img_1055

いやあ、、、

敬愛する彼女の展覧会を拝見しに

勇気を持って、この場所に伺ったのですよ。

 

 

古い古い30年以上の付き合いのある友人、

 

キャンドルの展覧会です。

 



Img_1056

 

私が 土にまみれている時に何より幸せを感じるように

彼女もどんなに苦しい時でも

蝋にまみれるコトから離れられない女性なのです。

 

  


Img_1057


Img_1060

 

炎には人の魂を引き込む作用があるのではなかろうか?

 

蝋燭の灯りに魅せられて、

ここがピーマンのたまり場近くだというコトを忘れ、

癒されるひとときでした。。。
  

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月16日 (日)

独り占め

 

Img_1043

 

愛のチョコレート話しは続きます。

 

今年のValentine's Day

私を愛してくださる方々から、(女性からも男性からも!)

 

 

いただきました!

 

女性から男性へ・・・

という 日本独自のなんとも奇妙な風習が薄れてきたのは

良いコトですね。

 

 

愛する方へ、お世話になっている方へ、

petit Présent

 

気持ちがホッコリしますよね。

 



Img_1049

nicoちゃんからのチョコレート!

nicoちゃんお手製(っていうか、お菓子作りのプロです。。。)

 

 

やはり、12㎝小皿。

 

nicoちゃんのお菓子が似合うお皿です。

   


Img_1047


Img_1048

 

  


Img_1044

nicoちゃん最高傑作の一つ!

 

見目にも美しく愛らしく、

材料も吟味され、体にも優しくめっちゃ美味しゅうございますのよ。

 

 

やはり、お菓子と紋様が同化しておりますね。

 

 

 



Img_1045

こればっかりは、

子供達に奪われたくありません。

 

 

独り占めして、コッソリとニンマリといただきます。

 

 



Img_1046

 

皆々様、

愛のチョコレート、ありがとうございます。

 

って、

私は いただくばかりで誰にも贈ってなかった・・・ スミマセン(汗)


 

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月14日 (金)

チョコレートのような紋様

なんですか?

お菓子業界の陰謀ですか・・・?

 

 

それでもいーじゃん。

 

素直にドキドキすれば。

 

 

って、

この日にドキドキしなくなって久しい。。。

 

 

 

St. Valentine's day 

 

 

 

 

Img_1018

 

じゃじゃ馬娘が配りまくるってんで、

 

「じゃあ、買うてあげるよ。」

言うたら、

 

手作りじゃなければダメだ!

と言う。

 

 

えーーー・・・

 

私は、茶碗は作れるけど、お菓子は作れません。

 

 

 

Img_1019

 

お菓子を作れるお母さんは たくさんいるけど、

茶碗を作れるお母さんは あんまりいないよ。

 

 

と、

常日頃から言い聞かせているのですが、(負け惜しみだけどな。)

 

「まぁ・・・ねえ・・・・・そりゃあそうだけどねぇ・・・」

 

子供にとっては、茶碗なんてどうでもいいらしい。

 

ま、

私だってチョコレートの方がいい。

 

 

で、

陶芸家お母さん、子供と一緒に頑張って作りました。

 

 

 

 

 

ウソ。

簡単、なんちゃって手作りセットさ!

 

子供にとっては 手作り感も楽しめて、

これが 意外ととても美味しい!

 

 

 

Img_1020

 

遠くで頑張っているお父さんにも!

 

でも、

お父さんは本命じゃないコトがショックらしい。

 

 

 

 

  


Img_1023

 

さて、  

12cm小皿、撮影分は なんとか仕上がりました。

チョコレートが似合いましょう。

 

  


Img_1024 

  


Img_1028

 

Img_1026

お菓子みたいな作品ですね。

 

 

チョコレートが紋様の一部のよう。

紋様がチョコレートのよう。

 

 

Img_1029

 

小皿も作れるお母さんなんだぞ。。。
   

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

2014年2月13日 (木)

ゴッドハンド

Img_0873

私の駆け込み寺。

 

クタクタになるまで働いて、ココに倒れ込む。

 

「ヘヘヘルプ・・・」

 

 

 

ボディケア 天王台 BodyCareTennoudaiの写真/【コリ&疲労解消 60分\3,500】ご新規様限定のクーポンを使って、ボディケア天王台の人気の秘密をご体感♪

(私のおみ足ではありません。。。画像拝借)

 

昨日は、初めて全身アロマオイルのマッサージをしていただきました。

あ、

もちろん、女性スタッフの方です。

 

 

この女性の手の指圧力、質感、まさに神の手でしてね、

とろけてしまいそうになります。

最高に癒されます。

 

フェイシャル、リフトアップもしていただいたのでね、

今日の私はプリプリです!

 

重力に逆らえなくなって来てますからね、

アッチコッチ、たるんできてますからね、

 

人の手で、一瞬でも持ち上げていただかないとね。

 

 

あんなにクタクタだったのに、

1時間30分後、生まれ変わったように

体も頭もスッキリします。

  

(申し訳ないくらい、価格もお手頃なんです。)

 

 

 

 

行きつけの美容院でも

私のお気に入りの美容師さんは女性です。

 

彼女の手も マシュマロのようにふんわりと柔らかで、

シャンプーしていただいてる時は至福のヒトトキ。。。

 

 

女性に触れられるコトに心地良さを感じるなんて、

 

私、もしかして、アッチ系?!(ちなみに、私は女です。)

 

 

 

でも、

皆さんも そんなコトないですかね?

 

自分で分析してみるに、これは、

この温もりは

母親の子宮の中の居心地かもしれない、、、と思うのです。

 

 

きっと、人類の、(生き物全ての)

安心できる究極の場所ですもんね。

 

 

 

 

下界で、お尻叩かれて、どんなにこき使われても、

あの場所、あの方が私を助けてくれると思うと

 

安心して頑張れるというものです。

 

 

(よくも、この私をこき使えるよな、、、ってのは、また別の話し。)

 

        

そんな彼女が私の背中&足を見て静かに一言。

 

「白くて綺麗な肌ですねえ・・・」

 

 

・・・・・照れます。

 

お世辞半分とは分かっていても、ポッheart02

 

そうなんです。

私、

皆さんにお見せできないトコロは綺麗なんです。

 

残念。。。

 

 


人気ブログランキングへ   ↞↞↞↞↞↞ heart01

 

 

 

 

 

2014年2月12日 (水)

ポスカ?!

 

Ncm_0799

きりんさん、

昨日は、久しぶりに

ガッツリ肉!


Ncm_0794

ワイン!



Ncm_0802

肉!


Ncm_0801

飲み足らなくて 

順番ムチャクチャでしたが

赤ワインの次に白ワイン。。。

 

昨日のイタリアンワインは、赤も白も大正解!

 

 

赤・オルトネーゼ モンテプルチャーノ ダブルッツオ2011

カルドーラ社(アプルッツオ州)

白・カルタン シャルドネ2011

カルタン社(トレンティーノ・アルト・アディジェ州)

↑スンマセン、ここにメモさせといてください。

 

 

 

 

Img_0924

柏高島屋内のイタリアン、AGIO

三笠会館系列です。

  

 

Img_0926

大丈夫。

ベジ・ファーストは守りました。

  


Img_0928

もっと!もっと!チーズたっぷり乗っけて!
  


Img_0929

必ず注文します。シーザーサラダ。

 

レタスが見えなくなるくらい、

パルメジャーノ レッジャーノをたっぷりおねだりして

しまいました。

 

ベジ・ファーストと言えるんだろか?

  

 

Img_1012

昨日の本来の目的は、

筆を買うために出かけました。

 



Img_1013

筆と一緒に15㎝のステンレス定規も買いました。

 

この短め定規が小回りがきいて、とっても便利。

  


Img_1016

チョコチョコと細かいマスキングをカットしたり、、、



Img_1015

板作りの時、面を平にならす時にも

ヘラ代わりに使用したり。

 

 

 

Img_1017

いや、筆です。 一番に筆が欲しかったのです。

 

AGIOの隣のお店といったら、地元関係の方にはバレて

しまいましょうが、

 

あえて店名は出さずに大型文具用品売り場と言うておきましょう。

 

 

店員の若い女性に聞きました。

「ポスターカラー用の筆、どこにありますか?」

 

「え?!ポスタカラー?

ポスタカラー??

・・・ポスタカラー???」

 

ありゃ・・・私、なんか言い方間違ったか・・・

 

で、私、  

「あ、スミマセン、絵の具の筆でもいいんです。」

 

店員さん、

「あー!ポスタカラーって、ポスカのコトですね!」

 

 

 

 

 

モヒャ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

マジですか?!!!

そうなんですか?!!!

 

それを言うなら、

「ポスカって、ポスタカラーのコトですね。」

じゃないんすか?!!!!

 

なんか、日本語、乱れてませんか???

私がオバサンだから、ついて行けてないだけですか?!?!?!!!

 






Ncm_0804

もういい。

 

AGIOのワインも肉も美味しかったし、

 

食後のカプチーノアートは

中途半端な おしりみたいなハートで可愛かったから。。。

 


人気ブログランキングへ   ↞↞↞↞↞↞ heart01

2014年2月11日 (火)

黄色を我慢できるか?

金液臭が染み付いてしまったセーターは、

エマールで洗っても臭いが抜けないというコトがわかりました。

 

しばらく、

日の当たらない風通しの良いトコロに放置するコトにしましょう。

 

 

 

 

Img_0956  

色調を紫色系でまとめた陶箱。

色数は多く使っていないように見えますが、

 

練り込み紫顔料、含有率8%・4%・2.5%・1%・

白土(半磁に近く、少々アイボリー)・練り込み白(純白)・

黒色&本体の粘土(赤7号土10対黒泥2のブレンド土)

 

合計8色使用しているのですよ。

 

Img_0962

紫色の補色、黄色系を入れたくなる衝動をグッとこらえたのが

功を奏したと思います。

(模様がうるさい、、、という指摘はしない。)

 

 

 

Img_0984

で、

その黄色系をいれたくなる衝動を抑えられなかったのが

コチラ↑↓

 

Img_0985

サーカステントな雰囲気にしてみました・・・

 

ってのは、実は後付け。

 

 

全くなんのイメージもせず作ったのですが、

仕上がったらサーカス的雰囲気だったもんで、

そう言って、話しを盛ろうという魂胆。

 

Img_0986

 

黄色入れちゃったついでに金も盛り込みました。

 

  


Img_0987

 

Img_0989

 

Le soleil  太陽。

 

蓋を取ったら 中には太陽。

 

コレも名刺入れになりますが、

名刺入れちゃったら隠れちゃう太陽。。。

  

 


人気ブログランキングへ   ↞↞↞↞↞↞ heart01

2014年2月10日 (月)

金液臭

Img_0968

 

夫と近所の方々は力を合わせ、

雪かきをしてくれたおかげで なんとか車が脱出できる

状態になりました。

が、

極力、車の運転は避けたいと思います。

 



Img_0969

 

長靴がないから・・・

という理由で私はスコップにチラリとも触れることなく

閉じこもっておりました。

 

 

 

 

Img_0966_2

閉じこもって、金液まみれになっていたのですが、

 

 

先日、私は清水の舞台からダイブしましたよ。

 

10年ぶりに買うた金液は、、、

時価・・・という恐ろしい表記がされておりましたが

 

普段は質素な生活してるから、、、

 

 

 

という誰にも信じてもらえないであろう言い訳をして

自分自身を納得させたりして。

 

 

 

しかし、

小心者の私は、新しい金液を前に焦り、

金を解くための金油の瓶を倒して中身を半分以上ばら撒き、

 

 

このまま外をうろついたら ショクシツ(職質)だな。。。

 

っちゅうくらい 私の体は金液臭くなり、

 

(金臭いんじゃなくって、金液臭ですから。

知らん方にご説明させていただきますと、

ようは、トルエンとかシンナー臭ですよ。

金臭くなれるもんなら なってみたいもんじゃ。)

 

 

 

で、 

特にセーターっちゅうのは、

空気の層を多く含むので暖かいのでしょうが、

その分、臭い成分も吸着しやすいというコトが

分かりました。

 

速攻、エマールで毛糸洗いしましたし。

 

 

そんなこんなで、雪かきなんてとても出来なかったの。。。

 

という 言い訳に繋がるワケです。

 





Img_0957

陶箱に使用している顔料の話しをしようと思いましたが

無駄に言い訳が長くなってしまったので、また次回。

 


人気ブログランキングへ   ↞↞↞↞↞↞ heart01

2014年2月 9日 (日)

アリ、何匹死んだかね?

