« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月の3件の記事

2017年3月30日 (木)

リセット

展覧会前だっちゅうにね、

腹は減るのですよ。

生きてますから。

 

長男のお弁当と家族の朝ご飯作り、朝食の後片付けが終わったら

お昼ご飯の支度をし、昼食の後片付けが終わったら 夕飯の準備を始めるという、、、

そんな悲しい春休み。

 

主婦ですから。

陶芸人じゃなくって主婦ですからっ! と、ふてくされてる春休み。。。。。

 

 

 

きりんさん、どうした?!

と、心配してくださっていたきりんファンの皆様(んな人いないし。)

ご無沙汰しちゃってスミマセン。

 

私は普通に元気です。

 

 

 

 

Dsc_2576

ざくっと近況報告をば。

先週の土曜日は年度末の納会兼1年間の大反省会でした。芝柏陶芸講座の。

柏髙島屋内の銀座アスターにて

素晴らしい大御馳走だったにもかかわらず食べ物の写真を1枚も撮らなかったという

グルメリポーター返上ですな。

 

 

 


Dsc_25803

だって、私はそれどころじゃなかったの。

昨年から恒例になっている○×クイズの企画実施委員長なんで。

 

皆様、お待たせいたしましたっ。

雑学○×クイズです。 陶芸とは全く関係ありません。

 

上位10名様に 杉沼からプレゼントをご用意しております!

 

Dsc_0024

今年の1番人気の景品は 杉沼特製・・・


Dsc_0021


Dsc_0023

マグネットです!非売品です!

展覧会等でも販売などいたしません!

めっちゃ可愛い!自分でも欲しいぜ!

 

こういう時、自分の個展の売れ残り作品を景品にするなんちゅう無粋なことは私はいたしませんの。

だいたい、

貴重なお金を出して作品を買ってくださった方に失礼ですしね。

 

しかし、

こんな子供騙しのマグネットなんて皆さん喜んでくださるかしらん?!

と、思ったら 皆様から歓声が上がるくらい大好評!

今回は4個しか準備できませんでしたが いろんなデザインを考えていますので

来年はたくさん作ってプレゼントしますねっ!

杉沼先生からの愛です♡

 

 

ゲットした4名様、おめでとうございました。

 

Dsc_25802

そして、

こちらの本も景品の一つとさせていただきました。

 


Dsc_25812

芝柏の新年度は5月スタートですが

新年度からは 講師2人で順番に担当させていただきます。

新しく来ていただく先生が載っている本↑で~す。

 

芝柏陶芸講座、長い間私一人で講師をしてきましたが

制作の時間を増やしたいと考え、講師の仕事を減らしたいと思いました。

 

受講してくださっている方達には勝手言ってゴメンナサイ。

と、

助けてくださるK先生、ありがとうございます。

 

春!

今年度の講座も終了し、

私も たぶん皆さんも1度リセットされた気持ちじゃないでしょうか。

 

芽吹きの季節、

なんか、すんご~く体が軽くなった気分。新しいことが始められる気分!

 

 

って、

そんなのん気なコト言ってる場合じゃないんだよ。

彩女会まであと1ヵ月じゃん・・・・・冷や汗

 

 

というワケで

また ブログ更新さぼるかもしれないけどゴメンネ。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

 

 


人気ブログランキング

2017年3月12日 (日)

陶芸アカデミズム

 

Dsc_25472

陶工房の最新号です。

彩女会の案内状制作でもお世話になっている大学の後輩、野田君が長い間あたためていたという企画、

 

我が家にとってはたいへん興味深いテーマ、

「現代陶芸アカデミズム」~大学教育における陶の多面形

 

興味のない方には それが何なんだ? と、思われるかもしれませんが・・・

 

 

東京藝術大学、武蔵野美術大学、多摩美術大学と東北芸術工科大学

4大学の陶芸科を取材し、大学における陶芸教育の在り方の比較です。

 

野田君に内容の詳細を直接伺いましたが

それぞれの大学の教育方針が真逆なのも興味深く、 それによって生み育てられる若い個性と能力が

うらやましく感じました。

 

 

一番 これといった教育方針もなく ただ単に放任されているだけのように見えるのが

我が東京藝大です。

彩女会メンバーと、学生の頃の吸収力が大きい時に 

もっともっと 半強制的にでも課題を与えられ学びたかった!

と、

好き勝手言いましたが、 あの頃、そんなに縛られたって素直に言われたこと聞かなかったであろう私達のくせに・・・

 

しかし、

どこの大学の方針も一長一短。 どこが最高という答えは出ない。というのが

最終的な野田君の感想のようです。

 

 

大学受験~大学の教育方針て、

当事者にとっては 人生かけた一大事ですが

その答えが出るのは卒業してから ずーーーーっと後の事。

その答えすら何が正解かは人それぞれ。

 

自分の子供達が大学受験~大学生の時になり、

過去と現在~未来を感慨深く思う 「陶工房」でした。

 

ご興味持たれた方、是非ともご一読を!

 

 

 



Dsc_25622

さて、

そんな東京藝大の後輩、しかも、大学院博士課程まで修了されている

小林佐和子さんの個展を拝見しました。(もう、終了しました。スミマセン。)

 

日本の年中行事をテーマにされた作品の数々。

誰にも真似できない これぞ小林女史ワールドの完成度の高さ、、、すごかったなあ。。。。。

  


Dsc_25632

もう、このお雛様なんて萌え~~~~♡

 

しかし、

今をときめく 高橋奈己さんといい、この↑小林佐和子さんといい、

ご本人は 寡黙で謙虚で素朴な女性です。

 

マジで作陶に取り組んでいたら いかにも・・・ という個性的アピールガンガンにはならないもんですね。

陶芸人て決して華やかな煌びやかな人間にはならないもんです。

 

  
  

  

Img_20170225_183307_242

あ~

小林さんの作品を見ると 色をじゃんじゃん使いたくなりますが

今年は色を控えてみることにしましたんで・・・

 

もともと不器用なもんで

色とか模様に走ると 形が見えなくなるので 見えるようになるための訓練です。

 

果たして、訓練すれば良くなるか、、、というと

それも疑問ですがね。

 

 

 


人気ブログランキングへ

2017年3月 8日 (水)

アドバイス

他人様の意見を いちいち真に受けていたら 動けなくなるのはわかっているのですが

ただの他人様とは違う、絶大なる信頼を置いている方2人から

「もっと模様をシンプルにした方が良い。」

「もっともっと模様を細かくしてみたら!」

 

と、

真逆のアドバイスをいただき、

一瞬 考え込んでしまいました。

 

 

結局は 自分がやりたいようにやりゃあいいじゃん!

てコトになるんでしょうが、 んじゃあ、私がやりたいコトってなんだろう。。。

 

 

いや、

他人様はそれほど真剣に、責任もって言うてくれてるわけじゃないことも分かっていますし

誰に何を言われても揺るがない強さが私にはあるのですが

 

突き進むばかりではなく、たまに 立ち止まって考えてみるのも良いかと思ったり。

 

暗中模索の日々は続きます。

 

Dsc_25562

って、

ゴチャゴチャ考えている場合じゃなく、光陰矢の如し。

 

取りあえず、

何年かぶりに 粘土を変えてみよう。

と、珍しく真面目に数種類の土のテストピース作り。

  


Dsc_25572

そして、輪花。

輪花は好きだな。

Dsc_25602


Dsc_25612

高台部も輪花。

 

今年の彩女会のテーマ、

安定性の良い器でアウトドアブランチ、、、ってお題を完全無視してるような気がしないでもないけど・・・

 

 


人気ブログランキングへ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »