« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年9月の10件の記事

2015年9月30日 (水)

朝日新聞

 
Dsc_0830
 
9月29日 火曜日  昨日の朝刊、朝日新聞。
 
ポストに 新聞がドッサリ入っている・・・  ん? 昨日から新聞取り忘れていたかしら・・・?
 
 
 
・・・ あっ!
 
 
 
私も本人もすっかり忘れていましたが、、、
 
 
 
 
Dsc_0829
 
夫が 千葉版ですが 「人」覧に掲載されております。
 
(今さら顔を隠すコトもないでしょうが、、、 いい男過ぎて危険なので、、、ウソ。
 公開するほどの面ではないので・・・(*≧m≦*))))
 
 
 
 
朝日新聞の柏支局からなのか?販売店の配慮なのか?
 
きちんとビニールにパッケージされて 4部も多く投函してくださり、
粋な計らいだねえ~・・・
 
と、
気持ちの良い朝でした。。。
 
 
人気ブログランキングへ ←←←←←sun   
 
 
 
 

2015年9月28日 (月)

スーパームーン

クリックすると新しいウィンドウで開きます
 
今夜はスーパームーンだそうですね。
 
そして、私の誕生日! 願い事が叶うでしょうか?
 
 
叶うも叶わぬも 全て自分の心がけしだい。
 
 
 
 
 
Dsc_0824
 
誕生日・・・ でも変わらずに制作に追われ・・・ 気の進まない釉薬掛け。。。
 
 
 
 


人気ブログランキングへ ←←←←←←birthday

 

 

 

 

 

2015年9月25日 (金)

快感

 
 
Dsc_0822
 
コレ↑と、コレ↓は、型のカットが、、、途中、何度も挫折しようかと思うほど、、、
さすがの私もウンザリでした。
 
 
Dsc_0823
 
しかし、途中で ハイになって来て・・・ ランナーズハイってやつでしょか・・・・・
 
 
この細かさが快感になってきた。。。 危険かも。。。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月24日 (木)

寛子ちゃんの個展

 
 
 
Dsc_0819
 
彩女会のメンバー、髙木寛子ちゃんの個展に伺いました。
 
 
現在、日本伝統工芸展開催中の日本橋三越です。
 
 
 
案内状を開けたとたん、「うわあ~・・・いいねえ・・・・・」
と、
思わずタメ息。
 
寛子ちゃんの個展、楽しみにしていました。
 
 
 
 
個展の最中の作家は敏感で繊細になっていると分かりつつ、
会えば話したいコトが尽きず、
 
 
あれやこれや、長い時間 在廊してしまいました。
 
 
 
彩女会のメンバーは いつまでたっても上手になれないけれど、
 
最近、何故 彩女会が魅力ある展覧会なのか、何故、この厳しい場所で続けて来られたのか、、、
分かる気がするねえ・・・
 
 
と、
二人で自画自賛しながら しみじみ。。。
 
 
 
でも、
ヘタクソでも いいもん! なんて、この年になって可愛い子ぶりっこしてばかりもいられず、
 
やはり 自分に何が足りなかったのか、、、
 
 
見直す時期ではあります。
 
 
 
 
自然体で頑張っている寛子ちゃんに会い、この短期間にぐんと良くなった作品を拝見し、
久しぶりに
フワ~ッと いい意味で無駄な力が抜けた気持ち。。。
 
 
 
 
 
 

2015年9月22日 (火)

型染技法

 
 
皆様、心に掛けてくださり、たくさんの応援、ありがとうございます。
 
 
 
Dsc_0814
 
で、
日本伝統工芸展を毎年見て感じるのは それぞれの素材に対する想いと表現技法。
 
 
数種類の工芸技法で私がいつも惹かれ、その工程を凝視してしまうのは、染織部門。 
陶芸より染織の素材と技法が 私には しっくり来ちゃうのです。
 
 
型染や友禅、絞り染、絣織。
 
今回は特に日本工芸会新人賞を受賞された 「琉球紅入藍型着物」に見入りました。
 
 
 
 
Dsc_0815
 
最近、また 私の器に施す新しい紋様が増えてきまして、形作りより型作りにかかる時間の方が
多くなってきているのですが、
 
どんなに細かい紋様でも型を切り抜く作業は楽しくて楽しくて苦痛をかんじず、
それに比べ、
もともと 立体造形の感覚が弱く 苦手なので もしかしたら私、
進むべき道を誤ったかなあ・・・  
 
