« 透明な方がよいモノ | トップページ | 実は穏やかな日々 »

2014年6月23日 (月)

母親からお生まれになったのですよね?

都議会、セクハラヤジ、
 
大問題になっていますね。
 
 
 
私がもっとも嫌いな ゾッとする問題発言です。
 
 
ああいうけしからん一部の低能なオッサンの下品なヤジのせいで、
 
ニッポンの全てのオッサンの本音を疑ってしまいます。
 
 
 
という、私の極端な考えは置いといて
 
 
徹底的に追及し、謝罪していただき、その腐った根性を
コテンパにぶちのめしていただきたいと希望します。
 
 
 
いったい自分は誰から生まれてきたと思ってるのですか?
 
 
 
 
コレが日本じゃなかったら、怖ろしくてもう世間には出てこれない、
普通に道を歩くことすら出来ない事態ですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
まったく、私は忙しいんだから
くだらない事で気持ちを引っ掻き回さないでいただきたい!!!
 
 
 
と、言いつつ・・・
 
 
 
Img_1777
 
アマゾンでビンゴ!
 
この3冊をまとめて購入する。 ←クリックしてしまいました。
 
 
全て林真理子さん著書。
 
‟野心と美貌”
ベストセラー、野心のすすめ も読みましたが、若者に対するエールのような
内容で、私に対するメッセージからは少々外れていたので、
こちらは副題に「中年心得帳」となっていたので、こちらの方が私向けですかね。
 
 
‟出好き ネコ好き 私好き”
雑誌 STORYに連載されていたものを単行本化したもの。
めったに女性誌は買わない私ですが、
美容院で毎回読んでいたので、単行本になるのを楽しみにしていました。
 
 
‟銀座ママの心得”
これは 存じ上げませんでしたが、題名につられてしまいました。
だって私が陶芸家以外の職業を選択せねばならないとしたら
銀座じゃなくてもよいけれど、ママ業ならできるかも。。。
と、常日頃思っているもんで。
陶芸の仕事を干された時のためのお勉強。
 
 
 
まったく、これっぽっちも読んでる時間なんてないと思いつつ、
 
これが、林さんの本は読み始めたらとまらないの。
 
 
林真理子さんの文章には 賛否両論、異論反論も多いようですが、
 
私にとってはバイブルに近いです。
 
 
 
 
Img_1776
 
さて、花器。 この時点で、高さ57㎝。
 
 
ウンウン。満足。。。
 
 
と、昨晩は思いましたが、
 
 
今朝、冷静になって見ると・・・
 
 
クーピーペンシルだな、こりゃ。
 
 
 

人気ブログランキングへ ↞↞↞↞↞↞ いつもいつも、ホント、ありがとうございます
 
 
 
 
 
 
 
 

« 透明な方がよいモノ | トップページ | 実は穏やかな日々 »

コメント

う。ちゃん
  
ありゃ! お久しぶりね!!!
  
授乳! すくすくと育て、育てられてマスネ。
  
  
こんな私のブログでも イロイロ言われちゃうんだから
作家ってのは よほどタフか鈍感か(鈍感なふりか)じゃないと
やってらんないだろうな・・・ と思います。
  
林真理子さん、個展に来てくれたことあるんだよ!(1回だけ、、、)
  
コスメティック、読んでみますね!
  

「誰からうまれてきたんだ!」ほんとその通りで、
その一言で十分ですね。


私も林真理子さん好きです!エッセイいいですよね。
もちろん、エッセイにすべてを出しているとは思わないけど、
素直で、野望や欲望等、自分を隠さずに出している感が好きです。

小説の「コスメティック」読まれたことありますか?
コスメ界をすごい取材をされたんだろうなぁと思える
面白い小説でした!

私も今は授乳しながら読書しています(笑)

角田光代です。エッセイも好きなのです。

さくらさん!
  
やはり、さくらさんも この問題を取り上げておられますね。。。
  
って、
さくらさんの知的なブログに比べると、ただ怒りにまかせて
喚きまくっているだけで 冷静になるとお恥ずかしゅうございます。 
スミマセン。
  
  
ところで、
少し前の話し。 
私も Ken's bar 行ってみたい!!!
  
と、ずっと思っていたので めちゃ羨ましかったです!

きりんさん、こんにちは!

いつもスカットするブログでとても気分が良いです!!
私の気持ちも代弁してもらっている様な(笑)

昨日のブログもね。。

林真理子さんの著書は、小説も良いけれど
やっぱりエッセイが読んでいて楽しいですよね。

何でも上手に表現されていて
嫌味があって無いようで。
いつまでも少女の様な感覚を持っている
奇才な方だと思います。
確かに賛否両論ありますが
私も好きな作家です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 透明な方がよいモノ | トップページ | 実は穏やかな日々 »