« ポテンシャル | トップページ | 引き出し »

2019年7月23日 (火)

写実絵画

 

Dsc_46592

建築設計関係の方々も度々訪れるという

建物も作品展示内容もクオリティの高い美術館。

Dsc_46442

Dsc_46412

行って来ました。ホキ美術館。

個人の美術館としてはかなりの高水準だと思います。

ここを訪れるのは3度目でしたが、毎回新鮮な驚きと感動を感じさせてくれます。

収蔵品がどんだけ豊富なんだろ・・・

  

 

美術コースに通う高校生の娘の夏休みの宿題のひとつは

どこかしらの美術館を訪れ、レポートの提出。

で、

私が提案したのはこの「ホキ美術館」

 

美術を勉強し始めた方々にとっては勉強になるアカデミズムが分かりやすく感じられます。

  

スーパーリアリズム・・・と言ってしまっては軽薄か。写実絵画です。

ある時代や評論家によっては、だったら写真で良いじゃないか。。。

という考え方もあるようですが、それは、美の究極とそこに至るまでの技法技術を修得できない者の

負け惜しみかと思ってしまいます。

 

陶芸の

炎に委ねる作風とは違う技法、

焼成するリスクを負うことを避ける作風に対して、

だったら陶芸である必要はないじゃん。

という意見と重なるように感じました。違うかな。。。。

 

焼き物である必要性を、上手く理論立てて説明することが出来ないのですが、

つまるところ、

私が作り、生みだしたいのは、その陶器の質感でしょうか。

その質感が好きなのです。

   

 

Dsc_46462 

て、

話しがズレましたが、

ホキ美術館のもう一つの目的は、美術館に併設されているイタリアンレストラン。

美術館に入館せずに、このレストランだけ訪れる人もいるというので

予約は必須です。

   

Dsc_46472

Dsc_46562

レストランのテラスには宮田先生の作品も展示されていました。

好き嫌いは別として(ゴメンナサイ)

お!先生だ!

と、嬉しく反応してしまいます。

 

  

ホキ美術館、午前中からお昼を挟んで夕方までの半日間、大きくはない美術館内にへばりついて

2人でじっくりと堪能しました。娘はずーーーと見ていてもあきないようでした。

自分で描く事をイメージしながら鑑賞すると

何時間、数日間見ていても足りないでしょう。

  

そして、もう一点。

奥の小さな展示室、北側の柔らかい自然光が美しい1部屋だけ陶芸作品が展示されていて、

小品ですが板谷波山の作品が数点あり、

これは震えます。

何度見ても波山先生の作品の前では震えます。

  

  

同じ千葉県でも我が家からは ちと遠い。

近ければ年間パスポート会員になったねーーー

と、

じゃじゃ馬娘も大満足の美術館でした。

レポート宿題、頑張ってください。お母さんは手伝いません。。。

 

 

人気ブログランキング←←←please click

 

« ポテンシャル | トップページ | 引き出し »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ポテンシャル | トップページ | 引き出し »