« 東寺展 | トップページ | おもてなし »

2019年6月17日 (月)

初心

  

Dsc_45213

私も行って来ました。

ルート・ブリュック展

  

杉沼さん、きっと好きですよ!

  

と、

アートコンシェルジュの知人にお勧めされていました。

  

北欧好きにはたまらないデザイン、色彩、質感でしたね。

  

Dsc_45262

それよりも私が興味深く注目したのは、

晩年期に進むにつれての作風の変遷。

 

若い頃のカラフルで可愛らしいモチーフや色彩からは離れ、

色を限定し、細かい凹凸の印影での表現に変化していってましたね。

  

 

同じ、物作りとして共感出来るところでした。

自分では変化しているという意識はなく、

また、変化しなければならない・・・という気持ちもなく、

 

様々な事を経験し、(美術仕事関係だけでなく、子育てや人との付き合い、体の変化etc.)

年を重ねていくと

自然と興味の対象が変わり、表現方法の変化に繋がっていきます。

  

可能であれば、

自分も、学生の頃からの作品を順を追って展示してみたいですな。。。

  

 

  

 

Dsc_4541

こちらも素晴らしかったです。

加守田章二展

  

陶芸を始めたばかりの学生の頃憧れていた方です。

なんて格好良い、斬新な形なんだろ・・・

と、

当初は影響されていました。恥ずかしながら。。。

  

初心を思い出し、ちょっとノスタルジックに浸った穏やかな1日でした。

  

ノスタルジックな気持ちになった理由はもう一つ。

  

この美術館の帰りにいつも横を通る虎の門病院。

私、ここで生まれたので。

全く記憶にはないけれど(当然💦)いつも、なんだかゾワゾワしてしまうんですわ。

  

人気ブログランキング←←←😃✨


 

« 東寺展 | トップページ | おもてなし »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東寺展 | トップページ | おもてなし »