« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月の8件の記事

2016年10月27日 (木)

カップいろいろ

 

「萩の庵」 の個展に出品しているカップをいろいろ。

Dsc_21492

雪の結晶紋様マグカップ。

 

取っ手の形にいつも四苦八苦。

取っ手もの、(マグカップやポット)は  

用と美を兼ね備える・・・を、特に意識します。

 

持った時、その使い勝手がダイレクトに指に伝わるからね。

突飛ではなく、しかしデザイン性も意識して。

 



Dsc_21522

取っ手の外側のラインは平らに、内側(中側)の部分は丸みをおびさせると

指にしっくりきます。

  


Dsc_21502
  

  

Dsc_21562

マイブームな形↑

くびれを細く細く細くしたくて ギリギリのところまで攻めたら

やはり数点、本焼きで曲がってしまった~(涙)

成功率をあげるため 全体のフォルムと厚みの見直しが必要ですね。

定番の形にしようと思います。

 

  


Dsc_2129

高台部が輪花。

見込み部は新色の紺色ラスター。



Dsc_21302

ウィスキー、ロックや水割り等にどうぞ・・・って、私自身、ウィスキーは普段いただかないので

なんだか中途半端な形状になっちゃったかな。

 

 

 

 

「萩の庵」

11月2日・3日、在廊します。

 

 

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

 

2016年10月25日 (火)

森羅万象

 

Dsc_2177

1年で一番好きな季節!

 

お天気にも恵まれた日曜日、都内某所、、、 平川橋にほど近い、、、

  


Dsc_21703

敬愛する先生にお声をかけていただき 先生のご自宅にてお茶会でした。

なかなか

お茶のお稽古を始められない私なんかのコトを いつもいつも気にかけてくださり

ありがたいです。

 

こんな時、自分で着物をちゃちゃっと着付けて出かけられれば良いのですが

私が着物を身に着けよう思ったら

大事のお騒ぎになってしまいますんで

残念ながら毎度洋装にて参上しております。

 

ニッポンジンだってのに情けない。。。

 

  

Dsc_2173

型破り(良い意味で!)な先生の提案で お濃茶席を中庭にて

茶箱を使ったお点前でした。

 

 

今回のお席のテーマは「夢」と「収穫」

 

 

夢、それは大事な人との出会いの場、広がる未来を表す。

  


Dsc_2172

先生にはいつも ドキドキされっぱなし。。。

教えていただきたいことが沢山あります。

 

 

私は何処に導かれているのだろう?

  


Dsc_21582

茶碗。

いつもより小振りに作りました。



Dsc_21612


Dsc_21642


Dsc_21623

  

先生の本来の専門は生物学。

 

お茶の世界と生物学の世界は通じているとのこと。

世の全てのものには存在の意味があり 関わりがあるのです。

 

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

 

2016年10月23日 (日)

萩の庵

Dsc_21432

徳島県は「萩の庵」にて個展の真っ最中です。

 

Dsc_21412

キューヴ型花器

Dsc_21422

  
 
Dsc_2145

キューヴ型花器、上部ラスター↑

 

 

 

Dsc_21462


Dsc_21472

最近、色味を抑えて同系色でまとまています。

意識しないと 色をたくさん使いたくなってしまうので

グッと抑えています。


Dsc_21482

本人不在の個展にて大変恐縮です。

画廊の店主にはお世話になりっぱなしです。

 

1週間位は滞在したいところですが

今はなかなか・・・ 関東を長い期間離れるのは難しいです。申し訳ないです。

 

11月2日・3日 2日間、滞在します。

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年10月19日 (水)

煌めく女性

そうか・・・

傲慢なオッサンにいじめられたら

「このジジイ!!!」 と、真っ正面からぶつかるんじゃなくて

「慣れてますから。」

と、

さらっと受け流すのが賢い女性の所作なのか。。。

 

私はまだまだダメだな。

ってか、

いじめてるのは私の方か・・・ ゴメンね (≧∇≦)。。。。。 

 

ま、

いじめられている、、、っつーより いじられている、、、と 思って頂戴。

ときたま

それを理解出来ないオッサンがいて面倒なフォローしなきゃならなくなるので

人を見ていじめなきゃ・・・いや、いじらなきゃね。

いじめあえるキャラが好き。

 

 

って、話がズレたな。

 

 

 

