« 青山 | トップページ | お菓子作り »

2017年2月15日 (水)

KOGEI

 

ちょっと奥さん!

これはお出かけになった方がよろしくってよっ!(って、書き出しをちょっとパクった。ゴメンね(≧∇≦)))

 

 

すごく良い展覧会でしたが あまり知られていないようで勿体無いので急いでお知らせしときます。

 

Dsc_25172

三越三越ってうるせえなっ・・・ と思わないで聞いてちょうだい、見てちょうだい。

6階じゃないよ。1階中央ホール、天女像の真下で開催されています、

「KOGEI」展

 



Dsc_2514

 

昨年、、、(だったかしら) 近代美術館で開催されていた展覧会、「工芸からKOGEIへ」

の時に聞いた話しだと

工芸とは明治に作られた言葉。直訳すると Craft になるのでしょうが、

それもニュアンスが違う。

カラオケがKRAOKE、すき焼きがSUKIYAKI として英語圏で定着したように

工芸は工芸=KOGEI として世界に発信していきたい。

 

今回の展覧会もそのコンセプトに通じるのでしょうか?

 

2020年を意識しての展覧でもあるとのこと、、、と、

 

「工芸は時代を経て変化を遂げながらその芸術性を昇華させ

 今日ではファインアートとして高い評価を得ています。

 本企画では 工芸をより自由な形で捉え、現代美術として作品を発表する作家

 15名をクローズアップ。

 工芸=KOUGEIを日本独自のファインアートとして世界に発信してまいります。」

 

 

1百貨店が入場料を取ることなく販売目的でもなく 

このような展覧会を企画することに まずビックリ。

 

昨年、美術部の方から

 

日本橋三越美術は これから現代美術にも注目していきますよっ(^^♪

新館も大きくリフォームして驚きますよ(^^♪ 今はまだ詳しくは言えませんけどねっ(^^♪

 

とは聞いていましたが

これがまずはスタートの企画なのかしら・・・

 

15名の作家さんで陶芸は5名。他、漆芸、ガラス、染織、金属、人形、、、

有名なトコロでは、レディガガの靴を制作された舘鼻則孝さんもおられます。

ぽっくりをイメージして作られたヒールレスシューズなんて これぞKOGEI ですね。

 

 

ああ~ 今日もまた 良い展覧会を堪能して意識が高まった気持ち。

今月20日(月)までです。 是非とも!

 

 

で、6階美術では

22日からは こちらも今をときめく白磁の 高橋奈己さん、

3月1日からは練り込みの 小林佐和子さん、

3月8日からは久谷の 田村星都さん、、、

 

と、注目度の高い女性陶芸家の個展が続きます。

あ~~~全部伺いたい。

毎週三越に通わなきゃ・・・ 無理、、、ってか、駄目でしょう。

ちゃんと工房にへばりついてなきゃやばいでしょう。

 

 

 

私は私、、、と思っていても 

正直、

「KOGEI」展拝見して やっぱ焦る気持ちもありますし・・・ 頑張ろう・・・
  

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

« 青山 | トップページ | お菓子作り »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 青山 | トップページ | お菓子作り »