うん十年前、
大学で専攻に別れる時、陶芸と染織を一瞬迷った時があったっけ。。。
 
 
 
 
 
Dsc_0817
 
今から染織教室にでも通おうか・・・ と、マジで考えたりもしましたが、
まあ、今の私にその時間を捻出するコトは不可能で、、、
 
 
「そうだね。だから とにかく この技法を器の上で徹底的に表現するんだね。」
 
と、
例の夫が申しますし、
 
もう少し、この仕事と格闘してみます。
 
 
 
 
 
もう少し、、、って、あと30年位は時間があるでしょか・・・?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月17日 (木)

夫のコト

 
なんだかドタバタしており、
ってか、
ブログに意識が回らず、更新怠りスミマセン。。。
 
 
 
 
Dsc_0806
 
昨日から始まりました。
 
第62回日本伝統工芸展
 
 
昨日は授賞式にて 私もコソッと列席いたしました。
 
 
Dsc_0807
 
夫が最高賞である 「高松宮記念賞」 を受賞しました。
 
 
 
 
 
会場の夫君の作品の前で ブーたれていたのは、私だけでしょう。
誰も 恐ろしくて誉め言葉しか出せないよね。
 
私は直接、面と向かってガンガンもの申すけど、陰口叩かないのが私の良いトコロ。
なんつって。
 
 
 
 
 
私が授賞式に出席したもう一つの理由。
 
 
文化庁に務めている「さくら」(←あだ名。本名は全然ちゃう。)が伝統工芸に関わっており、
授賞式等にはいつも列席されています。
 
さくらは大学時代の大親友。
 
どうしても あの席でさくらに会いたかったから。
 
 
 
学生時代の友達っていいね。 多くを語らずとも 目を合わせるだけで全てが繋がり
理解し合える気がします。
 
 
 
「え~!杉沼さんとSさんて、友達なんですかあ~!!!」
 
と、驚かれちゃう位、さくらは偉くなっちゃたね。
 
私の 超!自慢の親友です。 私まで偉くなったと錯覚しちゃう。
 
 
 
さくらが文化庁でニッポン文化の発展と保存に労を尽くしてくれているから
私もこの仕事を頑張れると思っています。
 
 
 
 
 
 
昨日は慌ただしくて作品をじっくり拝見できなかったので、
また日を改めて 伝統工芸展の作品群を穴の開くほど拝見させていただきます!
 
 
 
もひとつ お知らせ。
 
 
と、いうワケで、
日曜美術館に夫が取り上げられます。
 
 
9月20日(日) NHK Eテレ 午前9時~
「日曜美術館」
 
 
 
井浦新さんとのツーショットあり。
 
  井浦新さんの隣りに立つだけで痛かった・・・
  恥ずかしすぎてボクは見ない。
 
 
と、本人は言うとります。
 
ので、
井浦さんと夫の男度の格差を確認していただきたく よろしくお願いしま~すc(>ω<)ゞテレ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月11日 (金)

日光

 
いやあ・・・ 今週は働いたなああああ。。。
 
人間、本気のやる気が大事ってコトが分かったよ。
 
 
時間がない、とか、忙しいってのは 言い訳に過ぎないね!
 
 
 
 
 
さて、
大雨による災害・・・
 
避難されている方々には お見舞いを申し上げるばかりですが・・・
 
 
 
 
こんな天候の最悪な昨日、一昨日、 我が家の娘は修学旅行でした。 日光です。
 
 
 
カッパを来て日光東照宮で 三猿・眠り猫・鳴き竜を見、
 
水嵩の上がった華厳の滝に打たれ(てはないけど、、、)
 
通行止め直前の いろは坂に酔いしれたそうな・・・
 
 
 
帰宅した娘は興奮して
「すごかったんだよ! すごい雨でねっ! 木の幹が水に埋まっちゃってて
 葉っぱのトコしか見えないんだよ! 50年に一度の経験してきたよっ!!!」
 
 
 
娘のコトだから、悲惨な状況ほど楽しんで来るのだろう、、、と、思っていたら
やはり 予想を裏切りませんでしたね。
 
 
長男曰く、
「戦場ヶ原を歩けなかったのは、人生損したねっ!!!」
 
 
 
 
そして、昨晩、よほど疲れたのでしょう、12時間、こんこんと眠った娘。
 
眠るにも体力を要するのかもしれませんな。
私はア~ 
出産後、16年間、連続で5時間以上、眠れなくなっちゃってます。
 
 
 
 
 