そんなオッサン話しなんかじゃなくって、

聡明な女性のことです。

さて、女性トップに注目が集まり、女性の活躍が目覚ましい昨今、

やはり私が気になるのも男性より女性の作家。

 

徳島での個展の作品の発送が済んだら ちょっとだけ息抜き。

 

Dsc_21682

日本橋三越で開催されていた川端理恵子さんの個展へ。

このところ、久谷が元気ですね。

師匠の福島武山氏の元から輩出される作家さん達のこの技巧には毎回ため息。

 

同じ赤絵で細い線で描かれる技法でも

皆さん、それぞれ独自の感覚で表現されていてそれぞれの個性が際立っています。

 

私が伺った時、ちょうど絵付けの実演をされていたのですが

クラクラ・・・と、卒倒するほど繊細で美しく、

ここでもまた 私はまだまだだな、、、と、思い知らされるのでした。

 

 

Img_20161019_133354

同じ、三越内で展示会されていた20年来の親友、

ジュエリー作家の和歌ちゃんの作品展、こちらが本日の第一目的でした。

 

 

お互い、年を重ねてきましたが 制作への意欲はずーーーーーっと変わらず、

新たなデザインも多く生み出され、どれもこれも洗練され素敵でした。

 

第一線で活躍し続ける苦労は並大抵のことではないでしょうが

子供を産み、育てながら こうやって友人が頑張る姿は私の原動力でもあります。

 

 

1日だけゆっくりさせてもらいましたが

私の仕事はこれからが勝負です。

友人からパワーをもらい 次へ向けて戦闘モードに突入せねば・・・

 

ああ~考えすぎると恐ろしくなるので

淡々と一歩一歩 進んで行こう。

  

  

  

Dsc_21372

「萩の庵」に展示します。 花器。

 

横幅21㎝ / 奥行4.5㎝ / 高さ10㎝

  


Dsc_21392

裏と表で同デザインの色違い。


Dsc_2140

ん~ 写真で分かっていただけるかなあ。。。

上部分はラスターで煌めいてます。

  
 

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine 

 

 

 

 

 

2016年10月16日 (日)

千葉県展

 

Dsc_21062

本焼きを終えて、窯を冷ましている間、、、

千葉県展に行って来ましたよ~!

 

 

いつも奮闘している知人友人達が今年も入選されました!

 

千葉県内で活躍されているという地域限定ってのも千葉県を愛する者としては魅力を

感じますが

日展、日工会、日本伝統工芸展、、、等、ジャンルの異なる陶芸家の方達の作品が

一堂に会される貴重な場だと思います。

 

平日でしたが来場者も多く、注目度の高さを感じました。

 

言いつつ、私は応募した事ないのです。

自分が応募するなんて 全く全然考えてなかったのですが、

そうか、

それも楽しいかも!

今後、挑戦してみようかと、、、検討したいと思います・・・たぶん。

って、いまだに なんだか公募展に消極的なところがあるね。

 

 

 

 

 

千葉県立美術館、建物の雰囲気が少々残念・・・

 

陳列される作品の魅力と価値は そのスペースで大きく変わります。

どこもかしこも余裕がないから なかなか難しいですね。

 

 

 

さて、ランチ、 

県立美術館に行った時、必ず立ち寄るレストラン。

 

ホントは ココ↓の隣に行きたかったけど

ソチラはいつも長蛇の列。

 

Dsc_21212

なので この日はココ↑

でも、ココ↑↓もすごく良いです。海沿いのフレンチレストラン「AMANDAN SAIL」

結婚式場にもなっているので披露宴が入っているとNGだそうです。

 

 

 

Dsc_21142

 

Dsc_211822

フレンチのフルコースなんて久しぶり・・・ってのは大嘘。

  


Dsc_21122

私のココでの目的は食後のデザートバイキング。

デザートをガッツリいただこうと思っていたので アルコールは控えておきました。

 

Dsc_21192

Dsc_21202

ランチはパスして

デザートバイキングだけの女子会ってのも良さそうでした。

 

最近、

真面目な日常生活を送っているもんで

すっかりアルコールに弱くなりました。

大好きだから ほぼ毎日いただきますが 量はほんの少し。

 

その代わりデザートが欠かせないもんだから お腹のプヨンプヨン感がババロアっぽくなってしまった。。。

 

 

 

  