 

Img_0948

なんなんだ?

どこなんだ?

 

っちゅうクライ降りやがりましたね。 関東は千葉県です。

 

 



Img_0950

もう、

1階は雪に埋もれてしまって、

2階から出入りせねばならんのじゃないか、、、

 

と、

マジ思いましたよ。

 

 



Img_0955

今朝、居間からテラスには出られませんでした。

雪でドアが開かないわけさ。

 

 

いまだ、長靴を買うてないので

私は一歩も外には出ないコトにします。

 

金液にまみれて、金液臭くなって、

いじけて工房にこもっています。

 

 

 

じゃうじゃ馬娘、窓際に立ち、ポソリと一言。

 

「昨日の雪で アリ、何匹死んだかね?」

 

 

 

この娘、

笑いをとろうと思って言うてるのではなく、

いつも真剣に疑問に思って言うもんだから感心してしまう。

 

 

 

 



Img_0956

 

いじけていても仕方ないっす。

 

気を取り直して 新作陶箱ご紹介いたします。


Img_0957


Img_0958

W.21㎝× D.5.5㎝× H.9.5㎝


Img_0959

中面。


Img_0960

裏。


Img_0961

  


Img_0962

名刺を入れるための陶箱という指示だったもんで。

  


Img_0963

 

陶箱5個を課せられております。

3個はクリア。

2個ボツった。

 

今から2個作る気力なし。

 

「3個しか出来ませんでした~!」

 

と、

私なんかがニッコリ笑顔をふりまいても

許してもらえないだろなあ。。。

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞heart04

2014年2月 8日 (土)

身動きとれず・・・

 

 

Img_0946

雪の土曜日。

 

関東では近年稀にみる大雪。

 

 

芝柏陶芸講座、休講とさせていただきました。

身動き取れなくなりそうですもんね。

 

楽しみにしてくださっている皆様には

ご迷惑おかけし申し訳ございません。。。

 

 

 

こんな日はおとなしく、家の内で雪を愛でるのが

よろしかろう。。。

 

 

 

Img_0938

しかし、

我が家は現在、子供達のコトでてんやわんや。。。

 

 

 

Img_0939

 

アッチの件とコッチの件が思うようには事が運ばず、

 

中途半端な雪すら鬱陶しく思ってしまう。

 

 

 

Img_0940

 

救われるのは

私自身の体が丈夫でタフなコト。

 

 

 

Img_0915

 

それが何よりではありますけどね。

  



Img_0941


Img_0942

 

雪の結晶紋様が合う季節ですが、

これらの作品が三越に並ぶのは

春の彩女会です・・・

 

  


Img_0943

 

Img_0945

 

んんんんん・・・

 

仕方ない。仕事しよ。。。。。

 

スッキリしない中途半端なブログ内容でスミマセン。

  

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞heart04

2014年2月 7日 (金)

格闘

 

Img_0922

知人が出品しておりましたので、拝見してまいりました。

 

千葉県生涯大学陶芸専攻科作品展

 

 

こんなにしっかりとお勉強されて技術も知識も習得された方が

何故に芝柏なんかの陶芸講座に来てくださるのか、

何を求めてワタクシのトコロに通ってくださるのか、

ますます疑問が大きくなりました。

 

 

 

知識と技術を習得したから

良いものを作り出すコトが出来るというわけではない・・・

 

上手な作品と良い作品は違いますしね。

 

 

けれど、

良いものを作り出すためには、無知はいけませんし、

そのために皆、日夜、研鑽を積んでいるのですし。

 

 

Img_0923

 

皆さん、高いレベルの上、心底陶芸好きの集まりなのですね。

 

楽しんでおられるのですね。

 

 

陶芸は楽しいですか?

 

純粋に楽しい!

と、答えられる人ばかりではないと思います。

 

 

プロにしろ、アマにしろ(そのカテゴリー分けも難しい) 

長く続けていれば

楽しいだけではない思いも絡みつつ続けておられると思います。

 

 

 

 

私は、、、

楽しむも何も、常に締め切りに追われている。

数年に1回、あるかないかの納得出来る作品を

生み出した時の喜びを得るために、

日々格闘している。

 

 

 

Img_0917

 

で、

格闘中。

 

艶消しの釉をしゃぶ掛けしているので、(薄掛けの意)

本焼き後、藁灰の嫌なざらつきが残るので、 

上絵、金彩を施す前に紙やすりで(120番)やすりあげます。

 

  

Img_0918

 

この作業に限って、バイト募集。。。

 

  


Img_0919

拝みたおして、長男に手伝ってもらっちゃいました。

 

 

仕事は遅いけれど 丁寧に完璧にしてくれました!

さすがです。。。

 

 

ただ働きでスミマセンねえ。。。。。
  

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞heart04

2014年2月 5日 (水)

 

Img_0915

昨日は千葉にも雪が降りました。

私にとって、雪は憂鬱。。。

 

しかし、雪の結晶は、この世のものとは思えないほど

美しいですね。

 

あの美しさを自分の作品に表わそう・・・なんて、

大それたことを考えちゃあいませんが、

 

魅かれます。。。

 

  


 

 

Img_0911

さて、、、 

じゃじゃ馬娘のTeacherへの誕生日プレゼントも

出来上がりました。(←ティーチャー記事参照)

 

空色の釉薬ではなく、

トルコブルーの顔料を練り込んでおります。

 

こだわって あえて練り込み土を使った、、、のではなく、

たまたま私が練り込んだ土の余りが

そこら辺に転がっていたから。

 

取っ手のみ白土です。

 

こだわって、取っ手の粘土を違えたのではなく、

本体がトルコブルーだっちゅうコトを忘れて、

やはりそこら辺に転がっている粘土を娘に渡したら、

白だったっちゅう。

 

焼成前の生の段かいでは、練り込み土か否か、

よくわからないので

皆さんは、

練り込み土保存の際は、私のようにそこら辺に転がしておかず、

保存容器(袋)に分かるように明記しましょう。

Img_0912

 

そんな、こだわらない作りだったにも関わらず、

なかなか可愛らしく出来ました。

 

雪の結晶模様も効果的に現れました。

  


Img_0913

カップの底にも模様入ってますし。

 

そんじょそこらで売っているモノより良いでしょう。

 

超親バカにて失礼。

 

 

 

 

Ncm_0788

そんなお嬢達を連れて、

昨日夕方は電車移動しておりました。

 

スタットレスをはいてない車の運転は恐ろしいくらい

千葉にも一時、雪が降りましたからね。

 

滅多に雪にお目にかかるコトのないここら辺のお嬢達は

大喜び。

 

あっという間に降りやんでしまいましたが、

しばらく 雪遊びに付き合っておりました。

 

 

女の子って、おませで生意気・・・ とも言われますが、

やはり可愛いもんです。

 

男の子より、まともに話しが出来るしね。。。

 

 

男女、両方を育てることが出来て、母は幸せです。

 

 

 

Img_0907

 

そんなこんなで、

全く釉掛け日和ではなかった昨日でしたが、

 

本焼き第二弾に向けて、

凍えながら 外で霧吹きプープー釉掛け。

 

寒冷地の方と比べたら、

こんな寒さ、甘っちょろいでしょうけどね。

 

 

雪に慣れてない、雪を甘くみている私は、

まともな長靴すら持っていませんし。。。

 

長靴くらいは買おう。。。。。

 

 

 

Img_0908

 

Img_0914


最後、1260度で15分間保持。

 

さて、

今回の仕上がりはいかがなものか・・・

 

なんだか自信ない。

全く自信ない。。。
  

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞heart04

2014年2月 4日 (火)

アーガイルエビス

 

 

Img_0909

今年も出ましたね!

限定醸造。

 

どうしたって 買っちゃいます。

 

アーガイル模様缶。

 

 

ムチャクチャ魅かれますね。

カッコイイですね。

 

  

Img_0910

何故か ジョエル ロビュションです。

 

「シャンパーニュ地方麦芽を使用・・・」

なんちゃらかんちゃら能書きありますが、

 

「フレンチの巨匠ロビュションも認めた。。。」

って、

ロビュションプロデュースってコトっすかね?

 

 

昨年も、ジョエル ロビュション フレンチ、 食べ損ねた。。。 今年は、ありつけるか?!