Dsc_0793
 
新作。↑↓
 
 
Dsc_0792
 
紋様はさらにパワーアップして繊細になり、形は優美なラインを意識している・・・つもり。
 
 
 

2015年9月 9日 (水)

2等賞

 
非常事態が起こってました。
 
ので、
実家の母にヘルプして家事を丸投げして
この2日間、半狂乱になって 工房にこもりっきりになっておりました。
 
 
 
まだ、結果は出ておりませんが この事態をうまく乗り越えられたら詳細をご報告
いたしますが、
 
駄目でしたら なかったコトにします。
 
 
ああ・・・ オーマイガット・・・・・
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_0790
 
で、
そういえば 日本橋三越で開催されていた杜窯会作陶展(東京藝大陶芸専攻在校生卒業生による。)
昨日で終了いたしました。
 
 
今回はサントリーとのコラボ、ウィスキーのためのカップの人気投票企画でした。
 
おかげさまで今年も大盛況だったようです。
 
 
ご足労くださり、杉沼に投票してくださった皆様、ありがとうございます!
 
 
 
今年の1番人気は大学院生の 将棋盤を制作していた彼(←井上さん)でした!
 
 
 
私は、、、、、 2位だったようで~す!!!
 
 
たまたま、私は自分が2位だったコトを電話連絡いただきましたが
 
 
 
通常、2位以下は公表されるコトもなく、表彰されるコトも 副賞!を頂戴することもなく、、、
 
自分でこうやってブログにアップして自慢するしかないのですが、(自慢するコトかよっ)
 
 
2位だったって事にもビックリですが 正直、1等賞じゃなくって良かったあ~・・・と思いました。
 
 
だってねえ・・・ なんだかねえ・・・・・ねえ・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
そうそう、私は昨年とらやコラボで十分楽しませていただいたので 
 
今年は皆さまへのお知らせは控えめに、控えめに控えめに、
卒業生に配られたDMは10部だけでしたので
10名の方にだけ案内状をお送りするに留めました。
 
 
にもかかわらず、多くの方に来てただけた事に心底感謝しておるのです。
 
 
 
んがっ!
 
 
思いっきり 全面否定するセリフを浴びせられましてね。
 
詳しくは控えますが んじゃあ 私はどうすりゃあ良いんでしょうね。
 
 
 
 
 
でもいいの。
 
言わせておこうホトトギス・・・
 
最後に笑うのは私じゃっ。。。 最後っていつ?
 
 
 
 
 
ま、
いいの。
 
 
 
 
そんなこんなで 本当は昨日、三越でイロイロ約束が入っていたのですが
フラフラしている事態ではなくなってしまい、、、
 
半ベソ状態ですが、泣いてる時間があったら 動かねばっっっ!!!
 
 
ネバーギブアップ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月 3日 (木)

陶芸展巡り

 
 
本日は、陶芸展巡りでありんす。。。 って、昨日の名残り。。。
 
 
 
 
 
Img053
 
まずは、にっぽんばしは越後屋でござんす。 しつこいね。もうやめます。
 
日本橋三越です。
 
 
 
ウィスキーのためのカップが勢ぞろいしとりました。
 
これだけ並んでいても 個性がかぶることなく あらゆる技法、デザインが存在する事に感心。
 
ウィスキー・・・と、具体的に提示されると 器として使用するイメージが付きやすく、
お客サマの立場としても見応えあり、楽しんでいただけると思います!
 
 
 
 
 
Dsc_0768
 
それから ニッポンバシランチをして、(自慢のランチ披露は、後日、気がむいたらね・・・)
 
 
 
新宿は 「柿傳ギャラリー」にて
 
伝統工芸 陶葉会展
日本工芸会に所属する千葉県在住の陶芸家の集まりです。
 
 
我が夫も所属しておりんす。。。あ・・・
 
 
 
そこで、なんとなんと!
偶然にも 柏のBabyに会い、幸せな気持ち。 
 
可愛いくて可愛くて、赤ちゃん欲しくなった! イヤ、私が生むワケじゃなくってさ・・・
 
 
 
 
 
Dsc_0769_2
 
さらに、新宿伊勢丹にて菊ちゃん(菊地勝クン)の個展。
 
東京藝大の1学年下の後輩です。
 
 
 
Dsc_0767
 
そこで、フミちゃんも一緒になり、画廊でお茶をご馳走になりました。
 
フミちゃん(佐々木文代ちゃん、やはり、藝大の後輩。)と菊ちゃんと
 
気心しれた大学時代の仲間が3人寄れば そりゃあ今後の藝大陶芸科の行く末話しに
なりますわね。
 
 
 
 
今日は 一気に沢山の陶芸作品と陶芸人と絡んでしまい、
 
ざああああ~っと見ても
 
目にとまる作品は ほんの数点。
 
 
 
はたして、この中からどれだけの作家が生き残るのだろう・・・
と、
思ったら 空恐ろしくなりました。
 
 
自分の作品が目立って良いとは とても思えなかったし。。。
 
 
 
陶芸に限らず、
どこの世界でも 一歩抜きん出るのは並大抵の事ではありませんね。
 
 
 
ああ・・・ 恐ろしい。。。 
 
考えたら恐ろしくなるので、深く考えないようにしよう~っと。
 
 
Dsc_0602
 
 
 

 第52回杜窯会作陶展

(東京藝大陶芸講座在学生と卒業生による)

 

2015年9月2日(水)~8日(火) 最終日は午後4時閉場

日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン・アートスクエア

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年9月 2日 (水)

一皮むけたかも・・・

 
 
Dsc_0593
 
ほんの少し、現実逃避してました。
 
 
鬼怒川温泉にて、 温泉に浸かってふやけてました。
 
 
 
 
ばっちりお顔のリフトアップマッサージして生まれ変わったろっ!!!
 
と、思ってましたが
予定外に韓国アカスリになりました。
 
 
 
オイルマッサージだけのつもりが、片言日本語の韓国人女性に
 
 
「エ~! オイルだけえ? オキャクサン、アカ、いっぱいアルヨ~
 アカだらけよオ~、 アカとってからオイルしないと ヨクないよオ~!」
 
 
そりゃあーそうよ。アタシなんか身も心もアカだらけよっ。
 
アカの塊が粘土こねているようなもんよっ!
 
 
 
 
 
 
 
そんなアカの塊の陶芸人は まな板の上の鯉状態。
逃げも隠れも出来ないこのあられもない姿では、何かあっても 戦えないじゃん・・・
 
と、
少し恐ろしくなりましたがね。。。
 
 
戦うような状況にならない事を祈るだけさ。
 
普段、日々戦っているのに 温泉に来てまで マジ戦いたくないわっ。
 
 
 
 
「オキャクサン、アカスリはじめてですかア?」
 
 
「いえ、初めてではありません。んん~10年ぶり位かなあ・・・」
 
 
「アッハハ!それじゃあアカスリわすれてるねエ~!」
 
 
 
 
結果、
私の全身の垢は 一皮むけたようにこすり落とされ、見事に生まれ変わったのでした。
 
 
スゴイ。。。
 
韓国人女性のその指圧力ったらスゴイ。
 
ツボにピタッとはまり、痛い寸前のトコロで他のツボに移動する。
 
 
 
 
 
「アカ、イッパイでたねえ~!ヨカッタねえ~!これからはもっとアカスリやって、
 ハダ、つよくしたほうがイイよオ!!!」
 
 
 
これ以上、肌まで強くなったら 誰も近寄れなくなるな・・・
 
 
 
 
すんごーーーく気持ち良く、スッキリしましたが、
あの独特な雰囲気はちょっと恐く感じた繊細な私なの。
 
 
 
 
 
 
 
 
きちんとした大手の温泉宿なので、料金は予約した通りでしたので
その点は良かったです。
 
 
ようするに、お顔のリフトアップが何故か無くされ、アカスリに変わったっちゅうコト。
 
よって、
体はスッキリしましたが、顔はたるみきったまんまです。。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Dsc_0616
 
さて、それから江戸にワープ。 にっぽんばしでありんす。
 
 
(あ、日光江戸村ね。)
 
 
 
 
Dsc_0618
 
そして、やはり私がビビッと反応してしまうのは越後屋でござんす。
 
 
 
Dsc_0617
 
越後屋とは
三越創業時の屋号でござる。
 
 
 
 
Img053
 
本日から、越後屋は本丸で開催いたしやす。
 
杜窯会作陶展でございやす。
 
 
 
 
皆々様、どうぞよろしゅうお頼み申し上げます~。。。
 
 
 
 

 第52回杜窯会作陶展

(東京藝大陶芸講座在学生と卒業生による)

 

2015年9月2日(水)~8日(火) 最終日は午後4時閉場

日本橋三越本店 本館6階 美術工芸サロン・アートスクエア

 


人気ブログランキングへ ←←←←← shine
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年8月 | トップページ | 2015年10月 »