Dsc_21222

で、

帰宅後、窯出し→ ラスター

ま、ま、の仕上がりになっとります。

  

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

2016年10月11日 (火)

ホテル椿山荘東京

 

Dsc_20682

日曜日は親戚の結婚式にお呼ばれでした。

 

幼かった頃の姿が記憶に新しく、母の想い、ジジババの想い、

感慨深いものがありました。

 

私が結婚した時 仲人さんがポツリと言うてくださったコト。。。

 

 「長い結婚生活、相手のコトを嫌になる時もあるでしょう。

 なんでこんな人と結婚しちゃったんだろ・・・ もっといい人がいるんじゃないだろか・・・

 そんな風に思う時もあるでしょう。

 でも、もっといい人なんて世の中にはいないもんで、

 よくよく見てみると 今の連れ合いが一番だったりするもんよ。」

 

そうですね。

私達も結婚20云年経ちましたが しみじみとそう思います。

もっとも「なんでこんな人と結婚しちゃったんだろ・・・」 と思ったコトは

私は一度もないけどねっ!(夫はあるかも・・・スミマセン)

若い二人の将来に幸多かれ!と、おばちゃんは心より祈り、応援してますよ!

 

 

 



Dsc_20942

さて、

ドタバタですが この1週間は釉掛け週間です。

相変わらず 釉掛けは嫌いなもんで グダグダチンタラやってます。


Dsc_20952

工房は足の踏み場なく、しっちゃかめっちゃか。

 

夕方、窯にぶち込んでスイッチオンしましたが

片付ける間もなく 次の〆切の仕事のロクロをダッシュで挽いたっちゅう。

仕事に追われる有り難さ。。。

  

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

2016年10月 9日 (日)

省胎七宝

 

話題にするタイミングを逃しましたが今年の日本伝統工芸展で、、、

 

今年、私が最も惹かれた松本三千子さんの「省胎七宝鉢」

七宝なのに何故に透けているのか?これはガラスではないのか?

疑問に思いつつガン見してきましたが

Eテレの日曜美術館で技法の解説を見て納得。&ため息。

 

Dsc_20672

 

最後、素地となっている銅を酸につけて溶かすとか めっちゃ驚いたし

銀線と釉薬だけでできているゆえに脆くて

成功率も低いらしいです。

 

しかし 仕上がった作品は目が眩むほどのまばゆさ。

やはり、女子はキラキラ光るものに弱いね。

 

事実、夫が伝統工芸展の会場当番の時、何人もから

この松本三千子さんの作品の陳列場所を聞かれたそうです。

日曜美術館での紹介の効果も大でしたね。

 

 

 

そういえば私、陶芸始める前 本当はガラスがやりたくて

ガラス専攻が在る大学を受験して落ちたんだったっけ。

 

ガラスがやりたかったんじゃん。なんて思い出したりして。

すっかり忘れてたけど。

 

ガラスの道に進んでいたら こんな泥臭い生活はしていなかったでしょうに。

って、

それはそれで、、、もしかしたら今以上に大変だったかもしれませんね。

 

 

日本伝統工芸展を拝見し、今年は特に陶芸以外の技法やその魅力に目を奪われる

作品が多く、

技術の継承と追及の上にオリジナリティを乗せ美しい作品が生み出されるという

なんとも気の遠くなるような仕事に敬意を払いつつ

私自身も同じ工芸の仕事をナントカカントカ続けさせていただけることに感謝・感謝。

 

 

 

 

Dsc_20652

花器↑(焼成前)


Dsc_206622

 

そうか、ガラスか、、、

省胎七宝の事を調べながら ふと思いつくコトがあり、、、

テストしてみよう。。。

新しい技法の成功には時間がかかるでしょうが。。。

 

 

Img001

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

2016年10月 3日 (月)

萩の庵

 

Img001

 

お知らせです。

久しぶりに日本橋から脱出します。

 

個展です。

 

2016年10月21(金)~11月6日(日)

器ギャラリー「萩の庵」

徳島県美馬市脇町馬木867

 

Img_8293s_1

 

すっごく雰囲気の良い素敵なギャラリーです。

美味しいお茶とお菓子をいただきながら

ゆっくりしていただける空間です。

 

楽しみです。。。 って、楽しむ余裕はなく

いつものようにギリギリでテンパってま~す・・・

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

 

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »