« ボツ作品 | トップページ | 夏休み »

2017年7月16日 (日)

神楽坂

 

Dsc_2835_2

数日前の夜は神楽坂でした。

日本料理。神楽坂の料亭です。

 

こんなトコロに私が足を踏み入れることはないと思って生きて来たので

おもいっきり高い敷居をまたいで転んだ気持ち。

 

 

いや、転んではいないと思おう。

 

ってか、

状況をよく把握していないまま企画担当者にのこのことついて行き

現地で詳しいことを聞いて泡吹いた感じ。

 

Dsc_2822_2

こちらの料亭のお料理と私の器のコラボだそうです。

で、

料理人と経営陣の方と陶芸人の私との顔合わせだったそうです。

 

 

まじか。。。。。

 

そんな企てがあったのか・・・

 

 

 

Dsc_2823_2

ほとんど初対面の方ばかりだったので

人見知りで気の弱い私はおどおどしっぱなしだったのですが、、、

 

 

お御馳走を前にするとそちらに全神経が集中してしまい

話しがそっちのけになってしまうのを必死で食い止め

話しを聞いているふりをしてました。。。

(って、ブログ読まれていたらヤバイな。スミマセン、社長。と、とりあえずこの場で謝っておこう。)

  
 

   
  
Dsc_2824_2

牛タンの土瓶蒸し。

  


Dsc_2825_2

 

 

何が驚いたって、

フジツボの酒蒸しってのが登場してん、、、

だって

フジツボですよ。あのブツブツの気持ち悪いやつですよね?

食いもんですか????って一般人は思いますよね。

 

それが、そうね、小さい卵位の大きさまで育ったヤツが酒蒸されているのですが

サザエのようにニュルっと中身を取り出し食す。

これがトロっととろける蟹のようなお味で大変美味!

これが食べられただけでも この仕事を請け負って良かったよ。

  
  

 

  

Dsc_2832_2

 

日本料理をフルコースでいただきましたが

全て淡い優しい味付けで 素材が持っている本来の味を生かして料理されている

料理し過ぎていない料理と言いましょうか、

 

3時間30分、緊張しっぱなしで何を話したんだか覚えていないような時間でしたが

味は私の舌がしっかり覚えていて

この味がこちらの料理人と社長の人となりを全て表していると理解できた席でした。

 

  

Dsc_2830

お酒は香りを確認する程度にとどめておきました。

吟醸酒かな、美味しかったですよ。

日本酒の味と香りは好きですが

お猪口1~2杯しかいただけず、

それ以上、調子にのって飲んでしまうと逆に鼻が利かなくなってしまいます。

基本、日本酒は体質に合わないんですかね。残念です。

 

と、

別件で酒器の企画もあるのでガラスの器も参考にさせていただき。。。

 

 

料理と器のコラボという仕事をいただき

食いしん坊陶芸人冥利に尽きます。

 

 

プレッシャーも大きいです。

本当に私なんかの作品で良いのかなあ。

 

 

今までの経験から

力が入り過ぎるとたいていポシャるので

平常心で挑みたいと思います。

 

 

しかし、睡眠時間また減るなあ・・・

 


人気ブログランキング 

« ボツ作品 | トップページ | 夏休み »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボツ作品 | トップページ | 夏休み »