« 享受 | トップページ | 保湿 »

2016年5月11日 (水)

まだ麓

 
Dsc_1660
 
皆様、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?
 
って、
もう、水曜日、皆、一生懸命働いている平日の水曜日だね。
 
すっかりズレこんでしまっているブログにて失礼、失礼。
 
 
そうなのよ。
いやあ、、、
なんともアンニュイな連休を過ごしていた私ですが、
そんな体を奮い立たせ、連休のとある1日、小田原に行きました。
 
 
 
小田原市根府川、目の前に海とみかん畑の広がる絶景のロケーション。
 
 
 
 
 
 
Dsc_1661
 
3年前、63~64才で急逝された陶芸の先輩、高橋誠さんの記念館が
この5月にオープンしました。
 
 
 
藝大でも工芸会でも影響力の大きい方だったので 
あの時は皆、ショックのあまり放心状態でしたね。
 
 
夫も私もずいぶんとお世話になり、いつも気にかけてくださっていた
少々口は悪いけど、それは照れやのカモフラージュ、芯から優しい先輩でした。
 
 
Dsc_1662
 
夫と二人、改めて誠さんの作品の前に立ち、手を合わせました。
 
 
 
たま薬を使った上絵の技法。
東京藝大で藤本能道先生が残された調合の絵の具を使われた
伝統技法です。
 
藝大でこの仕事をしている作り手は少なくなってきていますから貴重です。
継承していかねばならない技術の一つですね。 (裕子ちゃん、頑張れ!!!←彩女会メンバー)
 
 
 
Dsc_1664
 
 
しかし、、、
海の見渡せる気持ちの良いトレッキングコース沿いに在ると言われる記念館に
たどり着くのは、、、
 
病み上がりの情けない体にはきつかった・・・
 
 
 
 
 
 
Dsc_16702
 
そして誠さんの後は・・・
 
歴史好き、城好きの長男の達ての希望により小田原城。
 
5月1日にリニューアルオープンしたばかりだという小田原城は
ディズニーランド状態にありました・・・・・
 
 
 
この 天守閣ってトコロも 簡単には辿り着けない構造になっているんだね。
 
 
 
すっかり気力体力筋力が落ちてしまった ヘッピリ腰の私が悪いんだけどさ、、、
 
私は学んだね。
麓にいる身で山のてっぺんは見上げてはいけない。
 
あそこまで登らねばならないのか・・・とウンザリし、気持ちが萎え、
私なんかの力ではとても辿り着けないと断念したくなる。
 
しかし、
しっかり足元を見、ゆっくりでも良い、一歩一歩黙々と進んで行けば
必ず目的のトコロに到達するのです。
 
そして、さらに思った。
1本、杖があるとずいぶんと楽。
 
私を支える杖でいてくれる人達が存在することで 私は歩んで行けるのね。。。
 
 
そんな事を悟った小田原の旅でした。
 
 
 
 
 
無理してでも伺って良かった。 スッキリ、憑き物が落ちたような気持。
 
 
しかし、、、またとり憑かれてしまわぬよう気をつけなきゃ、、、
杖だと思ったら、重荷だったりして。 くわばらくわばら・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 享受 | トップページ | 保湿 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 享受 | トップページ | 保湿 »