« 隣花苑 | トップページ

2018年12月 4日 (火)

一日一菓

Dsc_41032

久しぶりに良い本に出会いました。

「一日一菓」

 

勤め先の高校の美術の先生に見せていただいて一目惚れ!

私も欲しい!!!

 

速攻、ネットで購入。 

 

Dsc_41052

1年365日、1日ひとつの和菓子が様々な素材の器とともに紹介されています。

お菓子の銘、作られている店名、そして器の銘、作も記載されています。

 

 

Dsc_41062

一番感動したのは

本の見返しをめくり、一等最初のページには雲が描かれた桐箱。


Dsc_41072

箱の蓋を開けると入れ子状態になっており、


Dsc_41082

その小箱の内に12ヶ月の干菓子が鎮座ましています。


素敵でしょう~。

こんなお菓子を贈られたら一気に落ちますね。。。www

  


Dsc_41042

菓子と器の絶妙な組み合わせも素晴らしい。

陶器もありますが、塗りの器に名品が揃っているように感じます。

  


Dsc_41092

三月十三日は 瓦を器として見立てられたもの。

法華寺古瓦 (奈良時代)

 

ちなみにこの日は長男の誕生日 (^^♪

 

 

お菓子の解説も興味深く、和菓子の分類、用語、材料の解説も記載され、

ちょっとした和菓子の辞書の役割もしています。

 

1ページ1ページ、ぞくぞくするほど魅惑的で

教えられること多々あり、目が覚める思いです。

 

 

私のバイブルの一つとなりました。

 

 


人気ブログランキング

« 隣花苑 | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 隣花苑 | トップページ