« 納会 | トップページ | お花見代わり »

2014年3月17日 (月)

大人の宿題

 

Img_1234

 

今回の彩女会の課題は、昨年と同様の12cm小皿、

一人50枚と

名刺を入れられるような大きめの箱と

ジュエリー小物等のための小箱、合わせて一人10個。

 

という宿題が与えられておりました。

 

三越担当者、毎年、試行錯誤、イロイロなお題を提示してくれますわ。

 

 

 

そんな、課題だか、お題だか、宿題なんて出されたって・・・

 

自分の好きにやらせてよっ!

と、

私達のようなプライドばっか高くて世間知らずのお嬢様陶芸人は

(と、思われているでしょう、どうせ。。。)

我が儘勝手なコトを思ったコトもありましたが、

 

三越さんと言ったら、商売のプロですからね、(の、はずだよね?だよね?!!)

 

担当者の提案に素直に乗っかり、はまってみると

 

案外 楽しくなっちゃって、

決められたお題の中での自分なりの表現の可能性やアイデアが

次々と湧き出てきて、

制作の手が止まらなくなります。

 

 

人間、嫌々ながら仕事をしても、発展しません。

素直に受け入れるのは大事だということを学んだね。

 

 

 

だいたい、

提案されなければ

小皿50枚も作らないし、陶箱10個は作りません。

 

 

そんなん、

きっちり担当者の提示する数、作らなくたって、

小学生の宿題じゃないんだから

怒られりゃしないのですが、

(事実、昨年は、小皿49枚だったし。。。)

 

それを守るか否かは、自分の気持ち次第だよね。

 

やり終えた後の達成感とその後の自信に繋がります。

 

 

大人の宿題だね。

 

 

 

 

Img_1236

雪の結晶、強調し過ぎて

ノルディックなんちゃら的な雑貨っぽくなっちゃったかっ???

 

微妙・・・

Img_1238

 

Img_1235

蓋の合わせ目、

↑こういうつもりで作りましたが、、、

 

Img_1239

ずらしてもカワイイ。。。

 

 

 

 

決められたお題でも、

5人の個性は様々で、産み出されたモノの違いに

 

‟そっちは そうなったんか!”

と、

驚かされ、ちょっぴり悔しい(?!)思いをするのが

また楽しみでもあります。

 

 

 

個展とは違う、グループ展の醍醐味でもあります。

 

 

 

Saijyokai_5577

   *彩女会陶芸展*

会期: 平成26年4月9日(水)~4月15日(火)

会場: 日本橋三越本店本館6階アートスクエア

 

 

 


人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞↞ confident

« 納会 | トップページ | お花見代わり »

陶芸技法・制作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 納会 | トップページ | お花見代わり »