« 五角箱続き | トップページ | 日本酒のせい »

2014年2月24日 (月)

AN・AN・アン・・・?

 

ご本人が作品を確認してから、、、

と、

思って、ブログに載せるのを躊躇しておりましたが、、、

 

 

芝柏・しばかし

(芝浦工業大学柏中学高校)

の 陶芸公開講座、、、

 

今年初めてお教室にいらしたKMさん、

お仕事お忙しかったようで、ご無沙汰でした。

 

ご本人確認済みなので、作品、ご紹介させてください。

 

 

Img_0893


Img_0894

やっと、釉の濃さ、雰囲気がイメージ通りに出来上がりましたね。

苦心しておられましたね。

良かったね。

完璧だね。

 

 

KMさん、杉沼泥彩技法、トライしてくださった初めての方です。

 

練り込み顔料も全ての種類を準備され、

含有率も変え、テストピースも完璧に作り、

粘土も杉沼レシピに忠実で、

お教室の釉は、安定してないので、釉薬もご自身で準備され、、、etc...

 

 

バリバリ働き盛りのお父さんですからね、

お休みの日に コツコツ・こつこつと自主学習されておられるのでしょう。

 

 

Img_0895

一見、簡単そうな技法ですが、

ここまで完璧にムラのない綺麗な仕上がりにするには

かなりの技術を要します。

 

 

かなり厚盛りにしているにもかかわらず、剥離もせず 

筆跡もほとんどなく仕上げるためには、

乾燥状態と、泥の濃度に気を使い、ベストなタイミングで

作業を進めねばなりません。

 

Img_0896

猫のシルエットも、ビニールテープを、(たぶん、そうだよね?)

1匹1匹、ペン型カッターで、(たぶん、そうだよね?)

カットされているそうです。

  


Img_0899

↑このお猫サマの上には、蝶々が飛んでいるし、

 

 

Img_0900

↑こいつめは、魚狙ってるし・・・

 

 

泣けてくる。。。

 

 

 

 

「杉沼先生に習っているんだから、

杉沼技法をやってみたい、、、」

と、

KMさんは言ってくださいましたが、

 

しかし

KMさん登場以前は、

 

「杉沼先生に習っていても、

杉沼技法を自分が出来るなんて、

トライして良いなんて、思ってもみなかった。。。」

 

と、

思っておられる方がほとんどのようでした。

 

 

私にしてみれば、

‟こんな 七面倒くさい割りに

効果的じゃない技法、誰もやりたかないでしょう。”

 

と、

マジ、思っておりました。

 

 

 

Ncm_0806

KMさん、新作。 まだ素焼き前。

 

 

Ncm_0807

真面目な一途さが作品に現れていますね。

文様のモチーフも どんどん進化しております。

 

この技法を心底楽しんでおられるご様子に、

杉沼先生、感無量。。。

 

Ncm_0805

「アン、アン、アン、、、、???」←私・・・

 

・・・KMさん→「アンタークティカ、南極大陸です。。。」

 

お~~~~! (アホな先生でスンマセンな。)

 

アップにしないと解かりにくく残念!ですが、  

地図上の起伏、等高線を、泥彩の凹凸で現しておるのですよ!

 

この泥彩技法のもっとも効果的なデザイン表現ですね~。

 

英字のロゴも、一文字一文字カットされているそうです!

 

 

泥彩を始められた ソコのアナタ、

これには参りました。 と、思いましたね。

 

 

 

素敵。。。

&感謝。。。。。

 

 

泣けてくる。。。

 

嬉しくなっちゃって、男泣き。 女だけど。。。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞heart02

« 五角箱続き | トップページ | 日本酒のせい »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五角箱続き | トップページ | 日本酒のせい »