« 老眼が進行するワケ | トップページ | 増改築 »

2014年3月10日 (月)

カップ&ソーサー

 

Ncm_0811

 

我が家、

只今ごった返しております。

 

 

 

Img_1217

昼間は、工房が使えないので、

居間に陶芸グッズ類を持ち込んで仕事しております。

 

 

昼間、工房が使えないからといって、

ホケッとしている場合じゃないのでね。

 

で、

夜、ロクロ作業。

 

我ながら、よく働いているなああああ・・・

と、

思います。

 

 

 

Img_1218

ソーサーです。

 

 

Img_1220

カップ&ソーサー

Img_1221

カップは、淡い藤色に白のツタ紋様

ソーサーは、白に淡い藤色のツタ紋様。。。。 に、なるはず。

 

 

私は、

カップとソーサーのセットを作る時、

まずカップを作り、カップの数より2~3枚多くソーサーを作ります。

 

 

皿の方が形を決めるのが難しいですから 

ソーサーの方がボツる可能性が高いため。

 

 

取っ手が付いたりするからカップの方が難しいと思うのは

それはアナタが素人か、高い技術力をお持ちの方。

 

 

取っ手付け等はたしかに面倒ではありますが、

数をこなすと 逆に恰好良い取っ手を付けることで

形が決まりやすくなります。

 

私のようなロクロが下手なモノでも誤魔化しがききます。

 

ところが、

皿はロクロの稚拙さ、形の甘さが、もろ表れてしまいます。

誤魔化しがききません。

 

 

 

ようは、  

成形が上手な失敗の少ない方は

カップとソーサーの数をジャスト同じ数で良いというコトです。

 

 

つまりは、

私のロクロがヘタクソというコトです。。。

 

 

 


Img_1222

 

 

両方の大きさのバランスも難しいですね。

デザインにもよるでしょうが、

皿とカップの体積が同じなのがベストバランスといいますが、、、

 

 

難しい、

難しい、、、

 

 

 

もともと

無器用なので、

人一倍頑張らないと人並みになりません。

 

カップ&ソーサーを作るといつも

自分の無器用さが情けなくなります。。。

 

 

いや、そこのアナタに無器用と言われたかあ~ないですけど。。。

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞↞ confident

« 老眼が進行するワケ | トップページ | 増改築 »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 老眼が進行するワケ | トップページ | 増改築 »