Img_0903

陶箱もアーガイル紋様、

陶箱は、悪くないかも。

 

  


Img_0904

色はクリアですが、

質感がしっとりしているので、

品良く仕上がったと思います。

 

色の組み合わせも考えました。

 

色彩学は大事。

 

 

  


Img_0906

 

金彩、格闘中。

 

 

全て無事に仕上がりましたら、

全身の姿をお披露目させていただきますう。。。

  
 

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞heart04

2014年2月 3日 (月)

いまいち

 

金・土・日は少々疲れました。。。

とくに、日曜日は、

無駄に時間を取られたようでグッタリ。

 

そんなふうに考えてはいけないのだけど、

体力をうばわれるとマイナス思考になっていけません。

 

 

でも、

嬉しいコトも。

 

皆、杉沼先生と縁を切りたくないのです。

 

と、

ちょっとした告白を受けて ポッheart01

 

 

縁を切りたくない。

縁を切れない。

切れない縁。

 

繋がった縁は、大事にしないといけませんね。

 

 

皆さま、いつもいつも、ありがとうございます。

これからも変わらず、末永く、お付き合いくださいますよう、

よろしくお願いいたします。

 

 

 

しかし、

本日、喉がパンパンに腫れ上がり、ダウンぎみ。

 

 

 

 

Img_0901

 

本焼き、上がりましたが、、、

 

なんだか イマイチだな。

どうも、しっくりこないな。。。

 

 

 

完璧に満足いく仕上がりなんて

いまだかつて、

ただの一度もありません。

 

 

頭でイメージしたものを

形にするのって、ホント難しいです。

 

 



Img_0902

 

しかし、

これが今の私の実力なんでしょう。。。

 

 

ま、

嘆いても仕方ない。

 

これから3日間、引きこもって金彩に入ります。

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞

2014年2月 1日 (土)

万能細胞

 

‟松井冬子氏×日比野克彦氏” 対談。

 

テーマ「東京藝大を卒業したころ」

 

 

 

私にとっては、大変興味深い内容でしたが、

ここで私の想いを熱く語ると、

 

テーマがテーマだけに、

なんだよ。身内の自慢話しかよ。。。

と、

思われかねないので、、、

 

Img_0885

 

印象的だった内容をチラリと。

 

 

一昨日のニュースでも話題になっていました

STAP細胞と松井冬子さんの制作に対する姿勢を

リンクさせて話しをされた日比野さんの考えが興味深かったです。

 

 

 

Img_0886

 

 

刺激するだけで初期化が起き、どんな細胞にもなれる

万能細胞に変わる。

というSTAP細胞。

 

 

松井さんの話し。

 

学生の頃に実験的に描いていた絵のモチーフに、

自分には全く興味のない事をあえて描いて

そこから何が見出されるか、

また新たな発見があるかもしれない。。。

 

ぬるま湯の中で制作に向かっている状態から脱して、

自らに刺激を与える事によって

そこからどんな自分にでもなれる変化が見られるのでは

ないか?

 

その感覚とSTAP細胞は、類似しているのでは

なかろうか。。。という。

 

 

 

Img_0887

 

日比野さんはデザイン科卒業、松井さんは日本画科卒業。

 

同じ美術の分野に在していても

制作に対する姿勢と考えの違い、

また、当然ですが、世の中へのアプローチの仕方は

全く違うわけで、

その違いは、頭で理解していても 感覚的なところで

受け入れられないそれぞれの個性を感じました。

 

でも、

根本的なスピリッツは同じで

その考えの相違も含めて 互いに尊重しあっておられるのでしょう。

 

 

 

 

松井さんの印象。

真面目。

面白味がないくらい真面目な方です。

 

日比野さんもでしょうが、

 

たぶん、

この大学を卒業した人の多くは、無器用です。

 

自分の専門分野、これしか出来ない、

自分の人生で これ以外のことは何も来ない、

だからこそ、

自分の世界だけを人生をかけて突き詰めるしかない、

人生をかけても たぶん辿り着くことの出来ないものを

追い求めている、

 

そんな究極の無器用な人間が集まった大学だったのかもしれません。

 

自分にも置き換えて、そんな思いが交錯する対談でした。

 


人気ブログランキングへ  ↞↞↞↞↞

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »