« カップ&ソーサー | トップページ | レンタルする? »

2017年1月30日 (月)

伴奏者

ご無沙汰です!

 

ひっさしぶりなのに 全然関係ない話しで失礼します。

陶芸人の皆様は どうかスルーしてください。

 

 

 

 

 

 

さて、

 

 

 

 

昨日は千葉県吹奏楽、東葛飾地区高校生の部ソロコンクールでした。

 

ウチの長男はサックスをやっとりますがソロコンクールに出る気はさらさらなく、

同級生のトランペット奏者S君のピアノ伴奏者として参加しました。

 

S君は普通科文系。

長男は理数科ゴリゴリの理系。

二人の接点は吹奏楽をこよなく愛しているところだけ。

 

長男曰く、

S君のような性格の良い人に出会ったコトがない。。。っちゅうくらい良い子らしい。

 

ここ数週間、

二人で放課後遅くまで練習を重ねていたようです。

 

骨太で体格の良いS君ですがプレッシャーに弱く ものすんごく緊張しいな性質らしく

本来の実力を発揮できず

はっきり言って演奏はボロボロでした。

 

吹奏楽の合奏のトランペットソロの時なんて惚れ惚れする音を出すのに

残念だったなあ。。。

 

 

しかし、

感心したのは我が長男。

もちろん主役はS君ですから ピアノ伴奏者に徹し、自らを出すことなく、、、

緊張のあまりS君の演奏が途中で止まってしまった時もピアノのペースを落としてS君の音を待ち、

さりげなくS君に寄り添い、支えていました。

 

私 「演奏中、S君、顔歪めて泣きそうだったよ。見ていて辛かったよ。」

長男 「そうだね。泣きそうだったね。」

私 「え?!分かったの?」

 

ピアノ奏者は ソロ奏者の真後ろの位置し、表情は見えないはずなのに・・・

 

長男 「うん。後ろ姿でね。わかるね。ずっと一緒に練習してきたからね。」

 

ただただピアノの鍵盤だけを見て伴奏しているのかと思っていたら

横目でずっとS君の動き、様子を確認していたらしい。

我が子ながらアッパレ! (いつもの親バカでゴメン!)

 

 

そして、さらに驚かされたのは

演奏終了後、

ロビーにいた夫と私の姿を見つけたS君、

まっすぐにこちらに歩いて来て、

 

S君 「お世話になりました。緊張してしまって、、、ご迷惑おかけしました。」

と、

深々と頭を下げちゃって、、、

 

夫と二人、感無量。言葉がありませんでした。

当然、S君のご両親もきちんとした方で私達は恐縮しまくりでした。。。

 

Dsc_000005

 

帰りの車中、長男は

 

「あ~・・・終わっちゃったな。楽しかったなあ。

コンクールがどうとか、結果がどうとかじゃなくて二人での練習がすごく楽しかった。」

 

 

そうか、、、

結果が良いに越したコトはないけれど

そこに至るまでのプロセスに悔いがなければ勝利以上のものが自分に残るのですね。。。

というコトをこの若人二人から学んだ母でした。

 

 

←←←←←←shine

 

 

 

« カップ&ソーサー | トップページ | レンタルする? »

コメント

桃青窯様

ギャーッ!
親バカブログのまんま放置状態のブログでスミマセン😣💦⤵
大丈夫、元気に釉掛けしてます。って、心配してないかっ💧
窯詰め終わったらブログ更新しますっ!

あ、
長男は良い環境で育ってます。長男は・・・
我が家の大問題児は下の娘で・・・夫と頭抱えてます。

ご子息とS君は・・
友情の本質をみつけたのですね
勝った時より・・負けた時にそれが多い
ってことも含めて・・実感したんじゃないかな
思い出とはまた別の果実
生涯を貫く絆になってほしいものです
60年経ってもまだ傍にいる・・
好いもんですからね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カップ&ソーサー | トップページ | レンタルする? »